見逃したテレビを見る方法
NHKドラマ

Eテレ名作照明ドラマ「ハルカの光」のあらすじ・再放送・見逃し動画配信は?

ドラマ「ハルカの光」はユーネクストで視聴できます!

ドラマ「ハルカの光」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。もちろん、NHK番組以外のドラマやアニメ、映画、バラエティー番組などもたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

名作照明ドラマ「ハルカの光」はU-NEXTで配信中です!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

名作照明ドラマ「ハルカの光」

放送 2021年2月8日(月)スタート・全5話
   毎週月曜日 午後7時25分〜50分[Eテレ]

名作照明ドラマ『ハルカの光』の再放送が決定!

2021年5月28日(金)より5週連続
毎週金曜日 午後10時30分~[Eテレ]

DAEF696B-D699-4664-8461-E011BE01A94C

黒島結菜主演!照明オタクのハルカが、悩み多き人々の人生に「光」をもたらしていく!

美しい名作照明の数々!その光があなたの人生を照らす!

幸福度が高いとされる北欧では、照明器具のデザインや光の質が尊重され、室内での「光」が暮らしのなかで大事な要素となっています。主にヨーロッパで発展し、インテリアを超え芸術品の領域に達したといわれる「名作照明」には「光と人間」の秘密が詰まっており、日本でもその価値が注目されています。

『ハルカの光』は名作照明の虜(とりこ)となった女性・ハルカの物語。宮城で漁師の娘として育ったハルカは、東日本大震災で、家や多くの友人をなくしました。冗談好きでいつも笑っていた母からは笑顔が消えました。「私たちはなんで生き残ったんだろう…」仮設住宅で悶々と暮らして1年後、震災以来、初めての漁から戻ってきた父の漁船が真っ暗な海に放った漁火(いさりび)の光にハルカは救われました。やがて東京に出たハルカは、名作照明を集めた専門店で、或(あ)る光に出会い、心を奪われ、店番として働くようになります。「照明なんてなんでもいい客」はお断り。その代わり光を求める人には心から接客し、その人の苦悩を晴らし、人生を照明で豊かにすることに使命を感じていました。そんな店には毎日個性豊かな面々が訪れてきて・・・!

照明オタクのハルカが照明の魅力を人々に伝え、その人たちにぴったりな照明を見繕う過程で、人々の人生に次々と「光」がもたらされていきます。そしてハルカ自身もまた、数々の出会いを通して心の傷を乗り越え希望の光を見いだしていきます。ユーモアとペーソスあふれるタッチで描く新感覚・文化教養×ドラマ!

作は向田邦子賞を受賞した気鋭の矢島弘一。“光”に魅了された照明オタクのハルカが贈る、「幸せになるヒント」とは…?

  •  矢島弘一
  • 出演 黒島結菜 古舘寛治 イッセー尾形 塩見三省 渡辺大知 駿河太郎 内田慈 緒川たまき 田牧そら 山下容莉枝 甲本雅裕
  • 制作統括 樋口俊一(NHK) 川崎直子(NHKエンタープライズ) 小川直彦(スパークル)
  • プロデューサー 長澤佳也 松原弘志
  • 演出 松原弘志(1話、2話、5話) 長澤佳也(3話、4話)

Sponsored Links

出演者・スタッフのコメント

ヒロイン・幸本ハルカ役 黒島結菜

このドラマ『ハルカの光』は、震災によって心に傷を負ったハルカが、名作照明を集めたお店・エクラを経営している西谷さんと出会い、お店を訪れる人々との関わりの中で、少しずつ前を向いていくお話です。脚本を読んだときに、私とハルカの根っこにあるなにかが近いなと思い、撮影をしていても自然と心が動いていて、ハッとしました。
古舘さんや各回ごとに訪れる素敵なゲストの方々とのお芝居は、楽しく、刺激的で、みなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。また、監督やスタッフの方々の照明に対する愛を感じられる現場で過ごすことができたのも、うれしい思い出です。癒されたり、ちょっと勇気が湧いたり、好きな人を想ったり、とても温かいドラマになっています。そして、ありのままを受け入れることの素晴らしさを感じてもらえたらいいなと思います。

西谷慎一役 古舘寛治

撮影も終盤です。出突っ張りの黒島さんは十分に寝られない中、文句も言わず頑張ってきました。Eテレではかなり稀有な本格ドラマだそうです。黒島さんの真っ直ぐで穏やかな、しかし芯のある人柄が作品を形作っていきます。今回は父親役ではありませんが、この髭面のおっさんもそこにいい化学反応を作れていたら良いと思います。大人も楽しめるものにしたいですね。震災10年をテーマにもしていて真面目さもあるけど、楽しくオシャレな(?)ものを目指してます。ゲストの方たちも素晴らしいメンバーです。出来上がりが楽しみです。

演出・松原弘志

人をしあわせにする光を見たい!昼はオブジェで夜は照明、インテリアにして芸術品である名作照明。このドラマには世界の名作照明が勢ぞろいしています。そして店まで作ってしまいました。まるで世界中の名作照明をコレクションした小さな美術館。そこに命を吹き込むのがハルカ役の黒島さん、西谷役の古舘さん。ゲストも見逃せません。脚本の矢島さん、すべてのスタッフの愛情によって、チャーミングな作品が誕生します。照明バカ・ハルカを通して、震災10年の節目に、多くの人にしあわせの光を見て元気になってもらいたい。そんな想いで作りました。よろしくお願いします。暗いニッポンをハルカがパッと明るくするのだ!

主な登場人物・キャスト

幸本ハルカ 黒島結菜

CFCB0A92-94D5-4A53-8103-290CEC6DE0D9

名作照明オタク

西谷慎一 古舘寛治

4CC2E587-6319-4790-AB41-592C1F8ADD84

名作照明店エクラ店長

岡林一郎 イッセー尾形

32B939AC-974E-444A-B3A1-FBF5A82D3C05

第1話で登場する寿司屋の大将

古山荘 塩見三省

E8F5824A-886B-45EE-BE8C-D9911D4D092A

第2話で登場する大学教授

辰巳良太郎 渡辺大知

ABD0415A-C66E-42F6-87FE-423A0C103F42

第2話で登場する教授の元教え子

左京駿 駿河太郎

78E1CBB8-0AC6-4C02-9ABB-79738E2A0C1D

第3話で登場するプロボクサー

横井愛子 内田慈

07359A7C-3F53-48AF-8A36-C2F41908C9A0

第3話で登場するジム会長の娘

鈴川茜 緒川たまき

BF18A612-E4B2-4D0D-8B05-C501473F59D2

第4話で登場する謎の来客

幸本有香 山下容莉枝

B39E5E49-D74C-42F1-B46F-DB8E3AF54A2F

ハルカの母

幸本ハルカ(10年前) 田牧そら

8705EE01-58DF-4C2C-BE47-9410ED4988A1

幸本和也 甲本雅裕

92048C33-1720-4099-8E88-9B43B6ACB2D5

ハルカの父

Sponsored Links

「ハルカの光」の再放送・見逃し動画配信は?

ドラマ「ハルカの光」の再放送については、現在のところ未公表のため不明です。でも、安心してください。同番組の見逃し動画は、「NHKオンデマンド」や「ユーネクスト」で放送日の翌日より配信されます。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年2月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

「ハルカの光」各話のあらすじ

第1話 2021年2月8日放送

94ADE82D-2270-4C6A-A2CE-FB65EF532A90 79BDB892-9F5A-4A65-8DB9-8834F6B3A9F6

「一日中、光のことだけを考えていたい!」。恋愛よりも照明が大事、そんな照明オタクのハルカ(黒島結菜)と店長・西谷(古舘寛治)のもとを訪ねてきたのは「電球を売れ!」と連呼する老舗寿司屋の大将(イッセー尾形)。しかし、ハルカは「ここに単に電球を求めてやってくるなんて寿司屋でタピオカを頼むようなもの」だと大将を一蹴してしまう。怒って帰った大将だが、数日後なぜか再び店を訪れる。実は最近女将(おかみ・妻)が急逝して店が急に暗くなったところに電球まで切れてしまった、と身の上を告白する。そんな大将の目に留まったのは真鍮(しんちゅう)製のペンダントライト。フィンランドの建築家・デザイナーであるアルヴァ・アアルトが妻とともに作った作品だが、妻アイノは55歳という若さで亡くなってしまったという。この照明は、一枚の真鍮から作られており、使い込むほどに味が出てくる。広い面積を照らす照明ではないのに、「人が集まる光」だとハルカは伝える。大将は試しに店でこの照明を点けてみることにするのだが…。

<補足>

数日後に大将は照明代を払いに店にやってきた。真鍮製のペンダントライトがたいそう気に入ったようだった。その日の仕事終わりに、ハルカは店長の西谷に誘われて大将の寿司屋に向かったが、あいにくお店は閉まっていた。実は、そのとき大将はペンダントライトの下で天国の女将と水入らずで晩酌をしていたのだった。

アルヴァ・アアルト

最も影響力を持った20世紀の建築家の一人であり、建築評論家のジーグフリート・ギーディオンが「北欧の賢人」と例えたアルヴァ・アアルト(1898-1976)は、フィンランドのクオルタネに生まれました。生涯、アアルトは200を超える建物を設計し、そのどれもが有機的なフォルム、素材、そして光の組み合わせが絶妙な名作として知られています。建築は家具と補完し合うものと考えていたアルヴァ・アアルトは、自身が設計した建築に合わせておのずと家具のデザインも手掛けることになります。1931 – 32 年、パイミオのサナトリウムのために開発した最初の家具デザインは世界的な注目を集め、1935年、アルヴァ・アアルトとアイノ・アアルトがデザインする家具、照明器具、テキスタイルを世界的に販売することを目的にアルテックを創業しました。

第2話 2021年2月15日放送

6EC78E40-93A9-4773-ACFA-E9B966CD26B6 3101F293-C179-43A3-9524-A972DE78B332

今日ハルカ(黒島結菜)と西谷(古舘寛治)に届けられたのはドイツで生まれたハート型の名作照明。そのかわいらしさに舞い上がっているところに2人の客が訪れる。年配の男性・古山(塩見三省)と息子ほどの年齢の青年・良太郎(渡辺大知)で、結婚記念の買い物だという。ご両親にプレゼントとはなんと素敵な息子!とハルカは思うが、古山は気分を害したのか店を出て行ってしまう。良太郎が口にしたのは意外な事実だった。

<補足>

実は、親子ほども年が違う古山と良太郎は、教授と教え子という立場の恋人同士だったのだ。古山は不治の病で長くはないことを知り、二人は結婚をするのだという。そんな二人の目に止まったのが、ハート型の名作照明だった。家族がいなかった古山にとっては、良太郎という家族ができることが本当に嬉しかった。

インゴ・マウラー

ドイツの照明デザイナー。グラフィックデザインを学んだのち、1960年代に後に彼の代表作となる “Bulb” を作ったことから、照明デザイナーとして活動をはじめる。他にはない繊細なローボルトワイヤーシステムの “YaYaHo” や、羽の生えた “Lucellino” などユニークでデザイン性に富んだ愛情溢れる作品を次々と発表。その作風は「光の詩人」と称されるほどに情感たっぷりとアーティスティックで美しく、かつミニマムで機能的なものが多く、今や照明界の巨匠である。

テーブルランプ「ワン フロム ザ ハート」は、赤いハートの形をしたシェードの中に光源が入っており、上部についた同じハート形のミラーに反射して美しい陰影を生み出してくれる、とてもポエティックな作品です。デザインとアートを融合させたような氏の作品は、世界中のクリエイターや建築家から注目を浴びています。

第3話 2021年2月22日放送

DB61D243-8B4F-4962-8621-B4B5598B5123

店を訪ねてきたのはボクサー・左京(駿河太郎)。たくましい身体と強そうなオーラにハルカ(黒島結菜)もポーッとしてしまう。照明に興味はないという左京だが、集中できない時はロウソクの火を見ながらひたすら打ち続けるという。そんな左京の目に留まったのは彫刻家イサム・ノグチ作の名作照明。ノグチの反骨精神に満ちた制作秘話を熱心に説明するハルカに左京は励まされ「もう一度チャンピオンになる」と言って出て行ったが…。

<補足>

左京がお店に忘れていったタオルをボクシングジムに届けに行ったハルカはジムの女性から、「左京は一度はチャンピオンになったが、その後は網膜剥離になり、今はただの落ちぶれた男だ。ボクサーなのに練習もせず、来月37歳になればプロライセンスも失う。」と聞かされる。

再びお店を訪れた左京にハルカは「見栄をはることなんてない。頑張ってるふりをする人生なんてかっこ悪い!」と叱咤激励し、デザイナー吉岡徳仁の照明を紹介する。「この照明はただ光が存在するだけで何の約にも立たないけど、少なくとも左京さんを否定することはない。なぜなら、”ありのまま”がその人が存在している価値だから…」その言葉に左京は勇気づけられる。

後日、ハルカと西谷は、左京から現役最後のスパークリングに招待された。それは、左京の新たな決意の表れだったのだろう。

イサム・ノグチ

イサム・ノグチ(1904-1988)は日本人の父親とアメリカ人の母の間に生まれた日系アメリカ人。幼少期は日本で過ごし14歳で単身渡米、芸術家としての才能が磨かれていきました。イサム・ノグチは彫刻家にとどまらず。空間デザイン、家具、照明、舞台装置、書、遊具などさまざまなものを生み出し、イームズやジョージネルソンと同じミッドセンチュリー時代を生きたデザイナーです。

吉岡 徳仁

1967年生まれのデザイナー。倉俣史朗、三宅一生のもとで学び、2000年吉岡徳仁デザイン事務所を設立。建築、デザインから現代美術の領域まで幅広く活動し、Issey Miyake、Cartier、Louis Vuitton、Hermesなど数多くのグローバル企業とのコラボレーションを行なっています。自然をテーマにした詩的な作風で知られ、光など非物質的な要素を形にする独自の表現はYAMAGIWAで発表された名作照明、Tear DropやToFU(トーフ)でも感じる事ができます。Design MiamiのDesigner of the Yearを始め国際的なアワードを数々受賞しており、2020年の東京オリンピックでは聖火リレーのトーチデザイナーにも選ばれています。

第4話 2021年3月1日放送

2582FB50-6D42-44AA-98ED-05A28A18E993

ハルカ(黒島結菜)がエクラで働くきっかけとなったのは、ある照明と運命的な出会いをしたから。思い出に浸るハルカの目前に現れたのは「人はいつも光を求めている」という西谷(古館寛治)の決まり文句をそらんじる謎めいた女性(緒川たまき)。彼女は、照明を「この子」と呼び、店内の名作照明について熱く語った挙句(あげく)、「私に似合う照明を教えて」とハルカに言う。なんでも大切な人が「光に奪われた」らしいのだが…。

<補足>

謎の女性・茜の正体は、なんと店長・西谷の別れた妻だった。そうとも知らず、ハルカはベルトラン・バラスの照明と出会うきっかけとなった自分の過去を話し始める。どうやら、茜は再婚して海外で暮らすことが決まったらしく、その報告に来たのだった。

ベルトラン・バラス

1935年生まれのフランスの建築家、Bertrand Balas(ベルトラン・バラス)は、パリで活動をはじめ、その後トゥールーズに拠点を移し、富裕層の住宅を中心に活動する。The Beatles(ザ・ビートルズ)のGoerge Harrison(ジョージ・ハリスン)作曲による名曲「Here Comes The Sun(ヒア・カムズ・ザ・サン)」と同名のペンダントランプを1970年に発表。2013年にDCW editions(ディーシーダブリュー エディションズ)から復刻されました。

第5話(最終話) 2021年3月8日放送

CF9DB69F-ED8C-4715-B6E4-5F6547C298B2

ハルカ(黒島結菜)と西谷(古舘寛治)がとある名作照明を眺めていると、挙動不審な男が!東北からやってきたハルカの父・和也(甲本雅裕)だった。漁師をしている和也は震災以来ギクシャクしていた妻・有香(山下容莉枝)とハルカの関係をなんとか取り持とうとしていた。和也は、思い切って新しい家を建てようと思っていること、そこにハルカの存在を感じられる照明が欲しいと母さんが言っていることをハルカに伝える。

<補足>

父・和也は、ポール・ヘニングセンの優しい光を放つ照明が気に入るが、ハルカは「母と会ってこの照明との相性を確認しないと売れない」と言う。そして、久しぶりに田舎に帰り、母と再会する。二人は港で10年間の会話を取り戻しながら、父の漁船の帰りを待った。

ポール・ヘニングセン

ポール・ヘニングセンは「人にとって良質な光」を追求した、北欧を代表する照明デザイナーです。1894年~1967年の生涯において200種類以上の照明をデザインしましたが、彼は単に照明器具のバリエーションを増やそうとしたのではありません。照らし出される人や物、あるいは空間に最適な明かりを追求した結果として数多くの傑作照明が生まれ、彼のイニシャルを冠した「PHシリーズ」の照明システムが成立していきました。 対数螺旋に基づく3枚のシェードを持つ照明は、もはやルイスポールセンの代名詞でもあり、代表作「PH5」は1958年の発売以来、時代を超えて世界中の人々に今も愛され続けています。光の色、グレア、陰影といったような照明の基本事項をキーワードとしたヘニングセンの光に関する考察は、今日の照明文化においてもなお、重要な意義を持ち続けています。

ドラマ「ハルカの光」を見逃した方は、ユーネクストで!

放送日の翌日から配信予定です!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

RELATED POST