見逃したテレビを見る方法
NHKドラマ

NHKドラマ「野田ともうします。」のあらすじ・キャスト・見逃し動画配信は?

「野田ともうします。」はユーネクストで視聴できます!

ドラマ「野田ともうします。」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。U-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「野田ともうします。」はU-NEXTで配信中です。

↓ ↓ ↓

 

また、U-NEXTの31日間無料トライアルでは、220,000本以上の
見放題作品を全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

ドラマ「野田ともうします。」

初回放送 2010年10月29日~2013年2月18日
直近の再放送
・シーズン1:2022年2月14日(月)午前0時54分~[NHK総合]
・シーズン2:2022年2月15日(火)午前0時01分~[NHK総合]
・シーズン3:2022年2月16日(水)午前0時26分~[NHK総合]

人気漫画「野田ともうします。」の完全実写ドラマ化!

超ポジティブで、好奇心旺盛、決して空気を読まず、わが道を行く野田さんの物語。

野田さんは、埼玉にある東京平成大学の文学部ロシア語科に通う女子大生。「手影絵サークルに所属」「メガネにみつあみ」「トレーナーにGパン姿」。独特なキャラクターを持った彼女は、しばしば級友から浮いてしまう存在。でも、サークルの先輩や友人たちは、野田さんのことが気になって仕方がない…。超ポジティブで、好奇心旺盛、決して空気を読まず、わが道を行く野田さんの物語。ワンセグで放送されて話題を呼んだ、各回5分・毎回完結のミニドラマシリーズで、モバイル視聴にもピッタリです!

Sponsored Links

原作本 柘植文「野田ともうします。」

※「楽天Kobo電子書籍ストア」よりご案内します。

野田ともうします。【電子書籍】[ 柘植文 ]


野田ともうします。(1)【電子書籍】[ 柘植文 ]
野田ともうします。(2)【電子書籍】[ 柘植文 ]
野田ともうします。(3)【電子書籍】[ 柘植文 ]
野田ともうします。(4)【電子書籍】[ 柘植文 ]
野田ともうします。(5)【電子書籍】[ 柘植文 ]
野田ともうします。(6)【電子書籍】[ 柘植文 ]
野田ともうします。(7)【電子書籍】[ 柘植文 ]

主なキャスト

野田さん 江口のりこ
富沢さん 増田有華
亀田さん 池谷のぶえ
部長   安藤サクラ
副部長  越村友一
重松さん 小林涼子
山本くん 相馬圭祐

ドラマ「野田ともうします。」の見逃し動画配信は?

ドラマ「野田ともうします。」の見逃し動画は、NHKオンデマンドユーネクストで配信中です。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2022年2月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ドラマ「野田ともうします。」の各話のあらすじ

シーズン1

1話「野田さんのガ―ルズトーク」

趣味は読書。同年代の若者の生活というものが見当つかないという女子大生の野田さん(江口のりこ)。バイト先のレストラン、ジョリーズでの出来事。バイト仲間の富沢さん(増田有華)の恋バナに妙な返しを入れる野田さん。まったく話がかみ合わない。野田さんは大学仲間と話が合わないので、富沢さんとガールズトークを練習したいというのだが…。

2話「私達は期待していく」

富沢さん(増田有華)の彼氏・ツトムン(杉浦一輝)がお金を借りに富沢さんのところへやってくる。そばにいたバイト仲間の亀田さんは、富沢さんにダメ彼氏のツトムンとの将来を考え直すように諭す。ふたりのやり取りを聞いていた野田さん(江口のりこ)は、太宰治の小説「津軽」を例に、富沢さんとツトムンの関係を独自に分析!

3話「喫煙席発-過去行」

レストラン・ジョリーズの喫煙席の換気扇が壊れ、喫煙スペースは煙だらけで中が見えない。客からの呼び出しに、中に入るのを嫌がる亀田さん(池谷のぶえ)と富沢さん(増田有華)。しかたがなく、恐る恐る野田さん(江口のりこ)が客のオーダーを取りに行くのだが、なかなか戻ってこない。煙の中で野田さんの身に何が!?

4話「野田の名前」

手影絵サークルの部室では、部長(安藤サクラ)が野田さん(江口のりこ)の下の名前がわからず悩んでいた。副部長(越村友一)と「か」で始まる名前を考えるが、真実に近づくにつれ答えを知りたくない二人だった。

5話「怒ってないですよ」

野田さん(江口のりこ)が本の帯をしおり代わりにしているのを見た部長(安藤サクラ)は、ちまちましていると笑う。帯は必要だと言い張る野田さん。宇宙人に拉致された時、いかに必要かを力説する。

6話「コメディエンヌ誕生」

お客様のギャグをまったく理解しない野田さん(江口のりこ)は、対応できるようジョークの猛練習を始める。その結果、お客様に次々とジョークを披露するがそんな姿に富沢さん(増田有華)は…。

7話「最後のチャンスです」

ツトムン(杉浦一輝)の30歳の誕生日プレゼントを考える富沢さん(増田有華)。30になるならいろいろ考えないとと言う亀田さん(池谷のぶえ)に対し野田さん(江口のりこ)はオウムを飼うかどうかを決める大事な年だと言う。

8話「あなたにサランヘヨ」

亀田さん(池谷のぶえ)が好きな韓国スターにそっくりな客(瀬川亮)が、ジョリーズに現れる。まだきてない亀田さんに知らせつつ、野田さん(江口のりこ)と富沢さん(増田有華)は、本物かどうかをあらゆる要素から検証する。

9話「美しさとはなんですか?」

テレビが壊れたため、賞品の3Dテレビを狙い大学のミスコンに応募しようとしている野田さん(江口のりこ)。重松さん(小林涼子)は野田さんが笑い者にならないよう、推薦人になるのを拒否するが…。

10話「アパートの謎」

野田さん(江口のりこ)のアパートの下に住んでいるおばあさんの庭にはいつもマヨネーズのフタが5、6個落ちているという。部長(安藤サクラ)と副部長(越村友一)は、理由をいろいろ考えるが…。

11話「ひいばあちゃんの思い出」

野田さん(江口のりこ)のアパートにやってきた部長(安藤サクラ)と副部長(越村友一)は、「愛」「夢」などと書かれた石がたくさん飾ってあるのに驚く。野田さんのひいばあちゃんが内職で作っていたものだという。

12話「私が愛したメガネ」

ある朝、野田さん(江口のりこ)はメガネが見つからないので昔のメガネを探すが、出て来たのは鼻メガネ。鼻メガネをかけて人前に出てみたくなるが、メガネがないので反応がわからない。

13話「女が男に出会う時……」

内職をしながらパンの耳をかじって、見るからにお金がない野田さん(江口のりこ)。部長(安藤サクラ)たちが事情を聞くと、「ある男性に出会ってしまった」という。まさか野田さん、男に貢いでいる…?

14話「男と女のラブゲーム」

半分に裂いたひもで新聞をしばった野田さん(江口のりこ)。手に食い込んで痛い。「ビニールひもと男女の仲は無理に裂いたらダメなのよ」とポメラニアンを抱いたマダム(村岡希美)に声をかけられた。

15話「ささやく女達」

女性のひそひそ話に美しい幻想を抱いている副部長(越村友一)。女のひそひそ話のほとんどが悪口だと言う部長(安藤サクラ)は、ひそひそ話をする野田さん(江口のりこ)を発見し、ショックを受ける。

16話「全てはお客様の為に」

ジョリーズの社長(雑賀克郎)が、全店舗で一番売上げの悪いT沢店の視察にやってくる。野田さん(江口のりこ)のお節介な説明が、売り上げ不振の原因だと判断し、クビにしようとするが…。

17話「野田ブログの行方」

野田さん(江口のりこ)がこっそり始めたブログを発見した部長(安藤サクラ)と副部長(越村友一)。ブログは、文章ばかりで読みづらく訪問者もいない。二人はコメントを書き込むことで、改造に乗り出す。

18話「栄光の彼方に……」

ジョリーズのCMキャラクター、元トレンディ女優・浅元あつみ(高橋ひとみ)は、二時間ドラマのロケ中、野田さん(江口のりこ)に声をかけられ、野田さんのペースに巻き込まれてしまう。

19話「訪問者達」

アパートの玄関先で、いかにして自分が活字なしではいられない人間になったのかを延々と語っている野田さん(江口のりこ)。訪問者が口をはさむ間も与えず話し続けている。

20話「野田さんとステイチューン!」

ラジオのあるある話で、盛り上がる野田さん(江口のりこ)。ところが、みんなラジオを聞いておらずついていけない。その夜、刺激されたみんながラジオに投稿を始め、熱い戦いが始まった。

Sponsored Links

シーズン2

1話「叔父と私の18年」

野田さん(江口のりこ)は、埼玉県にある東京平成大学文学部ロシア文学科に通う女子大生。独特なキャラクターを持ち、級友からも浮いてしまう存在だが、同時にとても愛されている。柘植文原作の連載マンガ「野田ともうします。」を完全実写化した5分間のショートドラマ。好評を得たシーズン1に続く、シーズン2(全20話)。第1話は、野田さんと会うたびに、円周率を暗記する野田さんの謎のおじさん(斉木しげる)が登場する。

2話「信じる心、忘れないでください」

鍋のため、八百屋に買い出しに来た野田さん(江口のりこ)、部長、副部長、重松さん。たくさん野菜を選ぶと、八百屋のおじさん(原金太郎)が即座に「1820円!」と答える。帰り道、おじさんの速すぎる計算に対して「黒い疑惑」がわきあがる。再計算しようとした部長に対して、今更どうしようもないのでおじさんを信じるしかないと言う野田さん。しかし、鍋を食べていても、どうしても、みんなの話題はそこに行き着いてしまう。

3話「野田と坊ちゃん」

コンビニでバイトを始めた山本くん(相馬圭祐)は、バイト先の女の子(小野川晶)と仲良くなる。しかし、彼女がほめた赤いTシャツを野田さん(江口のりこ)に赤シャツと言われたとか、赤シャツより坊ちゃんですねと言われたとか、山本くんの話は全て野田さんに結びついてしまう。あまりに名前が出るので、彼女に疑われ、誤解を解くために野田さんと会わせようと、コンビニを訪れる部長、副部長、野田さん。野田さんを見た彼女は…

4話「魅せられて……」

部長(安藤サクラ)の誕生日。副部長と一緒にケーキを買いに来た野田さん(江口のりこ)。イチゴのケーキに一目で魅せられ、「1ホールじゃ多いし高いし」と渋る副部長(越村友一)を説得して買おうとする。そこへ現れたポメラニアンのマダム(村岡希美)が「美とは、もろく、はかないもの。それでもそのケーキを選ぶのかしら」と言い捨て出て行く。びっしり乗ったイチゴの上から、ムースタルトに包丁を入れたら、どうなるのか?

5話「夢をあきらめないで」

ツトムン(杉浦一輝)の路上ライブ。客は野田さん(江口のりこ)、富沢さん(増田有華)、重松さん(小林涼子)だけ。3つしかコードが弾けないツトムンの「夢をあきらめるなよ」という熱唱を、無理やり聞かされる。ツトムンに感想を求められ、歌詞のおかしな点を次々と冷静に述べる野田さん。ツトムンにレコーディング代という名目の小遣いを渡す富沢さん。「ツトムンに才能がないなんて、決められない!」と2人に逆ギレするが…

6話「さあ、新しい仲間をむかえましょう」

いつものように、野田さん(江口のりこ)が手影絵部の部室に入っていくと、延々とペンを回している、見慣れない男子学生がいた。ペンを回す手さばきを見てスカウトされた、新入部員候補・磯山くん(柄本時生)だ。部員が3人しかいないため、浮かれる部長(安藤サクラ)と副部長(越村友一)は、磯山くんをちやほやするが、野田さんは乗り切れない。磯山くんが、ペンを回す“スチャスチャ”という音が、生理的に合わないのだった。

7話「罪と罰の罠」

東京平成大学ロシア文学科では、いつの頃からか「罪と罰の罠」という伝説がささやかれている。「罪と罰」を読もうとしても終わりまでたどり着かず、読んだふりをしてばれた時の周囲の冷たさは、シベリアの流刑地のさまだというのだ。読書レポートの課題に、6ページしかないトルストイの小説をみんなが選ぶなか、野田さん(江口のりこ)は、あえて「罪と罰」を選ぶ。一週間後のレポート発表の日。げっそりやつれた野田さんがいた。

8話「野田さんとりんご」

平成大学手影絵部部室。野田さん(江口のりこ)が、長野の親戚から送られてきた、りんごを持ってきた。りんごを見つめる副部長(越村友一)は、10年前の思い出話を語りはじめる。小5の時、自転車で日本一周の旅に出た。無謀な旅に疲れ果て、北関東のどこかで休んでいると、小学生の少女が「うちでお茶でも」と誘ってくれた。少女は、自宅で長野の親戚から送られてきたりんごをおしりからむき始めた。

9話「ハッピーサプライズ!」

もうすぐ野田さん(江口のりこ)の誕生日。部長(安藤サクラ)と副部長(越村友一)、重松さん(小林涼子)はサプライズパーティーを計画。予測不能な野田さんを誘い出すシミュレーションを始める。重松「とっておきのDVDをうちで観ようじゃん」、野田「ほー、それは気になりますね。気になると言えば、パイナップルは木にならないって知ってました?」想像はエスカレートし、パーティーはパイナップルから離れられなくなって…

10話「捨てられない女」

富沢さん(増田有華)が、デートに遅れてやってきたツトムン(杉浦一輝)に別れを告げる。ジョリーズ控室では、富沢さんがツトムンを捨てた話で、亀田さん(池谷のぶえ)が盛り上がる。野田さん(江口のりこ)は、自分が捨てられないものについて語りだす。書けなくなったサインペン、穴のあいた靴下。汚いまま捨てられないので、洗濯してたたむ。すると、穴のことは忘れてまた履いてしまい、同じことの繰り返しになるという。

11話「比べてはいけません」

授業中、山本くん(相馬圭祐)が、好きな芸能人の熱愛記事を見て悔しがっている。「そりゃ、この俳優はかっこいいよ。こいつと比べたら俺なんか…」。すかさず野田さん(江口のりこ)が、何かと比べて優劣をつけるのは意味がないと諭す。「以前は私も比べていました」。巨大イカ、ビッグパフェなどのネット記事にひかれてクリックした時、比べるものが置いてなかったために、どんなに大きいかが分からず、悔しい思いをしたと言う。

~野田ともうします。スペシャル~

ショートドラマ「野田ともうします。」が、30分間のクリスマス特集として登場!今年もわずかとなり、みんな焦り始める。野田さん(江口のりこ)は、重松さん(小林涼子)とあることに挑戦するが果たせず、今年中にやらなければいけないことを追求し始める。クリスマスが近いことに気づき、完璧なクリスマスパーティーを開催したいと準備を重ねる。重松さん宅でのパーティー当日、みんなが集まり、さまざまな事件が…。

12話「私の黒き白鳥」

手影絵の練習をする野田さん(江口のりこ)と副部長(越村友一)は、部長(安藤サクラ)にダメ出しされる。3人だと登場人物が演じられないから、切り絵を使った「影絵部」に変えるかと言いだす副部長に、部長は入学時の思い出を語りだす。芸大を目指したが3浪して、絵の道を諦め、東京平成大学に入った。失意の中、手影絵サークルのイケメン先輩に勧誘され、その先輩の爽やかな笑顔に一目ぼれして思わず入部した部長だったが…

13話「優しき人々」

小学生のころ、「来年は誕生会に呼ぶね」という同級生の言葉を信じ、プレゼントを作って待ち続けた野田さん(江口のりこ)。「いまだに誘いが来ない」と、重松さん(小林涼子)と山本くん(相馬圭祐)に打ち明ける。入学当時、山本くんが所属するイベントサークルに見学を申し込み、後日連絡すると言われたのに連絡が来ないのはなぜかという疑問をぶつける。山本くんは、さまざまな言い訳を考えるが、どれも裏目に出てしまう。

14話「棒でつく女」

ハスラーになった野田さん(江口のりこ)がキューで45番ボールを沈める夢で、45歳を迎えた亀田さん(池谷のぶえ)。四捨五入すると50。うれしくない誕生日に変な夢を見たことをこぼしていると、野田さんに棒で突かれて穴に落とされる予知夢ではないかと、富沢さん(増田有華)にバカにされる。亀田さんの目の前に、野田さんが、蛍光灯やフランスパンを突き出してくるので、亀田さんは穴に突き落とされる妄想にとりつかれる。

15話「野田さんの本当にあった怖い話」

手影絵サークル部室で、野田さん(江口のりこ)、部長、副部長が「本当にあった怖い話」を披露しあう。「何かないか」ふられた野田さんが、近所の古ぼけたコンビニの話を始める。「店は狭いのに、なんとドライカレーの素が4種類も並んでいる」と言う。もっと霊現象とか不思議な力が働いた的な話はないかと言う部長(安藤サクラ)と副部長(越村友一)。パソコンに関する話をするが、野田さんの体験談はどんどん脚色されていく。

16話「野田が今、愛について考える」

手影絵サークルの部室にやってきた野田さん(江口のりこ)。部長(安藤サクラ)から、泣けるベストセラー小説「子猫のミャー助」をしつこく勧められる。野田さんは「“猫を愛する全ての人に”とあるのに、愛の意味さえ知らない私がこの本を読んでいいのでしょうか…?この機会に愛についてじっくり考えてみます」と、その日から愛と名のつく作品を研究し始めた。数日後、部長と副部長の前で、愛について判明したことを発表する。

17話「ある日思ったこと」

野田さん(江口のりこ)は、ある日、かっこよく土下座をしてみたいと思って、部長(安藤サクラ)、副部長(越村友一)、重松さん(小林涼子)に相談した。仲間のために頭を下げるのが、かっこいいのでは? いや、知らない人のための方がいいのでは? 頼みごとの土下座ではなく、謝る土下座のほうがいいのではないか? では、何について謝るか? …と、議論は白熱するが、結論に行き詰まった時に事件が起こる。

18話「恩返しにバラを」

富沢さん(増田有華)と亀田さん(池谷のぶえ)から、「なぜ、東京平成大学に入ったか」と尋ねられた野田さん(江口のりこ)が語り始める。地元の国立大学に行くつもりだったが、試験の数日前に事故にあい、目覚めたのが1か月後。もう受けられるところがなかった。臨死体験し、病院の天井に浮いていた。寝ている自分を見下ろした時、ベッドの脇には、花束を持った鶴がいたと言う。亀田さんが「鶴の恩返し」ではないかと言うが…

19話「野田、時をかけて」

手影絵サークルの部室で飲み会を開いている野田さん(江口のりこ)、部長(安藤サクラ)、副部長(越村友一)、山本くん(相馬圭祐)。部長が「今まで誰にも言えなかった秘密を言い合おう」と提案する。野田さんにしつこく聞くと「タイムスリップで過去の自分に会った時の合い言葉」だと言う。映画などで、タイムスリップして過去の自分に会いに行っても、過去の自分は未来の自分を認めぬことが多いので合い言葉が必要だと言う。

20話「新しい旅立ち」

あと2か月で卒業ということで、就職活動を始めた部長(安藤サクラ)。野田さん(江口のりこ)は、なんだか、もどかしい思いが広がる。重松さん(小林涼子)のランチ友達のコネで、無事に就職が決まった部長のさよならパーティー。喜ぶ部長、祝福する副部長、重松さん、山本くんの中で一人浮かない顔の野田さん。「部長の旅立ちを素直に祝福できない自分は冷たい人間なのか」と悩み、部室の中をさまようと、あるものを発見する。

Sponsored Links

シーズン3

1話「ファッションがおしえてくれそうなこと」

ジョリーズの控え室。亀田さん(池谷のぶえ)から、いつも同じような格好をしていると指摘され驚く野田さん(江口のりこ)。オシャレな服を見立ててもらおうと、富沢さん(増田有華)と亀田さんと一緒に行きつけの店へ。2人は楽しそうにあれこれ選び色とりどりの服を提案するが、野田さんが選ぶ服はいつも着ているグレーに似たものばかり。2人が諦めかけた時、野田さんが突如、すごい勢いでハンガーをカチャカチャいわせ始めた。

2話「ロンリー・KARAOKE・フェスティバル」

「一人カラオケ」に行きたいが、恥ずかしくて店に入れない野田さん(江口のりこ)。「一人カラオケ大会」はどうだろうと言いだす。参加した時のデメリットをいろいろと主張する部長(安藤サクラ)に、ことごとく反論する野田さん。しかしカラオケ大会だと、1曲しか歌えないという副部長(越村友一)の指摘にうなずく。あまりに具体的な話に、部長と副部長は、野田さんが既に「一人カラオケ大会」に出場しようとしていると見破る。

3話「エンジョイ・サマー!」

野田さん(江口のりこ)がビキニを買おうとしているところに遭遇した部長(安藤サクラ)、副部長(村越友一)、重松さん(小林涼子)。ビキニ購入を示唆する今までの野田さんの行動に気づかなかったと悔やむ部長。隠れて見ていると、店員が近づき、野田さんがビキニの試着を始めた。だが似合うものがないらしい。このままビキニを諦めるかも…と胸をなでおろす3人だったが、野田っぽいビキニを店員が発見し、購入してしまう。

4話「時代が生んだファッションリーダーです」

原宿。人気の女性誌「VeVe」の女性編集者(緒川たまき)は悩んでいた。ストリートスナップに載せる女の子を毎日探しているが、さんざん書いてきた文章しか浮かばない。女の子たちは流行に縛られている!ファッションってもっと自由ではなかったか? そこへ、野田さん(江口のりこ)が道を聞いてきた。グレーのトレーナー、何でもないジーパンとバッグ。野田さんこそが、時代が求めているファッションアイコンなのではないか。

5話「見えます見えます」

ジョリーズ控室。本の上に手をおいた野田さん(江口のりこ)が、見事にページ数を当て、驚く富沢さん(増田有華)と亀田さん(池谷のぶえ)。さわっただけで、本のページ数がわかると言う。亀田さんが「ビックリ人間いらっしゃい」に出るべきだと勧めるが、テレビに出る特技にしては、地味すぎると言う富沢さん。持っていたバウムクーヘンが何層なのかを見事に当て、その後、キャベツ、皿、財布の中身など、次々に数を当てていく。

6話「当たった大人が行きつくところ」

アイスを食べていたら、当たりが出た野田さん(江口のりこ)。大人がアイスの当たりを交換することは、社会的に見て、どうなのだろうかと思うが、同時に、その恥ずかしさを体感したいという探究心も芽生えた。野田さんの気持ちを理解した部長(安藤サクラ)は、ずっと換えそびれているガムの当たりを取り出し、でかいスーパーで、しかも、サービスカウンターに回されるかもしれない状況での「ガム一個の当たり交換」を指令する。

7話「そのあだ名、大丈夫ですか?」

ライアンズの中林選手は「おすまし君」というあだ名のある人気者。手影絵部の部室では、昔のあだ名の話で盛り上がるが、野田さん(江口のりこ)は、いまだかつて一度もあだ名がついたことがないと言う。落ち込む野田さんに、部長(安藤サクラ)・副部長(越村友一)は、野田さんの好きな学食のプリンにかけ、「のだっぷりん」と命名。喜ぶ野田さんだったが、1週間後、晴れ晴れとした野田さんと対照的に、みんなの具合が悪くなる。

8話「老人と海の幸」

同じアパートのウメさん(大方斐紗子)に誘われ、老人会の読書会にアドバイザーとして参加している野田さん(江口のりこ)。今回のテーマはヘミングウェーの「老人と海」。みなが口々に勝手な感想を言いだす中、軌道修正するべくウメさんが「この小説に人間の孤独をみた」と野田さんに同意を求める。しかし、野田さんは、参加者の「マグロの切り身にかぶりつくとこが印象的」という意見に同意し、この名作の重大な欠点を指摘する。

9話「結婚式のおじ達よー」

手影絵の休憩中の話題は、週末に野田さん(江口のりこ)が出席する、いとこの結婚式のこと。初めての結婚式で何か気を付けることはないかと聞く野田さんに、部長(安藤サクラ)が「はめをはずすおじ」に気をつけろと言う。仕事関係ならはめをはずせない、自分の子供の式ならいろいろと大変。そんな、世のおっさんたちの楽しみは、ただ無責任にめでたがっていればいい、おいやめいの結婚式だと言うのだ。

10話「その言葉に、真実はありますか?」

小学5年から同じ美容院に行っていた野田さん(江口のりこ)。そこの美容師さんは、来るたびにいろいろ質問をし続け、誰よりも野田さんに詳しくなった。そんな美容師の存在がおっくうになり、足が遠のいてしまった野田さんを見かねた富沢さん(増田有華)は、行きつけの美容院に連れて行く。美容師さんの質問を適当に受け流す富沢さん。それを参考に、男性美容師(黄川田将也)とどうでもいい会話をしていた野田さんだったが…。

11話「奪われたレーゾンデートル」

野田さん(江口のりこ)が、小学校の時のこと。母の言いつけを守らず、夜更かしした翌日、冷蔵庫を開けたら、卵入れに起き上がりこぼしが入っていた。母に尋ねると「起き上がりこぼしのレーゾンデートルを喪失させている」のだと言う。その時、野田さんは決して母の機嫌を損ねてはいけないと悟った。母から送られてきた荷物に、母の怒りを感じた野田さんは、重松さん(小林涼子)と山本くん(相馬圭祐)を招き、一緒に見てもらう。

12話「決して見てはいけません」

歯がウズウズしていた野田さん(江口のりこ)。老人会のウメさん(大方斐紗子)に歯医者さんを教えてもらうが、「腕はいいけど、腕そのものを見てはダメ。ウズウズが歯だけではすまなくなる」と注意される。相談された部長(安藤サクラ)と副部長(越村友一)も歯医者についてくる。先生の腕を見るべきか見てはいけないか、腕に何があるのか、議論する3人。治療を終えて出てきた子供が、先生の腕がピロピロしていたと言いだして…

13話「流れ星☆キラリ」

中学二年の時、流れ星を見た野田さん(江口のりこ)は、とっさに「ダブルのトイレットペーパーのミシン目がずれませんように!」と祈った。それ以来、ミシン目がずれないと言う。その夜、流れ星を見た亀田さん(池谷のぶえ)が、トイレットペーパーの特売を願うと、翌日には特売に出くわした。流れ星は、トイレットペーパー関連の願いだけかなえてくれる…?そんな会話をバカバカしいと相手にしない富沢さん(増田有華)だったが…

14話「野田が書いたラブレター」

手影絵部の部室に入ってきた部長(安藤サクラ)と副部長(越村友一)は、そこで野田さん(江口のりこ)の書きかけのラブレターを発見し盛り上がる。野田さんは照れながら「わたしが死んだあとの推理用に書いてみたんです」と説明。訳がわからない部長と副部長。ベートーベンの死後に見つかった宛先不明の恋文が誰宛なのか、研究者たちが100年以上推理しているのに感動し、自分も書いてみたと言う。そこで部長は協力を申し出る。

15話「その時 心がひとつに」

バスに乗っている野田さん(江口のりこ)は、車内の空気が一つにまとまるのを感じていた。2人のサラリーマンが「倍賞千恵子」の名前が出ずに苦しんでいるのを、バスの乗客がみんなで見守っているのだ。こらえきれずに年輩の婦人が教えようとするのを学生が目で止める。サラリーマンたちは、いいところまでいくのだが、なかなか答えにたどり着かず、車内は、やきもきする。そんな中、山本くん(相馬圭祐)がバスに乗り込んでくる。

16話「果てしなき世界」

ある定食屋さんに足を踏み入れた野田さん(江口のりこ)は、店内に貼られたメニューの短冊に圧倒され、「定食屋のメニューの果て」が知りたくなる。卒業までにメニューを制覇できるかどうか、お金と鉄の胃袋を持つ重松さん(小林涼子)に相談すると、彼女が協力してくれることに。2人はその足で定食屋に乗り込み、次々に注文する。定食ゾーンが今日で終わりそうだと喜ぶ野田さんだったが、ほかの客がメニューにない料理を注文し…

17話「犬を連れた奥さん」

近所の喫茶店に飾ってあったサインが気になった野田さん(江口のりこ)。尋ねると、避暑地で知り合った男とW不倫の関係になって、この街に逃げてきた女優だという。女優生命を断たれ、不倫相手も亡くなり、今ではペットとひっそりと暮らしているらしい。話を聞いた富沢さん(増田有華)は、ポメラニアンのマダム(村岡希美)がその女優ではないかと思い、ゴシップ誌にネタを売ろうとするが、亀田さん(池谷のぶえ)は非難する。

18話「あなたは一人じゃないんです」

彼女ができなくて孤独だという山本くん(相馬圭祐)。野田さん(江口のりこ)は「山本くんが食べているサンドイッチの片割れの人がいるから、寂しくない」と言う。市販のサンドイッチは四角いパンを2つに切ることによって三角になる。切られた片割れは別のパッケージに入れられる。サンドイッチを半分こしていることになるので、三角形のサンドイッチを食べる人は皆、運命のサンドイッチの人とともにあると言うのだ。

19話「あなたを学んでいくのです」

野田さん(江口のりこ)、部長(安藤サクラ)、副部長(越村友一)は、携帯電話の予測変換で何が出るか遊びを始める。「あ」を打つと、野田さんは「赤城山」「あだやおろそか」「アンドロポフ書記長」などが出る。「い」では、「異端審問」「生けにえ」などが出てくる。部長・副部長のけげんそうな顔をみた野田さんは、現代のイケてる若者たちにならい「代官山」を携帯電話に覚えこませようとするが、なぜかおかしな変換に。

20話「さよならワッショイこんにちガス」

「ワッショイナイト」の公開収録に行った野田さん(江口のりこ)。パーソナリティーから、きょうで番組が終わり、さわやかガス提供の「ナカヤスのガスッといっとく」に変わると告げられる。ずっと聴いていたラジオ番組が変わってしまうことが悲しい野田さん。部長(安藤サクラ)やポメラニアンのマダム(村岡希美)から「大人になることの悲しみ」を教えられるが受け入れられない。新番組宛てにメールするが、ガッカリすることに。

ドラマ「野田ともうします。」を見逃した方は、
ユーネクストの31日間無料体験でお楽しみください!

初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って
「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。

Sponsored Links

RELATED POST