見逃したテレビを見る方法
NHKドラマ

NHKドラマ「海の見える理髪店」のあらすじ・再放送・見逃し動画配信は?

スペシャルドラマ「海の見える理髪店」

放送 2022年3月31日(木)午後5時~6時15分[BS8K]
   2022年5月9日(月)午後9時〜10時15分[BSプレミアム]

海辺の小さな町の理髪店を舞台に、老店主と若い客の1時間あまりの静かで熱い邂逅(かいこう)を描く物語

――なぜ、若者は海辺の理髪店を訪れたのか?
――なぜ、老店主はみずからの人生を語り始めるのか?

優しい海辺の風景、刻々と色を変える夕方の太陽、蒸しタオルから立ち昇る湯気、ハサミのリズミカルな動き、宙を舞う毛束、泡立つシャボン、心地よいマッサージ……8K映像が余すことなく描き出す“美しい情景”と“職人技”が心に迫る。

鏡越しに交わされる2人の男の会話。老店主の70年分の回想が織りなす奇妙なサスペンスから目が離せないまま、急転直下のラストでささやかな日常の謎が解けていく!

  • 原作 荻原浩
  • 脚本 安達奈緒子
  • 音楽 森優太
  • 出演 柄本明、藤原季節、玄理、尾上寛之、片岡礼子、中島歩、眞島秀和、水野美紀 ほか
  • 制作統括 榎本美華、後藤高久、訓覇圭
  • 演出 森ガキ侑大

関係者のコメント

柄本明さん

藤原季節くんという45歳も年齢の違う若者と、がっぷり組んで芝居をさせてもらいます。それも彼の髪を切りながら、まるで淀みなくセリフを話すわけですから、新年早々かなりの挑戦です。その上、若返らなければならないシーンもあるので、正月で少しゆるんだ体をキッチリ絞っていきましょう。

藤原季節さん

一人の青年が理髪店で髪の毛を切るお話です。鏡に映る自分の心も、髪の毛を切る人の心もわからない。それでも「海の見える理髪店」にはきっと大切な何かがあると信じたい。会って言葉を交わすことが大切なんだと信じてみたい。こんなに素晴らしいチームでドラマが作れるチャンスなんて二度とない。僕はただ黙ってその世界に立って、柄本明さんと同じ空気を吸えたらと思います。

あらすじ

海辺の理髪店に若い男が訪れた。「髪型はお任せします」というオーダーに老店主は嬉しそうに調髪に取り掛かり、問わず語りに自分の人生を語り出す。家業の床屋を10才から手伝い、初めて任された仕事は出兵する常連客をバリカンで丸刈りしたことだった。昭和30年代には順調だった店が傾き、店主は酒に溺れ、最初の妻に暴力をふるって離婚されたことも。そんな取り留めのない話をしながら、店主は見事な手さばきで調髪を続ける。だが突然、「人を殺めたことがある」と青年に告白する…。

原作本『海の見える理髪店』

※「楽天ブックス」より


海の見える理髪店 [ 荻原浩 ]

店主の腕に惚れて、有名俳優や政財界の大物が通いつめたという伝説の理髪店。僕はある想いを胸に、予約をいれて海辺の店を訪れるが…「海の見える理髪店」。独自の美意識を押し付ける画家の母から逃れて十六年。弟に促され実家に戻った私が見た母は…「いつか来た道」。人生に訪れる喪失と向き合い、希望を見出す人々を描く全6編。父と息子、母と娘など、儚く愛おしい家族小説集。直木賞受賞作。

著者 荻原浩

1956(昭和31)年、埼玉県生れ。成城大学経済学部卒。広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターに。1997(平成9)年『オロロ畑でつかまえて』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2005年『明日の記憶』で山本周五郎賞を、2014年『二千七百の夏と冬』で山田風太郎賞受賞を、2016年『海の見える理髪店』で直木三十五賞を受賞。著作に『ハードボイルド・エッグ』『神様からひと言』『僕たちの戦争』『さよならバースディ』『あの日にドライブ』『押入れのちよ』『四度目の氷河期』『愛しの座敷わらし』『ちょいな人々』『オイアウエ漂流記』『砂の王国』『月の上の観覧車』『誰にも書ける一冊の本』『幸せになる百通りの方法』『家族写真』『冷蔵庫を抱きしめて』『金魚姫』『ギブ・ミー・ア・チャンス』など多数。

主な登場人物・キャスト

店主 柄本明

海辺の小さな町で理髪店を営む男。腕が良く顧客の信頼も厚かった彼は東京でも指折りの理容師だったが、なぜか知り合いのないこの地に店を構えた。日々数少ない客を相手に黙々とハサミを動かしている。

青年 藤原季節

何かに引き寄せられるように、雑誌で見た不思議な理髪店にやってきた青年。伸びてボサボサの髪を老店主に切ってもらいたいと熱望している。しかし、彼にはそれ以上の切なる目的があった。

店主の最初の妻 玄理

秋田出身の働き者で物静かな女性。店主の母に見初められ結婚することになったが、夫とは心の触れ合いが持てないままに離婚した。

若い店主 尾上寛之

父の死後、若くして理髪店を継ぎ祖父から3代続く店を必死に守ってきた。血のにじむような努力を重ねて一流の技術を身につけていく。

店主の母 片岡礼子

夫亡き後に息子が理髪店を継いだことを喜んでいたが、苦闘する息子を見て、店なんか潰してもいいと言う肝の据わった女性だった。

映画俳優 中島歩

新作映画の役作りに悩み、店を訪ねて来て役に合った髪型にしてくれと注文。それに応えて店主が作った髪型が彼の転機になった。

同僚の男 眞島秀和

店主が一念発起して、新しい理髪店を開店する時に雇われた同僚。腕も人柄も間違いのない一流の理髪師で、その新店が成功したのは彼の功績が大だと店主も認めていたが、その成功が二人の関係に影を落とす。

店主の2番目の妻 水野美紀

新しい理髪店経営で成功した店主が足繁く通う料理屋の従業員。店主が猛アプローチするも、初めのうち彼女は歯牙にもかけなかったが、その武骨で誠実な人柄に触れるうちに結婚することを承諾した。

「海の見える理髪店」の再放送・見逃し動画配信は?

「海の見える理髪店」の再放送・見逃し動画配信については、現在のところ未公表のため不明です。わかり次第ご案内します。

Sponsored Links

RELATED POST