見逃したテレビを見る方法
NHKドキュメンタリー

NHK「解体キングダム」の見どころ・再放送・見逃し動画配信は?

見逃した「解体キングダム」はユーネクストで視聴できます!

「解体キングダム」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「解体キングダム」の配信は放送日の翌日から約2週間となります。

また、U-NEXTの31日間無料トライアルで、210,000本以上の
見放題作品が全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「解体キングダム」ってどんな番組?

43C17F03-92F8-4A7A-A133-C45AB74B0402

毎日、町で見かける解体工事。白いシートの奥では一体、何が行われているのだろうか?普段見ることのできない現場の奥に潜入し、驚きの職人技に密着する。リポートするのは、自身も重機の免許を持つ“重機王”城島茂と明治大学で建築を学んだ“建築アイドル”伊野尾慧。迫力満点で繊細な日本の技術力を浮き彫りにする!

「解体キングダム」の再放送・見逃し動画配信は?

この番組の再放送は、番組ホームページにてご確認下さい。

また、「解体キングダム」の見逃し動画は、NHKオンデマンドやユーネクストで配信される予定です。ただし、全ての放送回の動画が配信されるわけではありません。また、配信期間は放送日の翌日から約2週間となりますのでお見逃しなく。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年3月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

「解体キングダム」の次回放送予定

解体キングダム「街のシンボルを解体せよ」

放送 2021年5月1日(土)午後9時〜10時29分[BSプレミアム]

戦後、急速な経済成長を遂げた日本。豊かになりたいと願い、懸命に生きた人々を支えた「街のシンボル」が今、1つまた1つと役割を終え姿を消しています。高知では築45年の水族館が。千葉ではスイカ柄の巨大ガスタンクが。そんなシンボルが解体される現場には世界に類を見ない、日本独自の技術が詰まっていました!現場を巡るのは芸能界きっての“重機王”城島茂と、“建築アイドル”伊野尾慧。いざベールに包まれた解体現場の世界へ!

  • 厚さ60センチにもなるアクリルガラスで覆われた巨大水槽。この分厚いガラスを含め、驚きの技術で水族館が解体されていく!

  • スイカ柄で有名な巨大ガスタンク。大きさ・高さもさることながら、球体ならではのある方法で解体作業が行われた。その名も「リンゴ工法」。リンゴの皮むきにも似たその工法とは!?

「解体キングダム」の過去の放送内容

解体キングダム「築400年の古刹を解体せよ」

放送 2021年1月30日(土)午後9時10分〜10時40分[BSプレミアム]

再放送 2021年3月17日(水)午後7時30分〜[NHK総合]

A4F340FE-A4E0-4AA6-A99E-F94235281261

歴史的大発見も! 一筋縄にはいかない重要文化財の解体に挑む

日本が誇る、建物の解体技術を深掘り!今回解体する建物は築440年、戦国時代に建てられた重要文化財の古刹。城島茂と伊野尾慧が見守るなか解体工事は無事成功するのか?

時は戦国。天下統一を夢見た武将たちが戦に明け暮れた頃、時代に翻弄された寺がありました。岐阜県にある願興寺。それから440年。地元の人たちの信仰を集めてきた寺が今、解体されようとしています。挑むは文化財の専門家と熟練の宮大工たち。しかし、相手は重要文化財。様々な制約もあり解体は一筋縄にはいきません。城島茂と伊野尾慧が見守るなか、復元に向けた解体工事は成功するのでしょうか?戦国時代の暮らしを伝える、歴史的な大発見も!

E9BFCC6C-371C-4E3F-9E68-89E3990B7B03

4A103488-25BA-4CEE-BC7A-83483DA9810D

AD9C22E6-A751-4B55-91E3-FF0479E81A67

大寺山願興寺
住所 岐阜県可児郡御嵩町御嵩1377-1
公式サイト 大寺山願興寺

【出演】城島茂、伊野尾慧
【語り】庄司宇芽香

「解体キングダム」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

解体キングダム #1

2018年5月1日(火)放送

街でたまに見かけるビルや家屋の解体現場。知らぬ間に解体がはじまり、気付いたら更地になっていた、という経験はありませんか? 「解体キングダム」では、解体現場に密着し、ド迫力の映像とともにお届けします!現場に潜入するのは、小島瑠璃子さん、ケンドーコバヤシさん、石田純一さん、藤井隆さん、デヴィ夫人の豪華タレント陣。MCは、重機を操縦する免許も持つ城島茂さんと、解体に関しては全くの素人という大島美幸さん。そして、解体キング役で澤部佑さんが登場します!

はじめに佐賀県鳥栖市にある7階建てのビルの解体に、小島瑠璃子さんとケンドーコバヤシさんが向かいます。ここは、本当に駅の目の前で交通量も多く、裏側にはホテルが隣接していて、どこにも重機が置けないため、クレーンで屋上に解体用の重機を持っていく“階上解体”という日本で生まれた技術で解体していきます。さらにすごいのは、解体中に出る大量のがれきの処理。細部にまでこだわった日本の先端技術がめじろ押しです。

京都丹波町にある奇抜な建物の解体にも密着しました。日本はバブル期にかけ、いろいろなデザインの建物が建設されました。お金があって頑丈な建材を使うことのできたバブル期の建物を、どうやって解体するのか。バブル期を過ごした石田純一さんがリポートします。その建物は、1992年にスペインで開催されたセビリア万博のパビリオンの1つで、11億円もかけて移築はしたのですが有効活用されず、25年間そのままになっていました。特殊な構造のこの建物に、日本が誇る解体技術で立ち向かいます。

解体キングダム「超難関!大阪オフィスビルを解体せよ」

2018年12月20日(木)放送

MCは前回と同じく、芸能界きっての解体マニア・城島 茂さん。そして、解体現場に潜入するのは藤井 隆さんやデヴィ夫人、伊野尾慧さんら豪華タレント陣です。

大阪にあるガラス張りのオフィスビルは、もともと外資系大手IT企業が使っていて、広いフロアが特徴。このビルは全体の柱を減らした分、通常のビルよりはるかに太い鉄骨の柱が使われていたんです。重機だけでは安全に切断できないというこの柱を、どうするのかが見どころになっています。また、この現場はビルの周囲が道路で、解体中も人が歩いているんです。なので、その太い柱は絶対にビルの内側に倒していかなければなりません。柱を切断する人、それを重機で内側に折り曲げる人、その方々の連携や阿吽あうんの呼吸も必見です。

もう一つは、東京の目黒清掃工場です。花見の名所・目黒川に隣接されていますので、観光などの際に目にされた方も多いと思います。その工場の、煙突部分の解体に密着させていただきました。この付近は、閑静な住宅街もあります。そんな現場で編み出されたのが、誰にも気付かれず煙突をカットし、その切断部分を煙突の中に静かに降ろすという「忍法ムササビの術」作戦です。

解体キングダム「難攻不落の“城”を攻略せよ!」

2020年5月27日(水)放送

ふだん見ることのできない解体現場の奥に潜入し、驚きの職人技に密着する「解体キングダム」シリーズ。自身も重機の免許を持つ“重機王”城島 茂さんと、明治大学で建築を学んだ“建築アイドル”伊野尾 慧さんが、迫力満点で繊細な日本の技術力を浮き彫りにします!

まず訪れたのは、日本でもっとも歴史ある造船所のひとつである、神奈川県横須賀市の浦賀ドック。解体するのは、その“心臓部”ともいえる“機関工場”です。船の巨大なエンジンを作る工場であるこの建物は、外周部のみに柱がある“空間構造”。いわば体育館のような建物です。

築83年をむかえ、老朽化も激しい機関工場。“空間構造”であるため、壁からではなく、天井から少しずつ解体していく必要があります。ところが、建物自体が微妙なバランスで建っているので、作業の進め方次第では建物が一気に倒壊してしまう恐れも……。それを避けるため、職人は、頭上23メートル先にある天井のはりのわずか30センチメートルほどの部分を、重機の巨大なカッターでピンポイントで切除していく必要があるのです。しかも、傷んだ壁が崩れてくるのを防ぐため、できるだけ迅速に進めなければなりません。番組には、まさに神業ともいうべき職人の技術が、迫力ある映像で映し出されます。

次に訪れたのは、広島県尾道市。解体するのは町を見下ろす丘の上にそびえる“尾道城”です。城といっても、この建物は、戦後、地元の復興のシンボルとして建てられたレプリカの城なので、建物としては鉄骨鉄筋コンクリート造り。ところが、“坂の町”尾道の細い小道を上った場所に建っているため、重機の搬入が不可能。そのため、なんと手作業で解体を進めなければならないのです! 果たして、その方法とは──?

尾道城の解体には、もう一つドラマが隠されています。そもそも城の解体には通常よりも手間がかかるうえに、今回は手作業で進めなければならない。いわば業者にとっては採算度外視の仕事。ところが、そんな中で手をあげた解体業者がありました。それは、尾道城を建設した責任者の一人、その息子さんでした。父親が造った建物を、息子が解体する──。そんな父子のドラマも大きな見どころです。

最後に訪れるのは、沖縄県那覇市にある“第一牧志公設市場”。1972年に建築され、以来、47年間、「沖縄の台所」と呼ばれ地元の人や観光客に愛されてきた公設市場ですが、建物の3方はアーケードで囲われ、残りはビルが密接。粉じんや騒音を出さないよう、細心の注意をはかりながら作業を進めねばなりません。

なんと、この建物に使われていた柱は、通常使われる「H鋼」ではなく、今や製造中止になった“円柱の鉄骨”だということが判明したんです。中が空洞の円柱鉄骨が途中で折れたりしようものなら、一気に建物が倒壊してしまう恐れもあります。悩み抜いた職人たちが編み出した作戦は、2台の重機が全く同じ動きをして柱を解体していく、名付けて“バディー作戦”! 2台の重機が壁の端と端をつかみ、同じ動きをしながらゆっくり倒すという、前代未聞の作戦です。

Sponsored Links

RELATED POST