見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
真田丸

真田丸第37回「信之」のあらすじ・見どころ・名場面!見逃した方はコチラ!

真田丸第37回「信之」のあらすじ

関ヶ原の戦いは真田昌幸(草刈正雄)・信繁(堺雅人)親子の予想に反し、たった1日で徳川家康率いる東軍の勝利で決着します。昌幸と信繁は、信幸(大泉洋)に命を託して徳川に降伏します。信幸は、必死で徳川家康(内野聖陽)へ昌幸・信繁の助命嘆願を行い、本多忠勝(藤岡弘、)の助勢もありなんとか命だけは助けられ、高野山のふもと九度山への流罪と決まります。家康は、信幸に親・兄弟との縁を切る証として改名を命じ、信幸は「信之」と改名します。一方、大坂に立ち寄った信繁は、石田三成(山本耕史)と大谷刑部(片岡愛之助)の最期について聞かされます。また、徳川家康は、昌幸・信繁に対面して直接二人に流罪を言い渡します。そして、昌幸・信繁一行は高野山に向かいます。

見どころ・名場面

第37回「信之」では、真田一族の悔しさと家康の憎々しさが強調される場面が多くでてきます。勝者と敗者との関係はこういうものかと、改めて思い知らされます。私が、特に印象に残った名場面は次の4つのシーンです。

Sponsored Links

名場面1 信繁が昌幸を諫め、昌幸が悔しがる!

真田昌幸(草刈正雄)・信繁(堺雅人)は、上田において徳川秀忠軍に勝ちましたが、関ケ原の戦いで石田三成・大谷刑部らの西軍が惨敗してしまいます。その結果を聞かされても、なお、家康にひとあわ吹かせてやりたいと意気込む昌幸を信繁が負けを認めるように諫めるシーンが印象的です。戦に勝ったにもかかわらずクビをはねられるかも知れないことを覚悟のうえで降服せざるを得ないという決断を強いられた昌幸の悔しさは、計り知れないものがあります。草刈正雄の名演技にも注目です。

名場面2 信幸と忠勝が家康に除命嘆願!

真田信幸(大泉洋)は、父と弟の命を救うために大阪に行き、徳川家康(内野聖陽)・秀忠(星野源)親子を相手に助命嘆願をします。真田家の親子・兄弟の絆の強さに心打たれた本多忠勝(藤岡弘、)も一緒になって家康に頭を下げ、なんとか命だけは助かります。その直後、忠勝が、「殿(家康)に逆らったのはこれが初めてだ」と打ち明ける場面が印象的です。一本気で男らしい忠勝に心を打たれるシーンです。

名場面3 家康が信幸に改名を命じる!

昌幸・信繁親子の命は助かりましたが、家康は信幸に親・兄弟との縁を切る証として改名を命じます。その命を受け入れる時の、信幸の悔しい表情が印象的です。また、家康の憎々しさも増幅してきます。

名場面4 家康が昌幸・信繁に流罪を言い渡す!

昌幸・信繁親子が高野山へ立つ前、家康と直接対面し流罪となった理由を聞かされます。家康は、戦国の世の智将とも言われた昌幸・信繁親子から城・兵・武器を全て取り上げて「死」よりも辛い「生き地獄」を味合わせてやると言い捨てるシーンが印象的です。これほど、家康を憎々しく感じた場面はありません。内野聖陽が、この憎たらしい名演技を見せてくれます。

Sponsored Links

見逃した大河ドラマを見る方法

大河ドラマを見逃した方へ!

見逃した大河ドラマを見るには、U-NEXT(ユーネクスト)の動画配信サービスがオススメです。

U-NEXT(ユーネクスト)は、国内最大規模の動画配信サービスで、ドラマや映画など様々な動画が観れるんです。もちろん、大河ドラマ、朝ドラなどNHK番組も視聴できます。ただし、無料で見放題の番組、有料レンタル番組、NHKオンデマンドの動画配信サービスでしか見れない番組があるので、よくご確認ください。なお、U-NEXT(ユーネクスト)でNHK番組を見るには、毎月付与されるポイントを使ってNHKオンデマンドの動画配信サービスを契約する必要があります。ポイントを使えるので、追加の料金はかかりません。簡単な登録手続きで31日間の無料トライアルがお試しできます。(無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。)

つまり、たった1分ほどで簡単に登録できて、31日間は見逃したドラマや映画などが見放題です。31日以内に解約すれば料金はかかりません。それが、この無料トライアルです。

他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しいないようは、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

>> 朝ドラや大河ドラマ等のNHK番組を見るならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメ!

また、U-NEXT/ユーネクスト 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ!

↓↓↓↓↓

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2016年9月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。