見逃したテレビを見る方法
NHKドキュメンタリー

NHK「探検!巨大ミュージアムの舞台裏 国立科学博物館」の再放送・動画配信は?

「探検!巨大ミュージアムの舞台裏〜国立科学博物館 驚きの世界〜」は、
ユーネクストで視聴できます!

探検!巨大ミュージアムの舞台裏〜国立科学博物館 驚きの世界〜」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

探検!巨大ミュージアムの舞台裏〜国立科学博物館 驚きの世界〜」は、
U-NEXTで配信中です!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません。

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

探検!巨大ミュージアムの舞台裏〜国立科学博物館 驚きの世界〜

放送 2021年3月27日(土)午後7時〜9時[BSプレミアム]

放送前の予告

500満点近い膨大なコレクションを誇る国立科学博物館。その舞台裏を探検する2時間スペシャル!

国立科学博物館、通称「カハク」は、恐竜、動物、虫、植物、そして人類の進化に関わるものまで、ありとあらゆる物を収集する日本で最も歴史ある博物館の一つです。しかも、変わり続ける「進化する博物館」でもあるのです。学術分野を究めた研究者が最新の研究成果を展示に反映。獲物を待ち構える肉食恐竜の骨格展示や、既に絶滅しほかでは見ることができない動物のはく製などを深堀りすると、知られざる科学の発見の物語が見えてきます。

番組では、コレクションのおよそ99.5%を保管する筑波の巨大な収蔵庫にも潜入、秘蔵のお宝を大公開!「カハク」の魅力をたっぷりとお伝えします。

出演 滝藤賢一、杉浦友紀アナウンサー
リポーター 伊集院光

Sponsored Links

「探検!巨大ミュージアムの舞台裏〜国立科学博物館 驚きの世界〜」の再放送・見逃し動画配信は?

探検!巨大ミュージアムの舞台裏〜国立科学博物館 驚きの世界〜の再放送については、現在のところ未公表のため不明です。でも、安心して下さい。見逃したこの番組の動画は、「NHKオンデマンド」「ユーネクスト」で配信される予定です。

2021年3月27日に放送された「探検!巨大ミュージアムの舞台裏〜国立科学博物館 驚きの世界〜」の動画は現在、ユーネクストで配信中です。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年3月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

国立科学博物館

<展示>

国立科学博物館は、様々な分野の研究者、数多くの標本資料、膨大な研究成果を蓄積しています。そして、これらの資源を活用するとともに、大学の研究者や学会、他の博物館や企業など、国内外の様々な機関とも連携して、魅力ある展示や学習支援活動を開発・実施しています。人々が科学的に考え、合理的に判断し行動できる「科学リテラシー」を育むため、国立科学博物館では社会と科学のコミュニケーションを促進します。

<学習>

学会や企業等との連携を活かし、専門的で多様な学習機会を提供するとともに、展示を活用して科学リテラシーの涵養を図るためのモデル的プログラムの開発・普及や、学校との連携強化のためのシステム構築など、先導的な事業の開発・普及に努めています。子どもから大人まで幅広い人々を対象に、当館の資料や研究成果など高度な専門性を活かした独自性のある学習支援活動を、学会や企業等と連携しつつ展開しています。

<調査研究>

地球と生命がどのように進化してきたか、人類が如何に文明を築いて科学技術を発展させてきたかを、自然史や科学技術史の観点から実証的に、継続的に探究し、その研究成果を、裏付けとなる標本資料とともに将来へ伝えていきます。また、この成果を、地球環境や科学技術のあり方を理解し、未来への指針を考える手がかりとなるよう、展示や学習支援活動を通じて社会に還元していきます。

国立科学博物館
住所 東京都台東区上野公園7-20
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、年末年始(12月28日~1月1日)
公式サイト 国立科学博物館

Sponsored Links

RELATED POST