見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
ETV特集

ETV特集「僧侶たちの原発事故」の再放送・見どころは?福島の被災者たちを支え続けた7年間の日々!

9CAA41AD-CBCE-48AF-91BE-1B8DE9BD56A6

ETV特集とは?

ETV特集』は、さまざまな社会問題を取り上げるNHKのドキュメンタリー番組です。考えるヒントを提供する「心の図書館」であることを目指して制作されているそうです。放送は、Eテレ 毎週土曜日午後11時~です。

日曜日の午後9時~NHK総合で放送される『NHKスペシャル』が、科学・医療・社会・自然・災害・スポーツなどの幅広い分野の旬の話題を取り上げているのに対して、『ETV特集』は社会の闇に光を当てるようなちょっとマイナーな社会問題をテーマとして、問題を浮き彫りにしていく番組です。そこには、まだ世の中で十分な認識がされていない盲点とも言える問題が隠されている可能性があります。

私たちが暮らしている社会の中で大きく問題になっていることは、新聞やニュース番組で大きく取り上げられますが、世の中のちょっとした「ほころび」は、なかなか目に留まらないものです。そんな見過ごしてしまいそうな問題、でも放っておくと将来大きな火種になるかもしれない社会問題を取り上げてくれる番組です。私にとっては、知識に幅を持たせてくれる「とってもためになる番組」です。

ETV特集の再放送は?

ETV特集』の再放送は、Eテレ 毎週木曜日午前0時(水曜日の深夜)から放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。
でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい、好きな時に見たい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。通常、動画配信サービスは、毎月の定額料金で配信されている番組が見放題になるというものです。

NHK番組なら「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。NHK番組の全てではありませんが、ドラマからドキュメンタリー番組までかなり広く番組を配信してくれています。

もう一つの方法は、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!
ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年4月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ETV特集「僧侶たちの原発事故」

放送  2018年4月21日(土)午後11時~
再放送 2018年4月26日(木)午前0時~(水曜日の深夜)

9CAA41AD-CBCE-48AF-91BE-1B8DE9BD56A6

放送前の予告

震災と原発事故がもたらした悲劇と向き合い、人知れず活動を続ける福島の僧侶達がいます。今回のETV特集では、宗教者として自らの役割を問い直した福島の3人の僧侶の7年間の日々を見つめます。

原発事故直後の福島で私たちは、混乱状況に陥った人々を支えようと奔走する僧侶たちと出会いました。彼らは寺院も故郷も奪われ、避難先で人々が次々に亡くなる極限状況に置かれることとなりました。そんな中で、ひとりの宗教者として一体何ができるのか?彼らは自らの役割を問い続けてきました。番組では、それぞれのやりかたで檀家や門徒の心を支えるみちを模索してきた、3人の僧侶たちの7年間の軌跡を描きます。

・中間貯蔵施設建設が進む大熊町では、墓の移転を余儀なくされる檀家が増えています。
・浪江町の僧侶は、津波と原発事故で多くの檀家を亡くしました。
・飯館村の僧侶は、農業再生のため役場職員としても働いています。

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

大熊町の僧侶の生き方

大熊町は、大部分が帰還困難区域となりました。お寺が放射能で汚染されてしまった僧侶は、どうやって生きて行けばよいのか途方に暮れたそうです。そんな時、会津若松の避難所で檀家さんに会い「お寺さんがいて良かった」という言葉で自分の生きる道が見えたそうです。先祖の位牌や遺骨を持って避難している人も多く、いつしか僧侶のもとに遺骨が集まり仮寺となっていったのです。被災者にとっては、遺骨を預ける所ができて、心のより所となったのです。その僧侶は、行き場のない遺骨を守ることが自分にできる道だと悟ったのです。

飯館村の僧侶の生き方

飯館村の僧侶は、村役場の復興対策課で農政係長の仕事もしています。祖父がそうだったように、祖父の後を継いだその僧侶も、二足の草鞋を履いているのです。実は、その僧侶は学生時代に原子物理学を学んでいたことから、その知識が村の農業復興に役立ったと言います。また、農による生きがい再生支援事業という制度を立ち上げました。僧侶としての役割は、物の見方を伝えていくことだと考えています。

浪江町の僧侶の生き方

浪江町は津波により大きな被害を受けました。しかし、その直後に原発事故が起きたため、行方不明者の捜索や救助が打ち切られてしまったのです。それによって救える命も救えなかったという無念が今も住民の心の中に強く残っています。浪江町の僧侶は、そんな住民の無念を諷誦文(ふじゅもん)の中で語るようになりました。なかなか口に出せなかった思いを僧侶の口から語られることで、被災者の気持ちが和らいでいるようです。その僧侶は、被災直後に「ここへ帰ってくる」という誓いをガラス窓に書きました。今、その誓いに向かってお寺の復興準備を進めています。

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

関連書籍のご紹介

ご先祖さまも被災した 震災に向きあうお寺と神社/小滝ちひろ


ご先祖さまも被災した 震災に向きあうお寺と神社/小滝ちひろ【2500円以上送料無料】

東日本大震災の津波被害、原発事故の渦中で、地域の中核であるお寺や神社は被災者や支援者とともにどのように歩んできたのか。
福島県いわき市に生まれ育ち、奈良を中心に古社寺と文化財を取材してきた新聞記者が一念発起、地元の再建に奔走する多くの僧侶や神職の思い、苦しみと怒り、覚悟と希望をルポした。
薬師寺や東大寺、春日大社の試みをはじめとした「外からの力」、被災地の内外をつなぐ様々なネットワークも紹介。

ちょうちんそで   / 江國香織 著 – 新潮社


ちょうちんそで   / 江國香織 著 – 新潮社

無常の力とは何か、風流と何か。八百年前、飢饉・大火・大地震など幾多の天災に遭い、荒廃する人心を目にし、人生の不運をかこちながらも、方丈の庵を結んで心を清め、「無常の世」を綴った鴨長明。福島県三春町で僧侶として暮らし、禍いに満ちた現代と東日本大震災後の「フクシマ」の現実と向き合う作家が、『方丈記』の真髄に迫り、しなやかに生きる智慧と覚悟を深く静かに説く。「方丈記」原文と現代語訳(玄侑宗久監訳)付。

[目次]
1 無常を生きる2 天災と人災の果てに3 人はこの世に仮住まいをしている4 「賢き御世」でない時代5 数えきれない死体の中で6 大地震で人間は変わったか?7 どこに住めばいいのだろう8 五畳あまりの小世界9 ものうしとても、心を動かす事なし10 揺らぎつづけろ11 手作りの、小さな自治のために$$無常の力とは何か、風流とは何か。八百年前、飢饉・大火・大地震など幾多の天災に遭い、荒廃する人心を目にし、人生の不運をかこちながらも、方丈の庵を結んで心を清め、「無常の世」を綴った鴨長明。福島県三春町で僧侶として暮らし、災いに満ちた現代と東日本震災後

Sponsored Links