見逃したテレビを見る方法
NHKドキュメンタリー

NHK「コンテナ全部開けちゃいました」の見どころ・再放送・動画配信は?

見逃した「コンテナ全部開けちゃいました」はユーネクストで視聴できます!

「コンテナ全部開けちゃいました」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「コンテナ全部開けちゃいました」は放送日の翌日からU-NEXTで配信予定です。
ただし、配信期間は約2週間となります。

また、U-NEXTでは、31日間無料トライアルで210,000本以上の
見放題作品が全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「コンテナ全部開けちゃいました」の再放送・見逃し動画配信は?

この番組の再放送は、番組ホームページにてご確認下さい。

また、「コンテナ全部開けちゃいました」の見逃し動画は、NHKオンデマンドやユーネクストで配信される予定です。ただし、配信期間は放送日の翌日から約2週間となりますのでお見逃しなく。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年7月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

過去の放送内容

コンテナ全部開けちゃいました「清水港」

放送 2021年7月16日(金)午後11時15分〜[BSプレミアム]

静岡県にある「清水港」は、長崎港、神戸港と並ぶ日本三大美港のひとつです。この港は、日本が誇る国産メーカーが数多く拠点を置いていることから輸出が多いことでも知られています。昨年は、輸入額9189億円に対し、輸出額は1兆6685億円とおよそ2倍なんだとか。

気になるコンテナの中には、重量級のものがたくさん!中でもカズレーザーさんが注目したのは、輸出コンテナにたった1台だけ収納されたスーパーカー(外車)です。海外のユーザーがわざわざ高いお金を払って日本から運んでもらっているのには理由がありました。その理由とはこん包の技術!? 番組では驚きのこん包術も紹介します!

スタジオには、ピアノをこん包する際に使われる強化ダンボールも登場します。強化ダンボールの強度を身をもって体験したカズレーザーさんは、「ホントにびくともしない!」と驚きを隠せません。果たしてどれほどの強度なのか。みなさんも番組で確かめてみてください~!

コンテナを開けてみたら・・・

  • ロサンゼルスに輸出されるコンテナには、オートバイが入っていた。梱包する前には必ずガソリンを抜く。
  • オランダに運ばれるコンテナには、スーパーカーが入っていた。
  • ロサンゼルスに輸出されるコンテナには、ピアノが入っていた。
  • ベトナムから来たコンテナには、乾燥野菜が入っていた。カップ麺の具材やふりかけに使われるらしい。
  • 南アフリカから来たコンテナには、ルイボスティーが入っていた。清水港は、茶葉の輸入量が日本一だった。

コンテナ全部開けちゃいました「川崎港」

放送 2021年7月9日(金)午後11時15分〜[BSプレミアム]

神奈川県にある「川崎港」は、ほんの少し前までは「巨大な釣堀」と皮肉られるほど船がまったく入ってこない港だったのだそう。しかし、近年はコンテナの取り扱いが急増中なんです! 8年前は年間4万個だったのが、現在はその4倍以上となる17万個が扱われているといいます。

コンテナの中をのぞくと、中国やベトナムからきた、ある郵便物や謎の石が! その理由や用途に驚きの連続です。そんな中、カズレーザーさんの興味を引いたのが「マットレス」。ある方法でコンテナへ収納しているのですが…、その方法は番組で!

コンテナを開けてみたら・・・

  • 香港から来たコンテナには郵便物が入っていた。海外からやってくる郵便物は全ていったん川崎港に集めら、税関の検査を受ける。
  • 中国・福建省から来たコンテナには墓石が入っていた。
  • ベトナムから来たコンテナには圧縮されたマットレスが入っていた。
  • ベトナムから来たコンテナには食用の肴の切り身(冷凍)が入っていた。
  • ラオスから来たコンテナには炭が入っていた。

Sponsored Links

コンテナ全部開けちゃいました「東京港」

放送 2020年11月27日(金)午後11時15分〜[BSプレミアム]

コンテナを開ければ日本が、そして世界が見えてくる!港などで目にはしていても、誰も中身を見たことがない。そんなコンテナの積み荷をのぞくと、日本の知られざる産業実態、さらには世界との意外なつながりがわかります。「コンテナ」をテーマにした新しい形の知的エンターテインメント、今回は年間500万個以上のコンテナを扱う、日本一物量が多い港、東京港からお届けします!

首都圏の生活や産業を支える「東京港」。その物量は国内一位です。港にあった輸出コンテナを開けてみると、そこには“中国の年末に欠かせない”ある資源が大量に積み込まれていました。また、ミャンマーへのコンテナには、障害のある子どもたちに向けた品物も発見。

輸入コンテナには、オシャレ家具などが勢ぞろい。どのように活用されているか、輸入した方のお宅まで追跡します! ほかにも、珍しいカタチのコンテナや、めったに見られない南極観測隊用のコンテナも紹介しちゃいます~。

<カズレーザーの見どころ>

障害のある子どもに役立つ品物を日本がこんなに輸出していることに驚きました。しかも、輸出している方が「もう結構ですって言われるのが目標」って言うんですよ。本当に善意だけで行われていることなんだなと考えさせられるものがありました。この回は、そういった感動物語もありますし、フィリピンから届いた罰ゲームのような味の食材を食べたりもしたので、その落差も注目してみてください。

【ゲスト】カズレーザー
【声】下野紘
【アナウンサー】森下絵理香

コンテナを開けてみたら・・・

  • 中国山東省へ輸出する「リサイクル用のダンボール」
  • 韓国・釜山から輸入した「キムチ」
  • 米国・カリフォルニアから輸入する「セロリ」と「紫キャベツ」
  • フィリピンから輸入した「バナナ」
  • インドネシア・バリ島から輸入した「家具」と「石材」
  • ミャンマーへ輸出する「障害児童用車イス」

コンテナ全部開けちゃいました「横浜港」

放送 2020年11月20日(金)午後11時15分〜[BSプレミアム]

港でよく見るコンテナの中には何が入っているのか?コンテナの積み荷から日本、そして世界が見えてくる!今回は首都圏の物流拠点、横浜港のコンテナを開けちゃいます!

コンテナを開ければ日本が、そして世界が見えてくる!港などで目にはしていても、誰も中身を見たことがない…そんなコンテナの積み荷をのぞくと、日本の知られざる産業実態、さらには世界との意外なつながりがわかります。「コンテナ」をテーマにした新しい形の情報バラエティー、今回は首都圏の物流拠点、神奈川県の横浜港でコンテナを開けちゃいます!

「横浜港」は、日本最大級の物流拠点。大きなコンテナ船が出入りできるのがこの港の強みです。早速、メキシコからの輸入コンテナを開けてみると…。そこには大量に植物が積まれているではありませんか! その植物とは、日本では珍しい大型の観葉植物・ダシリリオン。そのお値段や輸入方法などに、カズレーザーさんも思わず仰天です。

一方、輸出コンテナを開けると、欧州の農業を支えているあの機具が。そしてマレーシア行きのコンテナには車が積まれています。日本の製品が海外でどのように活用されているのか、ぜひお楽しみに~。また、コンテナは“発明品”だったという意外な話も。番組では、その長~い歴史もひもといていきますよ!

<カズレーザーの見どころ>

マレーシアに輸出しているコンテナの中に車がパンパンに詰まっていたのが衝撃的でした。ただの車じゃなく、“あること”をしている車だったんです。最初は「なんでこんなことしちゃうの!?」と疑問の連続でしたが、番組を見ているうちにその理由と用途が分かり、感心してしまいました。横浜港のコンテナは、「こんな国からこんなものが届くんだ!」という品々が多く、かなり勉強になりました。

【ゲスト】カズレーザー
【声】下野紘
【アナウンサー】森下絵理香

コンテナを開けてみたら・・・

  • メキシコから輸入した樹木「ダシリリオン」
  • ベトナムから輸入した「コーヒー生豆」
  • リトアニアへ輸出する「農機具」
  • マレーシアへ輸出する「自動車」
  • メキシコから輸入した「アボカド」

Sponsored Links

RELATED POST