見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
NHKスペシャル

平成史スクープドキュメント第3回「秘録 小選挙区制導入」の再放送・見どころは?

06A323E1-8CFF-4902-B9ED-43105EF03D89

見逃した「NHKスペシャル」の再放送は?

NHKスペシャルは、NHK総合テレビでの再放送が放映されますので、まずは、それで視聴されることをオススメします。多いパターンとしては、翌週または翌々週など2週間以内の平日の深夜に再放送されることが多いので、番組表を調べるかNHKスペシャルのWebサイトでご確認下さい。反響が高い番組は、何度も再放送されています。でも、深夜の放送ということもあり、休日にゆっくりと見たいという方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

「NHKスペシャル」の見逃し配信は、NHKオンデマンドやユーネクストで配信されています。

ユーネクストでは、現在、シリーズ「平成史スクープドキュメント」の以下の作品を配信中です!

  • 第2回「バブル 終わらない清算~山一證券破綻の深層~」
  • 第3回「“劇薬”が日本を変えた~秘録 小選挙区制導入~」
  • 第4回「安室奈美恵 最後の告白」
  • 第5回「ノーベル賞会社員~科学技術立国の苦闘~」

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!
ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年11月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

NHKスペシャル 平成史スクープドキュメント 第3回「“劇薬”が日本を変えた~秘録 小選挙区制導入~」

放送 2018年12月22日(土)午後9時00分~

06A323E1-8CFF-4902-B9ED-43105EF03D89

放送前の予告

シリーズ「平成史スクープドキュメント」。第3回は、それまでの政治の形を大きく変えた、1994年(平成6年)の小選挙区制導入をめぐる知られざる物語です。

今回、わたしたちは、政治改革を主導した後藤田正晴の未公開の日誌など、小選挙区制をめぐるさまざまな一次資料を独自に入手しました。番組では、制度導入のプロセスに深く関わった当事者たちの証言を重ねながら、平成政治の姿を遠望していきます。

インタビュアー/リポーター 大越健介・NHK報道局記者主幹

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

政治改革の必要性が叫ばれ始めたきっかけは、1988年のリクルート事件でした。政治不信が強まる中で、このままでは世界情報の変化にもついて行けなくなるという危機感を強く持っていた後藤田正晴は、政治改革の必要性を訴えましたが、自民党内には反対意見が多くありました。

当時の選挙制度は一選挙区内から3~5人が当選するという中選挙区制だったため、自民党の同士討ちになることも多くありました。1989年に後藤田正晴は政治改革委員会の会長に就任し、衆議院への小選挙区制の導入を打ち出しました。自民党内部では、小沢一郎がこの小選挙区制の導入に賛同しましたが、小沢一郎が所属する経世会は小沢派vs反小沢派という構造になっていきました。そして、1991年の海部内閣で政治改革法案は廃案となってしまいます。

1993年には宮沢内閣の不信任案が可決し、自民党を離党して新党を結成する動きも加速化し、ついに自民党は下野し、細川連立政権が発足したのです。連立政権下においても政治改革法案は否決されますが、その後、自民党が細川連立政権との間で合意し、ようやく政治改革法案は成立しました。その内容は、「政治改革」と言うよりは、「選挙改革」と言うにふさわしい内容です。

この小選挙区制の導入は、まさに「劇薬」と言われ、その後の政権交代を2度も引き起こし、また、「死票」が多いことから多様な意見が繁栄されにくいという批判も多くあります。政治家目線では、「政治に対する緊張感をもつため」と言っていますが、後藤田正晴は「まだ三合目」という言葉を書き残しています。

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links