見逃したテレビを見る方法
NHKドラマ

NHKドラマ「正直不動産2」のネタバレ・再放送・見逃し動画配信は?

ドラマ10「正直不動産」の見逃し動画は、U-NEXTで配信中です!

ドラマ10「正直不動産」「正直不動産2」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。新規の登録から31日間は無料体験できるうえに、新規登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、実質的に無料でNHKの人気番組が見放題となります。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組、音楽ライブ、スポーツ(SPOTV NOWで配信されるコンテンツ等)がたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

不動産業界の世界と“家”をめぐる人間模様を描く痛快コメディー!
ドラマ10「正直不動産」「正直不動産2」は、U-NEXTで配信中です。

↓ ↓ ↓

「正直不動産2」も放送日の翌日から配信中です。

また、U-NEXTの31日間無料トライアルでは、270,000本以上の
見放題作品を全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

U-NEXTの新規登録はコチラからどうぞ!

↓ ↓ ↓

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

ドラマ10「正直不動産」

放送 2022年4月5日(火)スタート・全10回
   毎週火曜日 午後10時〜[NHK総合]

再放送 2023年12月4日から月〜金 午後1時〜[BSP4K]

人気連載中のマンガ原作をドラマ化
不動産業界の知られざる世界と、“家”をめぐる人間模様を描く
痛快お仕事コメディー!

私たちが生活する上でなくてはならないもの・・・それは、“家”=不動産。リモートワークが広まり、家での時間が長くなりつつある今、不動産への関心はますます高まっています。そんな注目を集める不動産取引の裏側を描く、人気連載中のコミックをドラマ化します。

“口八丁”で売り上げナンバー1を誇る、やり手の営業マン・永瀬財地。ある時、土地のたたりによって嘘が一切つけなくなり、正直さだけを武器に海千山千の不動産業界で悪戦苦闘。すべてを”ぶっちゃける“永瀬の営業は、果たしてこの世界で通用するか―― 家を売る人、そして求める人の痛快な人間ドラマが、今始まる!

嘘がつけなくなった営業マンを演じるのはNHKドラマ初主演の山下智久。主人公の後輩社員に、2022年度後期連続テレビ小説『舞いあがれ!』のヒロインにも決定した福原遥

主人公・永瀬を常にライバル視する同僚・桐山貴久役には、市原隼人さん。永瀬のハートを密かに狙う取引先の銀行員・榎本美波役に、泉里香さん。永瀬の本音にほん弄される会社の上司・大河真澄役に、お笑いコンビ・シソンヌの長谷川忍さん、瀬戸健一役に、木下ほうかさん。さらに、ライバル会社の社員・花澤涼子役には、倉科カナさん。謎につつまれた大地主・マダム役に、大地真央さん。そして、主人公を厳しく見守る社長・登坂寿郎役を、草刈正雄さんが演じます。

そして脚本には『ハコヅメ』『監察医 朝顔』の根本ノンジ。目からウロコの不動産知識とともに、今までにないお仕事コメディーをお届けします!

  • 原作 大谷アキラ(漫画)、夏原武(原案)、水野光博(脚本)
  • 脚本 根本ノンジ
  • 音楽 佐橋俊彦
  • 主題歌 小田和正「so far so good」
  • 出演 山下智久、福原遥、市原隼人、泉里香、倉科カナ、大地真央、長谷川忍、木下ほうか、高橋克典、草刈正雄 ほか
  • 制作統括 黒沢淳(テレパック)、山本敏彦(NHKエンタープライズ)、岡本幸江(NHK)
  • プロデューサー 清水すみれ(テレパック)、宇佐川隆史(NHKエンタープライズ)
  • 演出 川村泰祐(アンドリーム)、金澤友也(テレパック)、野田健太(テレパック)

Sponsored Links

あらすじ

登坂不動産の営業マン・永瀬財地(山下智久)は、“嘘もいとわない”セールストークで成績No.1を維持し続ける、やり手の営業マン。ある日、アパートの建設予定地にあったほこらを壊したことから、たたりで嘘がつけない体になってしまう・・・。言わなくてもいいことまでペラペラとしゃべる永瀬に、当然お客は激怒。契約寸前の案件まで次々と台なしに――。果たして、正直すぎる不動産屋となった永瀬は生き残れるのか!?家を売る人、そして求める人の痛快な人間ドラマが、今始まる!

主な登場人物・キャスト

永瀬財地 山下智久

巧みな話術で登坂不動産の成績ナンバーワン長年を誇ってきた。しかし、壊した祠のたたりにより突然嘘がつけなくなってしまう。本音しか語ることができないため、お客との交渉に悪戦苦闘。“正直すぎる”営業マンとなった永瀬は、海千山千の不動産業界を渡り歩けるのか――!?

月下咲良 福原遥

登坂不動産に入社したての新入社員。カスタマーファーストをモットーに掲げるなど、志は高い。永瀬が教育係に任命されたことで、協力して顧客のために奮闘することに。

桐山貴久 市原隼人

永瀬財地を常にライバル視する、登坂不動産の社員。冷静な表情の裏には熱い闘志がみなぎっている。本音しか話さず成績が下がる一方の永瀬に対し、ひそかに疑問を持つ。

登坂寿郎 草刈正雄

社員を厳しくも温かく見守る、登坂不動産・社長。社員にかける言葉はいつも端的で、その発言には重みがある。甘いものが好き。

マダム 大地真央

容姿端麗、豪邸に住む登坂不動産の大顧客。幾多の物件のオーナーであるため、登坂不動産の社員は頭が上がらない。登坂や鵤との間に、ある“深い関係”がある。

鵤聖人 高橋克典

登坂不動産のライバル会社・ミネルヴァ不動産の社長。登坂不動産をつぶすためには、悪どい手段も辞さない。その裏側には、数十年前のある因縁があり…。

花澤涼子 倉科カナ

登坂不動産のライバル会社・ミネルヴァ不動産の社員。社長・鵤の手先となり、登坂不動産の情報を逐一調べるも、次第にその心境に変化が…?

大河真澄 長谷川忍(シソンヌ)

登坂不動産の営業部長。朝礼で社員に格言を言うことが好き。永瀬の本音トークに翻弄される。

榎本美波 泉里香

登坂不動産が提携する銀行の融資担当。結婚相手への要望が高く、いいご縁に恵まれてこなかったが、永瀬と出会い、ターゲットとして狙いを定め始める…。

Sponsored Links

ドラマ10「正直不動産」の各話のあらすじ

※「ネタバレ」を含む。

第1話「嘘(うそ)がつけなくなった不動産屋」

2022年4月5日(火)放送

登坂不動産の営業マン・永瀬財地(山下智久)は、口八丁で成績No.1を維持し続けるやり手の営業マン。そんな永瀬が、ある日突然、祟(たた)りによって嘘がつけなくなってしまう。本音ばかり言う永瀬は、客を怒らせ、契約寸前の案件も台無しに…。一方、お客様第一を志とする新人・月下咲良(福原遥)は、初めての賃貸仲介を任せられる。営業テクニックがものを言う不動産業界で、正直すぎる永瀬と月下の奮闘が、今始まる!

<補足・感想>

本当のことを馬鹿正直に言うようになった永瀬は一旦は客を怒らせてしまうが、よくよく考えた客は正直に話してくれる永瀬を信頼して仕事を依頼するようになる。永瀬をクビにしようと考えていた社長は、もう少し様子を見ることに…。

永瀬が悪徳家主を厳しく糾弾する場面は痛快で、結果的には客(借り手)のためにもなっているのでとてもいい事だと思います。

第2話「1位にこだわる理由」

2022年4月12日(火)放送

祟(たた)りで嘘がつけなくなった営業マン・永瀬財地(山下智久)は早くも売上1位の座を後輩の桐山(市原隼人)に奪われてしまう。同じ社内で顧客の奪い合いをする永瀬と桐山を尻目に、新人の月下(福原遥)は顧客第一主義で営業するが成約が取れない。そんな時、桐山が永瀬にある顧客の担当を代わってほしいと持ちかける。営業成績を上げたい永瀬は、二つ返事で引き受けたが、その物件には家賃に関するトラブルが隠されていた…。

<補足・感想>

家主はもともと実家の母親と一緒に住む予定でそのマンションを購入・リフォームしたが、母が入院することになったため、やむなく貸すことにした物件だった。貸し手の値上げの事情、借り手の事情を知りその間に入った永瀬は、1万円の値上げを5千円に下げて両者の痛み分けとしたことでトラブルは解消された。双方の事情を十分斟酌した上で着地点を見出す…まさに仲介の仕事っていう感じですね。

桐山が1位にこだわる理由。それは、もっと一流の不動産会社に転職するため。一方、永瀬が1位にこだわる理由はお金(収入)が目当てだった。

第3話「信じられるパートナーとは」

2022年4月19日(火)放送

永瀬(山下智久)から、3年前に物件を購入した夫婦が来店。永瀬の勧めでペアローンを組み高額マンションを買ったが、離婚が決まり、ローン返済をめぐり大揉(も)めとなる。一方、月下(福原遥)は、初めての店舗賃貸を登坂社長(草刈正雄)から任される。第二の人生に駄菓子屋をやりたいと願う老夫婦と出会うが、高い家賃を下げたいと物件オーナーに直談判に挑む…が、相手は、地元で一目置かれる通称・マダム(大地真央)だった。

<補足>

月下は成績が上がらずクビがかかった状況だったが、顧客ファーストの姿勢を貫き老夫婦の駄菓子屋の夢を応援するために物件オーナーを説き伏せる。永瀬は新婚夫婦に敢えて離婚した時のことまで考えてローンを組むようアドバイスする。それが最初は顧客の怒りをかってしまうが、夫婦間のコミニュケーション促進に結びつく。

第4話「いい部屋の定義」

2022年4月26日(火)放送

ライバル会社・ミネルヴァ不動産と競う形で、マンションの空き部屋を販売することになった登坂不動産。ボロアパートから抜け出したい永瀬(山下智久)は、給料アップのチャンスとひとり奮い立つ。そんな時、「事故物件」に住みたがる奇妙なおばあさん・節子(風吹ジュン)が来店。月下(福原遥)は節子のために、事故物件を一生懸命に探し始める。そんな中、ミネルヴァ不動産の社員・花澤(倉科カナ)が、永瀬に宣戦布告をして…。

<補足>

登坂不動産では成約寸前で断られてしまうケースが多発していた。その理由は、ミネルヴァ不動産が事故物件だとデマを流して妨害していたからだった。しかし、そんな事故物件でも節子のように需要はある。いい部屋の定義は住む人によってさまざまであることに気付かされる。

結局、永瀬はマンションの販売を2件成約した。1位はとれなかったが、嘘をつかずに正直に営業し、顧客に喜ばれ会社にも貢献できたことに充足感を感じていた。

第5話「優しい嘘(うそ)」

2022年5月3日(火)放送

成約物件の破談が続き、社内にスパイがいることを疑う永瀬(山下智久)。ライバルのミネルヴァ不動産・花澤(倉科カナ)を呼び出し、問いただすが認めるはずもない。一方、月下(福原遥)は両親の離婚で離ればなれとなっていた父・昌也(加藤雅也)と8年ぶりに再会。転勤のため東京で物件探しをしていると聞き、父の物件を探そうと張り切る月下だったが、ある日、昌也はミネルヴァ不動産の強引な営業にあい契約寸前となるが…。

<補足>

月下の父がミネルヴァ不動産で契約しようとしていた物件は欠陥不動産だった。永瀬と月下は契約寸前のところでストップをかけ、調査会社を使って床下に欠陥があることを突き止めた。父・昌也は娘に救われた。しかし、父は再婚する予定であることを打ち明ける。一方、スパイ疑惑についてパソコンのログを調査したところ、桐山が容疑者として浮上する。

第6話「仕事をする理由」

2022年5月10日(火)放送

会社のスパイ=桐山貴久(市原隼人)の可能性が浮上し、信じられない永瀬財地(山下智久)。そんな矢先、桐山と永瀬がペアを組み、大型案件に挑むことが決定する。その案件とは、「竹鶴工務店が、所有する土地に家を複数建てるので、その家を売りさばく」ということだった。だが、竹鶴工務店は下請けに安い金額で建築を丸投げしようとしていることが判明。金額に見合った材料で建てた場合、欠陥住宅となるのは明らかだった…。

<補足>

永瀬は下請けを説得してプランの変更を行い、桐山は買い手を見つけた。そして、永瀬と桐山は二人で直談判して竹鶴工務店を説得、欠陥住宅にならないようプランの変更に合意させた。昔、桐山の父は下請けでビル建築の仕事をしていたが、欠陥工事に責任を取らされたあげくに亡くなった。桐山は、そんな建築業界を変えたいという思いから不動産会社に入り、いつかは独立したいと考えていたのだ。その桐山が会社に辞表を出す。自分の父の汚名がミネルヴァ不動産の知るところとなり、会社に迷惑がかかるのを恐れたからだ。永瀬は、そんな桐山を引き止めるが…。

第7話「過去の自分と今の自分」

2022年5月17日(火)放送

スパイ騒動は、ミネルヴァ不動産の仕業だった。営業成績の振るわない登坂の営業課長を金で引き込んでいたのだ。退職した課長に代わり、課長代理に抜擢された永瀬(山下智久)だったが、事務作業に追われる一方、うそを連発していた過去の契約者からのクレームが次々と舞い込んでくる。そんな時、メインバンクの融資課・榎本美波(泉里香)が永瀬を訪ねてくる。美波はある定年夫婦の自宅売却に絡み、永瀬に協力を求めてきたのだが…

<補足>

美波は定年夫婦に自宅売却するよりも自宅を担保に借金をするリバースモーゲージという商品を勧めようと企んでいた。しかし、永瀬はリバースモーゲージのデメリットを説明し、美波を怒らせてしまう。さらに、アレルギーのお孫さんと砂場遊びをする妻の楽しみのために、自宅を売却すべきでないと言い切る。そんな永瀬の正直営業が信頼されて、結局、自宅売却と賃貸住宅探しの依頼を受けることとなる。

その頃、ミネルヴァ不動産は永瀬の過去の契約先にクレームを起こさせていた。

第8話「信じる事」

2022年5月24日(火)放送

300坪・5億円の土地売買を扱うことになった永瀬財地(山下智久)と月下咲良(福原遥)。売り上げが落ち込んでいる登坂不動産としては是が非でも成約したい。そこに、またもやミネルヴァ不動産が競合として立ちふさがる。交渉の結果、なんとか契約を勝ち取る永瀬だが、ある違和感を感じる。取引相手の交渉術が、かつてうそをついていた自分と重なったからだ。そこで、永瀬は、元同僚、桐山貴久(市原隼人)を呼び出すのだが…。

<補足>

永瀬と月下は、けやき野興業が所有する土地300坪の売却案件を担当。ミネルヴァ不動産の横槍が入り買取価格を引き上げられた上で契約が成立しようとしていたが、永瀬は地面師たちによる詐欺取引を疑う。そして、ギリギリのところで騙されずに事なきを得た。永瀬は、登坂社長の過去をマダムから知らされる。登坂は大手の住元不動産に務めていたが、地面師に騙されて上司から責任を一人に押し付けられて退職し、登坂不動産を立ち上げたのだ。

第9話「決戦!眺めのいい部屋」

2022年5月31日(火)放送

登坂不動産の業績は、ミネルヴァ不動産の工作により、悪化の一途をたどっていた。その裏には、ミネルヴァ不動産社長・鵤聖人(高橋克典)と、登坂不動産社長・登坂寿郎(草刈正雄)との、数十年に渡る因縁があり、永瀬財地(山下智久)も否応なしに騒動の渦へと巻き込まれていく…。そんな中、月下咲良(福原遥)も、ミネルヴァ不動産の営業社員・花澤涼子(倉科カナ)と、富士山が見える物件をめぐって対峙(じ)することになる…

<補足>

鵤聖人の父は地面師だったが、逮捕されて獄中で亡くなった。それが、登坂社長の工作によるものだった。鵤聖人は父を憎んでおり、父を殺せなかった憎しみを登坂社長に向けており、登坂不動産を潰そうとしていたのだ。

一方、富士山の見える物件を探しているという島村夫妻の案件で月下と花澤がバトルを繰り広げるが、最終的には花澤が探してきた物件で決まってしまう。花澤は島村夫妻の息子夫婦や孫のことまで考えて物件を探していたのだ。月下は自分の未熟さを認め、花澤と心を通わせる。実は、花澤は前職でセクハラに苦しんでいた時に鵤に救われた、言わば鵤は花澤の恩人だったのだ。

第10話(最終話)「正直不動産、誕生」

2022年6月7日(火)放送

登坂不動産の管理物件を奪い取る秘策で、本気で潰しにかかるミネルヴァ不動産。両社の戦いは最終局面を迎える。そんな矢先、2億円超の相続物件が出てくる。ミネルヴァは、いち早く情報をつかみ、自社に有利なサブリース契約を結ぶが、永瀬(山下智久)は、その物件のある問題に気づく。顧客と会社のピンチに永瀬は、昔のようにうそがつけるようにと神頼みすると、突然風が吹き、息を吐くごとくうそがつけるように復活するのだが…

<補足>

ミネルヴァ不動産は大地主である藤堂の管理物件を奪い取ろうとしていた。永瀬は得意のウソをついてそれを阻止しようと思ったが、思いとどまって正直に藤堂を説得する。そこに、永瀬を良く知る顧客が現れ、永瀬がバカ正直であることを藤堂に吹き込んでくれたおかげで、ミネルヴァ不動産の企みを阻止することに成功する。こうして結局、永瀬はまっ正直な営業スタイルを貫くことを決心する。登坂不動産は永瀬たちの頑張りによって息を吹き返した。

特別番組『正直不動産 感謝祭』

2022年6月14日(火)放送

4月5日(火)の初回放送より、数多くの反響を頂いてきたドラマ10「正直不動産」。その熱い声援への感謝の気持ちを込めて、全10話放送の翌週 6月14日(火)よる10時~、「正直不動産」を振り返る特別番組を放送。タイトルはズバリ、「正直不動産 感謝祭」。出演者や制作者が、今だからこそ言える“撮影の舞台裏”や“ドラマの魅力”について語り尽くします。

Sponsored Links

ドラマ10「正直不動産」の再放送・見逃し動画配信は?

ドラマ10「正直不動産」の再放送については、現在のところ未定です。でも、安心して下さい。このドラマの見逃し動画は、NHKオンデマンドユーネクストで放送日の翌日から配信される予定です。

不動産業界の世界と“家”をめぐる人間模様を描く痛快コメディー!
ドラマ10「正直不動産」は、U-NEXTで配信中です。

↓ ↓ ↓

.

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2024年1月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

正直不動産スペシャル「大切なものとは?」

放送 2024年1月3日(水)午後9時〜10時30分[NHK総合]

登坂不動産を大ピンチに追い込む永瀬最強のライバルが登場する!
ライヤー永瀬の師匠であり、No.1に異常に固執するカリスマ営業マン
神木涼真がついに「正直不動産スペシャル&2」に登場!
演じるのは、キラースマイルが魅力のディーン・フジオカ!
ビジネスエンターテイメント不動産コメディードラマが更に熱く!面白い!

  • 原作 大谷アキラ(漫画)、夏原武(原案)、水野光博(脚本)
  • 脚本 根本ノンジ
  • 音楽 佐橋俊彦
  • 主題歌 小田和正 「so far so good」
  • 出演 山下智久、福原遥 /市原隼人、泉里香、長谷川忍、板垣瑞生/ 山﨑努、ディーン・フジオカ、溝端淳平、松本若菜、佐々木春香、街田しおん、平泉成、笹野高史、柄本明、大地真央/ 倉科カナ、高橋克典、草刈正雄
  • その他のレギュラー 伊藤あさひ、財津優太郎、五島百花、牧野莉佳、高野渚、湯江タケユキ、伊藤麻実子
  • その他のゲスト 内藤聖羽、結城モエ
  • 制作統括 黒沢淳(テレパック)、山本敏彦(NHKエンタープライズ)、小林大児(NHK)
  • プロデューサー 室谷拡(テレパック)、宇佐川隆史(NHKエンタープライズ)
  • 演出 川村泰祐(アンドリーム)

あらすじ

嘘のつけない不動産営業マン・永瀬財地(山下智久)と、カスタマーファースト命の後輩・月下咲良(福原遥)の名コンビが活躍する「正直不動産」が帰ってきた!永瀬は大学時代の親友・希志(溝端淳平)が、永瀬から買った自宅のローン返済に苦しんでいることを知る。一方、月下は、祖父(平泉成)が不動産詐欺グループに騙されそうになっていることに気づく。果たして二人は不動産を通じて自分の大切な人を守ることができるのか!

ドラマ10「正直不動産2」

放送 2024年1月9日(火)スタート・全10話
   毎週火曜日 午後10時〜10時45分[NHK総合&BSP4K]

嘘(うそ)のつけない不動産営業マン・永瀬財地(山下智久)とカスタマーファースト命の月下咲良(福原遥)の名コンビが活躍するシリーズ第2弾! タワーマンション購入、家賃滞納、ワンルーム投資の落とし穴、狭小住宅など今知っておきたい不動産情報はもちろん、働く皆さんに明日への活力を与える痛快!ビジネスコメディードラマの続編です。

「不動産」は人生の縮図。人生で最低3回(就学・結婚・相続など)はお世話になると言われる不動産屋ですが、買い方、借り方、選び方によっては、心ない不動産屋に付け込まれることも!そんな不安を払しょくし、「いい家と出会いたい」と願う視聴者の夢を、嘘がつけなくなった「正直不動産・永瀬財地」が再び守ります!

シーズン2では、永瀬を「ライアー」に導いたかつての上司で、最強の不動産営業マン・神木涼真がライバルのミネルヴァ不動産に入社、登坂不動産に牙をむきます。永瀬と月下は、Z世代の“取扱注意”な後輩や、一癖も二癖もある同僚たちと逆境に立ち向かい、「お客様が一番幸せになれる家」を命がけで提供し、シーズン1より更にパワーアップしたあの“風”とともに、街の安寧を取り戻していきます!仕事に恋に永瀬財地の波乱万丈の物語にご期待ください。

  • 原作 大谷アキラ(漫画)、夏原武(原案)、水野光博(脚本)
  • 脚本 根本ノンジ、清水匡、木滝りま
  • 音楽 佐橋俊彦
  • 主題歌 小田和正 「so far so good」
  • 出演 山下智久、福原遥、市原隼人、泉里香、長谷川忍、松本若菜、板垣瑞生、伊藤あさひ、財津優太郎、馬場徹、松田悟志、ディーン・フジオカ、山﨑努、大地真央、倉科カナ、高橋克典、草刈正雄 ほか
  • 制作統括 黒沢淳(テレパック)、山本敏彦(NHKエンタープライズ)、長谷知記(NHK)
  • プロデューサー 室谷拡(テレパック)、樋渡典英(NHKエンタープライズ)
  • 演出 川村泰祐(アンドリーム)、金澤友也(テレパック)、下向英輝(フリー)

主な登場人物・キャスト

永瀬財地 山下智久

巧みな話術で登坂不動産の成績ナンバーワン長年を誇ってきた。しかし、壊した祠(ほこら)のたたりにより突然嘘がつけなくなってしまう。本音しか語ることができないため、お客との交渉に悪戦苦闘。“正直すぎる”営業マンとなった永瀬は、当初は成績がガタ落ちするも「正直」営業により客の信頼を得て成約を勝ち取るケースが増えてくる。恋愛についてもあの「風」が吹くことでなかなかうまくいかない。タワーマンションに再度住むのが目標。そんな永瀬の前に、最強の敵が現れることに…。

月下咲良 福原遥

登坂不動産、永瀬の後輩。過去に両親が不動産トラブルで離婚。そのため、不動産で人を幸せにすることを目標にカスタマーファーストをモットーに頑張る。永瀬の指導のもと、すでに月間営業ナンバーワンをゲットして下克上を達成するほど成長している。ミネルヴァ不動産の花澤をライバル視しながらも女性として尊敬している。

神木涼真 ディーン・フジオカ

元登坂不動産の営業マンで入社当時は成績が悪かったが、嘘をいとわない悪魔的な営業に目覚めてNo.1まで上り詰める。永瀬の先輩にあたり営業のイロハを教え込むが、バカンス中に永瀬に一度だけ成績を抜かれたことで退社。その後は不動産業界を退いて落ちぶれていたが、街頭で鵤にスカウトされ、登坂不動産の強力なライバルとしてミネルヴァ不動産に返り咲く。

桐山貴久 市原隼人

元登坂不動産の営業マンで永瀬の親友。今は独立して名うての不動産ブローカーとなり、永瀬も羨むような大きな取引もしている。登坂不動産、永瀬の営業に度々かかわることも…。建築下請け業者社長だった父親が、違法建築の責任を取らされ自殺した過去を持つ。スウィーツ好き。

大河真澄 長谷川忍

登坂不動産営業部長。朝礼で社員に格言を言うことが好き。永瀬の本音トークに翻弄される。自他共に認める強面で売り上げノルマで常に部下を叱責しているが、部下思いな一面もある。登坂に常に昭和的言動とパワハラを諫められている。夫婦仲は微妙。

登坂寿郎 草刈正雄

かつては大手不動産会社のエリート社員だったが、上司がひっかかった地面師詐欺の責任を押し付けられて退社、登坂不動産を立ち上げた。学生時代の永瀬の実家の任意売却(競売をせずに金融機関の合意を得て売却する方法)を担ったことが、永瀬が不動産業界に飛び込むきっかけとなった。腕時計のコレクションが趣味。社員を厳しくも温かく見守る、登坂不動産・社長。社員にかける言葉はいつも端的で、その発言には重みがある。

マダム 大地真央

容姿端麗、大地主で豪邸に住む登坂不動産の太客。登坂不動産の社員は頭が上がらない。かつては銀座の高級クラブのホステスで年齢不詳の美魔女。過去に登坂と鵤に同時期にプロポーズを受けたことがある。継孫にあたる十影には、いつもと違って甘々の一面もある。

鵤聖人 高橋克典

ミネルヴァ不動産の社長。登坂不動産をつぶすためには、悪どい手段も辞さない。登坂がかつて勤務していた不動産会社を去るきっかけの地面師詐欺事件での因縁があり、逆恨みで登坂不動産を陥れようとしている。登坂をつぶすため、かつてカリスマ営業マンだった神木涼真を探し出す…。

花澤涼子 倉科カナ

登坂不動産のライバル会社・ミネルヴァ不動産の部長。元大手ゼネコンの現場責任者。差別のある現場に嫌気がさしたところ、鵤が実力主義の不動産業界に誘い入れる。永瀬の正直営業に何度も煮え湯を飲まされた経験があるが、徐々に影響を受けている面もある。神木の加入でナンバーワンのポジションを奪われるが、なかなか反撃できずに焦りだす…。シングルマザーで息子と二人暮らし。お酒を飲むと明るく豪快なキャラクターに豹変する。

十影健人 板垣瑞生

マダムの継孫で元ミネルヴァ社員。マダムとの交渉で登坂不動産社員で永瀬が教育係となる。給与や出世よりプライベート第1!タムパ(タイムパフォーマンス)重視で残業は一切しない。帰宅して自宅でチルってるZ世代の申し子。やる気の無いスタイルだったが、永瀬や月下の営業スタイルに徐々に感化されていくのだが…。

西岡将生 伊藤あさひ

ミネルヴァ不動産の営業マン。花澤に傾倒していたが、神木の出現に弟子入りを申し出る。その悪魔的営業スタイルに徐々に腰が引けてくる。

東野芳樹 財津優太郎

ミネルヴァ不動産の営業マン。花澤の下で西岡とともに営業をしていたが、最近は神木に傾倒してきている。

榎本美波 泉里香

登坂不動産が提携する三友銀行の融資担当。結婚相手への要望が高く、いいご縁に恵まれてこなかったが、永瀬と出会い、ターゲットとして狙いを定めたこともあるが…。秋田出身のおばあちゃんっ子。料理がうまく、秋田の地酒に目がない。

愛原真耶 松本若菜

三友信用保証の幹部社員。光本銀行の榎本美波の先輩で「鬼軍曹」と呼ばれるほど仕事に厳しく成果を上げてきた。独身で、同期のトップで関連会社の役員に抜擢されている。美波のことも、忖度無し、物怖じしない発言が気に入り後輩として相談によく乗っていた。ある年のクリスマスの前日にバーで永瀬に声をかけられイブを一緒に過ごすが、レストランで永瀬大暴走!お客のいる前で大失態をして「二度と会わない男リスト」に入れていたのだが…。

石田努 山﨑努

永瀬がサブリース契約を進めた和菓子職人で今は人気インフルエンサー。永瀬は石田家の土地にある祠を壊して嘘がつけなくなったこともあり、祟(たた)りのことを相談できる唯一の人物。

ドラマ10「正直不動産2」の各話のあらすじ

第1話「帰ってきた正直不動産」

2024年1月9日(火)放送

シーズン2!永瀬財地の前に立ちはだかるのは…

登坂不動産の正直過ぎる営業マン・永瀬財地(山下智久)は、後輩でカスタマーファースト命の月下咲良(福原遥)、Z世代の新入社員・十影健人(板垣瑞生)とともにタワマン購入希望の夫婦を現地に案内する。そこに突如、かつての永瀬の師匠で常にナンバーワンの営業成績を誇った男・神木涼真(ディーン・フジオカ)が現れる。登坂不動産のライバル・ミネルヴァ不動産の社員となっていた神木は、その場で永瀬の客を奪ってしまう。

<補足>

かつて登坂不動産でナンバーワンの営業成績を誇った男・神木涼真が、再び不動産業界に復帰、ミネルヴァ不動産でメキメキと営業成績を上げていく。神木涼真は、とにかく営業成績No.1にこだわる男だった。そんな神木涼真が突然、永瀬の前に現れタワマン購入希望の顧客(歯科医 田口)を奪っていった。

ある時、永瀬は田口の妻が階段の上り下りを辛そうにしていることに気付く。実は、田口の妻は交通事故の後遺症が残っていたのだ。永瀬はミネルヴァ不動産に乗り込んでタワマンの購入契約を阻止。その後、田口は妻の足を考慮して、低層マンションを購入した。

第2話「思いを伝える」

2024年1月16日(火)放送

永瀬(山下智久)と月下(福原遥)は、客の寺島(迫田孝也)が売却を希望する空き家の物件調査に来たが、その家には現在も寺島の父と息子が住んでいることが分かる。家族間での話し合いを求める永瀬だが、怒った寺島はミネルヴァ不動産の神木(ディーン・フジオカ)に相談する。強引なやり方で売却を進めようとする神木。一方、カスタマーファーストがモットーの月下は、寺島家が揉めている原因を探るべく、寺島の妻の実家がある栃木県益子町へと向かう。

<補足>

永瀬は、寺島邸の所有者が寺島氏である以上、寺島が売却する家から父と息子は出ていくしかないと説明した。しかし、父と息子が10年以上住んでいることから使用貸借の契約が成立していることに気付き、知り合いの弁護士を通じて父と息子が寺島邸に引き続き住めるように手助けをする。さらに、月下が寺島の妻の実家がある栃木県益子町まで調べに行って、寺島の誤解を解く。こうして、寺島家は家族としての絆を取り戻して寺島邸で暮らすことになった。

第3話「もしもピアノが置けたなら」

2024年1月23日(火)放送

狭小住宅に住む岡田夫妻(浅利陽介・佐津川愛美)は自宅の売却を希望している。娘のために広い家に引っ越したいのだ。担当の月下(福原遥)は買い手を見つけられずに苦戦する。カスタマーファースト命の月下にとって、難点の多い物件を売ることは試練になるのではないかと、永瀬(山下智久)は心配する。一方、ミネルヴァ不動産の花澤(倉科カナ)も同じ物件を担当することになり、月下と花澤の熾烈(しれつ)な争いとなるのだが…。

<補足>

月下が物件売却に苦戦している様子を見て、永瀬は岡田邸をお隣に購入してもらうアイデアを出す。しかし、ミネルヴァ不動産の花澤に咲きを越されるも、お隣は購入する気はないとのこと。最後の手段としてミネルヴァ不動産は岡田邸をさらに安い価格で買い叩こうとしていた。そんな時、永瀬と月下は自宅を売却するのではなく、お隣を購入することを提案し、それが受け入れられた。

第4話「信用って何だ?」

2024年1月30日(火)放送

Z世代の新入社員・十影(板垣瑞生)が初めての成約を取れそうになる。客は水商売の藤森(佐藤寛太)とその恋人・美玲(恒松祐里)。しかし藤森の過去のカード事故が原因で賃貸保証会社の審査が通らず、二人の関係もぎくしゃくする。その後、美玲の妊娠が発覚。藤森と美玲、それぞれの思いを知った永瀬(山下智久)と月下(福原遥)はオーナーに翻意してもらうべく必死の説得を試みる。一方、そんな永瀬と月下を見ていた十影は…。

<補足>

藤森と美玲は幼なじみで、美玲がいじめられていると藤森が助けていた。その頃から藤森は美玲にとってヒーローだった。そんな美玲の思いも知らず、藤森はいつも人のせいや世の中のせいにして生きてきた。永瀬と月下は藤森に美玲の思いを伝え、藤森はこれから美玲と子どものために真っすぐに生きていくと決意する。そんな藤森と美玲の思いをオーナーに伝え、オーナーは二人に賃貸するることを承諾する。

第5話「善意の代償」

2024年2月6日(火)放送

永瀬(山下智久)は中学時代の同級生・梅村(市川由衣)からマンション購入の相談を受ける。友人のためにと張り切る永瀬だが、梅村の夫・直(味方良介)は永瀬と妻の仲の良さに割り切れない思いを抱く。その頃、月下(福原遥)はかつて店舗を仲介したラーメン店主(田口浩正)を、無給で手伝っていた。一方で、直には神木(ディーン・フジオカ)が、ラーメン店主には花澤(倉科カナ)が、それぞれ何やら接触を図っており…。

<補足>

月下が手伝っていたラーメン店が突然閉店することになった。閉店の仲介はミネルヴァ不動産の花澤が行った。月下はカスタマーファーストと言いながら、店主の本当の悩みに気付けなかったのだ。店主の相談に親身に対応したのは花澤だった。

一方、梅村と直は登坂不動産で新居を購入するが、直はミネルヴァ不動産の神木に騙されてフラット35を使った投資不動産を購入してしまう。フラット35は投資目的では使えないため、フラット35の不正利用をしたことになる。結局、同僚に助けられて新居を売却句することで窮地を切り抜ける。

第6話「春よ来い」

2024年2月13日(火)放送

月下(福原遥)は、家賃を滞納している清川(美山加恋)の相談を受ける。清川は演劇活動とアルバイトの両立に苦労していた。親にも迷惑を掛けられないと言う。同じころ、月下と永瀬(山下智久)はマダム(大地真央)から、十影(板垣瑞生)が両親を失った事情を聞く。夢を追う清川を応援したい月下は大家の猪口(梅沢富美男)と交渉するが断られる。もはや打つ手はないと思われた時、十影の思わぬ一言が事態を動かすことなる。

<補足>

家賃を滞納している清川。大家の猪口は、出ていけば滞納分は帳消しにしてくれるという。そんな時、十影のひと言で打開策がひらめく。つまり、清川は現在の物件からもっと家賃が安い物件へ引っ越せばいいのだ。そうすれば、アルバイトを掛け持ちしなくても演劇活動に専念できる。こうして、清川は夢を追い続けることができるようになった。

第7話「禁断の果実」

2024年2月20日(火)放送

永瀬(山下智久)は美波(泉里香)から、恋人のふりをしてほしいと頼まれる。祖母に恋人を会わせる約束をしてしまったらしい。一方で永瀬と月下(福原遥)は、孫娘のためにタワマンを購入したいという高齢女性の接客をするが、予算的にタワマンは難しいことを伝える。永瀬が美波の祖母と会う当日になるが、祖母は現れない。同じ頃、神木(ディーン・フジオカ)はある高齢女性客に欠陥のあるタワマンを売りつけようとしていた…。

<補足>

孫娘のためにタワマンを購入したいという高齢女性に対して、永瀬は2000万円では買えないとお断りする。しかし、その高齢女性がミネルヴァ不動産につかまり、秋田の土地を売却する前提で8000万円のタワマンを売りつけられ契約してしまう。実は、その高齢女性は美波の祖母だったのだ。永瀬・美波・月下はミネルヴァ不動産に乗り込み、告知義務違反を理由にタワマンの契約を破棄させる。この一件がきっかけで、美波は永瀬に好意を寄せるようになる。

一方、ミネルヴァ不動産の花澤は、法令違反であることを知りながら男性に手付金の貸付けを行って契約を取るが、神木の横槍が入り契約を解除されてしまう。

第8話「無限ループ地獄」

2024年2月27日(火)放送

神木(ディーン・フジオカ)に紹介されたという客・篠崎(大鶴義丹)が永瀬(山下智久)のもとへ来る。不動産投資に失敗した篠崎は、新たな投資を神木から勧められているという。神木の真意を測りかねる永瀬。投資は思いとどまるよう助言するが、娘の進学費用の工面に焦る篠崎はなかなか決断できずにいた。一方、営業成績ナンバーワンが取れずに焦る黒須(松田悟志)は、ある客から成約を取るが、それは神木が仕掛けたわなだった。

<補足>

ミネルヴァ不動産の神木は、2年前に倒産した悪徳不動産会社 TBGコーポレーションの顧客リストを使ってワンルームマンションを売りまくっていた。そして、その顧客リストから赤字のワンルームマンションを抱えている2人の顧客を永瀬に送り込んだ。

篠崎は娘の進学費用の工面のために、神木に進められた投資物件に乗り換えようとしていた。永瀬は投資は思いとどまるよう説得する。一方、海野は病弱な妻を抱えていて、代わりに対応した黒須が手付金なしの中間金という手法を使って投資物件の契約をする。しかし、黒須の妻が亡くなり投資する理由がなくなってしまい、契約を解除すると言い出す。しかし、契約解除には違約金が発生する可能性がある。窮地に追い込まれた黒須のために、永瀬と月下も代わりの買い手探しを手伝い、買い手を見つける。しかし、黒須は海野に突き飛ばされて怪我をしてしまう。

第9話「神木という男」

2024年3月5日(火)放送

営業成績ナンバーワンに異常なまでに執着する神木(ディーン・フジオカ)は、サブリース契約を結んでいるオーナー達から違法スレスレのやり方で利益を得ようとする。そんな神木に危うさを感じる花澤(倉科カナ)は、神木を止めようと月下(福原遥)に協力を求める。永瀬(山下智久)と月下は登坂(草刈正雄)から、神木がナンバーワンにこだわるきっかけとなった過去の事件のことを聞くが、それはあまりにも悲しい出来事だった。

Sponsored Links

RELATED POST