見逃したテレビを見る方法
こころの時代

【こころの時代】左手のピアニスト・智内威雄「天上の響きに」の再放送・見どころは?

見逃した「こころの時代」はユーネクストで視聴できます!

「こころの時代」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラをご参照ください!

「こころの時代」は放送日の翌日からU-NEXTで配信予定です。
ただし、配信期間は約2週間となります

.

また、U-NEXTでは、31日間無料トライアルで210,000本以上の
見放題作品が全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込みはこコチラ

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「こころの時代〜宗教・人生〜」ってどんな番組?

放 送 毎週日曜日 午前5時〜6時[Eテレ]
再放送 毎週土曜日 午後1時〜2時[Eテレ]

人生のさまざまな困難を乗り越えた人々の生き方をたどるNHKの長寿番組です。価値観が多様化し、生きる指針を失いがちな現代に、人類が築いてきた宗教・哲学・論理の世界・・・人は何に悩み、何を考えてきたのかを、人生の困難を乗り越えてきた人に体験を語ってもらい、数々の問題を抱える人々の心の闇に一筋の光を当てる番組です。

壁にぶつかった時、人々はどう生きる道を見いだすのか?単なる宗教の解説にとどまらず、先人たちの知恵や体験を通し、混迷の世を生き抜いていく手掛かりを探っていきます。

「こころの時代〜宗教・人生〜」の再放送は?

こころの時代〜宗教・人生〜」は、日曜日の早朝に放送されるので、見たくてもなかなか起きられない!という方が多いのではないでしょうか。でも、安心してください。土曜日のお昼すぎ(午後1時〜)から再放送されています。また、放送時間に制約されずに、好きな時に見たい!という方には、動画配信サービスがおすすめです。

1.放送から1週間以内なら「NHKプラス」で視聴!

NHKプラス」は、NHKの地上波放送の番組をインターネットで視聴できる無料の動画配信サービスです。放送中の番組を視聴できる「常時同時配信」と、放送後の番組を視聴できる「見逃し番組配信」があります。ただし、見逃し番組配信は放送日から1週間となります。

2.放送から1週間を経過したら「NHKオンデマンド」や「U-NEXT」で視聴!

こころの時代〜宗教・人生〜」の見逃し動画は、NHKオンデマンドユーネクストで配信される予定です。ただし、配信期間は約2週間となりますので、お見逃しなく!

.

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

なお、31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2020年8月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

こころの時代~宗教・人生〜「天上の響きに―左手のピアニスト・智内威雄」

放 送 2020年8月2日(日)午前5時〜[Eテレ]

再放送 2021年10月24日(日)午前5時〜[Eテレ]

放送前の予告

左手のピアニストとして活躍する智内威雄さん。彼はどのようにして左手のピアノ曲と出会い、「音楽のちから」に気づいていったのか。ピアノ演奏とともにお話をうかがう。

左手のピアニストとして活躍する智内威雄さん。超絶技巧で国際コンクールに入賞するなど、将来を嘱望されたが、25歳の時、難病「局所性ジストニア」を患い右手の演奏機能を失う。失意のどん底で出会ったのが「左手のピアノ曲」だった。智内さんはどのようにして「音楽のちから」と出会い、人を喜ばせる音楽を身につけていったのか。左手のピアノ演奏と共に、じっくりと話をうかがう。

【出演】ピアニスト…智内威雄
【きき手】岩槻里子

「こころの時代」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

なお、「こころの時代」の動画配信は放送日から約2週間となります。

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

智内威雄(ちない たけお)さんのプロフィール

1976年、埼玉県蕨市生まれ。東京音楽大学ピアノ演奏科コース卒業。大学在籍中にミラノにても研鑽を積む。日本では小林出氏と前島園子氏に、ミラノではアニータ・ポッリーニ氏とアダ・マウリ氏に師事。2000年、ドイツ・ハノーファー音楽大学に入学。E.S.ネックレベルク教授に師事。グリーグ国際コンクール入賞、マルサラ国際コンクール3位入賞。留学中に局所性ジストニアを右手に発症するが、スクリャービンの「前奏曲」と「夜想曲」、バッハ=ブラームスの「シャコンヌ」など左手の音楽世界と出会い、その分野の復刻普及を目指し「左手のピアニスト」として活動を開始する。芸術振興事業とともに教育福祉事業を手がけ、その活動が高く評価され07年に関西テレビ、13年にNHKがドキュメンタリー番組を制作・放送。16年に神戸アートアワード大賞受賞、17年にJasrac音楽文化賞を受賞する。18年には世界初となる左手のピアノ国際コンクールを主催する。現在は演奏活動とともに教育活動にも力を入れ東京音楽大学講師、そして一般社団法人ワンハンドピアノミュージック代表理事、「左手のアーカイブ」プロジェクト代表を務める。

※以下。インタビューより。

智内威雄とピアノの出会い

『僕の両親は、父は絵描き、母は声楽家と、少し特殊な家庭で育ちました。また母はピアノもしていたので、生まれる前からピアノが家にあったんです。物心つく頃にはすでに弾いていましたね。もはや生活の一部になっていました。学生時代はピアノを弾いて人に喜んでもらえたり、演奏者による曲の表現を知るのが楽しくて、ひたすら練習・研究に打ち込んでいました。両親も職業柄理解があり、ピアノの道を歩んだ事も自然なことだったと思います。』

局所性ジストニアをどのようにして乗り越えたのか?

『局所性ジストニアは簡単に言うと脳の誤作動の病気です。動かしたい部位が思い通りに動かせません。なんの病気かわかるまでは不安でしたが、診断された時はむしろ目標が見えて良かったと思いました。小さい頃から壁に立ち向かうのは慣れていましたしね。そこからは1日30分やればいいリハビリを6時間はしていました。

ところが、日常の動作が出来るまで回復はしたものの、演奏できるまでは戻らないとわかった時は、自分が空っぽになってしまったような感覚でかなり落ち込みましたね。それから他の楽器や声楽などにも挑戦しましたが、自分にはしっくりきませんでした。ですが恩師の支えでピアノに向き合うことができ、スクリャービンという作曲家の曲の表現力に改めて気づいたことで、左手のピアノについて調べるようになりました。そうしていくうちに、左手の演奏で、ピアノの世界で生きていこうと決心したんです。』

左手のピアノの魅力とは?

『音楽は本来、心の回復や癒しのために必要な素晴らしいものです。左手のピアノはその事を教えてくれます。通常のピアノ演奏との違いを言えば、両手は弾ける音の数が多い分、音が濁りやすい。左手だけだと、音が少ない分、響きをコントロールしやすい。響きでの表現がより豊かになるので、聴き手に行間を読ませることが得意なんです。文章で例えるなら、両手が小説のような長文で、左手が短歌のような短文でしょうか。素朴で深い魅力があります。』

「左手のアーカイブ」の活動内容は?

『左手のアーカイブは二つの柱があります。一つ目は左手のピアノの発掘・発展プロジェクト「レフトハンドピアノミュージック」。二つ目は教育プロジェクト「レフトハンドピアノレッスン」です。左手のピアノは本来とても歴史がある分野なのですが、忘れられ、埋もれてしまった曲がほとんどです。そして一流の演奏家が再帰を図るために作られた曲が多かったために、初級中級からステップアップする曲がほとんどないなど、広めるためには問題が山積みでした。そこでまずは曲を知ってもらうために、曲を音源化・映像化することからはじめました。またコンサートも開催し、世界でトップレベルの演奏家とコラボもしています。左手の演奏は障がいがあっても頑張っている、で終わるのではなく、ひとつの芸術として、感動出来るものにしていきたい。そして、後世に繋げていくために、片手の演奏を必要としている人に届けるためにも教育プロジェクトも平行して行い、初心者をはじめとする学習者への楽曲作り、発表会の開催もしています。』

智内威雄さんの著書

ピアノ、その左手の響き 歴史をつなぐピアニストの挑戦 [ 智内威雄 ]


ピアノ、その左手の響き 歴史をつなぐピアニストの挑戦 [ 智内威雄 ]

バッハ=ブラームスの行間、スクリャービンの希望、ラヴェルの華麗──。<br>三百年の歴史を持つ、知られざる豊かな響き、左手のピアノ音楽がよみがえる。<br><br>病によって、戦争によって、右手の自由を失ったピアニストたちが、<br>それでも表現することをあきらめずに<br>ひとすじの細い道をつないできた左手のピアノ音楽。<br>それはまったく新しい豊かな響きをピアノにもたらした。<br>多彩な音色と高い音楽性──片手演奏のイメージを180度変える希望の音楽である。<br><br>少年時代から人に音楽を聴かせることに喜びを見出していた若いピアニストは、<br>ジストニアの発症によって左手の音楽に目覚める──。<br><br>ETV特集「左手のピアニスト~もうひとつのピアノ・レッスン」をはじめ、<br>各種メディアで注目を集める’左手のピアニスト’が、<br>新しい響きを生みだすまでの歩みを縦糸に、左手音楽の歴史を横糸に、<br>はじめて書き下ろす、未知のピアノ体験。

[目次]
第0話 響きを創造するープロローグ/第1話 ピアノの下にゆりかごーピアノが子守歌だった幼少期/第2話 早朝練習とラジコン・マニュアルの日々-小学生のころ/第3話 没頭少年と疾走するピアノー思春期の挑戦/第4話 図書館が世界への扉だったー聴きまくり弾きまくる高校生/第5話 イタリアへ、ドイツへーピアニストへの道を選ぶ/第6話 ジストニアから学んだことー留学時代、難病から再起まで/第7話 左手のピアニストへの道のりー関西に移り住むまで/第8話 「左手のアーカイブ」の活動ーピアノのための道をつくる

Sponsored Links

RELATED POST