見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
ETV特集

旧優生保護法とは?ETV特集「私は産みたかった」の再放送・見どころは?

ETV特集とは?

ETV特集』は、さまざまな社会問題を取り上げるNHKのドキュメンタリー番組です。考えるヒントを提供する「心の図書館」であることを目指して制作されているそうです。放送は、Eテレ 毎週土曜日午後11時~です。

日曜日の午後9時~NHK総合で放送される『NHKスペシャル』が、科学・医療・社会・自然・災害・スポーツなどの幅広い分野の旬の話題を取り上げているのに対して、『ETV特集』は社会の闇に光を当てるようなちょっとマイナーな社会問題をテーマとして、問題を浮き彫りにしていく番組です。そこには、まだ世の中で十分な認識がされていない盲点とも言える問題が隠されている可能性があります。

私たちが暮らしている社会の中で大きく問題になっていることは、新聞やニュース番組で大きく取り上げられますが、世の中のちょっとした「ほころび」は、なかなか目に留まらないものです。そんな見過ごしてしまいそうな問題、でも放っておくと将来大きな火種になるかもしれない社会問題を取り上げてくれる番組です。私にとっては、知識に幅を持たせてくれる「とってもためになる番組」です。

ETV特集の再放送は?

ETV特集』の再放送は、Eテレ 毎週木曜日午前0時(水曜日の深夜)から放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。
でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい、好きな時に見たい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。通常、動画配信サービスは、毎月の定額料金で配信されている番組が見放題になるというものです。

NHK番組なら「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。NHK番組の全てではありませんが、ドラマからドキュメンタリー番組までかなり広く番組を配信してくれています。ETV特集も配信されています。ただし、NHK番組しか見れません。

そこで、私はもう一つの方法、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスを使っています。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!
ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年7月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ETV特集「私は産みたかった~旧優生保護法の下で~」

放送  2018年7月21日(土)午後11時~
再放送 2018年7月26日(木)午前0時~(水曜日の深夜)

353849A2-9152-4FD3-A065-88729F34E81A

放送前の予告

今年、一人の女性が国を相手に裁判を起こしました。理由は、法の下での強制的な不妊手術です。

「不良な子孫の出生を防止」するため障害者への強制不妊手術を認めていた旧優生保護法。優れた命と劣った命を分ける「優生思想」の広がりの中で、人生を翻弄された人々はいま・・・。

もしも、16歳に戻れるなら・・・自分でも知らないうちに子供を産むことができなくなった70代の女性は、悔しさと共に人生を振り返ります。「不良な子孫の出生を防止」するため障害者に不妊手術を強制していた旧優生保護法。その数は16000人以上とされます。背景にあったのは、優れた命と劣った命を選別する「優生思想」。戦後日本で、なぜ優生思想は広がったのでしょうか。旧優生保護法を契機に、障害者の命をめぐる知られざる歴史に迫ります。

「優生保護法」とは?

1948年に施行された法律で、遺伝性疾患ハンセン病精神障害などを理由に不妊手術中絶を認めたものです。日弁連によると、全国で手術を受けた約8万4千人のうち、約1万6500人は同意なく強制的に不妊手術をされたと言われています。1996年に「母体保護法」に改正され、優生手術の規定は廃止されました。

この法律の根本的な考え方である「不良な子孫の出生を防止する」というものは、言うまでもなく「障害者への差別」であることは明らかです。

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験のお申込み

なお、31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

関連書籍のご紹介

【増補新装版】優生保護法が犯した罪 子どもをもつことを奪われた人々の証言 [ 優生手術に対する謝罪を求める会 ]


【増補新装版】優生保護法が犯した罪 子どもをもつことを奪われた人々の証言 [ 優生手術に対する謝罪を求める会 ]

優生保護法はなくなっても、今なお残る優生思想の陰。新たな被害証言、優生手術台帳の資料開示、日弁連「意見書」など、優生手術に対する謝罪と補償を求める運動の進展と資料を加えた増補新装版。

【目次】
第1部 声にできなかった想い(私の身体を返してほしいー優生保護法が犯してきた罪/補償はいらない、ただ謝ってほしい ほか)/第2部 優生保護法を問い直す(日本の優生法の歴史/らい予防法と優生保護法 ほか)/第3部 日本だけじゃないー諸外国の動向(ドイツはどう向き合ってきたのかーナチスの強制不妊手術・安楽死計画被害者に対する戦後補償/優生手術に対する謝罪を求める会、一九九九年十月十六日集会へのメッセージ ほか)/第4部 謝罪と補償を求める運動の経過(「求める会」の運動の経過/「産む産まないは女が決める」そして、「産んでも産まなくても、私は私」 ほか)

日本が優生社会になるまで 科学啓蒙、メディア、生殖の政治 [ 横山尊 ]


日本が優生社会になるまで 科学啓蒙、メディア、生殖の政治 [ 横山尊 ]

近現代日本における優生学運動や優生政策を、ファシズム論や優生法の系譜論に基づくのでなく、雑誌メディアを中心とした科学啓蒙、アカデミズム、科学運動、政策化の構造と時代ごとのあり方から検討する。生殖をめぐる政治がアカデミズムとメディアを中心とした科学啓蒙、科学運動のなかでどのように形成されていくのかを描く一書。

ズバリ、「しょうがい」しゃ わが人生に悔いはなし [ 森修 ]


ズバリ、「しょうがい」しゃ わが人生に悔いはなし [ 森修 ]

本書では、ここにいたるまでの著者自身の生い立ちや、「障害」者解放をめざすさまざまな活動、著者自身が求める理想の介護体制などについて語っています。

【目次】
1 生い立ちをとおして(幼年期のこと/学校教育から排除されて/最初の友だち/おじいさんのこと/掛川くんとの出会い ほか)/2 「障害」者の解放をめざして(国際「障害」者年と親子心中事件/「優生保護法」を考える/「障害」者施設について/養護学校義務化/野田事件にとりくんで ほか)/3 「介護」について思うこと(“介護される”側から/被差別の介護者に期待するもの)

優生学と人間社会 生命科学の世紀はどこへ向かうのか (講談社現代新書) [ 米本昌平 ]


優生学と人間社会 生命科学の世紀はどこへ向かうのか (講談社現代新書) [ 米本昌平 ]

優生学はナチズムか。戦後日本の優生政策の内実とは。優生思想の歴史を再検討し、遺伝子技術時代の視座を示す。

【目次】
第1章 イギリスからアメリカへー優生学の起源/第2章 ドイツー優生学はナチズムか?/第3章 北欧ー福祉国家と優生学/第4章 フランスー家庭医の優生学/第5章 日本ー戦後の優生保護法という名の断種法/終章 生命科学の世紀はどこへ向かうのか

Sponsored Links