見逃したテレビを見る方法
NHKスペシャル

NHK「巨大地下空間 龍の巣に挑む 完全版」の再放送・見逃し動画配信は?

「巨大地下空間 龍の巣に挑む 完全版」はユーネクストで視聴できます!

「巨大地下空間 龍の巣に挑む 完全版」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラをご参照ください!

「巨大地下空間 龍の巣に挑む 完全版」はU-NEXTで配信中です!

↓ ↓ ↓

 

また、U-NEXTの31日間無料トライアルでは、220,000本以上の
見放題作品を全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込みはコチラ

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「巨大地下空間 龍の巣に挑む 完全版」の再放送・見逃し動画配信は?

「巨大地下空間 龍の巣に挑む 完全版」の再放送については、現在のところ未公表のため不明です。でも、安心してください。この番組の見逃し動画は、NHKオンデマンドユーネクストで配信されています。

「巨大地下空間 龍の巣に挑む 完全版」はU-NEXTで配信中です!

↓ ↓ ↓

.

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2022年2月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

「巨大地下空間 龍の巣に挑む 完全版」放送決定!

放送 2021年5月22日(土)午後6時〜[BSプレミアム]

再放送 2022年2月12日(土)午後3時〜[BSプレミアム]

世界最大の地下空間 その誕生の秘密を解き明かす

中国貴州省の巨大洞窟群に、地域のミャオ族から、「龍の巣」と畏れられてきた場所がある。そこは、「世界最大の地底空間」。今回、2年にわたる交渉の末、中国政府から撮影の許可を得た。内部をくまなく調査、謎に包まれた「ミャオティン」の全貌と誕生の秘密を解き明かしていく。待ち受けていたのは、想像を絶する驚異の世界。

※この番組は、2020年2月16日(日)に放送されたNHKスペシャル「巨大地下空間 龍の巣に挑む」の完全版として、当時は放送されなかった映像を含めた90分の拡大版です。

[ご参考]NHKスペシャル「巨大地下空間 龍の巣に挑む」

放送 2020年2月16日(日)午後9時~[NHK総合]

再放送 2020年5月17日(日)午後2時〜[BS1]

中国貴州省の巨大洞窟群に「龍の巣」と畏れられてきた場所があります。そこは、「世界最大の地底空間」。地域に暮らすミャオ族からは、「ミャオティン」と呼ばれ、あまりの闇の深さから、「そこは、冥界。決して入ってはならない」とされてきました。今回、2年にわたる交渉の末、中国政府から撮影の許可を得ました。内部をくまなく調査、謎に包まれた「ミャオティン」の全貌と誕生の秘密を解き明かしていきます。

プロジェクトに参加するのは、30年前、ミャオティンに入ったフランスの洞窟探検家ジャン・プタジ。世界の洞窟の成り立ちに詳しい日本の研究者。そして、闇を照らす技術で世界が認めた洞窟写真家など、総勢29名。ミリ単位の精度の3Dレーザーで測量し空間を再現。さらに、内部に照明を持ち込んで、闇を追い払うという前代未聞の挑戦を行います。待ち受けていたのは、想像を絶する驚異の世界だった・・・。

放送後のポイント解説

この巨大洞窟ミャオティン(龍の巣)を探検してわかったこと

  • 洞窟の全長 870m
  • 天井の高さ 最大180m
  • 洞窟の容積 1,000万㎥

東京ドーム8個分を超える大きさです。しかし、深い暗闇で全貌が見えません。地質学者・浦田健作さんは、岩・天井・かべなどが見えればこの巨大洞窟がどうして生まれたかが解るはずだというのです。そこで、この巨大空間を照らすという一大プロジェクトが始まりました。

そして、ついにケーブル6000m、照明92個を2週間がかりで設置し、巨大空間を照らすことに成功しました。

そして、なぜ、この巨大洞窟が生まれたのか?を浦田健作さんが突き止めました。

  • インド亜大陸が北上して衝突し、多くの割れ目を作った
  • ヒマラヤ山脈によって多くの雨をもたらした

こうして、岩に割れ目ができ雨水が入り込んで岩を削り「水中洞窟」が生まれます。複数の水中洞窟が合流して岩を崩し、巨大な洞窟が生まれて・・・というものです。

その後、あらたなことが判明しました。洞窟の奥の岩の隙間から、さらにその奥に空間が続いているようなのです。これまで見てきた巨大空間は、「龍の巣」のほんの一部だったのかもしれません。

「巨大地下空間 龍の巣に挑む 完全版」を見逃した方は、
ユーネクストの31日間無料体験でお楽しみください!

初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って
「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

RELATED POST