見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
NHKスペシャル

NHKスペシャル「アメリカVS.中国 未来の覇権争いが始まった」の再放送・見どころは?

3D9CFED0-09DF-490E-B06A-9E2D40EF5D94

見逃した「NHKスペシャル」の再放送・動画配信は?

見逃した「NHKスペシャル」は、NHK総合テレビで再放送されますので、まずは、それで視聴されることをオススメします。多いパターンとしては、翌週または翌々週など2週間以内の平日の深夜に再放送されることが多いので、番組表を調べるかNHKスペシャルのWebサイトでご確認下さい。反響が高い番組は、何度も再放送されています。でも、深夜の放送ということもあり、休日にゆっくりと見たいという方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

「NHKスペシャル」の見逃し配信は、NHKオンデマンドやユーネクストで配信されています。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!
ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ!

31日間無料体験の申し込み

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2019年1月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

NHKスペシャル「アメリカVS.中国 未来の覇権争いが始まった」

放送 2019年1月19日(土)午後9時~[NHK総合]

3D9CFED0-09DF-490E-B06A-9E2D40EF5D94

放送前の予告

激しい対立が続くアメリカと中国の貿易摩擦。トランプ政権が、制裁関税を次々とかけてきた背景には、「中国がハイテク技術の覇権を握ろうとしている」という危機感があったからです。

習近平国家主席のもと「中国製造2025」を掲げ、ハイテク分野での世界一を目指す中国。いま、国を挙げて取り組んでいるのが、AIなどの先端技術を駆使する「自動運転」や、インターネットに続く革命的な技術「ブロックチェーン」です。開発の最前線では、アメリカのIT企業などで技術を学んで帰国した「海亀」と呼ばれる若者たちが急増し、成長を支えている実態がありました。対するアメリカは、中国からの投資やM&Aを規制する動きをみせ、水面下で激しい攻防が繰り広げられています。

大国間の攻防の狭間で、日本はどう生き残りをかけるのか?世界の行方を左右する米中の攻防、その最前線を追います。

放送後のポイント解説

中国の恐るべき急成長のヒミツとは?

中国政府は、アメリカのシリコンバレー等で経験を積んだ優秀な若者たちの起業を支援しています。そのことが結果的に若者をIT産業へ駆り立てることに繋がり、中国の急成長を支える原動力になっているのです。そんな中国人の若者たちは「海亀」と呼ばれています。

中国はAIの技術で世界をリードすれば産業を一変させ、ハイテク覇権を握ることが出来ると考えているのです。例えば、日本のタクシー会社に配車サービスを提供している滴滴は、交通をコントロールできるAIを世界に供給することで世界の交通ビジネスの覇権を握ろうとしているのです。

中国のIT企業経営者は、海亀がアメリカ企業の知的財産をそのまま流用することはないと言っていますが、アメリカでは技術盗用の取り締まりを強化し、既にスパイ容疑で37人の海亀を摘発しているのです。

中国vsアメリカ 技術の新冷戦が始まっている!?

また、中国は政府系投資会社を通じてアメリカのベンチャー企業への投資を強化しています。投資後には中国での事業移転を促していると言います。

今や世界一の通販会社となったアリババは、国際送金サービスを提供し、銀行口座を持たない新興国のユーザーを取り込もうとしています。また、太一クラウドはドルを介さない金融システムを作ろうとしています。

ここまで見てくると、これはもう戦争と言っても過言ではないかもしれません。アメリカと中国が、IT技術や金融・経済の覇権をめぐって熾烈な闘いを繰り広げているように見えます。国際政治学者慰イアン・ブレマー氏は「技術をめぐる新冷戦」だと言っています。そして、ゆくゆくはアメリカと中国がリードする二つの世界に分断され、グローバリズムは終わるのではないかと考えられています。

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

RELATED POST