見逃したテレビを見る方法
NHKドキュメンタリー

「Trails to Oishii Tokyo(おいしい東京)」の見どころ・再放送・見逃し動画配信は?

「Trails to Oishii Tokyo」の動画は、ユーネクストで視聴できます!

「Trails to Oishii Tokyo(おいしい東京)」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。もちろん、NHK番組以外のドラマやアニメ、映画、バラエティー番組などもたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「Trails to Oishii Tokyo(おいしい東京)」ってどんな番組

放送 毎週火曜日 午後2時〜2時30分[BS1]

世界中の食材が集まる東京の市場を舞台に、さまざまな日本の食材の魅力や歴史を日本に暮らす外国人がリポーターとなり、旬の食材の産地を訪ね生産者のこだわりなどとともに紹介する番組です。

日本の食材への関心は、今や世界規模になっており、和食は世界中から注目が集まるジャンルとなっています。日本の魅力にとりつかれた外国人リポーターが、生産者の人となりやこだわりの製造過程を目にして、改めて和食の奥深さを感じ取ります。

いや、日本人ですら知らなかったことも少なくないのでは!?

この番組では、豊洲や大田などの卸売市場をはじめ、加工食品を扱う専門店やデパ地下まで幅広く取り上げます。食材の産地での収穫体験、奥深い料理の世界は、外国人ならずとも興味深いものがたくさん詰まった濃〜い30分です。

Sponsored Links

「Trails to Oishii Tokyo」の再放送・見逃した動画を見る方法は?

見逃した「Trails to Oishii Tokyo」は動画配信サービスで視聴することができます。「Trails to Oishii Tokyo」の見逃し配信は、NHKオンデマンドやユーネクストで配信されています。また、再放送も随時、放送されています。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2020年9月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

次回の「Trails to Oishii Tokyo」の放送予定は?

※アンコール放送は除いています。

「ソース」 2020年9月29日放送

ユーネクストで視聴できる作品は?

ユーネクストで配信中の作品は以下のとおりです。2020年9月14日現在。

「かまぼこ」

お弁当のおかずや酒のあてでも重宝される“かまぼこ”。プリっとおいしい弾力のある食感と魚のうまみが凝縮した奥深い味わいには、職人たちの技と知恵が詰め込まれている。ベルギー人のリポーター、サスキアが神奈川県の小田原を旅し、伝統の製法やおいしさの秘密に迫る。アイデア満載のおしゃれな洋風かまぼこ料理も紹介。

「まかじき」

外国人レポーターが日本の食材の魅力を紹介。今回紹介するのは、その独特なフォルムで知られる海の王者“かじき”。冬、脂がのったかじきは、旬を迎える。その味は、まぐろにも引けをとらないおいしさ。イギリス人のガウが、朝市で知られる千葉県勝浦を訪ね、伝統の漁法や、海の恵みを存分に生かした豪快な漁師料理をいただく。

「いちご」

外国人レポーターが日本の食材の魅力を紹介。今回紹介するのは、春先に旬を迎える「いちご」。いちごの生産量51年連続日本一の栃木県を訪ねます。農家では栽培に注意払い、独特の方法で生産しています。温度管理や、驚きの肥料をも紹介。国内で唯一いちごに特化した研究所では、新種開発の方法を。おいしいスイーツ、ショートケーキやいちご大福も登場。それぞれの作る工夫も紹介します。魅力的ないちごの世界に迫ります。

「白魚」

外国人レポーターが日本の食材の魅力を紹介。今回のテーマは春が漁の最盛期の“白魚”。限られた場所でしか獲れない希少な魚です。その味は繊細で上品。生はもちろん、火を通してもおいしい魚です。天ぷらや卵とじなどの、その味が楽しめる料理をいただきます。また最大の漁場、青森の小川原湖へも出向き、独特の漁の様子や地元ならではの食べ方も紹介します。“春を告げる魚”白魚の魅力に迫ります。

「パン」

日本にすっかり根づいたパン食文化。そこには外国人も驚きの独自の進化が!シンプルな“食パン”から、見た目も種類もびっくりの“惣菜パン”、さらにはキャラ弁にも負けないカラフルな“食パンアート”まで。ベラルーシ出身のリポーター、ダーシャが、日本のパン事情を紹介。

「サメ」

外国人レポーターが日本の食材の魅力を紹介。今回紹介するのは、どう猛なイメージの「サメ」です。「フィッシュアンドチップス」の原料として、そして「フカヒレ」など世界中で食べられています。日本でもおでんにぴったりの「はんぺん」に。その製造方法もご紹介します。その他、青森でのサメ漁の様子や伝統の料理も。コラーゲンたっぷりです。食材としての「サメ」の魅力に出会います。

「ぶり」

今回は、ブリ。日本人1人あたりの消費量は、第3位。その料理法は幅広く、刺身、焼き、しゃぶしゃぶでもおいしくいただける。引き締まった身に、たっぷりのった脂が特徴。成長段階に合わせて、いくつもの名をもち「出世魚」と呼ばれる。ベルギー出身のリポーター、サスキアは、富山県にあるブリの有数の漁場である富山湾を訪ね、日本文化に深く関わるブリの魅力に迫る。

「小松菜」

今回は、小松菜が主役。ほうれん草とよく似ているが、小松菜のほうがカルシウムやビタミン、鉄分が豊富。生で食べてもアクが少なく、煮ても炒めてもおいしい! 一年中安く手に入るので、家庭の強い味方だ。小松菜は東京原産の野菜で、古くから関東を中心に親しまれてきた。知られざる歴史とともに、小松菜の魅力に迫る。

「甘えび」

テーマは「Ama-ebi」甘えび。世界的には、茹(ゆ)でてサンドイッチやサラダの具としてよく食べられているが、日本では甘みを楽しむために、主に生で食べる。甘えびの産地、城下町の金沢を訪ね、芳醇(じゅん)なうまみを持つ甘えびのすしを堪能し、地元ならではの甘えび料理の数々を味わう。また、生きのよい甘えびを取るためにカゴ漁を行っている能登半島の富来(とぎ)漁港で選別や出荷を取材する。

「しょうが」

今回は「しょうが」。日本では独特の辛みと風味が好まれ、メイン料理の味付けや薬味にと幅広く料理に使われている。辛み成分には殺菌作用と消臭効果があるので、肉や魚の臭み消しとしても昔から重宝されてきた。繊細な栽培方法や、日本一の生産量を誇る高知県ならではの郷土料理、生姜(しょうが)料理研究家による生姜たっぷり創作料理など、日本で欠くことができない「しょうが」の魅力を紹介する。

「野沢菜」

主役は「野沢菜」。野沢菜は漬物にするための葉野菜で、最もポピュラーな漬物のひとつ。ごはんのお供や箸休めとして、さまざまな漬物があるが、葉野菜を漬けたものは少なく、漬物になる前の野沢菜の姿はほとんど知られていない。長野の野沢温泉で誕生した野沢菜は、温泉と深い関わりを持ち、厳しい冬を越す人々の大切なビタミン源。小さな村で、日本人の知恵と工夫から生まれた野沢菜にせまる。

「しょうゆ」

和食になくてはならない「しょうゆ」。刺身や天ぷら、焼き魚、そしてラーメンにも欠かせない万能調味料。まさに日本の食文化を支えてきた。和食に造詣(ぞうけい)が深いフランス人シェフは「しょうゆがあれば、動物性の出汁(だし)は必要ない」という。黒い滴が世界を変える?!東北、秋田の蔵元を訪ね、その製法などひもとき、しょうゆの魅力に迫る。

「そば」

テーマは、「そば」。さっとゆでて好みの具や味付けで食べられる日本を代表するファストフード。また、切れやすく伸びる性質にあやかり、「延命長寿をねがう」など年越しなどの縁起物としても食べられている。近年はそばの実に含まれる豊富なたんぱく質や食物繊維ビタミンが注目され、スーパーフードとしても人気上昇中。そばの産地、長野を中心に農家やそばやのこだわりを取材。

「ほっき貝」

テーマはほっき貝。大ぶりで肉厚、独特のうまみを持ち、栄養豊富。刺身はもちろん、焼いても揚げても抜群のおいしさだ。産地は日本の北半分、特に北海道で国内漁獲量の8割以上が水揚げされる。港町苫小牧で、ホッキカレーやホッキの笹寿司(ささずし)など、産地ならではの味を堪能、さらに安定した漁獲量を保つための先進的な取り組みを取材。

「みかん」

テーマは日本でもっとも収穫量が多い果物“みかん”。ビタミンCが豊富なみかんは、昔から日本人の健康を守ってきた。こたつでみかんを食べる家族団らんの情景は日本の冬の原風景だ。また、縁起物として正月飾りに使われるなど日本の文化にも深く根づいてきた。甘味と酸味のバランスが取れた味わいと、手で皮がむける手軽さから、海外でも人気が高いみかんの魅力に迫る!

「かんぴょう」

テーマは、「かんぴょう」。日本人が400年以上も前から作ってきた加工食品。食べられるヒモとして料理の形を維持するための便利な食材でもある。ベルギー出身のリポーターサスキアが日本一の生産地、栃木県に飛び、かんぴょう農家を訪ねる。ユニークな作業工程に思わず、驚き、また、かんぴょうづくしのお膳や和菓子までを堪能する。意外な食材、かんぴょうの魅力に迫る。

「米」

取り上げるのは、日本の主食の米。日本は、多くの食材を輸入に頼っているが、米は自給率100%を誇る。日本で栽培されている米は、ジャポニカという品種で、粘りが強く甘みがあるのが特徴だ。米は、古くから、信仰とも深い関係があった。五穀豊穣(じょう)を願って全国でさまざまな祭りが催される。米と密接に暮らしてきた日本人。そのつながりを産地新潟を訪ね、探る。

「かぶ」

テーマは、「かぶ」。全国各地で個性的なかぶが栽培され、なんと100以上の品種がある。気温が下がると糖度を増し、おいしい季節をむかえる。伝統的な行事や歴史とも深いかかわりがある。リポーターはカブをつかったさまざまな料理で有名な京都を尋ね、その土地ならではのカブ料理に舌鼓を鳴らす。さらに、地元ならではのカブの漬物づくりに汗を流す、若者たちにも遭遇。カブの魅力を発見。

「チーズ」

紹介するのは日本のチーズ。国産チーズの品質向上もあり、今や空前のチーズブーム。世界のコンテストで、受賞するチーズも続々と誕生している。国産チーズのおいしさの背景には、日本ならではの風土が大きく影響しているのだとか。イギリス国籍のリポーターが、日本有数の産地である北海道・十勝を訪ね、そのおいしさの秘密を探る。

「麩(ふ)」

テーマは「麩(ふ)」。小麦粉を原料につくられる日本特有の加工品だ。低カロリーで高タンパク。スポンジのように出汁(だし)を吸収し、おいしさを閉じ込めてくれる。リポーターのジャックが石川県金沢を訪ね、麩を使った料理の数々を堪能。さらに、麩の原料を作っている工場にも足を運ぶ。もともとは、14世紀ごろ、中国から修行僧によって伝えられた麩。その知られざる魅力に迫る。

「なす」

テーマは、ナス。油との相性がよいことから、焼き物、煮物、揚げ物、漬物と幅広い調理法がある。インド原産のナスは、中国を筆頭に主にアジア地域で栽培され、日本でも6世紀ごろから栽培がはじまった。長年かけて日本各地の風土にあう在来品種が誕生し、地方色豊かな品種がある。カナダ出身のリポーター、カイルが産地の新潟県を訪れ、ナスの魅力に迫る。

「酢」

テーマは、「酢」。日本の酢といえば、米から作られる「米酢」。その柔らかな酸味は、どんな食材とも相性がよく、食欲をかきたて身体の調子を整えるすぐれもの。フルーツビネガーを開発した「飲む酢」を体験し、さらにもととなる米や日本酒から、独自に作っている醸造蔵を外国人リポーターが訪ねこだわりぬかれた日本の「酢」の世界に驚く。さらに、酢を使ったユニークなお料理も登場。酢の秘めたる可能性にも迫る。

「さんま」

テーマは、秋の味覚“さんま”。脂がのって丸々と太った旬のさんまの塩焼きは、濃厚なうまみとワタの苦みがまさに絶品! さらにつくだ煮、炊き込みごはん、揚げ物にしてもおいしく、栄養も豊富なことから、食卓には欠かせない。外国人リポーターが、日本有数の水揚げを誇る気仙沼を旅し、漁師たちのもとを訪ねる。そして、日本人がこよなく愛するさんまの魅力をとことん追求。地元ならではの刺身や寿司(すし)も登場!

「マンゴー」

テーマは、フルーツの王様、マンゴー。南国生まれで知られているが、実は日本でも栽培している。実が大きく、甘くておいしい国産のマンゴーは、高級フルーツとして贈り物にも喜ばれる。リポーターのダーシャは、最高峰のマンゴーの産地である宮崎県を訪ね、そのユニークな栽培方法を目の当たりにする。さらに、マンゴーを使った地元ならではの食材にふれ、その味に思わず舌鼓を打つ。

「豆腐」

テーマは、良質なたんぱく質を含むことから、ベジタリアンやビーガンにも人気の、海外からも注目を集める豆腐。おいしい豆腐はいったいどのように作られているのか? 厚揚げや白あえなど、変幻自在のとうふ料理や、歴史も学ぶ。豆腐店がもっとも集中する東京で、イギリス人リポーターのガウがリポート。

「煮干し」

テーマは、銀色に光り輝く“煮干し”。かつお節、コンブ、干ししいたけと並ぶ代表的なだしのもとであり、和食に欠かせない食材。海に囲まれた島国ならではの知恵の結晶ともいえる煮干しの多くはカタクチイワシが使われる。ベラルーシ出身のリポーターが、島民の半数以上が煮干しの生産に関わり、上質な煮干しで知られる瀬戸内海の伊吹(いぶき)島を訪ね、日本のだし文化を育んできた、和食の陰の立て役者「ニボシ」の魅力に迫る。

「抹茶」

テーマは、「抹茶」。世界でもっとも小さな食材といわれる。香り豊かで、リラックス効果も高い抹茶は、コンビニに代表されるデザートなどにも幅広く使われている。その緑鮮やかな色も人気が高く、海外でも知名度は上昇中。ベルギー人リポーターのサスキアが、京都の宇治を訪ね、茶道ともかかわりの深い歴史や生産方法を学ぶ。

「ひじき」

テーマは、栄養満点の保存食「ひじき」。ローカロリーで保存も利くひじきは、日本が誇るスーパーフード。ベラルーシ出身のリポーターが、ひじきの食べ方や、歴史をひもといていく。そして、一大産地の三重県伊勢志摩を訪ね、春の風物詩、海女による伝統のひじき漁を体験する。さらに、ひじきを使った家庭料理や、簡単にできるイタリアンのアイデア料理なども登場!

「納豆」

テーマは、納豆。ビタミンやカルシウム、食物繊維などが豊富の発酵食品で、簡単に食べられることも手伝い、年々消費量が増えている。豆や菌にこだわったさまざまな種類が店頭にならび、納豆を使ったスナックやチョコレートなども開発されている。昔なつかしのわらを使った納豆の作り方や茨城に伝わる納豆を使った家庭料理を紹介。おしゃれなオードブルや絶品納豆オムレツも登場!

「たまねぎ」

テーマは、キャベツに次ぐ取り扱い量を誇る“たまねぎ”。実は、日本での歴史は浅く、150年ほど。世界各地でおなじみの野菜が、日本ではどのように食べられているのか? アメリカ人のリポーター・ジェイソンが“新たまねぎ”の一大産地・佐賀県白石町を訪ねる。季節限定のお楽しみ、千葉の“葉たまねぎ”農家では、生産者のおすすめレシピも紹介。おいしくて、簡単!料理人・橋本幹造さん直伝の魔法のたまねぎも登場。

「レモン」

近年、日本では国内産のかんきつと掛け合わせた新種のレモンや変わった形の進化系レモンが続々と誕生している。アメリカ人のリポーター、ケイリーンが豊洲市場から瀬戸内海のレモンの島を旅し、日本ならではのレモンの栽培方法や活用方法などをリポートする。レモンの産地ならではのレモン鍋も登場!

「なまこ」

テーマは、トゲにおおわれた不思議な生物“なまこ”。スウェーデン人のリポーター、ヤンニ・オルソンが、青森のなまこ漁や、高級食材・乾燥なまこの製造現場を見学。また、日本酒との相性が抜群、なまこの内臓から作る高級珍味を体験! 種類やカットのしかたで味が変わるという知られざるなまこの奥深い世界を紹介する。

「まぐろ」

テーマは寿司(すし)ネタの花形、まぐろ。スウェーデン人のリポーター、ヤンニが和歌山県の那智勝浦の港や、豊洲市場を訪れ、まぐろの競りや地域の特産を体験、伝統の食文化についてリポートする。希少部位の刺身盛り合わせ、江戸っ子好みのねぎま鍋なども登場!

「Trails to Oishii Tokyo」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

RELATED POST