見逃したテレビを見る方法
ノーナレ

ノーナレ「ワケあり“りんご”」の見どころ・再放送・見逃し動画配信は?

931F1474-0302-407F-9EF0-AD951DBFD8B8

ドキュメンタリー番組「ノーナレ」はユーネクストで配信中!

NHKドキュメンタリー番組「ノーナレ」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「ノーナレ」の過去20本以上の作品もユーネクストで配信中です!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

なお、31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

NHKドキュメンタリー番組「ストーリーズ ノーナレ」とは?

5743D30F-1ACD-456F-854E-14D8E69CB6D0

この番組「ノーナレ」はナレーションが一切なく、しみじみとした感動が沸きあがってくる新しいタイプのドキュメンタリーー番組です。

とりあげる人物やテーマもさまざまで、決してカッコいいものばかりではありませんが、放送中の30分間だけでも登場人物に自分の身を置いてみるのもいいかもしれませんよ。今まで見えなかった何かが見えてくるかもしれません。

新番組「ストーリーズ」としてスタート!

月曜よる10時50分〜放送、これまで「ノーナレ」「事件の涙」「のぞき見ドキュメント100カメ」等さまざまなドキュメンタリーを紹介してきたこの時間が、新番組「ストーリーズ」として生まれ変わって、2019年9月30日よりスタートしました。映像と音声の力で、ドキュメンタリーの新たな可能性を切り開きます。

「ストーリーズ ノーナレ」の再放送・見逃し動画配信は?

ノーナレの再放送は、決まった放送枠があるわけではなく不定期に放送されています。公式サイトにてご確認下さい。

でも、放送時間に制約されずに「好きな時に見たい!」という方には、動画配信サービスがオススメです。「ノーナレ」の見逃し動画配信は、NHKオンデマンドやユーネクストで配信されています。

2019年11月25日に放送されたノーナレ「ワケあり“りんご”」の動画は現在、ユーネクストで配信中です。

また、ユーネクストでは過去に放送された「ノーナレ」番組も配信中です。過去の放送回はこちらでご確認下さい。

>> ノーナレの再放送・見逃し動画配信!NHKドキュメンタリーが面白い!

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2019年11月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ストーリーズ ノーナレ「ワケあり“りんご”」

放送 2019年11月25日(月)午後10時50分~[NHK総合]

931F1474-0302-407F-9EF0-AD951DBFD8B8

放送前の予告

「私たち、野菜でも果物でも人でも、ワケあり大歓迎です」。産みの親を幼い頃に亡くした真由美は、施設や里親のもとを転々とし、18歳で山内きみ江さんご夫婦の養女となりました。きみ江には、かつて子どもを産むことが許されなかった辛い過去があります。やがて成人したマユミは、妻子を置いて失踪した兄の子どもを引き取り、育てることに…。それぞれに事情を抱えた他人同士が肩を寄せ合い、築き上げてきた家族の物語です。

5D2E0618-5D1F-4F8A-92EB-0DAA29F0CDFE

この番組を視聴して・・・ひと言

きみ江さんはハンセン病にかかり長らく療養所での生活を余儀なくされ、結婚はしましたが「断種」(生殖能力を失わせること)が条件だったそうです。そのため、長年、子供を持つことを夢見てきたのです。そして、67歳の時に真由美さんを養子で迎え入れ、念願だった母となりました。

きみ江さんは真由美さんと喧嘩もしましたが、親子としての絆を深めていきました。その真由美も結婚し3人の子(うち1人は養子)がいます。つまり、きみ江さんは、今や3人のお孫さんがいるわけです。番組内では孫の運動会へ応援に行くシーンがありました。きみ江さんはハンセン病であったことから辛い人生を過ごしてこられましたが、ようやく温かい家族ができて本当に良かったと思います。

「ワケあり」っていう表現を強調するタイトルは、個人的にはあまり共感できませんでした。人間、みんな誰だって何か一つや二つ「ワケ」を持っているものだと思います。

「ノーナレ」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

なお、「ノーナレ」の動画配信は放送日から約2週間となります。

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

番組スタッフのコメント

この番組を企画したきっかけは?

小説『あん』をお書きになった作家・ドリアン助川さんのインタビュー番組を制作することになり、去年の秋、物語の舞台となった東京・東村山市を取材で訪れました。そこで思いがけず、「きみ江さん」というひとりの魅力的な女性に出会います。ドリアンさんのインタビュー企画を準備しながら、それとは別に、きみ江さんのドキュメンタリーも制作したいと思い立ち、東村山通いが始まりました。そこがどんな場所なのか、どう魅力的な女性なのか、それは番組の中で・・・。

制作でこだわった点、もしくは、苦労した点は?

ナレーションの有無や番組尺の長短に関わらず、ヒューマンドキュメントの基本は、取材に応じてくれた方に真摯に誠実に向き合い、時には踏み込んだ失礼な問いかけもしながら、ひとりの「人間」の根っこにあるものに可能な限り肉薄し、それを映像と音声とで描き出そうとする試みだと思います。それはそれでこれまで通り大前提に据えながらも、今回は、どうしても「りんご」、つまりは「モノ」を魅力的に表現したいという欲求に駆られました。というわけで、今回は「人間」に対してだけでなく、「りんご」に対しても真面目に向き合ってみました。

取材をする中で印象に残った言葉は?

現在、85歳のきみ江さん。かつて、ある病気を患ったことを理由に、子どもを産みたくてもそれが許されなかったという辛い過去をお持ちです。そんなきみ江さんが、自らの半生を振り返って突然言い放ちました。

「私はよく食べる物に例えるんだけど、同じりんごでも、お店に売られてるピカピカの物はりんごって呼ぶけど、木から落ちちゃったりしたら“ワケあり”とか言われる。木から落とされて蹴飛ばされて踏まれてるような果物があるとするなら、私はそういう人間かもしれない。でも、踏まれても蹴られても私はりんごなんだ。人が食べてくれるまで頑張ろうって、そう思うから。りんごはりんごなんだ。人間は人間なんだって」。
番組タイトル『“ワケあり”りんご』は、取材の中で、きみ江さんから飛び出した言葉をそのままいただきました。

Sponsored Links

関連書籍のご紹介

きみ江さん ハンセン病を生きて [ 片野田斉 ]


きみ江さん ハンセン病を生きて [ 片野田斉 ]

本書の主人公である山内きみ江さんは、一九三四年生まれ。顔に神経麻痺がありますが、そのためかえってしわが目立ちません。体も小さいから“かわいいおばあちゃん”に見えますが、じつは“やる気十分の勝ち気なばあさん”です。かつてハンセン病患者が受けた「差別」と「偏見」、そして「いじめ」。元患者である「きみ江」さんは、かけがえのない時間を生きる…。小学校高学年から。

生きるって、楽しくって ハンセン病を生きた山内定・きみ江夫妻の愛情物語 (Klasse books) [ 片野田斉 ]


生きるって、楽しくって ハンセン病を生きた山内定・きみ江夫妻の愛情物語 (Klasse books) [ 片野田斉 ]

「同じ病をもつもの同士。助け合って生きていきませんか」。全生園を終の住処と覚悟し、人並みの結婚をあきらめていたきみ江さんに、無口な山内定さんがかけたプロポーズの言葉だった。以来、市井のなかでの「ごく普通の夫婦の暮らし」を得るために、二人で苦労を重ね闘い続けた。ようやくそれが叶ったのも束の間、定さんはきみ江さんに見守られながら旅立ってしまう……。2年半に渡り一組の夫婦の情愛を密着取材した、胸に迫る写真集。

関連番組

ETV特集「“ワケあり”りんご」

放送 2020年10月10日(土)午後11時〜[Eテレ]

D5913692-AC4F-45F4-9C5E-A5C5D1EC4656

「私たち、野菜でも果物でも人でも、ワケあり大歓迎です」。虐待を受けた心の傷、言われなき差別偏見…。それぞれに事情を抱えた他人同士が築き上げてきた家族の物語。

「私たち、野菜でも果物でも人でも、ワケあり大歓迎です」。産みの親を幼い頃に亡くした真由美は、施設や里親のもとを転々とし、18歳できみ江という女性の養女となりました。きみ江には、かつて子どもを産むことが許されなかった辛い過去があります。やがて成人した真由美は、妻子を置いて失踪した兄の子を引き取り育てることに。それぞれに事情を抱えた他人同士が肩を寄せ合い、築き上げてきた家族の物語。

>> ETV特集「ワケあり りんご」の見どころ・再放送・動画配信は?

Sponsored Links

RELATED POST