見逃したテレビを見る方法
NHKドキュメンタリー

岩合光昭 動物園「いいZooだね。」の見どころ・再放送・見逃し動画配信は?

「岩合光昭 動物園」の動画は、ユーネクストで視聴できます!

「岩合光昭 動物園」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外のドラマやアニメ、映画、バラエティー番組などもたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「岩合光昭 動物園」は放送日の翌日からU-NEXTで配信予定です!
ただし、配信期間は約2週間となる可能性があります。

また、U-NEXTでは、31日間無料トライアルで210,000本以上の
見放題作品が全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「岩合光昭 動物園」ってどんな番組?

私たちの身近にある夢の国・動物園。心のいやしを求めて、動物園を訪れる人も少なくないでしょう。ですが、ちょっと待って!皆さんは、動物園の魅力を余すことなく味わえていますか?

この番組は、BSプレミアムで放送中の「岩合光昭の世界ネコ歩き」でも知られる動物写真家・岩合光昭さんが、動物たちを実際に撮影しながら、動物園の楽しみ方をとことん教えてくれます。

Sponsored Links

「吉田類のにっぽん百低山」の見逃し動画配信は?

見逃した番組「吉田類のにっぽん百低山」は動画配信サービスで視聴することができます。同番組の見逃し配信は、NHKオンデマンドユーネクストで配信される予定です。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年6月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

岩合光昭 動物園「いいZooだね。~岩合光昭の動物園歩き~」

放送 2021年6月26日(土)午後6時〜[BSプレミアム]

放送前の予告

岩合光昭さんが動物園の一味違う見方を教えてくれる。動物たちがまるでサバンナにいるよう。そして岩合マジックで驚きのシーンも。きっと知らなかった動物園の魅力に驚く。

動物園の一味違う見方が分かる。教えてくれるのは世界中の動物を撮影してきた岩合光昭さん。ライオンもチーターもクロサイもまるでアフリカにいるように生き生きと映し出す。更に現地ではありえない光景も動物園だからこそ撮影できるという。そして岩合さん、ふだん見ることが難しいというシーンも撮影してしまう。まさに岩合マジック。見終わるとこれまで知らなかった動物園の魅力に驚き、きっと動物園に行ってみたくなるはず。

【出演】岩合光昭
【アナウンサー】庭木櫻子

見どころ

今回、岩合さんが撮影を行ったのは、神奈川県横浜市にある「よこはま動物園ズーラシア」。一歩足を踏み入れると、緑がうっそうと生い茂ったエリアがあったり、アフリカのサバンナを思わせる草原のエリアがあったり…。園内は、動物たちに適した気候帯別に地形や植物が再現されており、世界各地の臨場感が味わえるよう工夫されています。

岩合さんが撮影する期間は1週間。アフリカやヨーロッパなど世界中を旅してきた岩合さんは、私たちの身近な存在である動物園で暮らす動物たちと、どんなふうに向き合うのでしょうか?

撮影したのは、クロサイ、チーター、ホッキョクグマ、レッサーパンダなど、今回出会った動物たちの中で岩合さん自身が心ひかれた動物たち。園の構造や光のさし方など、さまざまな点を考慮しつつ、撮影ポイントを決定します。その結果、ふだん見ることが難しいとされている瞬間を撮影することに成功!どんなシーンなのか、ぜひ放送で確かめてみてください。

番組では、世界中の動物を撮り続けてきた岩合さんならではのエピソードを聞くこともできます。動物の生態に関する専門的な話から、今回出会った動物たちとどのように心を通わせたのかまで。聞いているうちに、これまで知らなかった動物園の魅力に気づかされるはずです。

動物たちの決定的瞬間を逃さぬよう、カメラは2台常備。

くつろぐチーターを間近で見られるのも、動物園ならでは。

アフリカの中南部に生息するヒガシクロサイも、動物園なら間近で見ることができる。

「岩合光昭 動物園」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

岩合光昭さんのコメント

小学生のころ、動物写真家だった父親に連れられて、上野動物園に行ったんです。当時、ズーラシアの初代園長の増井光子さんという方が、獣医師として勤めてらっしゃいました。増井さんに「オランウータンと仲良くしてみる?」と言われて、オランウータンのおりに入れられたんです。僕、びっくりして「オランウータンとは友達になりたくない!」と言ったのを覚えています(笑)。ですがそれ以降、動物園は大好きな場所で、今でもいろんな所を訪れています。二十歳のときには、ヨーロッパ各地の動物園をまわって、それを新聞に連載したくらい、好きな場所ですね。

動物園の魅力は、なによりも動物たちを間近で見られることです。自然の中だと動物を見つけることが大変なのに、動物園に来れば、いつでもすぐ近くで動物たちに会うことができる。これほど楽しいことはありません。今回の撮影も、いつチャンスが訪れるかわからないから、一時ものんびりしていられませんでした。自然の中のように「いつ現れるんだろう」という待ち時間は、一切ありませんでした。いやぁ、楽しかったですねぇ。

改めて感じたのは、動物園の動物たちのほうが、逆に僕たち人間をとてもよく見ているということでした。動物園って自分たちが動物を見に行く場所だと思われているかもしれませんが、違うんですよ。自然の中と違って、人間と動物との距離が近いせいもあるのでしょう、動物たちは最初、僕たちの大きなカメラをとても警戒していたんです。そこで重要だったのが、声かけ。名前を呼んだり、「大丈夫だよ」と声をかけたりすると、動物たちも反応してくれるんです。彼らは、本当によくこちらを見ているなと感じましたし、自然の中で出会う動物とはまったく異なる部分だと思いました。

特に印象に残っているのはクロサイでしょうか。クロサイってすごく敏感な動物で、アフリカの自然の中で出くわしたとしたら、遠くへ逃げられるか、逆に突進されるかのどちらか。これまでは、どうにか100メートル程度まで近づけたのがやっとでした。ところが今回は、あと数メートルという距離でクロサイを撮影することができたんです。貴重な体験でした。
ニルという名前のオスのクロサイが、とてもクロサイとは思えないほどおだやかな性格だったのもよかったですね。一方、メスのクロサイは、落ち着かず、カメラを警戒したようでした。とても撮れる様子ではありませんでした。同じクロサイでも、個体によって、ヒトでいうところの性格が全然違うんですよ。そういうのもおもしろいですよね。

岩合さん直伝! 動物園を100倍楽しむための心得

その1 動物園では「欲張るべからず!」

動物園にはさまざまな動物がいるので、あれも見たいこれも見たいと迷われる方が多いと思います。自分が好きな動物でさえも、見ている時間は長くて10分くらいではないでしょうか。ですが、お気に入りの動物を見つけたら、ぜひ時間が許す限りその動物を見つめてみてください。そうすれば、きっとシャッターチャンスが訪れると思いますね。僕なんか、クロサイのところでは6時間以上待ってましたから。「そんな長く?」と思われるかもしれませんが、じっと見ていると動物たちがいろんな表情を見せてくれるので、気づいたら時間が経っていたということもあると思いますよ。

その2 双眼鏡を使えば、動物園はもっと楽しい!

例えば、寝ているように見えるホッキョクグマも、超望遠カメラで狙うと、目がずっと動いているのが分かります。こちらの様子をずっとうかがっているんです。ですから、カメラだけではなく、双眼鏡のように動物の表情や目の動きまで観察できるものをお持ちになるのもいいと思います。今回の撮影でも、双眼鏡で動物をご覧になっているリピーターさんにお会いしましたよ。

Sponsored Links

RELATED POST