見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
NHKスペシャル

NHKスペシャル・シリーズ東日本大震災「震災7年 被災地からの問いかけ」の再放送・見どころは?目指した復興は今・・・

image

見逃した「NHKスペシャル」の再放送は?

NHKスペシャルは、NHK総合テレビでの再放送が放映されますので、まずは、それで視聴されることをオススメします。多いパターンとしては、翌週または翌々週など2週間以内の平日の深夜に再放送されることが多いので、番組表を調べるかNHKスペシャルのWebサイトでご確認下さい。反響が高い番組は、何度も再放送されています。でも、深夜の放送ということもあり、休日にゆっくりと見たいという方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 31日間の無料トライアル!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年3月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

NHKスペシャル・シリーズ東日本大震災「めざした“復興”はいま・・・~震災7年 被災地からの問いかけ~」

放送 2018年3月11日(日)午後9時00分~

image

放送前の予告

東日本大震災から7年。被災地では、32兆円の巨額を投じて進む復興事業によって、かさあげが進み、仮設住宅から移り住む災害公営住宅もほぼ全てが完成しました。津波の被災地について政府は「復興の総仕上げ」の段階にあるとしています。そして、原発事故で被害を受けた福島では、大規模な除染が行われ、7割の地域で避難指示が解除されました。

しかし、今、被災地では想像を超えた事態が起きています。「終のすみか」のはずの災害公営住宅では、体調を崩し孤立する高齢者が相次ぎ、働き盛りの世代も生計をたてられずに苦悩を深めているのです。かさ上げした新たな街では、住民が戻らず、使う予定がたたない「空き地」が広がる未来が見え始め、人を呼び込むために新たに税金が投入されています。福島では自治体が「学校再開」を急いでいますが、子どものいる若い世代の帰還は進まず、前途多難な状況が続いています。

今回、私たちは宮城・岩手・福島の三県で2000人に迫る大規模な被災者アンケートを実施、被災地の今をルポしながら、震災7年の課題を徹底取材しました。被災地の復興は、過疎化が進み新たな災害と向き合う全国にとってのモデルとなるのでしょうか。震災直後から被災地に入り取材を重ねてきた大越健介キャスターが各地を訪ね“復興”のあるべき姿を考えていきます。

Sponsored Links

放送後の感想

土地区画整理事業による復興の限界

土地区画整理事業による復興とは、住民から土地を買い上げて、土地のかさあげ工事をした後に、区画整理して住民に土地を割り当てるという制度です。しかし、土地の買い取りが完了しないと、かさあげ工事に進めないという制度上の制約があるため、事業のスピードについていけずに売却を決断できないまま取り残された被災者もいるのです。また、かさあげ工事が遅れて避難生活が長期化したために避難先で家を建て、ふるさとの土地の使い道が決まらないという人もいます。また、途中で復興工事を縮小しようと考えましたが、計画を変更すると一から手続きをやり直さなくてはならないという壁にぶち当たり、計画を縮小できなかった自治体もありました。

なんと硬直的で「お役所的な仕事」なのか・・・と悲しくなりました。非常事態であるならば、もっと柔軟に対応すべきだと思います。震災から5~6年もかけて安全な町の土台を作るという手法以外に、段階的な復興の手法もあっていいのではないかと指摘する専門家もいます。

災害公営住宅での生活苦

東北三県で2万7000戸の災害公営住宅が建設され、4万6000人が移り住みました。仮設住宅から災害公営住宅に転居すると、もう「被災者」として扱われなくなり、自立を強制され、家賃の補助もなくなります。その一方で、仕事に就くことも困難な状況にあるようです。若い世代は極端に少なく、災害公営住宅という名の老人ホームだと嘆く方もいました。

また、住宅の運営・管理も自分たちで行わなければならず、共益費が不足しているのに値上げもできず、公共料金を何カ月も滞納しているという住宅もありました。また、仮設住宅の時の人間関係が途切れてしまい、孤立を深める高齢者も多いようです。

阪神・淡路大震災を経験した神戸のある住人は、こういった東北の被災地の状況に、神戸と同じ失敗を繰り返していると嘆いています。このような被災地の現場の状況を復興庁はどう見ているのでしょうか?復興の理想と現実が大きくずれていることに、悲しくなってきました。

Sponsored Links