見逃したテレビを見る方法
NHKドキュメンタリー

NHK「京都 てくてく絶景」の見どころ・再放送・見逃し動画配信は?

「てくてく絶景」はユーネクストで視聴できます!

「てくてく絶景」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

「てくてく絶景」は放送日の翌日からU-NEXTで配信予定です。
ただし、配信期間は約2週間となります。

また、U-NEXTの31日間無料トライアルでは、220,000本以上の
見放題作品を全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「てくてく絶景」ってどんな番組?

放送 2022年7月25日(月)~29日(金)
   午前7:45~8:00/午後7:00~7:30[BSプレミアム・BS4K]

これまでさまざまな“日めくり旅”をお届けしてきたBSプレミアムから、新たな旅番組が登場。

地元の人が自慢し、オススメする風景を徹底取材すると、誰もがスマホなどに「キセキの一枚」を所蔵していました。その風景を訪ねる一筆書きの番組オリジナルルートを、旅人がガチ歩きする番組です。旅人の正門良規さんは、1日約20km、日の出とともに歩き、5日間で約100kmを歩き切りました。その様子を、月曜から金曜までの5日間、日めくり形式で放送します。

旅の舞台は京都。人気スポットを徒歩だけでめぐりながら、地元の皆さんしか知らない「オススメの絶景」を堪能します。歩きながら、「オススメを超える絶景」に出会えるかも!?

旅人 正門良規(Aぇ! group)

Sponsored Links

「てくてく絶景」の再放送・見逃し動画配信は?

この番組の再放送については、現在のところ未定です。でも、安心してください。見逃した「てくてく絶景」の動画は、NHKオンデマンドやユーネクストで配信される予定です。なお、配信期間は放送日の翌日から約2週間となりますのでお見逃しなく。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2022年7月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

正門良規さんのコメント

今はすごくホッとしています

最初にこの企画をいただいたときは「散歩番組」と聞いていたんですが、お話が進んでいくうちに「5日で100km歩く」ことになってまして(笑)。今まで経験したことのない距離と数字だったので、どうなることかと思ったんですけど、無事に京都の地元の皆さん、スタッフの皆さんに支えていただきながら楽しく歩ききることができて今はすごくホッとしていますし、番組の放送がすごく楽しみです。

ぼくは大阪出身なので、京都もわりと知ってるつもりではいたんですけども、実際に歩いて初めて感じることがいっぱいありましたね。何より、歩く時間帯がふだんと全然違いましたし。日の出とともに歩くなんて今まで経験したこともなかったので非日常感も味わえて。そういう(早朝の)時間帯は、街にもその土地ならではの空気感が漂っていると思うので、新たな発見がいっぱいありました。

特に印象に残っているのは 嵯峨鳥居本伝統的建造物群保存地区!

今回のてくてく絶景でどこを歩いたかは放送でご確認いただきたいんですが、特に印象に残っているのは嵯峨鳥居本伝統的建造物群保存地区です。観光スポットらしいんですけど、まだあまり知られていない穴場だそうで、ここは帰ってすぐに家族や友人、うちのメンバーにも話しましたね。

あとは全編を通して、地元の方々の温かさに触れられた旅でした。今回は本当に事前準備やアポイントが一切なく、ルートだけが決まっていて、そこを歩いていく中で出会った景色とか、その場にいらした人たちと会話して、その魅力を伝えていく旅だったんですけど、初対面の僕にも、ご自身の好きな景色や思い出のことをうれしそうにお話ししてくれて、その温かさに触れ、「いい町やな、京都」ってなりました。

それから、その場所の香り、においとか空気感は、歩いていないと気づけないんですよね。しっとりとした感じの所もあれば、澄んでいて爽やかな場所もあって。その地を五感で深く感じられるのは、散歩の特権だと改めて思いました。

番組をご覧になる皆さんへ

今回の旅では、「京都の絶景」と聞いて誰もがイメージする景色のほか、一見「なんでこれが絶景?」みたいなものも登場します。でもそこには、地元の方の思いや気持ちが詰まっていたりして、そういうもので同じ景色でも見え方が変わってくる。シーンの魅力というか、その場所の持ってる力が現れる番組になってるんじゃないかなと思います。

今までにないスタイルの旅番組で、新しいチャレンジがいっぱい詰まっていると思うので、ぜひそこをご覧になって感じてもらって、見たあとはその場を歩いてみてほしいですね。散歩は「歩きやすい靴」さえあればどんな世代の方でも楽しめるので、実際に現地に足を運んで追体験していただき、“その日”“その時”だけの景色を感じてもらえたらうれしいです。

Sponsored Links

「てくてく絶景」の放送内容

「京都定番スポット▽地元の人オススメの風景を巡る▽正門良規」

放送 2022年7月25日(月)

宇治平等院鳳凰堂→伏見十石船→伏見稲荷大社→清水寺→東山山頂公園▽“その日”“その時”だけの景色▽誰もが追体験可能。実際に歩いて楽しめる。

  • 四季折々の平等院鳳凰堂の絶景
  • 7〜9月限定の絶景は、宇治の鵜飼の舞台
  • 宇治川沿いの茶畑 朝晩の川霧が幻想的な風景を生み出す
  • 近鉄澱川橋梁(トラス橋) 夕方6時頃の夕景
  • 伏見万灯流し
  • 伏見十石舟 春の花筏の絶景
  • 伏見稲荷大社 夜の千本鳥居
  • 方広寺大仏殿後の巨石
  • ライトアップされた清水寺
  • 東山山頂公園 展望台(将軍塚)から望む京都の夜景

「京都定番スポット▽地元の人オススメの風景を巡る▽正門良規」

放送 2022年7月26日(火)

東山山頂公園→ねねの道→二寧坂→八坂の塔→鴨川→蹴上インクライン→南禅寺→哲学の道→瑠璃光院→宝ヶ池▽“その日”“その時”だけの風景▽誰もが追体験可能

  • ねねの道から高台寺へ続く台所坂の絶景
  • 雪化粧した二年坂
  • 八坂の塔
  • 祇園・花見小路 雨の日の濡れた石畳が幻想的
  • 鴨川の風景 納涼床と夕景など
  • 蹴上インクライン 桜の名勝 新緑の季節もおすすめ
  • 南禅寺 紅葉の風景
  • 哲学の道
  • 御蔭神社の境内の杉林
  • 新緑の瑠璃光院の絶景 ※春と秋の特別公開のみ
  • 宝ヶ池と水面に映る比叡山の風景

「京都横断▽地元の人オススメの風景を巡る▽正門良規」

放送 2022年7月27日(水)

宝ヶ池→下鴨神社→鴨川デルタ→二条城→北野天満宮→仁和寺→広沢池▽“その日”“その時”だけの風景▽誰もが追体験可能。実際に歩いて楽しめるコース

  • 下鴨神社 御手洗池 7月の御手洗祭の夜景
  • 下鴨神社 糺の森 おすすめは新緑の糺の森、秋の紅葉
  • 鴨川デルタ 石積みアートの絶景
  • 京都御苑の一本道(自転車の通り道)
  • 二条城 七夕の時期にしか見られないプロジェクション・マッピング
  • 北野天満宮 7月下旬に見られる梅の天日干し風景
  • 北野天満宮 青もみじ
  • 仁和寺の春の絶景 境内の桜「御室有明」
  • 広沢池 夕焼けの風景

「嵐山から京都の奥座敷▽地元の人オススメの風景を巡る▽正門良規」

放送 2022年7月28日(木)

広沢池→千代の古道→渡月橋→竹林の小径→嵯峨鳥居本→トロッコ保津峡駅→水尾 柚子の里→樒原 棚田▽“その日”“その時”だけの風景▽誰もが追体験可能

  • 千代の古道 京都の町を望む絶景
  • 渡月橋 嵐山を代表する絶景スポット
  • 嵐山駅 京友禅の柱が並ぶ絶景
  • 竹林の小径
  • 嵯峨鳥居本 高台から町を望む風景、鳥居本の雪景色
  • 愛宕念仏寺 1200体の石像
  • トロッコ保津峡駅 トロッコ列車と季節の絶景
  • 水尾・柚子の里 11月の柚子の収穫期の風景
  • 樒原 棚田 稲刈りの時期の棚田風景、棚田の夕景

「京都・自然豊かなトレッキング▽正門良規」

放送 2022年7月29日(金)

樒原の棚田→廻り田池→平の沢池→出雲大神宮→かわひがしの田園風景→七谷川→保津橋→亀岡城址・南郷公園→かめおか霧のテラス▽“その日”“その時”だけの風景

  • 廻り田池(農業用の溜池) 雨の日の絶景
  • コウノトリが飛来する上池の絶景
  • 上池・中池・下池・ハス池のそれぞれに絶景が…
  • まほろば亀岡かわひがしの田園風景
  • 出雲大神宮 参道の落ち葉アート
  • 七谷川 1500本の桜の風景
  • 保津川下りと観光用の馬車の風景
  • 丹波亀岡城址・南郷公園 秋の紅葉
  • かめおか霧のテラス 亀岡を一望

参考書籍

※Amazonより

365日 京都絶景の旅 (365日絶景シリーズ) 大型本


365日 京都絶景の旅 (365日絶景シリーズ) 

古きを訪ねて、新しきを知る。

何度訪れても、またふと足を運びたくなる京都。
いにしえから人々に愛されてきたこの場所は、
知るほどに、その魅力に惹き込まれていきます。

一度は訪れたい由緒正しい寺社仏閣。
北は荒波打ち寄せる丹後の海から、南は山城の緑豊かな大自然まで。
あなたが新しく出逢いたい京都は、どんな京都でしょうか。

この地で育まれた文化や四季の移ろいを感じる写真集として眺めるのはもちろん、
それらにまつわる豆知識や京都人の声なども掲載しています。
心の赴くままにページをめくりながら、ぜひ次の旅への参考にしてもらえると嬉しいです。

絶景を巡る京都 単行本


絶景を巡る京都

大人気Instagram「@kyoto_iitoko」が待望の書籍化!

夕暮れの鴨川
静寂に包まれる竹林
凛とした冬の朝の清水寺
桜のトンネルを抜けるトロッコ列車
幻想的な京の七夕
涼やかな滝の上の川床
8000体のだるまが祀られた寺
真っ赤なじゅうたんが広がる紅葉寺
ノスタルジックな海辺の舟屋

これまで知らなかった「京都」に出会える一冊。

Instagramで紹介した中から、心を揺さぶる場所を厳選。
今すぐ絶景を訪ねるための、地図&ガイド付き。

Sponsored Links

RELATED POST