見逃したテレビを見る方法
NHKドラマ

BS時代劇「立花登青春手控え」あらすじ・再放送・動画配信は?

240497FB-DEF7-4FA9-B754-D4C430419114

BS時代劇「立花登青春手控え」シリーズはU-NEXTで視聴できます!

「立花登青春手控え2」2021年1月9日より放送スタート!

見逃したBS時代劇「立花登青春手控え」シリーズの視聴は、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。現在、「立花登青春手控え」シリーズ全24話を配信中です。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。もちろん、「立花登青春手控え」以外のドラマやアニメ、映画、バラエティー番組などもたっぷり楽しめます。

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

BS時代劇「立花登青春手控え」

310C01E3-E7D2-4BE6-81FA-2E239B21293D

藤沢周平の代表的時代連作集「獄医立花登手控え」を連続ドラマ化!

小伝馬町の若き牢医者である立花登は、正義感が強く、柔術の腕も抜群。登は、一人前の医者になるために、叔父の小牧玄庵を頼り秋田から出てきた。多感な登にとって、牢医者の務めは実に刺激的。なぜなら仕事柄、牢の内外で起こるさまざまな事件やそれに関係する人物と深く関わることができるからだ。若き青年の登が、人間が持つ欲望、苦しみや悲しみ、希望に向き合い、持ち前の正義感と柔術の力で事件を解決していく姿を、爽やかに描く「青春時代劇」の決定版。

B0772634-4781-4754-B2BC-E234993490C7

これまでに、BSプレミアムでは「立花登青春手控え」「立花登青春手控え2」「立花登青春手控え3」が放送されてきました。

原作「獄医立花登手控え」/藤沢周平


春秋の檻 獄医立花登手控え(一) (文春文庫) [ 藤沢 周平 ]

医者になる夢を叶えるべく江戸に出た登を迎えたのは、はやらない町医者の叔父と口うるさい叔母、驕慢な娘ちえ。居候としてこき使われながらも、叔父の代診や小伝馬町の牢医者の仕事を黙々とこなしている。ある時、島流しの船を待つ囚人に思わぬ頼まれごとをするがー。若き青年医師の成長を描く傑作連作集。

雨上がり/善人長屋/女牢/返り花/風の道/落葉降る/牢破り

風雪の檻 獄医立花登手控え(二) (文春文庫) [ 藤沢 周平 ]

老賊/幻の女/押し込み/化粧する女/処刑の日

愛憎の檻 獄医立花登手控え(三) (文春文庫) [ 藤沢 周平 ]

秋風の女/白い骨/みな殺し/片割れ/奈落のおあき/影法師

人間の檻 獄医立花登手控え(四) (文春文庫) [ 藤沢 周平 ]

戻って来た罪/見張り/待ち伏せ/影の男/女の部屋/別れゆく季節

Sponsored Links

BS時代劇「立花登青春手控え」シリーズの見逃し動画配信は?

BS時代劇「立花登青春手控え」シリーズ全24話は、ユーネクストで視聴できます!

ユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」あるいは一作品を単品で購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年1月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

「立花登青春手控え」のあらすじ

第1話「雨上がり」

小伝馬町のろう屋敷に勤め始めた立花登(溝端淳平)。ろう内に急病人が出た。押し込み強盗で島送りが決まっている勝蔵(瀬川亮)である。しかし勝蔵の急病は登を呼び出すための仮病であった。登は勝蔵から内密の用件を頼まれる。それは、押し込みの主犯格の男・伊四郎から分け前の十両を受け取り、自分と夫婦になる約束をしたおみつ(水崎綾女)という女に渡すというものだった。熱心な男の訴えに同情し登は依頼を引き受けるが…。

第2話「善人長屋」

登(溝端淳平)に強く無実を訴えてくる吉兵衛(河相我聞)という囚人がいた。自分は人を殺(あや)めたがそれは正当防衛ではめられたのだという。盲目の娘がおり、気がかりでならないという。登は吉兵衛の娘・おみよ(荒川ちか)のいる長屋を訪ねる。その長屋は「善人長屋」と呼ばれるほど気立ての良い住人が住んでいるとのことだったが、登が吉兵衛の事件を調べなおしてゆくうちに、「善人長屋」に隠された裏の顔が見え始める…。

第3話「女牢(おんなろう)」

ある日登(溝端淳平)は、女牢の囚人の中に見知った顔を見つける。女は名をおしの(前田亜季)といい、登は江戸に出てきたばかりの頃に、玄庵(古谷一行)の代わりにその亭主・時次郎を診たことがあった。おしのは乱暴な亭主に耐えながら、かいがいしく世話を焼くような善人であった。診察を重ねる中で、登とおしのは互いにひかれるものを感じていた。もちろん表には出さなかった。おしのはその亭主殺しで入ろうしていたのだが…。

第4話「返り花」

汚職の嫌疑でろう屋敷に留置されていた小沼庄五郎という御家人が、差し入れの毒まんじゅうを食べて殺されかけるという事件が起きる。不審に思った登(溝端淳平)は、藤吉(石黒賢)らを使って事情を探る。毒まんじゅうを差し入れた小沼の妻・登和(マイコ)は、かつて恋仲だった井崎勝之進(比留間由哲)にそそのかされていた。そして登らは、井崎の背後に汚職事件の黒幕でもある松波佐十郎(梨本謙次郎)がいることを突き止める。

第5話「老賊」

登(溝端淳平)は、捨蔵(寺田農)という重病の老囚のことが気にかかっていた。ある日捨蔵は登に、娘を探してほしいと申し出る。しかし、おちかというその娘は、実は捨蔵の娘ではなく、捨蔵と守宮の助(温水洋一)という悪党が関わった強盗事件の目撃者であった。そうとは知らず、登はおちかの居場所を見つけ出し、その後をつけていた守宮はおちかを襲おうとするが。捨蔵は登を利用して守宮におちかの居場所を教えようとしたのか?

第6話「風の道」

登(溝端淳平)は叔母の松江(宮崎美子)から相談を受けていた。最近、娘のちえ(平祐奈)が男と夜遊びをして酒を飲んで帰ってくるという。相手の男に一度会ってほしいと松江は言う。一方、牢(ろう)屋敷では盗みの罪で捕まった鶴吉(林泰文)という男が連日拷問を受けていたが相棒の名前を明かさないでいた。登がなぜ口を割らないのか鶴吉を問い詰めると、相棒に女房のおなか(星野真理)を殺される危険があるからだという。

第7話「落葉降る」

飲みすぎたいとこのちえ(平祐奈)を迎えにいった途中、登(溝端淳平)は平助(徳井優)という知り合いの鋳物屋に会う。翌日、登が牢(ろう)屋敷に行くと平助が捕まっていた。平助はふだんから手癖が悪く何度か牢に入れられているが、今回は落ちた財布を盗んで捕まったのだった。平助にはおしん(大後寿々花)というできの良い娘がいて、清吉という男との祝言を控えていた。そんな折、おしんが襲われるという事件が起きる。

第8話「牢(ろう)破り」(最終回)

登(溝端淳平)のいとこで、小牧家の一人娘・ちえ(平祐奈)は奔放な性格で、今夜も母の松江(宮崎美子)を悩ませていた。夜遊びをしてまだ帰ってこないという。そんな折、登の前に現れた男が、ちえを誘拐したという。牢(ろう)内にいるある囚人に、牢破りのためののこぎりを渡せと脅してきたのだ。岡っ引きの藤吉(石黒賢)や親友の新谷(高畑裕太)らの手を借りて、登はちえの奪還に向かう。

「立花登青春手控え2」のあらすじ

第1話「片割れ」

叔父・小牧玄庵(古谷一行)と叔母・松江(宮崎美子)が留守の日、登(溝端淳平)といとこのちえ(平祐奈)は、腕を怪我(けが)した人相の悪い男(木村祐一)の手当てをする。数日後、牢(ろう)屋敷ににん傷をこじらせた囚人・与吉(津田寛治)が運ばれてくる。与吉は二人で米屋に強盗に入り捕まった。登は先日の人相の悪い男が、与吉の相棒ではないかとひそかに疑いを持つ。するとある日、素性の知れない何者かに登は襲われる。

第2話「幻の女」

牢(ろう)屋敷に、はやり病の疑いのある巳之吉(忍成修吾)という男が送られて来る。巳之吉は、吟味が終わり近く島送りになる身。なぜか突然登(溝端淳平)に、幼なじみのおこま(朝倉あき)のことを打ち明ける。おこまの消息はわからなかった。巳之吉におこまを会わせようとその行方を捜す登。おこまは亡くなった親の借金を返すため、住まいを変え、また職も変えていた。しかも、どうも悪事に加担しているといううわさがあった。

第3話「化粧する女」

金品を強引に借りた罪で捕まった畳職人の房五郎(岡田義徳)が、連日与力の高瀬からしつような拷問を受けていた。登(溝端淳平)は、処分が決まったのに高瀬が拷問するのはおかしいと、やめさせようとするが、別の強盗の罪を暴くために拷問しているようなのだ。登が真相を探ると、房五郎の妻・おつぎ(玄理)がグルであるとの疑いが。おつぎに会いに行く登。しかし、おつぎは地味でとても悪事を働くような女ではなかった。

第4話「押し込み」

とうがらし売りの源次(和田正人)、湯屋の釜番の金平(ラサール石井)、元せった問屋の若旦那・保次郎の三人が足袋屋の川庄に押し込み強盗をしようとしていた。源次は同じ長屋に住む独り者で病弱なおしづ(笛木優子)を不幸にした川庄に、おしづに代わって復しゅうするつもりだった。押し込みの日が迫ったある日、盗みでろうに入れられた金平から登(溝端淳平)は三人の企てを聞く。ところが計画を脅かす重大事が起きていたのだ。

第5話「みな殺し」

二か月ばかりの間に、本所・深川の一帯で屈強な男たちが次々変死する事件が起きる。そんな折、登(溝端淳平)は、牢(ろう)で一人の囚人の不審な死に立ち会う。死んだのは研ぎ屋の芳平。登は病死として処理するが、岡っ引きの藤吉(石黒賢)が、登のところにやって来て詳しく事情を聞いてくる。変死事件との関わりを疑う藤吉。話をするうちに芳平殺しの犯人が、まだ牢内にいるのではないかと登は考え、調べ始めると…。

第6話「見張り」

登(溝端淳平)は、町なかで具合の悪そうな女・おとし(富田靖子)と出会う。おとしの亭主・酉蔵(浅野和之)は傘張り職人だったが、酒飲みの怠け者で、おとしは一膳飯屋で働かざるを得なかった。そんなある日、登は牢(ろう)の囚人から押し込み強盗の計画を聞く。押し込みを企む連中は酉蔵に見張りを頼もうとしているらしい。おとしを心配する登は、酉蔵におとしが死にそうだとうそをつく。すると、慌てた酉蔵がある行動に出る。

第7話「待ち伏せ」

牢(ろう)から解き放ちになった男が殺される事件が相次ぎ起きる。次に解き放ちになる馬六(田山涼成)が危ないと考える登(溝端淳平)。そんなやさき叔父の玄庵(古谷一行)が倒れ、松江(宮崎美子)とちえ(平祐奈)から頼りにされる。数日後、馬六が解き放ちに。実は、嫁いだ馬六の娘・おかつが、一人暮らしの馬六を引き取ろうとしていた。藤吉(石黒賢)の助けを借りて馬六を守ろうとする登。しかし不審な男たちに襲われる。

第8話「処刑の日」(最終回)

妾(めかけ)を殺した罪でとらわれている商家の主人・大津屋助右衛門(国広富之)。娘のおゆきは、父が犯人ではないと登(溝端淳平)に訴える。そんなある日、ちえ(平祐奈)が、助右衛門の妻と手代の新七が親しげに一緒にいるところを目撃、登に知らせる。不審に思った登は、南町奉行所に働きかけ、調べ直しを開始する。刻一刻と近づく助右衛門の処刑の日。果たして登は真相をつかむことができるのか?

「立花登青春手控え3」のあらすじ

第1話「奈落のおあき」

牢(ろう)屋敷の獄医・立花登(溝端淳平)は知り合いのおあき(樋井明日香)から入牢している伊勢蔵(深水元基)の面倒を見て欲しいと頼まれる。囚人の嘉吉(水澤紳吾)からは病気の娘の診察を懇願され、娘が住む長屋へ往診に出かけた。娘の命が助かった礼に盗賊の子分が牢内にいると登に密告した嘉吉だが、間もなく死体となって発見された。登は放免されたばかりの伊勢蔵が怪しいと考え、岡っ引きの藤吉(石黒賢)に探索を頼む。

第2話「秋風の女」

登(溝端淳平)は牢(ろう)屋敷の下男・佐七(中島広稀)が女囚のおきぬ(黒川芽以)と良い仲なのを知り注意するが、佐七は悪びれた様子もなくその忠告を無視する。おきぬのことが気になった登が調べてみると、彼女は男のために盗みを働いて捕まったらしいと分かる。そんな時、佐七が牢内のおきぬに頼まれ彼女の長屋に行って何か証文のようなものを持ち出した。そのあとを登と藤吉(石黒賢)が尾行すると凶悪そうな男が現れた。

第3話「白い骨」

登(溝端淳平)はもうすぐ釈放になる囚人・辰平(きたろう)の病状が心配で、別れた女房のおむら(渡辺梓)を訪ね、面会に来てほしいと頼み込んだ。放免になった辰平は登のおせっかいのおかげで女房とよりを戻す決心をした。だが、ひとつきもたたないうちに辰平が殺されたと囚人仲間の弥次郎(小林隆)が現れる。辰平は入牢(ろう)中の富蔵から五両の駄賃で牢外の人間に伝言を頼まれたらしい。怒りに燃えた登は犯人を追いつめる。

第4話「影法師」

登(溝端淳平)は包丁で人を刺した罪で牢(ろう)に入っているおちせ(川添野愛)に、たびたび見舞いの品を差し入れる杉蔵(落合モトキ)という男を気にかけていた。おちせと杉蔵がそのうち所帯を持てば良いと考えていたが、放免になったおちせは杉蔵の元へ現れず行方をくらませてしまう。おちせが傷害事件を起こした原因が母の死にあると知った登は、その行方を懸命に探す。すると彼女が初老の男と一緒に暮らしていると分かり…。

第5話「影の男」

大坂に医学修業へ行かせてもらえると、ちえ(平祐奈)から聞かされた登(溝端淳平)はうれしく思うが大金がかかるから無理だと諦めた。喜八(松田悟志)という囚人が登に盗みの罪で入牢(ろう)中の甚助(小宮孝泰)は無実だと告げる。気になった登が岡っ引きの藤吉(石黒賢)に頼み調べてみると、房吉(仁科貴)という男が真犯人ではないかと浮かんできた。だが房吉が水死体で発見され、その女房のおつな(宮地真緒)が疑われる。

第6話「女の部屋」

登(溝端淳平)は大黒屋の女主人おむら(中山忍)から牢(ろう)屋にいる手代の新助(篠田光亮)に言づてを頼まれた。新助は槌屋という大だなの主人が、おむらを手ごめにしようとしたのを止めに入り誤って槌屋を殺してしまったのだ。登の大坂行きにショックを受けて落ち込むちえ(平祐奈)を見て登は二人の将来について真剣に考え始める。槌屋殺しに大金が動いていたことを知った登は、おむらを訪ね真相を明らかにしようとする。

第7話「別れゆく季節」(最終回)

登(溝端淳平)は兼吉(金井勇太)という囚人から、盗賊一味が親分の敵討ちと言って、登とおあき(樋井明日香)の命を狙っていると聞いて驚く。小牧家では登が大坂へ旅立つ前に、ちえ(平祐奈)と仮祝言をさせようという話が持ち上がっていた。登はおあきを心配して様子を見に行ったその帰り道、怪しい男たちから襲撃を受けるが得意の柔術で難を逃れる。ところが同じ頃におあきが何者かにさらわれ、登のもとに脅迫状が届いた。

BS新春時代劇「立花登青春手控えスペシャル」のあらすじ

大坂で蘭(らん)方医学を学んだ立花登(溝端淳平)が江戸へ帰ってきた。帰途、登は道で苦しんでいる女・おすま(西原亜希)を介抱する。おすまは料理茶屋で酌婦をしており、幼い娘と二人暮らし。登は五歳になる娘・おようが口をきけないことに不審を抱く。実はおようは人殺しの現場を見たショックで声を失っており、そのため下手人も特定できなかった。婚約者のちえ(平祐奈)を待たせたまま登は事件にのめりこんでゆく。

 BS時代劇「立花登青春手控え」全24話を視聴するならユーネクストで!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

RELATED POST