見逃したテレビを見る方法
NHKドキュメンタリー

NHK「シェア・ストーリーズ」の再放送・見逃し動画配信・見どころは?

「シェア・ストーリーズ」はユーネクストで視聴できます!

「シェア・ストーリーズ」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン・テレビ等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「シェア・ストーリーズ」は放送日の翌日からU-NEXTで配信予定です!
ただし、配信期間は約2週間となります。

また、U-NEXTの31日間無料トライアルで、210,000本以上の
見放題作品が全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「シェア・ストーリーズ」ってどんな番組?

この番組は、人と人との「会話」をテーマにしたドキュメンタリー番組。たくさんの「人生最後の会話」を集めることで、同時代を生きる人の思いや空気を共有していきます。

「シェア・ストーリーズ」の再放送・見逃し動画配信は?

「シェア・ストーリーズ」の再放送については、同番組公式サイトにてご確認ください。でも、放送時間に制約されずに好きな時に見たいという方には、動画配信サービスがオススメです。

見逃した「シェア・ストーリーズ」の動画は、NHKオンデマンドやユーネクストで配信される予定です。ただし、配信期間は放送日の翌日から約2週間となります。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年9月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

シェア・ストーリーズ〜人生最後に誰と何を話しますか?〜

放送 2021年10月2日(土)午後10時40分〜[NHK総合]

放送前の予告

「もし人生最後の会話だとしたら、あなたは誰と何を話しますか?」

番組では、この質問に答えてくれる人を募集して、全国各地で「人生最後の会話」を撮影します。友人・家族・恋人・同僚など、身近な人との間で交わす、長い間言えなかった話、大切な思い出の話、家族への感謝の気持ち・・・。人生最後だと思って語られるたくさんの「会話」には、それぞれ人生の物語があります。大切な人に、言えなかった思いを伝えてみませんか。

番組ディレクターのコメント

「人生最後に誰と何を話しますか?」を問う企画内容を初めて目にしたときは、実はあまり気持ちが乗らない自分がいました。「ありがとう」や「愛している」といった想定できる会話を集めて、“泣ける”番組を作るのはあまり好きではなかったからです。そのときに、「自分自身は誰と何を話すだろうか」と考えたところ、兄のことが浮かびました。兄とは仲がよくなく、正直二度と会いたくないのですが…、でもどこかでずっと気になっていたので、“人生の最後”だと考えてみたら、はじめて兄と向き合えるような気がしたんです。そう思ったときに、なかなか向き合うことができない人とも対じできるきっかけをつくることができる企画なのだと気づき、この問いに対して人それぞれの解釈を見ることができたら興味深い番組になるのではと思いました。

番組制作にあたり募った「人生最後に誰と何を話しますか?」というアンケートには、さまざまな回答がありました。その中から実際に会話を撮影。それぞれの人生最後の会話が詰まった番組になっています。

40代男性
息子(長男15歳)に、彼が小学4年生のときにいじめっ子と空手の大会で戦うために1か月間毎日一緒に早朝練習をして、準決勝で見事に勝利したときに、心の底から感動して勇気をもらったことにお礼を言いたい。これからもその努力と勇気を忘れないで、すてきな人生を送ってほしいと伝えたい。

30代男性
大好きな奥さんに、一緒になってくれて本当にありがとうと伝えたい。

30代女性
今一緒に住んでいる彼氏と、たあいない話をすると思います。食べているご飯がおいしかったね、など日常的な会話をすると思います。

60代男性
絶対に実現しないことですが、青春時代の若かりしころの自分との会話がしたいです。過去の自分に、もう少し人生をよく考えるように、真面目にやれと強く言いたいですね。できることなら、今の自分の人生を見せてやりたいです。

母親を病気で早くに亡くした女性と、3人の息子たちの会話

応募してくれた女性は、この「人生最後に誰と何を話しますか?」という質問を見たときに、自分の母親のことを考えたそうです。お母さんが突然亡くなり、自分のことをどう思っているのか知ることができずにいて、「自分の子どもには“どんなときでもあなたたちを肯定するよ”とはっきりとことばで伝えておきたかった」と応募理由を語ってくれました。まだ小学4年生と2年生の双子の息子たちに、その思いを込めて「大好きだよ」と伝えていたんですね。私は現場で音声だけを聞いていたのですが、その女性のまっすぐなことばに、表情を見ていなくてもグッときて泣いてしまいました。息子さんたちも感じたものがあったようで、彼らの反応がとても印象深かったですね。

7年前に妻を亡くした男性の会話

妻を胃ガンで亡くした男性からのアンケートに、「最後の別れのとき、実際のところ何も言えませんでした」と書いてありました。私も長くお世話になっていた方とのお別れのときに、同じような体験をしていて、この方の考えに強く共感しました。いざ人生最後の会話を目の前にすると、大したことも言えなくて、ドラマのような別れ方はできないんですよね。この男性の語る、実体験をふまえた「人生最後の会話」のエピソードはとても重みがあり、印象に残っています。

「人生最後に話したい相手はいません」

アンケートに対して、「どう考えても人生最後に会話をしたい相手はいません」と返答した方がいました。詳しいお話を伺うと、これまで命を絶ってしまいたいと思ったことがあったそうです。そのときに「誰かと話したいと思ったことがなかったし、話したい人がいないから死にたかったんだと思う」とおっしゃったんです。さらに「最後の会話って、たぶんなってしまうものだから今から考えるものではないと思う」という意見を聞いて、「はっ」とさせられましたし、番組の質問に対しての答えに正解も不正解もないなと改めて感じました。

番組を作るうえで大事にしたのは、撮影の際に会話をする人たちだけの空間を作ることでした。コロナ禍という状況もあり、参加者が自然体で会話に向き合えるようにと意識しました。スタッフはセッティングとあいさつをしたら別室に行き、会話の様子を見守っています。そうしたなかですごく感じたのが、表情や目の合わせ方、相づちの間合いなどが、会話をする方々の関係性を物語っていたということ。会話を書き起こしたら伝わらないものまで映像に残すことができ、興味深いドキュメンタリーを撮ることができました。

なので、ほかの番組では削ぎ落としてしまう相づちは、大事に見せたいと思い、なるべくそのままにしています。また、音楽で場面を盛り上げることはできるだけやめ、参加者の詳しい年齢や職業などの情報は入れないようにしています。

番組編集の際にイメージしたのは、喫茶店で聞こえてくる隣の人たちの会話です。その人たちの背景がわからなくても妙におもしろく感じたり、共感してしまう“喫茶店の会話”のように、余計な情報を入れずに見ていただけるように意識しました。

番組内で紹介された声

  • 妻といつもどおりの話をする
  • 55年連れ添った夫に感謝を伝える
  • 自分が亡きあとについて娘と話したい
  • 仲間とラップをしたい
  • 蔵書の引き取り先を友人と話したい
  • 父と将来の自分について話がしたい
  • 子どもに愛していると伝えたい
  • 誰とも離さない
  • いつもどおり仕事して、いつもどおりの会話をしたい
  • 子どもたちとただ楽しく過ごしたい
  • 結婚41年を振り返りたい
  • 息子たちに、あなたが大好きだよと伝えたい

収録後に届いた参加者からの声

30代女性:3人の小学生の息子たちとの「人生最後の会話」
人生最後の会話ということを考える機会に、本当に感謝しています。
自分の心を掘り下げる、特別なきっかけをいただきました。

50代女性:40代親友との「人生最後の会話」
貴重な体験をさせていただきありがとうございました。
自分にとっての大切なものを再確認し(お互いに)、それを胸に新たな気持ちで再スタートしたような日となりました。本当にありがとうございました。

30代女性:30代の夫との「人生最後の会話」
日々の忙しさや大変さの中で埋もれてしまう気持ち(大切な家族と平和に暮らしていること、今元気に生きていること、など)を、改めて実感することができました。

50代女性、5歳の娘との「人生最後の会話」
娘の気持ちも聞くことができ、日頃の罪悪感が軽くなりました。

「シェア・ストーリーズ」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って
「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

RELATED POST