見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
NHKドラマ

韓国ドラマ「不滅の恋人」の再放送・あらすじ・キャストは?

B236F785-5B9E-4226-80E9-DA557E3B3847

韓国ドラマ「不滅の恋人」

放送 2019年3月3日(日)スタート
   毎週日曜日 午後9時~・全20回[BSプレミアム]

E2459016-AA9D-4C8C-BF2A-613E97391DB9

2人の大君(テグン)が愛したのは―― ただ1人の女性だった!

15世紀に実在した首陽(スヤン)大君と弟、安平(アンピョン)大君の対立をモチーフに、1人の女性をめぐるラブストーリーを軸にした、新たな物語がドラマチックに描く。

大君(テグン):王妃の産んだ王子の称号

王座に就くはずのなかった2人の大君。弟イ・フィは初恋の人チャヒョンと静かに暮らすことを望んでいたが、兄イ・ガンの野望が、国や愛する人々の命運を変えていく。15世紀に実在した首陽(スヤン)大君と弟、安平(アンピョン)大君の対立をモチーフに、1人の女性をめぐるラブストーリーを軸にした新たな物語をドラマチックに描く。2人に愛される純粋で芯の強いヒロインを演じるのは、『オクニョ 運命の女(ひと)』のチン・セヨン。

あらすじ

朝鮮王朝時代。国王と2人の大君イ・ガンとイ・フィの三兄弟。次男のチニャン大君ことイ・ガンは、幼いころは、病弱な長男の王位継承をおびやかさぬよう宮廷を出され、家族と離れて育った。一方、三男のウンソン大君ことイ・フィは、端正な顔立ちで心優しく、芸術の才能もあり、誰からも愛されていた。次男のイ・ガンは、宮中で育った優秀な弟と比べられ、軽視されることがくやしかった。朝廷の重臣の美しい令嬢チャヒョンは、絵を描くことが大好きなおてんば娘。ある日、花嫁修業を抜け出していたとき、偶然イ・フィと出会い、2人は恋に落ちる。なんと、兄イ・ガンもチャヒョンを気に入るが、彼女が選んだのはイ・フィだった。

やがて、国王の病が悪化し、イ・ガンは王位継承者である幼い甥(おい)から王座を奪って、すべてを手に入れようと動き出す。そう、弟の恋人チャヒョンさえも…。命を何度も狙われるようになったイ・フィ。愛するチャヒョンと甥を守るため、兄との闘いを決意するのだった。

Sponsored Links

「不滅の恋人」の主な登場人物・キャスト

イ・フィ/ウンソン大君役 ユン・シユン

※先王の三男

2AB394B1-0E24-43E2-95F8-807997A44EEB

1986年9月26日生まれ。2009年にドラマ『明日にむかってハイキック』でデビュー。2011年の主演ドラマ『製パン王キム・タック』で大人気になる。ドラマ『となりの美男<イケメン>』『魔女宝鑑 ~ホジュン、若き日の恋~』や映画『Mr.パーフェクト』などに出演。2018年のドラマ『親愛なる判事様(原題)』では双子の兄弟を1人2役で演じた。テレビではドラマ以外にも人気バラエティー番組のレギュラーとして活躍中。

チャヒョン役 チン・セヨン

※ソン・オクの娘

64E35B5B-83CF-49B0-9307-C6A14DD2E19F

1994年2月15日生まれ。2010年にドラマ『大丈夫、パパの娘だから』でデビュー。2011年『私の娘コンニム』で主役に抜擢され、SBS演技大賞ニュースター賞を受賞。ほかにドラマ『オクニョ 運命の女(ひと)』の主演をはじめ、『蒼のピアニスト』『ドクター異邦人』や映画『愛の言葉』『オペレーション・クロマイト』などに出演。2019年に韓国で放送予定のドラマ『アイテム(原題)』ではプロファイラー役を演じる。

イ・ガン/チニャン大君役 チュ・サンウク

※先王の次男

E5AB9265-540A-4C4B-985D-29569AB9F6F1

1978年7月18日生まれ。1998年の『新世代報告 大人たちは知らない(原題)』、1999年の『きみの夢を広げろ(原題)』などで俳優として活動を始める。2010年のドラマ『ジャイアント』でSBS 演技大賞ニュースター賞を受賞。ドラマ『善徳女王』『10 TEN』『グッドドクター』、映画『妻が結婚した』『報復者』『朝鮮美女三銃士』など数多くの作品に出演。

ナギョム役 リュ・ヒョヨン

※チャヒョンの友人

317F4B03-8659-4701-8E67-ADFA4A595738

1993年4月22日生まれ。2010年のドラマ『ジャングル・フィッシュ2』で俳優デビュー。『最高の愛 ~恋はドゥグンドゥグン~』『ゆれながら咲く』などに出演。2016年のドラマ『黄金のポケット』ではヒロインを演じた。K-POPグループ「男女共学」および「5Dolls」のメンバーとしても活動していた。

ルシゲ役 ソン・ジヒョン

※女真族の娘

BF88E6C9-3D8E-47AE-8858-218A81DAC8F7

1990年1月9日生まれ。2009年にK-POPグループ「4Minute」のメンバーとしてデビュー。2010年のドラマ『大丈夫、パパの娘だから』にてナム・ジヒョン名義で俳優デビュー。ほかにドラマ『千回のキス』や『マイ・リトル・ベイビー』、オムニバス映画『レディアクション -4つの青春-』などに出演。

パク・キトゥク役 ジェホ

※イ・フィの側近

BF822AC2-4338-411A-8B76-68DDADDBB357

1992年6月21日生まれ。2017年のドラマ『王は愛する』や2018年の『忘れられた季節』に出演。中国ドラマや映画に出演経験がある。最新の出演作は2018年撮影の映画『誕生日(原題)』『バッドガイズ-悪い奴ら-:ザ・ムービー(原題)』 。

ヨギョン役 チュ・スヒョン

※芸妓

A37397D7-3724-499F-9858-9827F067A48E

1988年3月5日生まれ。2013年のドラマ『7級公務員』に出演後、2014年の『カプトンイ 真実を追う者たち』で注目される。ほかにドラマ『ピノキオ』『君を愛した時間~ワタシとカレの恋愛白書』『王は愛する』などに出演。

Sponsored Links

韓国ドラマ「不滅の恋人」の再放送・見逃し動画配信は?

韓国ドラマ「不滅の恋人」の再放送・見逃し動画配信については未定です。でも、これまでの韓国ドラマのように、NHKオンデマンドやユーネクストで見逃し動画配信される可能性があると思います。期待しましょう!

現在は、ユーネクストで韓国ドラマ「不滅の恋人」は配信されておりませんので、ご留意ください。

見逃したNHK番組を見る方法

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」あるいは一作品を単品で購入することができるんです。

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2019年1月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

各放送回のあらすじ

第1回 2019年3月3日放送

朝鮮王朝時代。国王が危篤に陥る。王の息子はまだ幼く、王の母、大妃(テビ)は後継者争いを恐れていた。王の弟イ・ガンは、王座に就く絶好の機会だと宮殿に向かう。一方そのころ、数年前に遠方で戦死したはずの王の末弟、イ・フィが人知れず帰還し、また宮殿に向かっていた。時はさかのぼり、先王の時代。先王には3人の息子がいたが、次男イ・ガンは、病弱な長男の王位継承の脅威とならぬよう、幼いときから宮廷の外で育った。

第2回 2019年3月10日放送

イ・ガンとイ・フィは青年になり、2人の兄イ・ヒャンが国王になっていた。朝廷の重臣の娘チャヒョンは、絵を描くことが大好きなおてんば娘。花嫁修業を抜け出して行った店で、ずっと欲しかった貴重な青色の顔料を見つけるが、売るのを拒む店主ともみ合いになり、顔料をこぼしてしまう。チャヒョンが法外な代金を要求され困っているところに、ちょうどイ・フィが現れ、助けてくれたが…。

第3回 2019年3月17日放送

馬上で行う球技「撃毬(キョック)」の試合は、兄イ・ガン側の勝利で終わる。この試合を親に無断で見に来ていたチャヒョンは兄に見つかり、イ・フィの控室に逃げ込むが、ちょうどイ・フィが戻ってきてしまう。使用人の服装のチャヒョンを見て怪しむイ・フィ。そのイ・フィの部屋にチャヒョンがいたのを目撃したイ・ガンは、彼女が重臣ソン・オクの娘だと調べ、勝利の宴(うたげ)をソン・オクの屋敷で開かせることに。

第4回 2019年3月24日放送

国王の側室がひそかに息子を出産する。王の母、大妃(テビ)は、側室を王妃に格上げし、ゆくゆくは息子を正式な世継ぎに定めるよう重臣に伝える。イ・ガンを世継ぎにしたい伯父のヤンアン大君(テグン)は、ある策を講じることに。チャヒョンが気になるイ・フィは、彼女が傷の手当てをしてくれた手拭いに花の絵を描き、欲しがっていた青色の顔料を添えて届ける。だが、返事がないので、今度は馬の絵の描き方を教えると彼女を誘う。

第5回 2019年3月31日放送

イ・ガンの船から川に飛び込んだチャヒョン。彼女を助けたイ・フィは、ついに自分の思いを告白する。イ・フィは兄イ・ガンに、チャヒョンに手を出すなと告げる。だが、嫉妬したイ・ガンのチャヒョンを手に入れたいという思いは強まっていく。イ・ガンとナギョムの祝言の日が訪れる。花嫁の友人として出席していたチャヒョンは、そこでイ・フィが王の弟、大君(テグン)だと知ってしまう。もてあそばれたと感じたチャヒョンは…。

第6回 2019年4月7日放送

女真族が北方を襲撃したという知らせが届くなか、国王が倒れてしまう。世継ぎの座を狙うイ・ガンは、王の幼い息子を退ける絶好の機会だと動く。イ・ガンの一派の重臣が、王に代わって頼れる世継ぎをすぐに定めるべきだと声を上げる。イ・ガンをけん制する王の母、大妃(テビ)は、やむをえず弟イ・フィを一旦世継ぎに定めようと考えるが…。一方、チャヒョンは、イ・フィの花嫁候補として、大妃にあいさつに行く準備をしていた。

第7回 2019年4月14日放送

女真族を鎮圧しに北方へ向かったイ・フィと討伐隊。チャヒョンは出発までに完成しなかった手縫いの綿入れをイ・フィに渡すため、なんと兵士に変装して一行についていく。途中の野営地の一角で、こっそり綿入れを縫い続けていたチャヒョン。怪しい兵士がいると思ったイ・フィは…。チャヒョンの母は娘が討伐隊について行ったと気づき、あわてて夫に報告。ちょうどその場にいたイ・ガンが、自分がチャヒョンを連れ戻すと申し出る。

第8回 2019年4月21日放送

女真族との交渉に行ったイ・フィだが、味方の軍が攻撃を始めてしまう。女真族の長と裏取り引きをした伯父ヤンアン大君(テグン)のワナだったのだ。敵に捕らえられそうになったイ・フィたちは、女真族の娘ルシゲの手引きでなんとか逃げ出すが…。討伐隊が凱旋。ヤンアン大君は、血の付いたイ・フィの服を王と大妃(テビ)に見せ、イ・フィは戦死したと偽りの報告をする。イ・ガンからイ・フィの死を聞かされたチャヒョンは…。

第9回 2019年4月28日放送

イ・フィが北方で戦死したとされて3年が経過。都では国王が倒れ危篤だが、王の息子はまだ幼い。イ・ガンは、今こそ王座に就く絶好の機会だと宮殿に向かう。そのころ、やっとの思いで帰還したイ・フィは宮殿へ。だが、ボロボロの姿の男が、戦死したはずのイ・フィだと護衛が信じるわけもなく中へ入れない。イ・フィは、なんとか母である大妃(テビ)に生存を伝える策を練る。一方、チャヒョンは別の王族との祝言を迫られていた。

第10回 2019年5月5日放送

イ・フィは、女真族と裏取引きをした証拠の書状があると兄イ・ガンに告げ、即位する幼い王のために尽くすならば、その件は表沙汰にしないと迫る。大妃(テビ)はイ・フィの進言を受け、世継ぎの王への即位式を早める。さらにイ・フィを武官の長に就かせ幼い王を守らせることに。やがて、イ・フィとチャヒョンの祝言の日が決まる。準備が進むなか、その裏でイ・ガンの一派は、謀反を起こしてイ・フィを陥れようとたくらんでいた。

第11回 2019年5月12日放送

イ・フィとチャヒョンの祝言の日に謀反が起きた。イ・フィは幼い王の身を案じ、宮殿に向かう。刺客のひとりが謀反の首謀者は王座を狙うイ・フィだと自白するが、チャヒョンは信じられない。イ・ガンはチャヒョンの父ソン・オクに、家族を救うためには、イ・フィを逆賊として告発すべきだと迫る。宮殿に着いたイ・フィは、王の居所に煙が出ているのを発見し、すぐに王を連れ出す。だが、そこにイ・フィを捕らえに来た兵が現れて…。

第12回 2019年5月19日放送

逆賊として投獄されたイ・フィ。牢(ろう)まで会いにきたチャヒョンに、望みを捨ててはならないと告げて励ます。チャヒョンはイ・ガンに会い、自分を捧げるのでイ・フィを助けてくれるよう頼む。朝廷の重臣たちは、イ・フィを死罪にするよう、大王大妃(テワンテビ)に訴える。イ・ガンは母である大王大妃の苦しみをくみ、流刑にとどめると決める。だが、その決断の裏には、別のたくらみもあったのだ!

第13回 2019年5月26日放送

チャヒョンは監視の目をかいくぐり、ルシゲとともにイ・フィのいる流刑地の島へ向かう。イ・ガンの手下オ・ウルンは、島の監督官ト・ジョングクに、「イ・フィが逃亡を図ったのを兵が阻止した」という筋書きで暗殺する計画を明かす。その夜、すでに島からの脱出を決意していたイ・フィたちは、オ・ウルンらの襲撃の一足先に家を抜け出していた。敵に追われながら逃げるが、イ・フィはついに崖の上に追いつめられてしまう。

Sponsored Links

RELATED POST