見逃したテレビを見る方法
ノーナレ

ノーナレ「祇園の神さん」の見どころ・再放送・動画配信は?

ドキュメンタリー番組「ノーナレ」はユーネクストで配信中!

NHKドキュメンタリー番組「ノーナレ」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「ノーナレ」の過去20本以上の作品もユーネクストで配信中です!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

なお、31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

NHKドキュメンタリー番組「ストーリーズ ノーナレ」とは?

5743D30F-1ACD-456F-854E-14D8E69CB6D0

この番組「ノーナレ」はナレーションが一切なく、しみじみとした感動が沸きあがってくる新しいタイプのドキュメンタリーー番組です。

とりあげる人物やテーマもさまざまで、決してカッコいいものばかりではありませんが、放送中の30分間だけでも登場人物に自分の身を置いてみるのもいいかもしれませんよ。今まで見えなかった何かが見えてくるかもしれません。

新番組「ストーリーズ」としてスタート!

月曜よる10時50分〜放送、これまで「ノーナレ」「事件の涙」「のぞき見ドキュメント100カメ」等さまざまなドキュメンタリーを紹介してきたこの時間が、新番組「ストーリーズ」として生まれ変わって、2019年9月30日よりスタートしました。映像と音声の力で、ドキュメンタリーの新たな可能性を切り開きます。

「ストーリーズ ノーナレ」の再放送・見逃し動画配信は?

ノーナレの再放送は、決まった放送枠があるわけではなく不定期に放送されています。公式サイトにてご確認下さい。

でも、放送時間に制約されずに「好きな時に見たい!」という方には、動画配信サービスがオススメです。「ノーナレ」の見逃し動画配信は、NHKオンデマンドやユーネクストで配信される予定です。

2020年10月12日に放送されたノーナレ「祇園の神さん」の動画は現在、ユーネクストで配信中です。

また、ユーネクストでは、今回の放送作品以外にも過去に放送された「ノーナレ」の作品を視聴することができます

>> ノーナレの再放送・見逃し動画配信!NHKドキュメンタリーが面白い!

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2020年10月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ノーナレ「祇園の神さん」

放送 2020年10月12日(月)午後10時45分~[NHK総合]

5C190F86-CB9B-43D5-AD79-AEF8B673CA25

放送前の予告

「いまこそ京都には神様が必要です」。1150年の歴史を誇る祇園祭の大幅縮小に沈む京都。神を信じるすし職人。八坂神社の石段下で生まれ育った男が書いた一通の手紙が街と時代を動かす。コロナ禍で自粛ムードが増すなかで本当に祭りはできるのか。古文書に記された室町時代、応仁の乱の後に計画された幻の祇園祭を復活せよ!人知れず行われた祇園祭に奔走した人々の物語。

1B533036-8FB1-48D3-9CF3-35B34BE48E62

D0F4CE4A-12BA-4D59-B6EE-CD99862B3A55

「ノーナレ」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

祇園祭の由来・歴史

祇園祭の起源は、9世紀後半、洛中に大流行した疫病が午頭天王(ごずてんのう、素盞鳴命=すさのおのみこと)のたたりだとされ、天王を祀る祇園社(八坂神社)の御霊を、大内裏(だいだいり、天皇の住まいである内裏を中心に、周囲に御殿や官庁を配した一郭)の南にあった神泉苑(現在は二条城の南)に呼び寄せ、病魔退散祈願の御霊会(ごりょうえ)を行ったのが始まりとされている。その時、全国66の国の数だけつくられた鉾が現在の山鉾の由来だという。

12世紀中頃からは、武士が次第に力をつけ、王朝貴族は衰微の一途をたどり、祭りも中断されてしまった。14世紀になって、ようやく台頭してきた町衆は、戦渦の続く京の中で「室」(むろ、土を塗りこめて造った建物)を次々と建て「室町」を形成、都を商いの街へと変貌させていった。その中核となったのは「酒屋」で、彼等は高利貸の「土倉」(どそう)と一体化して「土倉酒屋」となり、「有徳(うとく)の人」と称されるほどの富を蓄えていった。

15世紀に入ると酒屋は室町、西洞院(にしのとういん)にとどまらず洛中いたる所におよび、その数342軒というほど繁盛するようになった。特に有名なのは、門前に大きな柳があった五条坊門西洞院の「柳酒屋」(やなぎのさかや)で、納める酒税は京の酒屋全体の24%にも達するという繁盛ぶりであった。

15世紀後期、応仁の大乱が起り、都は再び廃虚になった。そんな中から町衆はたくましく立ち上がり、経済を復興させると共に、永い間途絶えていた祇園祭まで復活させたが、こうした活動にも京の酒屋たちは大きく貢献した。特に16世紀初頭には、一向一揆(いっこういっき)により幕府が一切の神事を禁じたが、京の町衆は「神事これ無くとも山鉾渡したし」と幕府の反対を押し切り、山鉾巡行を強行したほどである。

桃山時代になると、海外貿易で手に入れた豪華なゴブラン織や、あるいは綴錦(つづれにしき)、西陣織を山鉾の装飾に使うなど、時代を象徴するきらびやかな祭へと発展させたのである。

Sponsored Links

RELATED POST