見逃したテレビを見る方法
NHKドキュメント72時間

ドキュメント72時間「東京・小金井 街角の水くみ場で」の見どころ・再放送・動画配信は?

見逃した「ドキュメント72時間」はユーネクストで視聴できます!

「ドキュメント72時間」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「ドキュメント72時間」は放送日の翌日からU-NEXTで配信予定です!
また、「ドキュメント72時間」の過去150本以上の作品もU-NEXTで配信中です!

↓ ↓ ↓

 

さらに、U-NEXTでは、31日間無料トライアルで210,000本以上の
見放題作品が全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「ドキュメント72時間」ってどんな番組?

この番組は、毎回ある1つの場所で72時間、つまり丸3日間に渡ってカメラをすえて取材を行い、そこで見られるさまざまな人間模様を定点観測するという趣向のドキュメンタリー番組です。放送は、NHK総合 夜10時50分から11時19分(29分間)です。

ひとつの場所に72時間ものあいだずっと人々を眺めていたら、何が見えてくるのでしょうか?どんなことに出会えるのでしょうか?同じ時代の同じ瞬間に同じ空の下でたまたま居あわせた人たち。みんな、何を考えて、どんな事情を抱えて、何をしようとしているのでしょうか?そこには、きっと、それぞれの人生を懸命に生きている人たちの予想もしないドラマがあるに違いありません。山田五郎さんや鈴木おさむさんがこの番組の熱烈のファンだというのも頷けるような気がします。

番組テーマ曲: 松崎ナオ 「川べりの家、」

番組のエンディングで流れるこの曲もファンが多いようです。CDは楽天市場でご購入いただけます。


川べりの家 [ 松崎ナオ ]

松崎ナオは、シンガー・ソングライター、ロックンローラー(1976年東京生まれ)。まっすぐに響く言葉を、たおやかな声に乗せて、よく鳴らしたギターと共に歌う。実は稀代のメロディー・メーカーでもある。1998年デビュー。これまでに9枚のアルバムを発表。愛ある音楽をテーマに活動中。

番組エンディングテーマ曲「川べりの家、」は06年アルバム「Flower Source」で発表した楽曲を、今回番組のために再録音したもの。番組内のオリジナルサウンドも手掛けている。

Sponsored Links

「ドキュメント72時間」の再放送・見逃し配信は?

「ドキュメント72時間」の再放送は、翌週土曜日午前11時25分からです。

でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。

1.放送から1週間以内なら「NHKプラス」で視聴!

NHKプラス」は、NHKの地上波放送の番組をインターネットで視聴できる無料の動画配信サービスです。放送中の番組を視聴できる「常時同時配信」と、放送後の番組を視聴できる「見逃し番組配信」があります。ただし、見逃し番組配信は放送日から1週間となります。

2.放送日の翌日から「NHKオンデマンド」や「U-NEXT」でも視聴できます!

見逃した「ドキュメント72時間」の動画は、NHKオンデマンドユーネクストで配信されています。これなら、いつでも見たい時に見ることができます。

2021年12月10日に放送されたドキュメント72時間「東京・小金井 街角の水くみ場で」の動画は現在、ユーネクストで配信中です。

また、ユーネクストでは今回放送された作品のほかに、過去に放送された150回分以上の作品がご覧になれます。過去のバックナンバーはコチラからご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

.

>> ドキュメント72時間の再放送・見逃し動画を見る方法!配信中のバックナンバーは?

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年12月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ドキュメント72時間「東京・小金井 街角の水くみ場で」

放送 2021年12月10日(金)午後10時45分〜[NHK総合]

放送前の予告

東京・小金井市の「水くみ場」利用する人たちの思いとは

天然の地下水が出る、地域の「水くみ場」が舞台。東京・小金井市のマンションの合間、目立たぬ場所だけど、次から次へと水をくむ人が来る。ペットボトルを大量に持参する地元の女性。母親から頼まれたと片手にやかんを持つ近所の大学生。近くの八百屋は、大鍋での総菜作りにここの水を使っている。良質な地下水がわくというこの地域。わざわざ水をくみに来るそれぞれの事情は何なのか。3日間、街角の水くみ場で耳を傾ける。

【語り】吹石一恵

六地蔵のめぐみ黄金(こがね)の水

「六地蔵のめぐみ黄金(こがね)の水」とは、小金井市中央商店街の裏にある「六地蔵」の井戸から汲み上げられた天然水のこと。「小金井」という地名は、「黄金(こがね)の水」が湧き出る井戸が多くあることに由来します。小金井市は水が豊富なことで知られ、市内には井戸が多数あり、緑地や神社には地下水が湧出する池がいくつも存在しています。2004(平成16)年、小金井市中央商店街協同組合は地域活性化の一環として、組合が管理していた六地蔵の敷地に地下約100mの深井戸を掘りました。そして、2006(平成18)年から、一般の人々への地下水の提供を開始しました。「六地蔵のめぐみ黄金の水」という名は公募によって決まったものです。

黄金の水の硬度は145mg/Lなので、中硬水であり、軟水が多い日本の水としては珍しく硬度が高めです。硬度の高さゆえにあまり石鹸は泡立たず洗濯には向きませんが、お茶には最適な水として茶道家から高い評価を得ています。 浸透力と抽出力が高いことから、素材の味を引き出してくれるので料理にも適しています。

商店街には、「黄金の水」で淹れたコーヒーを提供するカフェや、「黄金の水」を用いて作ったフルーツゼリーやパン、蕎麦を味わえる商店があります。黄金の水を使っている店には、目印として六地蔵が描かれたペナントが掲げられています。

黄金の水は、利用者が安心して飲むことができるように、1年に2回水質検査が行われています。水汲み場には水質検査表も張り出されています。

東京・小金井市の「水くみ場」で出会った人たち

  • 飲み水として使っている。専用のカギが必要になるという。カギは近くの文房具店で500円で販売している。
  • 毎日、水をくみにくるという女性。
  • 母に頼まれてヤカンを持って水をくみに来た男性。
  • 週いちでくみにくる男性。
  • コーヒーやお茶をいれるときに使っている。最近は母親の代わりに水をくみに来ている。
  • 隣の府中市から通っている男性。水には思い入れがあるという。
  • 4月に引っ越してきて、カギ(蛇口)を買ったばかりだという親子。
  • 鍋をかかえてやってきた八百屋の店主。カブのスープを作るという。脱サラして5年前に念願のお店を持った。
  • ご夫婦で水を汲みに来た。17年前から通っている。
  • 里芋を煮ようと思って水を汲みに来た男性。認知症の母の世話をしてくれている妻にせめて手料理を食べさせたい。

「ドキュメント72時間」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

RELATED POST