見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
NHKスペシャル

NHKスペシャル「あなたの家電が狙われている」の再放送・見どころ!サイバー攻撃などインターネットの新たな脅威!

image

見逃した「NHKスペシャル」の再放送は?

NHKスペシャルは、NHK総合テレビでの再放送が放映されますので、まずは、それで視聴されることをオススメします。多いパターンとしては、翌週または翌々週など2週間以内の平日の深夜に再放送されることが多いので、番組表を調べるかNHKスペシャルのWebサイトでご確認下さい。反響が高い番組は、何度も再放送されています。でも、深夜の放送ということもあり、休日にゆっくりと見たいという方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 31日間の無料トライアル!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2017年11月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

あなたの家電が狙われている ~インターネットの新たな脅威~

2017年11月26日(日)午後9時~放送

image

放送前の予告

インターネットの裏社会で暗躍するハッカーたちが、あなたの家の家電を狙っている!?今、新手の「サイバー攻撃」に世界が戦々恐々としています。インターネットにつながったテレビやビデオ、家庭用防犯カメラなど、近年急速に広まりつつある、いわゆる「IoT機器」を標的にした特殊なコンピューターウイルスがまん延しているのです。知らぬ間にあなたの家のネット家電がハッカーたちに乗っ取られ、突然異常な動作を起こしたり、大規模なサイバー攻撃に悪用されたりする事件が急増しています。

さらに、ネットで遠隔操作可能な医療機器も次々と登場。それらがハッカーたちの手で操られれば、命の危険にもつながりかねないのです。2020年の東京オリンピックを前に、大規模サイバーテロの危険性が指摘される日本。IoT機器を狙った新たなサイバー攻撃への対策は、まだ始まったばかりなのです。

番組では、ネットの裏社会にも潜入を試み、インターネット時代の新たな脅威の実態に迫ります。

image

Sponsored Links

放送後のポイント解説

Webカメラ等のIoT家電が乗っ取られている!?

外出先から家の中の様子が映像で確認できたり話もできるという家庭用Webカメラが普及していますが、そのWebカメラが何者かに乗っ取られ操られていることがわかりました。パスワードを設定していないWebカメラはもちろんですが、パスワードを設定していても特別なプログラムを使ってカメラに命令を送るとパスワードが漏洩し、いとも簡単に乗っ取られることがわかりました。これは、Webカメラに内臓されているプログラムに欠陥があるからなんです。

今や、世界中には173億台のIoT機器が普及しており2020年には300億台にまで増加すると予測されています。IoT機器は、Webカメラだけではなく、エアコン、調理器具、洗濯機、照明器具、テレビ、レコーダーなど多岐にわたっています。家電によって、セキュリティのしっかりしているものや脆弱なものなどさまざまです。

世界中で大規模なサイバー攻撃が発生

昨年、アメリカではIT企業のダイン社を標的にした大規模のサイバー攻撃が起きました。大量の妨害データが送られてきたためにコンピューターが停止したのです。これらよって、アメリカ全域に被害が広がりました。その妨害データの発信源は、世界各地の家庭用IoT機器だったのです。誰かが無数の家電を乗っ取り操って、サイバー攻撃を起こしたのです。

日本でも、同様の手口でカブドットコム証券のコンピューターがサイバー攻撃にあい、コンピューターがダウンした事件が起きています。

Sponsored Links

コンピューターウイルス「MIRAI」

横浜国立大学の吉岡克成さんは、サイバー攻撃の犯罪解明に乗り出しました。ハニーポットと言われるニセのIoT家電を使って犯罪者に乗っ取られる様子を監視していたのです。すると、「MIRAI」というコンピューターウイルスによって乗っ取られたことがわかりました。このウイルスに感染すると、さらに別のIoT家電を次々と感染させていくという恐ろしいウイルスなんです。そして、大量のIoT家電を乗っ取ったあとに一斉に命令を出してサイバー攻撃を行うのです。

MIRAIの発信源は世界中の130万ヶ所にもおよび、日本国内にも1千ヶ所以上存在しています。ロシアや中国など国家的な関与が疑われている国もあるようですが、真相は定かではありません。その後、Anna-senpaiと名乗る人物がMIRAIウイルスのプログラムをインターネットで公開してしまいました。そして、MIRAIを改造して感染力を高めたウイルスも続々と登場しているのです。

違法サイト「ダークウェブ」

ダークウェブというサイトは、一見、通販サイトのようなんですが、販売されているものは麻薬、拳銃、さらに、サイバー攻撃までが売り物になっているんです。「1日25ドルで攻撃します」というように・・・。ドイツでサイバー攻撃の容疑で捕まったダニエル・ケイ被告も、何者かに雇われてリベリアの通信会社をサイバー攻撃することになっていたというのです。

IoT機器は医療分野にも

今年の10月にIoT機器の展示会が開かれました。そこでは、心臓ペースメーカー等の医療機器もIoT機器として登場してきました。心臓のデータが患者から離れた医師に送られ、医師がチェックするという治療法が今後増加していきそうです。しかし、医療分野のIoT機器も犯罪者に乗っ取られるリスクがあります。実際に、薬剤の点滴装置がパスワードで守られたセキュリティを突破していとも簡単に乗っ取られてしまいました。その他にも、まだまだ多くの医療機器にリスクが潜んでいると考えられています。

2020年東京オリンピックに向けた対策

近年、オリンピック開催地で大規模なサイバー攻撃が起きているんです。2020年開催予定の東京オリンピックも標的にされる可能性があるということで、現在、サイバー攻撃に備える対策が進められています。

また、MIRAIウイルスを撃退するプログラムの開発も進められています。数年以内には実用化される見通しだと言われています。

Sponsored Links