見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
プロフェッショナル仕事の流儀

いわた書店店主・岩田徹の一万円選書とは?プロフェッショナル仕事の流儀「運命の1冊、あなたのもとへ」の再放送・見どころは?

0B62A72B-8DB6-4BCF-BEC1-2C9C2E1FD6B8

プロフェッショナル仕事の流儀

プロフェッショナル仕事の流儀」は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組です。登場する人たちは、誰もが認めるその道のプロ。斬新な試みに挑戦し、新しい時代を切り開こうと格闘中の挑戦者であり、いくつもの修羅場をくぐり、自分の仕事と生き方に確固とした「流儀」を持っている人たちばかりです。

時代の最前線にいる彼らはどのように発想し、斬新な仕事を切り開いているのか?これまでどんな試行錯誤を経て、成功をつかんだのか?そして、混とんとした今の時代をどのように見つめ、次に進んでいこうとしているのか?普段はカメラの入れない仕事の現場に密着し、現在進行形で時代と格闘しているプロの「仕事」に迫る番組です。

2006年1月より放送がはじまり、すでに340回以上も放送されている長寿番組でもあるんです。
NHK総合テレビ毎週月曜日午後10時25分から11時10分に放送されています。

image

「プロフェッショナル」は、今と未来を描くドキュメンタリーです。現在進行形だからこそ、現場発の「仕事に役立つ情報」と、視聴者の皆さんが「自分も頑張ろう」と思えるような「明日への希望と元気」を持たせてくれる番組です。熾烈な競争や成果主義、ニートの急増など、日本人の仕事をめぐる状況が大きく変わりつつある今だからこそ、プロフェッショナルな人々の姿を通して、仕事の奥深さ、働くことの醍醐味を伝えてくれる価値のある番組です。

Sponsored Links

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は?

「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送は、毎週日曜日午後1時05分から1時50分に放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。
でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。通常、動画配信サービスは、毎月の定額料金で配信されている番組が見放題になるというものです。

NHK番組なら「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。NHK番組の全てではありませんが、ドラマからドキュメンタリー番組までかなり広く番組を配信してくれています。

もう一つの方法は、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドと契約することができるんです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年4月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

プロフェッショナル仕事の流儀「運命の1冊、あなたのもとへ~書店店主・岩田徹」

放送 2018年4月23日(月)午後10時25分~

0B62A72B-8DB6-4BCF-BEC1-2C9C2E1FD6B8

放送前の予告

北海道で小さな本屋を営む岩田徹さん・66歳。岩田が行うのは、予算1万円で客に合った本を選ぶ「1万円選書」です。いま全国から注文が殺到!実に3000人待ちという状況なんです。岩田は、応募者の読書歴や境遇などから、人物像をあぶり出し、人生に寄り添う「運命の1冊」を選び抜くのです。バブル崩壊、出版不況・・・何度も廃業の危機にさらされながら闘い続けた町の本屋さんの生き様を描きます。

また、ゲスト高山一実(乃木坂46)が1万円選書を実際に体験し、岩田の流儀をひもときます。

【出演】書店店主…岩田徹,高山一実
【語り】橋本さとし,貫地谷しほり

いわた書店「一万円選書」とは?

忙しくって本屋にいけない、最近同じような本ばかりで出会いが・・・、などなど読書難民のあなたの為に社長の岩田がお薦めの本を(だいたい)一万円分選んでお届けするというサービスです。このサービス、人気が沸騰しており、現在は年に数回の「抽選方式」をとっています。時期は、その年によって変わりますが、平成28年は4月・8月・12月に行っています。

申込期間中は、いわた書店ホームページから申し込むことができますよ。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

3,000人待ちの本屋さん

通常、本屋さんは問屋から送ってくる本を並べています。しかし、いわた書店は、流行の本は置かず、自ら読んでおもしろいと思える本だけを置いています。だから、岩田さんは、毎日朝5時半から読書をして、年間200冊もの本を読みこなしています。

岩田さんは、町の本屋の役割は「新たな世界への案内人」だと言います。本の中で、いろんな人の人生を垣間見ることができるからです。岩田さんの一万円選書で本を送ってもらった人の中には、「岩田さんは私を救ってくれました」と言うように、本を通して読者の人生を変えるほどの影響をもたらしているんです。

でも、岩田さんはなぜ人の心に届く一冊を選ぶことができるのでしょうか?岩田さんは、「カルテ」と呼んでいるアンケートを応募者に書かせているんです。例えば、「心に残る20冊」や「これまでの人生で嬉しかったこと、苦しかったこと」という感じで・・・。一万円選書に応募してくる人は、人生に悩みを抱えている人が多いのです。「本は人生の味方」というのが、岩田さんの芯ねんなんです。

日本一幸せな本屋

岩田さんは父の本屋を継ぎましたが、本屋の仕事に魅力を感じていませんでした。バブル崩壊後は売上が激減し、激務からか岩田さんは突然下血して入院しました。その時、「自分はどんな本が売りたいんだ?」と自問自答し、「逝きし世の面影」という素晴らしい本に出逢いました。それは、その本の作家が自分にくれたパスです。そして、パスをつなぐ本屋になろうと決めたのです。それからは、問屋から送ってくる本はなるべく置かないようにして、本当に読んで欲しい本を置くようになりました。ある時、友人から「一万円で俺に合う本を探して欲しい」と言われて始めたのが一万円選書の始まりです。その後、時間はかかりましたがクチコミで一万円選書の評判が高まっていったのです。

岩田さん曰く、「自分が本当は何がしたかったのか・・・が見えた瞬間から仕事が楽しくなる。プロフェッショナルってそういう人のことなんじゃないかなぁ。」

逝きし世の面影【電子書籍】[ 渡辺京二 ]


逝きし世の面影【電子書籍】[ 渡辺京二 ]

Sponsored Links