見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
プロフェッショナル仕事の流儀

農業経営者・多田克彦!プロフェッショナル 仕事の流儀「現代の遠野物語とは?」の再放送・見どころは?

ADA10F50-78F1-4BBC-9564-D885938BDBC8

プロフェッショナル仕事の流儀

プロフェッショナル仕事の流儀」は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組です。登場する人たちは、誰もが認めるその道のプロ。斬新な試みに挑戦し、新しい時代を切り開こうと格闘中の挑戦者であり、いくつもの修羅場をくぐり、自分の仕事と生き方に確固とした「流儀」を持っている人たちばかりです。

時代の最前線にいる彼らはどのように発想し、斬新な仕事を切り開いているのか?これまでどんな試行錯誤を経て、成功をつかんだのか?そして、混とんとした今の時代をどのように見つめ、次に進んでいこうとしているのか?普段はカメラの入れない仕事の現場に密着し、現在進行形で時代と格闘しているプロの「仕事」に迫る番組です。

2006年1月より放送がはじまり、すでに340回以上も放送されている長寿番組でもあるんです。
NHK総合テレビ毎週月曜日午後10時25分から11時10分に放送されています。

image

「プロフェッショナル」は、今と未来を描くドキュメンタリーです。現在進行形だからこそ、現場発の「仕事に役立つ情報」と、視聴者の皆さんが「自分も頑張ろう」と思えるような「明日への希望と元気」を持たせてくれる番組です。熾烈な競争や成果主義、ニートの急増など、日本人の仕事をめぐる状況が大きく変わりつつある今だからこそ、プロフェッショナルな人々の姿を通して、仕事の奥深さ、働くことの醍醐味を伝えてくれる価値のある番組です。

Sponsored Links

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は?

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は、毎週日曜日午後1時05分から1時50分に放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。
でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。通常、動画配信サービスは、毎月の定額料金で配信されている番組が見放題になるというものです。

NHK番組なら「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。NHK番組の全てではありませんが、ドラマからドキュメンタリー番組までかなり広く番組を配信してくれています。

もう一つの方法は、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年7月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

プロフェッショナル仕事の流儀「農業経営者・多田克彦

放送 2018年7月30日(月)午後10時25分~

ADA10F50-78F1-4BBC-9564-D885938BDBC8

放送前の予告

今回のプロフェッショナル仕事の流儀は、岩手・遠野の農業経営者、多田克彦・63歳に密着しました。自ら生産した牛乳や野菜からプリンなどの製品を作り世界へ売り込んできました。若き日、牛肉の輸入自由化に直面。その後、農協を脱退し、自ら販路を開拓するなど逆境を乗り越えてきました。

信念は「遠野物語」の作者で、明治政府の農業政策を司る官僚でもあった柳田国男が言う「農民の自立」です。農業が衰退し、津波被害にあえぐ岩手の魅力を掘り起こそうと奮闘する男が紡ぐ現代の遠野物語とは!?

多田克彦さんのプロフィール

農業経営者、有限会社多田自然農場代表取締役社長。1955年生まれ。大学卒業後、故郷にUターン。1988年まで遠野市役所に10年間勤務し、その間、2年間サウジアラビアにて農業指導を行う。1989年2月に農場を開設。農協に頼らないマイブランド牛乳、乳製品、野菜などの生産と並行して、独自の流通ルートを確立。若手育成にも注力。

生産者の名前をつけた牛乳の先駆け「多田克彦の牛乳」を販売。スイスやハワイ、マリ共和国などを農業指導や研究で幾度となく訪ねる。2012年TPP問題で、オーストラリア肉牛振興事業団と農業問題について議論するため渡豪。日本IBMのCSRオピニオンリーダーズ・プログラムの主要メンバーの1人として活躍中。

Sponsored Links