見逃したテレビを見る方法
NHKドキュメンタリー

八幡暁が沖縄・八重山諸島を巡る!「“美ら海”ドローン大航海」の再放送・見どころは?

052FC3F1-2189-4284-9851-C58FE12A08B5

ドキュメンタリー「“美ら海”ドローン大航海~沖縄・八重山諸島~」

放送 2018年8月8日(水)午後7時30分~[NHK総合]

9D4C8709-C8B3-45DC-ABF0-A1761AA151DC

放送前の予告

沖縄県・八重山諸島の石垣島の北端から日本最西端の与那国島までを、海洋冒険家の八幡暁がシーカヤックで渡ります。その様子をドローンカメラで撮影、圧倒的な映像美で描きます。

上空から見ると幾何学模様のサンゴ礁が美しい石垣島、深いジャングルの奥に巨大な滝を秘する西表島、海人(うみんちゅ)が伝統漁を守り続ける小浜島、断崖絶壁の孤島・与那国島・・・。美ら海の魅力に空・海面・海中から迫りました!

【出演】海洋冒険家 八幡暁
【語り】黒島結菜

Sponsored Links

この番組の見どころ

  • 沖縄本島の南西およそ400kmに浮かぶ八重山諸島

D2E81C40-9A38-44D7-ADA6-1C36A5545F2F

  • どこまでも続く青いサンゴ礁の海をシーカヤックで渡る旅!

96631522-E806-4395-8B16-2C2CA574EB3E

  • 旅人は世界中の海をシーカヤックで巡ってきた海洋冒険家・八幡暁さん

07256077-4A89-4FD4-9C21-8517F8272AAA

  • 上空から追いかけるのは、ドローンカメラ!

FDBE4954-C91D-4E85-B80F-BD3E39F99D92

  • ガイドブックには載っていない秘境の数々
  • この辺りの海は透明度が20〜30mもあって“石垣ブルー”とも言われているそうです。

F407294D-1972-4D46-AFB5-37A814B2AAE8

  • ドローンが撮影した八幡さんも初めて見る絶景映像の数々!

D1D28C8F-D14A-45B7-AF20-6EB5DB2F7C2E

  • 長い年月をかけて成長を続けるハマサンゴの群落

A6D2A56B-F412-4F2B-BE2C-C484D7D24690

Sponsored Links

“美ら海”ドローン大航海のルート

石垣島 平久保崎 ⇒ 小浜島 ⇒ 西表島 ⇒ 与那国島 西崎

406576DC-246F-4402-9C6A-C434D4E434B6

石垣島の澄んだ海

海底の白い砂が太陽の光を反射してこんな綺麗な色になるんです。光の入ってくる角度や波の様子によっても海野色が変わるんですよ。

52730DDE-5E12-4AD7-86BF-B4708127EAE7

この辺りの砂浜はウミガメの良い産卵場所なんです。

A91D5096-7C4C-4A9D-938E-6F5AC794309C

丘には石垣牛が放牧されています。

E76186DE-95BF-467A-9356-240C7EC68659

石垣島の海の絶景ポイント「イノー」

「イノー」とは、サンゴ礁に囲まれた浅い内海のことです。ここのサンゴ礁は、全長10キロにも及ぶんです。

CD4F7F3F-E9CB-4DAC-BB75-551C5335A029

ハマサンゴの群生地には、直径6mもある巨大なハマサンゴもあります。年に数センチしか成長しないので、単純計算してもおよそ300年以上もかかって巨大ハマサンゴに成長したということになりますね。

3A28EAE0-594D-4FE0-B1FD-2372FA7A7B5C

幻の島

C8E57547-277F-47FF-A91C-2346C9509F40

この島は「幻の島」と呼ばれています。砂とサンゴ礁の小さなかけらが堆積してできた砂浜だけの島です。

小浜島の伝統的な漁を体験

小浜島では、今も昔から伝わる伝統的な漁がおこなわれています。カゴ網を海底の岩場に仕掛けて置いて、その中に閉じ込められた魚を手作りのもりで突き刺すんです。漁師さんは素潜りで一度に何匹もの魚を捕えてきます。

Sponsored Links

水と秘境の島・西表島

西表島は島の約9割が亜熱帯の森で覆われています。

E20AEAFE-D96C-428F-898A-B0A97B9822A4

仲間川の干潟にはミナミコメツキガニが群棲していました。

348D6081-1448-4E96-B09A-235604E9B28B

マングローブの森の中をカヤックで遡っていくと滝がありました。

7A1CB91F-6C63-4453-B575-9B8D055C263E

045E4E75-3887-4851-9CEC-2B499AC3B3E9

浦内川を遡りさらに2時間近く歩いていくと、マヤグスクの滝です。

444998F2-1F81-4A28-B511-40FCF622A0D2

渡難の島への航海へ

西表島から与那国島へカヤックで渡る航海は、危険を伴う難易度の高い航海なんです。日の出前からスタートして、約15時間かけて与那国島に到着したときにはどっぷりと日が暮れていました。

DE450878-D86C-449D-B71C-7880E4D0F6D2

与那国島は、地盤が隆起してできた島で海沿いは断崖絶壁が続いています。

18AE6707-B7CD-47F3-A933-396AA73BE60C

5D2477FD-3776-465C-8C1F-3BF776C0FDC5

F80874C1-CDAE-4F99-9C87-683765EE900F

今回の旅の終着点である西崎です。

6071CDDE-EA8F-4394-90F7-9E4C907C80E5

Sponsored Links

「“美ら海”ドローン大航海」の再放送は?

NHKドキュメンタリー「“美ら海”ドローン大航海~沖縄・八重山諸島~」は、再放送されるのでしょうか?同番組のサイト内には、再放送に関する情報は見当たりません。
しかし、NHKドキュメンタリーは、視聴者からの要望が強ければ再放送を行うという流れになっています。
実は、「もっとNHKドキュメンタリー」というサイトで、初回放送から約1週間にわたり視聴者からの再放送リクエストやレビューが投稿できるようになっています。そして、このサイトで再放送リクエストが多ければ、後日、再放送を実施するということになるはずですから、再放送を希望される方は、是非、このサイトから再放送リクエストをしてみて下さい。

また、放送時間に制約されずに、いつでも見たい時に見れるという観点では動画配信サービスがオススメです。「“美ら海”ドローン大航海~沖縄・八重山諸島~」は「NHKオンデマンド」で配信される予定です。「NHKオンデマンド」なら、NHK番組の全てではありませんが、ドラマからドキュメンタリー番組までかなり広く番組を配信してくれています。ただし、NHK番組しか見れません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

>> 「まるごと見放題パック」はU-NEXTの無料トライアル特典でお得に!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年8月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

八幡暁(やはた さとる)のプロフィール

大学時代、八丈島で素もぐり漁をはじめる。大学卒業後は世界各地の漁師の仕事を見ながら、国内外をまわる。シーカヤックに出会い、更なる海の可能性を見出す。『海とともに暮らす人々は、どのように生きているのか』をテーマに、2002年にオーストラリアから日本までの多島海域を舞台に人力航海の冒険をスタート。世界初となる航海記録を複数持つ。2005年からは既存の枠を越える価値を生み出し、ガイドとしてチャレンジを継続中。

  • 1998年専修大学卒業
  • 2002年オーストラリアから日本へ向け人力航海開始
  • 2003年インドネシア パプア州(ニューギニア島南西岸)700kmをニューギニア人パートナーとともに世界初横断
  • 2004年神奈川県~沖縄 2250kmをシーカヤック単独無伴走で初漕破
  • 2005年八重山諸島西表島~沖縄本島那覇縦断 500kmをシーカヤック単独無伴走で初漕破
  • 2006年台湾~与那国島 黒潮横断 140kmをシーカヤック単独無伴走で初漕破与那国~西表島 77kmをシーカヤック(9名)で横断成功(伴走船付き)
  • 2007年フィリピン~台湾 海峡横断をシーカヤック単独無伴走で初漕破
  • 2011年第1回 四国一周「海遍路」高知編
  • 2012年第2回 四国一周「海遍路」徳島香川編
  • 2013年フィリピン 黒潮源流部調査行最終パート漕破第3回 四国一周「海遍路」愛媛編

Sponsored Links

RELATED POST