見逃したテレビを見る方法
NHKドラマ

NHK土曜ドラマ「ノースライト」のキャスト・あらすじ・再放送・動画配信は?

土曜ドラマ「ノースライト」

放送 2020年12月12日(土)・19日(土)<全2回>
   土曜日 午後9時〜10時13分[NHK総合]

「あなた自身が住みたい家を建てて下さい」
そんな願ってもない依頼に、建築士・青瀬稔は全力で応えた。
しかし、完成した家に、依頼人の家族は越してこなかった。
一家はどこへ消えたのか?

NHKのドラマ化でも好評を博した『クライマーズ・ハイ』『64』。「組織と個人」をテーマに社会に鋭く切り込んできた日本を代表する作家・横山秀夫氏が、一級建築士を主人公に、「家族」をテーマとして誕生させた傑作ミステリーをお届けします。

  • 原作 横山秀夫『ノースライト』
  • 脚本 大森寿美男
  • 音楽 稲本響
  • 出演 西島秀俊、北村一輝、田中麗奈、伊藤淳史、林泰文、寺脇康文、宮沢りえ ほか
  • 制作統括 佐野元彦(NHKエンタープライズ) 長谷川晴彦(ロボット) 訓覇圭(NHK)
  • 演出 笠浦友愛(NHKエンタープライズ)

あらすじ

「あなた自身が住みたい家を建てて下さい」それが依頼人・吉野陶太(伊藤淳史)から、建築士・青瀬稔(西島秀俊)に託された唯一の注文だった。建築士にとっては創作意欲をかきたてる願ってもない仕事であった。バブルが弾けて以降、妻・ゆかり(宮沢りえ)とも別れ、流れ作業のような仕事に身を任せていた青瀬にとってはなおさらだった。

建築予定地は信濃追分。青瀬は所長・岡嶋昭彦(北村一輝)の応援を受け、すべての思いを託した家を完成させた。依頼人・吉野陶太の家族も満足そうであった。

だが、その一年後、依頼人・吉野陶太が、家族と共に、その吉野邸に移り住んでいないまま放置されていることが発覚する。部屋の中にあるのは、ブルーノ・タウトゆかりの椅子だけ。吉野一家に、一体、何が起こったのか?所長である岡嶋が隠していることは?そして、この出来事に、ゆかりは関わりがあるのか?

Sponsored Links

原作本『ノースライト』/横山秀夫


ノースライト [ 横山 秀夫 ]

横山ミステリー史上、最も美しい謎。熱く心揺さぶる結末。『64』から六年。平成最後を飾る長編、遂に登場。一級建築士の青瀬は、信濃追分に向かっていた。たっての希望で設計した新築の家。しかし、越してきたはずの家族の姿はなく、ただ一脚の古い椅子だけが浅間山を望むように残されていた。一家はどこへ消えたのか? 伝説の建築家タウトと椅子の関係は? 事務所の命運を懸けたコンペの成り行きは? 待望の新作長編ミステリー。

一級建築士の青瀬は、信濃追分へ車を走らせていた。望まれて設計した新築の家。施主の一家も、新しい自宅を前に、あんなに喜んでいたのに…。Y邸は無人だった。そこに越してきたはずの家族の姿はなく、電話機以外に家具もない。ただ一つ、浅間山を望むように置かれた「タウトの椅子」を除けば…。このY邸でいったい何が起きたのか?

著者 横山秀夫(よこやま ひでお)

1957年東京生まれ。新聞記者、フリーライターを経て、1998年「陰の季節」で松本清張賞を受賞し、作家デビュー。2000年「動機」で日本推理作家協会賞受賞。2012年刊行の『64』は各種ベストテンを席巻し、英国推理作家協会賞インターナショナル・ダガー最終候補にも選ばれた

土曜ドラマ「ノースライト」の再放送・見逃し動画配信は?

未定。分かり次第、ご案内します。

RELATED POST