見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
TBSドラマ

「Heaven?ご苦楽レストラン」の再放送・見逃し動画を見る方法は?

A0380C22-3BEC-49E8-9171-BEEB7FBA6DB4

「Heaven?ご苦楽レストラン」はParavi(パラビ)で配信中!
地上波では見られないスピンオフストーリーもParaviで独占配信!

TBS火曜ドラマ「Heaven?ご苦楽レストラン」が、いよいよ2019年7月9日より放送スタート。そんな注目のドラマ「Heaven?ご苦楽レストラン」を見逃した方には、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」をおすすめします。新規の登録から30日間は無料体験できますので、まずはお試しください。もちろん、「Heaven?ご苦楽レストラン」以外のドラマやアニメ、バラエティー番組などもたっぷり楽しめます。

(注)無料期間終了日翌日から月額925円(税別)がかかりますのでご留意ください。

TBS火曜ドラマ「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」

放送 2019年7月9日(火)午後10時スタート
   毎週火曜日 午後10時~[TBS]

DAF43842-E89D-4DAD-AEBF-600EB4194C47

石原さとみがフレンチレストランのオーナー役に!
「オーナーの、オーナーによる、オーナーのためのお店」 オープン!!

お店を繁盛させる気など毛頭なく
「自分が心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい」
という欲求を叶えるためだけに開いた“超変わり者”
墓地の中に建つお店を舞台に、風変わりなオーナーと
個性あふれる従業員たちが巻き起こす
“至極のフレンチレストランコメディー”をお届け!!

原作は、1999年から2003年まで「週刊スピリッツ」(小学館)で連載された、ヒットメーカー・佐々木倫子による漫画「Heaven? ご苦楽レストラン」。「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、風変わりなオーナー・黒須仮名子(くろす かなこ)と個性的な従業員たちとの間で繰り広げられる、“至極のフレンチレストランコメディー”です。

ドラマの主人公・黒須仮名子は、フレンチレストラン「ロワン・ディシー」オーナー。独特のバイタリティーと魅力を兼ね備え、たまに核心を突くことを言うが、店を繁盛させる気など毛頭なく「心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい」という己の欲求を叶えるためだけに店を開いた“超変わり者”。この店は、お客様のために存在するのではなく、「オーナーの、オーナーによる、オーナーのための店」なのです。

店で働く、伊賀観(いが かん)をはじめとする従業員たちも、オーナーに負けず劣らず個性あふれる面々。それぞれに大きな欠点を抱え、戦力的にはお世辞にも一流とは言えない彼らが、次第にメンバーの中で「その人ならでは」の役割を担うようになっていきます。やがて“居場所”と“やりがい”を見つけた彼らは、いつしか「なくてはならない存在」としてチームに貢献し、仮名子と共に最高のアンサンブルを奏でるようになっていきます。

仮名子に翻弄され、様々なトラブルに巻き込まれていく従業員たちが「頼りないオーナーだから、自分たちがしっかりしなくては」と一致団結して必死に問題を解決しようと奮闘する姿は、まさに“究極の喜劇”。極上の笑いと共に、“人生を生きぬくヒント”も込められた至極のコメディーをお届けします。

A0380C22-3BEC-49E8-9171-BEEB7FBA6DB4

主人公・黒須仮名子を演じるのは、石原さとみ。昨年1月期にTBSで放送した金曜ドラマ『アンナチュラル』で主人公を演じ、その演技力が高く評価され、「東京ドラマアウォード2018」ほかで数々の主演女優賞を受賞した石原が、レストラン経営の常識を覆す風変わりなオーナー・黒須仮名子をどう演じるのか期待が高まります。

そんな仮名子を支える笑顔が苦手なシェフドラン・伊賀観には福士蒼汰が決定。ハチャメチャなオーナーと個性的な従業員たちの暴走をまとめる重要な役どころです。2011年のデビュー以来、映画・ドラマ・CMで活躍する福士が、8年ぶりにTBSの連続ドラマに出演。初共演となる石原とどんな芝居をみせるのか? その掛け合いは必見!

また伊賀に憧れる元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(かわい たいち)を演じるのは志尊淳。4年ぶりにTBSの連続ドラマに登場する志尊は、第73回文化庁芸術祭テレビ・ドラマ部門放送個人賞や第43回エランドール賞新人賞を受賞するなど、着実に演技の幅を広げています。そんな彼が、イマドキの天然キャラをどう料理するか注目です。

さらに、若手3人を支えるのが実力派の豪華俳優。牛丼屋の店長を5年務めていた経歴を持つ店長・堤計太郎(つつみ けいたろう)には勝村政信、人に言えない秘密を抱えている不運の天才シェフ・小澤幸應(おざわ・ゆきお)に段田安則。資格取得が趣味で、元銀行員のソムリエ・山縣重臣(やまがた しげおみ)には岸部一徳が決定!

日本の演劇・映画・ドラマをけん引する個性派俳優たちが、石原・福士・志尊らこれからのドラマ界を担うであろう俳優たちをどう料理するのか? さまざまな年代の6人が集まったとき、いったいどんな世界が繰り広げられるのか?

Sponsored Links

主な登場人物・キャスト

76A83DF0-F7E5-4EF7-98D0-C30DA7D67655

黒須仮名子(くろす かなこ) 石原さとみ

主人公。「ロワン・ディシー」の風変わりなオーナー。精神的にも体力的にも生物としての強さを兼ね備えており、迷いがなく常に前向き。見ようによっては傍若無人でワガママな性格だが、裏表がなく妙に本質を突く発言をする。思いつきで行動することが多く周囲を振り回すが、最終的にそれが良い結果を生むこともある。適当にしゃべっているように見えるが、その瞬間瞬間の言葉は本心のため、従業員の心にやけに響いたりする。

伊賀観(いが かん) 福士蒼汰

「ロワン・ディシー」のシェフドラン(上級ウェイター)。真面目な青年で営業スマイルができない。前の店ではそのせいで評価が低かったが、客としてやって来た仮名子にその点を高く評価されスカウトされる。「ロワン・ディシー」の個性的な従業員たちの暴走を軌道修正するなど苦労は絶えないが、皆に必要とされることに心地良さも感じている。大学受験のトラウマで、試験と名のつくものが苦手。

川合太一(かわい たいち) 志尊淳

「ロワン・ディシー」のコミドラン(ウェイターアシスタント)。前職は美容師見習い。シャンプーをすることに飽きて転職を決意した。飲食店で働いた経験ゼロ。明るくいつも笑顔だが、物覚えが悪くなかなか戦力にならない。しかしなぜか憎めない性格で、みんなから愛される天然キャラ。
流行やSNS情報に敏感。伊賀に懐いている。

堤計太郎(つつみ けいたろう) 勝村政信

「ロワン・ディシー」の店長。しかしフレンチの経験はなく、前職は牛丼屋。ハチャメチャなオーナーの方針に振り回され、お店の運営に悪戦苦闘する。およそ店長らしからぬ肝の小ささで、トラブルが起きるたびにパニックになり、伊賀に頼る。スケールの小さい節約と平凡な企画力で店の経営に微力ながら尽力していく。物事の換算は牛丼が基準となっている。感覚が一番庶民的。

小澤幸應(おざわ ゆきお) 段田安則

「ロワン・ディシー」のシェフ。三ツ星レストランに勤めていたこともある。豊かな経験と腕前を持つ天才シェフ。「おいしい料理を心ゆくまで食べたい」という仮名子の御眼鏡にかない、スカウトされた。しかし、人に言えないある秘密を抱えている。心配性で弱気になると塩気が薄くなるが、コック見習いの月川や高遠から尊敬されている。

山縣重臣(やまがた しげおみ) 岸部一徳

「ロワン・ディシー」のソムリエ。定年退職した元銀行員。フレンチ経験は全くないものの、資格マニアでソムリエの資格欲しさに店で働く。年寄りであることを利用し、人を丸め込みラクをする老獪かつお茶目な性格。最初は仮名子に物申すことができる人物として一目置かれていたが、徐々にその地位も伊賀に取って代わられる。

鱸克雄(すずき かつお) 田口浩正

「ロワン・ディシー」の近所にある石材店の主人。仮名子から発注され、看板を制作した。場所が分かりづらい「ロワン・ディシー」の道案内をすることもある。オープニングパーティーに招待されて以来、常連客となる。仮名子に振り回され、話し相手にさせられながらも、懲りることなく毎日やってくる。

和田英代(わだ ひでよ) 内田慈

仮名子の友人。辛口グルメレポートが人気のエッセイスト。仮名子に負けず劣らずの自由人で、「ロワン・ディシー」に波風を立てる。

小枝繁(こえだ しげる) 矢柴俊博

「ロワン・ディシー」の常連客。シェフ・小澤のファン。

幹みのり(みき みのり) 上田遥

「ロワン・ディシー」の常連客。シェフ・小澤のファン。

月川陽平(つきかわ ようへい) 大重わたる

「ロワン・ディシー」のコック。以前から小澤の元で働いており、尊敬している。時に小澤の気持ちを代弁する。

高遠大地(たかとお だいち) 松本ししまる

「ロワン・ディシー」のコック。以前から小澤の元で働いており、尊敬している。無口な性格。

謎の紳士 舘ひろし

主題歌「真夏の夜の匂いがする」あいみょん


【先着特典】真夏の夜の匂いがする (A5クリアファイル付き) [ あいみょん ]

この楽曲は、7月24日(水)にCDリリースされることが決まっており、あいみょんは「クセになるをテーマに、聴いた人の耳を離れない」(あいみょんコメントより抜粋)曲としてこの楽曲を書き下ろしました。

あいみょんのコメント

この楽曲は台本を頂いてから書き下ろしを進めていったんですが、今回は自分の中で「クセになる」というのをテーマに、聴いた人の耳を離れない楽曲になればいいなという思いのもと作詞作曲を進めました。ドラマもクセのある人物がたくさん出てくると思うので、ドラマと楽曲がマッチングするんじゃないかなと思っています。ドラマが始まるのも楽しみです。

Sponsored Links

「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」の再放送は?

現時点では、再放送の予定は公表されていません。でも、安心してください。このドラマを見逃した方は、Paravi(パラビ)で視聴できますよ!

Paravi(パラビ)にて「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」の動画配信予定!

動画配信サービスなら放送時間に制約されずに、好きな時に見ることができます。2019年7月9日スタートの火曜ドラマ「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」を見逃した方はParavi(パラビ)で視聴できますよ!

Paraviでは、なんと登録後30日間は無料お試し期間となります!

国内ドラマや映画・アニメなどを楽しめるParaviベーシックプランが初回登録後30日間は無料!

Paravi(パラビ)ベーシックプランの特徴は?

登録後30日間は無料で視聴可!

ただし、レンタル作品は別途購入が必要となります。無料体験終了日の翌日より月額925円(税抜)の料金が発生しますのでご留意ください。なお、無料体験は初回のみです。

最新ドラマ・バラエティを独占見逃し配信!

国内最大級のドラマアーカイブ数!

高精細なHD画質!

複数のデバイスで視聴可能!

PC、スマートフォン、タブレット、テレビで視聴可。

毎月初にチケットをプレゼント!

300円以内のコンテンツが視聴できる!ただし、無料体験中は受け取れません。

Paravi(パラビ)は、ドラマ、バラエティ、アニメ、映画、報道、オリジナルコンテンツ、最新作から名作までさまざまな作品と出会えます!

無料期間中に解約しても料金はかかりません!

(注)本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。

Sponsored Links

火曜ドラマ「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」各放送回のあらすじ

第1話 2019年7月9日放送

86F6C34F-EDA9-4A6E-8CF9-F64EA5AFD5E6

フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)は、真面目な性格で営業スマイルができないため、仲間からも客からもまったく評価されていなかった。しかしそんな彼を高く評価する女性が現れる。その謎の女性は黒須仮名子(石原さとみ)。彼女は近々オープンするという自分のフレンチレストランに伊賀をスカウトする。「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ。きっと」その言葉に心を打たれ、彼女の店で働くことを決意する伊賀。

だがそのレストランは駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中に佇む店で、しかも彼女が集めた従業員は、元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(志尊淳)、牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信)、人に言えない秘密を抱えている不運の天才シェフ・小澤幸應(段田安則)、資格取得が趣味の元・銀行員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)と、小澤以外はフレンチ未経験の素人ばかり。
仮名子はなぜそんな彼らを集めたのか? はたして店は無事にオープンできるのか?かつてない、“至極のフレンチレストランコメディー”の幕が開く!

第2話 2019年7月16日放送

CD62C971-1D84-410F-8291-20ABB1C23E1F

「ロワン・ディシー」の開店からおよそ一ケ月。お客といえば、近所の石材屋の鱸(田口浩正)くらいで、店内には閑古鳥が鳴いていた。

ある日、食事を楽しんだ仮名子(石原さとみ)は、シェフ・小澤(段田安則)をテーブルに呼び「最近の料理にはパンチが足りない」と指摘。実は、小澤は弱気になると味が薄くなる性格で、客が来ないのは自分の料理が美味しくないからだ、と思い悩んでいるのだった。そんな小澤の自信を取り戻そうと、仮名子は従業員たちにお店のチラシを配ることを命令!手書きのチラシを作って客を呼ぼうと団結する。ところが数日後、店は予想外の事態に陥ってしまう…。

小澤救出に向け、仮名子の秘策は成功するのか?小澤シェフの秘密が明らかに!?仮名子は小澤シェフの自信と塩気を取り戻せるのか?

第3話 2019年7月23日放送

5FA6EA10-9D38-47EB-951F-BB089A711A62

「ロワン・ディシー」では、店長の堤(勝村政信)が頭を抱えていた。予約の電話を受けたコミドランの川合(志尊淳)が致命的なミスを犯したのだった…。

その夜、店は予約で満席。フロアが大混乱する中、仮名子(石原さとみ)がアクシデントに見舞われ、伊賀(福士蒼汰)はその対応に追われる。すると山縣(岸部一徳)が堤と川合を手招きする。山縣が指さした先には、仮名子の席に座る女性の姿が…。押しの強いその女性は、伊賀をみると「観!!」と親しげに呼ぶ。その女性は観の母・勝代(財前直見)で、観を長崎に連れ戻そうと東京にやってきたのだった。

仮名子と勝代は、似た者同士でそれぞれの都合で観を自分のそばに置いておきたいと必死。「ロワン・ディシー」の”サービスの要”伊賀をめぐる仮名子と勝代の争奪戦が幕を開ける!!

第4話 2019年7月30日放送

58E237CA-96DB-4191-8F41-D248CE3DD787

ある日「ロワン・ディシー」に強面の男二人(山内圭哉・小柳友)がやってくる。彼らは仮名子(石原さとみ)に「期限はとっくに過ぎている」と詰め寄り、さすがの仮名子も押され気味…。「明日までに用意しろ」と無理やり約束させられることに。その様子を見ていた堤(勝村政信)は、仮名子が借金取りに追われているのでは?と想像。さらに、金策に困った仮名子が、従業員の誰かを解雇するのでは?と不安を募らせる…。

伊賀(福士蒼汰)や川合(志尊淳)は、仮名子がいったい何者なのか?と思い始める。
そこには山縣(岸部一徳)だけが知るある事実があるのだが…。

第5話 2019年8月6日放送

9B83D26D-6BCA-40BB-AA06-442C65C77B4E

「ロワン・ディシー」に謎の男(竹中直人)がやって来た。どうやら覆面記者らしく、従業員達の働きぶりを鋭い目線でチェックしている。その覆面記者に認められるために店のレベルをあげようと、仮名子(石原さとみ)はサービスの要である伊賀(福士蒼汰)に川合(志尊淳)の教育を任せる。ところが特訓の成果はなかなかあがらず…。そんな中、「ロワン・ディシー」で働きたいと希望する青年・峰がやってきた。英代の紹介という峰はサービスの腕も確実で即戦力間違いなし。仮名子は、このまま川合を雇い続けるべきか、それとも峰を雇うべきか、その決断を伊賀に委ねる。川合はリストラの危機を乗り越えられるのか!?伊賀の葛藤の結末は果たして!?

第6話 2019年8月13日放送

26BE4749-1E16-4B95-BCF5-B79506FF676D

ある夜、「ロワン・ディシー」に堤(勝村政信)の前職・牛丼屋の仲間がやって来た。かつては社長賞を貰うほどの敏腕店長として同僚からの信頼も厚かった堤は、昔の仲間に再会したことで急にやる気を出す。店を盛り上げようと考えた堤は、一世一代の大勝負に!!誕生日特典をはじめ、様々な提案をするのだが、オーナーの仮名子(石原さとみ)とは意見が対立してしまう。そんな中、店に待ちぼうけの女性客が。彼女は二人分の食事を一人で寂しげに食べ続けている…。本当のもてなしとは一体なんなのか?果たして、店長の決断は?

第7話 2019年8月20日放送

2F35C5A6-F50B-4C38-A786-10CC5615A80E

「ロワン・ディシー」開店から一年。店は鱸(田口浩正)や小枝(矢柴俊博)といった常連客や新規のお客様で賑わっている。そんな中、店でハプニングが発生。仮名子(石原さとみ)の機転でこと無きを得るが、伊賀(福士蒼汰)は、サービスマンの存在意義について悩み始める。一方、シェフの小澤(段田安則)は伊賀とは対称的にテンション高め。なぜなら従業員たちが「火曜日の君」と呼ぶ美くしすぎる常連客・香宮(相武紗季)が来店する火曜だからだ。仮名子は、特定のお客様だけをえこひいきするのは最高のサービスとは言えない。特別扱いはダメだ、と言うのだが…。

ある夜、俳優の湯浅(丸山智己)が来店。山縣(岸部一徳)に不躾な態度を取る湯浅に、常連客・古瀬(加賀まりこ)が物申すのだが、この行動が湯浅を怒らせてしまう。
しかも、古瀬をかつての大女優と思いこんだ湯浅は偵察をはじめ…。

すべてのお客様の笑顔のために。「ロワン・ディシー」従業員たちによる絶対に譲れない戦いが始まる。伊賀が葛藤の末にたどり着いたプロのサービスの仕事とはいったい…?

第8話 2019年8月27日放送

CCE6A394-289B-4FCC-B4F3-38C70904E17A

ある夜「ロワン・ディシー」では、山縣(岸部一徳)が険しい表情で一人の客の来店を待っていた。山縣の゛宿命のライバル″だというその客・浦海(岸部一徳)を見て、伊賀(福士蒼汰)や川合(志尊淳)らは唖然。なんとその男は山縣にそっくりだったのだ…。浦海の来店をきっかけに、山縣は伊賀を巻き込み、お互いのトラウマ克服のためあることに挑戦しようと決意する。

そんな中、伊賀や山縣らは彦坂(平泉成)という老人と出会うが、なにやらいろいろと訳ありの様子で…。

第9話 2019年9月3日放送

02B3AB2C-6315-48FC-93EB-C9604911F288

ある日の「ロワン・ディシー」。オーナー・仮名子(石原さとみ)は、出版社「鐘公論」との打ち合わせで外出しており、開店前の店には緩やかな空気が流れる。伊賀(福士蒼汰)は前から気になっていたチーズの選定に、店長・堤(勝村政信)や山縣(岸部一徳)も各々の作業に取り掛かり、仮名子がいないことで全てが順調に進んでいた。

そんな中、飲食店経営コンサルタントを名乗る男・中(白井晃)が「ロワン・ディシー」を訪れる。店の建て直しに協力すると言うのだが仮名子の反応は果たして…。

第10話(最終回) 2019年9月10日放送

さよなら「ロワン・ディシー」
仮名子の言葉をきっかけに、店を辞めて両親が待つジンバブエに行く決意を固めた伊賀。一方、店には謎の3人組がとんでもない話を持ち掛けてくる…。
「ロワン・ディシー」メンバーまさかの旅立ち!?

12D60627-E1F1-46A8-84EB-62E9C71B32C4

指揮者の日比野(井上順)と親しくなった伊賀(福士蒼汰)は、日比野からコンサートに招待され仮名子(石原さとみ)と共に会場へと向かう。その後もたびたびコンサートに誘われることになり、客との距離感に戸惑った伊賀は、仮名子に苦言を呈される。仮名子の一言で、自分が成長できていないことに気付いた伊賀は、家族の転勤先であるジンバブエに行くことを決意。そんな中、謎の3人組が「ロワン・ディシー」にやって来る。仮名子たちに持ち掛けてきたとんでもない話とは、いったい!?
「ロワン・ディシー」の運命の歯車が狂い始める…。

Paravi(パラビ)は、ドラマ、バラエティ、アニメ、映画、報道、オリジナルコンテンツ、最新作から名作までさまざまな作品と出会えます!

ドラマ「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」 はParaviにて配信!

登録後30日間は無料です!

無料期間中に解約しても料金はかかりません!

(注)無料期間終了日翌日から月額925円(税別)がかかりますのでご留意ください。

Sponsored Links

RELATED POST