見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
ETV特集

ETV特集「累犯障害者」の再放送・見どころは?居場所があれば立ち直れる!

image

ETV特集とは?

ETV特集』は、さまざまな社会問題を取り上げるNHKのドキュメンタリー番組です。考えるヒントを提供する「心の図書館」であることを目指して制作されているそうです。放送は、Eテレ 毎週土曜日午後11時~です。

日曜日の午後9時~NHK総合で放送される『NHKスペシャル』が、科学・医療・社会・自然・災害・スポーツなどの幅広い分野の旬の話題を取り上げているのに対して、『ETV特集』は社会の闇に光を当てるようなちょっとマイナーな社会問題をテーマとして、問題を浮き彫りにしていく番組です。そこには、まだ世の中で十分な認識がされていない盲点とも言える問題が隠されている可能性があります。

私たちが暮らしている社会の中で大きく問題になっていることは、新聞やニュース番組で大きく取り上げられますが、世の中のちょっとした「ほころび」は、なかなか目に留まらないものです。そんな見過ごしてしまいそうな問題、でも放っておくと将来大きな火種になるかもしれない社会問題を取り上げてくれる番組です。私にとっては、知識に幅を持たせてくれる「とってもためになる番組」です。

ETV特集の再放送は?

ETV特集』の再放送は、Eテレ 毎週木曜日午前0時(水曜日の深夜)から放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。
でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい、好きな時に見たい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。通常、動画配信サービスは、毎月の定額料金で配信されている番組が見放題になるというものです。

NHK番組なら「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。NHK番組の全てではありませんが、ドラマからドキュメンタリー番組までかなり広く番組を配信してくれています。

もう一つの方法は、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!
ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ETV特集「居場所があれば立ち直れる~累犯障害者 社会で生きるために~」

放送  2018年2月24日(土)午後11時~
再放送 2018年3月1日(木)午前0時~(水曜日の深夜)

image

放送前の予告

障害がありながら必要な支援を受けられず、犯罪を繰り返す「累犯障害者」。どうしたら再犯を防ぎ、立ち直りにつなげられるのでしょうか?今回のETV特集では、累犯障害者に求められる支援のあり方を見つめます。

長崎県地域生活定着支援センターの所長を務める伊豆丸剛史さんは、知的あるいは精神的な障害がありながら必要な支援を受けられず、犯罪を繰り返す「累犯障害者」の支援を続けています。服役を終えた障害者のために、生活保護の申請や住む場所や働き口の確保などを手伝っているのです。

再犯を防ぎ、更生に導くことができれば、本人にとってだけでなく、社会にとっても大きなメリットがあるということは間違いありません。とは言っても、口で言うほど簡単なことではありませんよね。伊豆丸さんたちの取り組みを見つめてみました。

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験のお申込み

なお、31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

福祉が届いていない人たちがいる!

伊豆丸剛史さんは、以前は介護施設の職員として働いていました。そして、ある本を読んだことがきっかけで今の仕事に取り組むようになったのだそうです。その本は、「累犯障害者」(著者・山本譲司)です。この本を読んで、世の中にはまだ福祉が届いていない人がいる、そういう福祉から取り残された人を支援していきたいという思いが強くなったそうです。

福祉から取り残された人たちの再犯が社会問題として大きく取り上げられるようになったのは、2006年に起きた下関駅放火事件がきっかけでした。事件の犯人は、軽度の知的障害があり、福祉から見放され、家族からも見放され、社会に居場所がなくなり犯罪を繰り返していたのです。

家族から見放され周囲からの支援もないと、出所しても再び犯罪を犯してしまうという悪循環になるケースが多いと言います。犯罪者を更生させるためには罰を与えるだけでは限界があるのです。伊豆丸さんは、そういう人たちに支援するために「寄り添い続けます」と言い切ります。

伊豆丸さんが実践している「入口支援」とは?

犯罪者の更生のための支援というと、通常は、出所後から始まると思いますよね。でも、伊豆丸さんは、犯罪を犯して逮捕された直後から支援を始めているのです。刑務所へ何度も足を運んで面会し、その人がどんな支援を必要としているのかを見極め、支援計画を作るのです。時には、裁判の法廷で更生に取り組むことを訴えることもあるのです。出所後の家探し・仕事探しも大変な仕事ですが、一生懸命に取り組んでいます。これまでに、約600人ほどの犯罪者を支援してきたそうですが、その9割以上は再犯を犯していないそうです。

「刑務所に戻りたい」と言って犯罪を繰り返す人が後を絶たない社会で、伊豆丸さんが支援している人たちは、仕事を持ち住む場所を持ち、自立して社会とのかかわりを持ち、「刑務所へは二度と戻りたくない」という人が増えているそうです。

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験のお申込み

なお、31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

「累犯障害者」に関する参考書籍

累犯障害者 (新潮文庫) [ 山本譲司 ]


累犯障害者 (新潮文庫) [ 山本譲司 ]

刑務所だけが、安住の地だったー何度も服役を繰り返す老年の下関駅放火犯。家族のほとんどが障害者だった、浅草通り魔殺人の犯人。悪びれもせず売春を繰り返す知的障害女性たち。仲間内で犯罪組織を作るろうあ者たちのコミュニティ。彼らはなぜ罪を重ねるのか?障害者による事件を取材して見えてきた、刑務所や裁判所、そして福祉が抱える問題点を鋭く追究するルポルタージュ。

居場所を探して 累犯障害者たち [ 長崎新聞社 ]


居場所を探して 累犯障害者たち [ 長崎新聞社 ]

Sponsored Links