見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
ETV特集

ETV特集の再放送は?見逃した動画を見る方法はコチラから!

「ETV特集」の見逃し動画は、ユーネクストで配信中!

「ETV特集」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。もちろん、それ以外のドラマやアニメ、映画、バラエティー番組などもたっぷり楽しめます。

31日間無料体験の申し込み

なお、ユーネクストで配信されるのは放送日から約2週間となりますのでご留意ください。

「ETV特集」ってどんな番組?

ETV特集』は、さまざまな社会問題を取り上げるNHKのドキュメンタリー番組です。考えるヒントを提供する「心の図書館」であることを目指して制作されているそうです。放送は、Eテレ 毎週土曜日午後11時~たっぷり1時間の放送です。

日曜日の午後9時~NHK総合で放送される『NHKスペシャル』が、科学・医療・社会・自然・災害・スポーツなどの幅広い分野の旬の話題を取り上げているのに対して、『ETV特集』は社会の闇に光を当てるようなちょっとマイナーな社会問題をテーマとして、問題を浮き彫りにしていく番組です。そこには、まだ世の中で十分な認識がされていない盲点とも言える問題が隠されている可能性があります。

私たちが暮らしている社会の中で大きく問題になっていることは、新聞やニュース番組で大きく取り上げられますが、世の中のちょっとした「ほころび」は、なかなか目に留まらないものです。そんな見過ごしてしまいそうな問題、でも放っておくと将来大きな火種になるかもしれない社会問題を取り上げてくれる番組です。私にとっては、知識に幅を持たせてくれる「とってもためになる番組」です。

ETV特集の再放送・見逃し動画配信は?

ETV特集』の再放送は、Eテレ 毎週木曜日午前0時(水曜日の深夜)から放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。また、反響の大きかった番組は、本放送枠でアンコール放送されることもあります。

でも、放送時間に制約されずに好きな時に見たい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。「ETV特集」の見逃し動画は「NHKオンデマンド」や「ユーネクスト」で配信されています。ただし、全ての放送回が配信されるわけではありません。また、配信期間は放送日から約2週間となりますのでご留意ください。

NHKオンデマンドとユーネクストの違いは?

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が使っているのはU-NEXT(ユーネクスト)です。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」あるいは一作品を単品で購入することができるんです。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!

ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!

ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!

ポイント4 さまざまなデバイスに対応!

ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!

ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!

ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!

ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!

ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!

ポイント10 31日間の無料トライアル!

ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ!

31日間無料体験の申し込み

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2019年9月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

「ETV特集」の最近の放送回は?

※アンコール放送は除く。

「辺野古 基地に翻弄された戦後」
放送 2019年9月21日

米軍普天間基地の移設工事が進められている沖縄県名護市辺野古。アメリカ統治下の1950年代にキャンプ・シュワブが建設されて以来、住民は基地に翻弄され続けてきました。辺野古はどのようにして“基地の街”となったのか、なぜこれほどまでに基地に翻弄されたのか、そしてそれは地域に何をもたらしたのか。番組では、新たに見つかった資料や新証言を元に、重い基地負担を背負い続けてきた沖縄の象徴として辺野古の戦後史を描きます。

「“中間貯蔵施設”に消えるふるさと~福島 原発の町で何が~」
放送 2019年9月14日

福島県内の「除染」作業で出た“原発事故のごみ”は、東京ドーム11杯分。その全てを住民の帰還が困難な原発のそばに集めて保管する「中間貯蔵施設」の建設が進む。福島県外で最終処分するまで30年、仮置きする計画だ。予定地の地権者は2360人、すでに7割が土地を提供する契約を国と結んだ。事故で故郷を追われ、人生をかけて築いた大切なものを失うという厳しい現実にどう向き合ってきたのか。3人の地権者の証言で描く。

「昭和天皇は何を語ったのか~初公開“拝謁記”に迫る~」
放送 2019年9月7日

占領の時代、昭和天皇のそばにあった田島道治の新資料「拝謁記」が公開された。1949(昭和24)年から、昭和天皇の言葉が克明に記されていた。注目されるのが戦争責任と退位の可能性だ。敗戦の道義的責任を感じていた昭和天皇は、当初退位も考えていた。さらに1952年の独立記念式典の「おことば」で戦争への反省を述べようとする。しかし、最終的に戦争の経緯は削除された。なぜか―。天皇と長官の対話を忠実に再現する。

「三鷹事件 70年後の問い~死刑囚・竹内景助と裁判~」
放送 2019年8月24日

1949年7月三鷹駅で無人電車が暴走し6人が亡くなった三鷹事件。当初検察は、国鉄の人員整理に反対する共産党員ら10人を起訴しましたが、東京地裁は党員9人を無罪とし、犯行を自白した竹内景助の単独犯行と認定しました。その後、竹内は無罪を主張したが、最高裁で死刑が確定。再審請求中に病死しました。2011年長男が新証拠を提出して再審請求を行いましたが、東京高裁は認めませんでした。事件の背景、竹内景助と長男の70年を見つめます。

「少女たちがみつめた長崎」
放送 2019年8月17日

74年前、勤労動員中に被爆した長崎高等女学校の生徒の日記が次々と見つかっています。その体験を受け継ごうと、後輩にあたる長崎西高校の生徒たちが生存者への聞き取りを始めました。長崎在住の芥川賞作家・青来有一さんも女学生たちの被爆体験に関心を持つ一人。女学生の生き残りで原爆を多くの作品に書いた芥川賞作家・林京子の遺志を継いでいきたいと考えているのです。被爆体験の継承をめぐる高校生と青来さんのひと夏の試みを追います。

ETV特集「忘れられた“ひろしま”~8万8千人が演じた“あの日”~」
放送 2019年8月10日

原爆投下から8年後。広島で空前絶後の映画が製作されました。タイトルは「ひろしま」。撮影に参加した人の数は8万8千人。日本映画史上、最大級のスケールを誇ります。原爆投下直後の広島で何があったのか?被爆者たちが自ら演じて再現しているのです。この映画は、ベルリン映画祭で入賞。国際的な評価を受けました。しかし今、この映画の存在はほとんど知られていません。いったいなぜか?そこには、時代に翻弄された映画の知られざる事情がありました。

ETV特集「あの夏を描く 高校生たちのヒロシマ」
放送 2019年8月3日

広島市内の高校生が、被爆者の証言をもとに絵を描く活動を続けています。写真や映像がほとんど残っていない原爆投下直後の惨状を克明に描いた絵。その数は12年間で約140枚にのぼります。番組では「原爆の絵」の制作に挑んだ女子高校生たちに密着。戦争を知らない世代が、74年前の想像を絶する惨劇と、原爆がもたらした「心の荒廃」をキャンバスに表現するという難題に挑みます。被爆者と何度も対話を重ね、試行錯誤した姿を追いました。

ETV特集「豪雨に沈んだ 幸せのまちに
放送 2019年7月27日

豪雨に襲われた町で…どう生きるのか。去年7月の西日本豪雨で51人の命が奪われた岡山県倉敷市真備町。1年前、激しい豪雨によって川の堤防が決壊し、町は濁流に飲み込まれました。多くの家が水に沈み、多くの人たちの日常が奪い去られました…。なぜこれほどの甚大な被害が起きたのか?その背景には、時代の渦に巻き込まれた町の成り立ちと、その裏で置き去りにされ続けてきた、ある計画がありました…。

ETV特集「親亡きあと 我が子は…~知的・精神障害者 家族の願い~」
放送 2019年7月20日

「私たちがいなくなったら、この子はどうなるの…。」親亡きあとを心配する、数多くの障害者と家族。どうすれば安心して親がこの世を去ることできるのか、そして重い障害のある人が地域で自立して生きていくためには、何が必要なのか。番組では、さまざまな状況にある障害者と家族の日々に密着。息子のために自ら動き始めた両親、社会に実状を訴え続ける母親…。我が子には地域で幸せに生きてほしいと願う、家族の物語。

ETV特集「2つの家の物語 ~豪雨1年 広島・小屋浦~」
放送 2019年7月13日

毎年、子供たちの身長を刻んできた柱。みんなで笑った食卓。お父さんが作ったベランダ…。去年の西日本豪雨では、家族の思い出あふれる家を、多くの人が失った。番組では、広島の小さな集落で被災した2家族を取材。子供たちとの思い出が詰まった家に、どうしても帰ろうとする夫婦。認知症の夫のため、家を建てることに決めた88歳の妻。家はまさに「生きた証」だった。豪雨で奪われた居場所を取り戻そうとする2つの家族の物語。

ETV特集「反骨の考古学者 ROKUJI」
放送 2019年7月6日

弥生研究に生涯をかけた、伝説の考古学者の物語。男の名は森本六爾(1903-36)。アカデミズムに反抗する強烈な人格。真実を求めるせい絶な執念。埋もれていた六爾の野帳ノートが調査され、新事実が続々と浮かび上がっている。大胆で創造的な弥生研究を成し遂げた原動力とは何だったのか?共に闘った妻・ミツギの存在にも注目。32歳で亡くなった波乱の生涯にドキュメンタリーとドラマで迫る。

ETV特集「みかんの花が咲く谷で 豪雨から1年・農家たちの自叙伝」
放送 2019年6月29日

去年7月、“愛媛みかん発祥の地”とされる小さな集落が豪雨で壊滅的な被害を受けた。昭和の時代、“黄金なるなる”とみかん音頭を歌い、収穫では手弁当で助け合い「生産量日本一」の礎を築いた農家たち。今、再び立ち上がろうと大規模な畑の整備計画に期待をかけるが、被害を免れた木も切らなければならず、心は揺れる。そして春、未来に向けそれぞれの決断を下す…。今も昔も、みかんと共に生きてきた農家たちの歩みをつづる。

ETV特集「バリバイ一家の願い~“クルド難民”家族の12年~」
放送 2019年6月22日

埼玉県に暮らすクルド人一家。トルコで迫害に遭ったとして日本に逃れたものの、難民として認定されず、正規の在留資格がない。祖国にも帰れず先の見えない日々に父は自死。息子は入管施設に2年以上収容され、母の心配は募る。昨年息子は収容を解かれたが、長期の収容は息子や家族の心に傷を残す。今年4月から、外国人労働者の受け入れを拡大した日本。一方で難民認定率は1%未満だ。希望を失うまいとする一家の日々に密着した。

ETV特集「希望の大地~北海道 厚真町 ふたりの開拓物語~」
放送 2019年6月15日

北海道胆振東部地震の被害を受けた厚真町で、自宅に戻り農業を再開した夫婦がいる。松平功さんと信子さん。2人は傷ついた大地に新たな種をまく。新たな命が芽吹くことを信じて。厚真町高丘地区は明治の開拓期、石川県の人々が新天地を求め渡ってきた「希望の大地」だった。その歴史は水害や冷害など自然災害との苦闘の歴史そのものでもあった。先祖から受け継いだ大地を慈しみ、前へと向かう松平夫妻。そのたくましい姿を見つめる。

ETV特集「性犯罪をやめたい」
放送 2019年6月8日

もう性犯罪をやめたい。そう願う人たちが集まる精神科クリニックが横浜にある。ここでは、性犯罪を何度も繰り返す人たちを性嗜好(しこう)障害として治療し、性犯罪の再発を防ぐためのプログラムが行われている。今回、半年にわたる密着ロケが許された。痴漢、盗撮、のぞき、強制性交等…さまざまな性犯罪で逮捕歴のある人たちの声に耳を傾けると、彼らの犯行パターン、思考回路、そして社会に潜む意外な盲点が見えてきた。

ETV特集「北朝鮮 “帰国事業” 60年後の証言」
放送 2019年5月25日

いま、日韓で「帰国事業」の真相に迫る聞き取り調査が始まっている。これまで「つらい状況にあった」と一様に語られてきた北朝鮮での生活だが、時の政策や国際情勢によってう余曲折を経てきたことがわかってきた。日朝はもとより、冷戦下の米ソ、韓国など、東アジアの激動に帰国者は翻弄され続けてきたのだ。番組では決死の思いで北朝鮮を脱出した在日コリアンと日本人妻を取材。知られざる苦難の60年を新たな証言で描く。

ETV特集「傷ついた故郷と向き合う~熊本地震3年 南阿蘇村~」
放送 2019年5月11日

牛飼いの藤本義雄さん(85歳)は、1頭だけ生き残った牛を育てるのが、心の支えとなっている。地震とその後の大雨による土石流災害で壊滅的な被害を受けた老舗温泉旅館の河津誠さん(56歳)は、まずは名物「すずめの湯」だけでも再開したいと奔走する。崩落した阿蘇大橋の近くでレストランを経営していた増田一正さん(43歳)は、まずはキッチンカーでの営業を始めた。理想と現実との間で、懸命に生きる人たちの3年間の記録

ETV特集「九段 羽生善治~“AI世代”との激闘の軌跡~」
放送 2019年4月27日

去年末、竜王位防衛に失敗し、27年ぶりに無冠となった羽生善治九段(48歳)。タイトル通算100期という前人未踏の記録を目前にして、3回連続タイトル戦で敗北を喫した。苦戦の原因は、若手がAIを徹底的に活用して実力をつけたことに尽きる。豊富な経験に裏打ちされた中盤の「大局観」を武器に“AI世代”と向き合った羽生。去年の棋聖戦、竜王戦の激闘を振り返り、敗れてもなお、前を向いて戦い続ける羽生に密着した。

ETV特集「連合赤軍 終わりなき旅」
放送 2019年4月20日

連合赤軍事件から47年。事件の記憶が薄れていく中、連合赤軍とは何だったのか知りたいと、取材班は7年前から、服役を終えた元メンバーへの取材を続けてきた。理想の社会を目指しながら、数多くの人々の命をあやめるという大きな過ちを犯してしまったメンバーたち。終わりなき、葛藤の人生を追った。

ETV特集「すぐそばにいる他者の物語」
放送 2019年4月13日

私たちが気づかない「他者」の眼ふるまいに苦しんできた人々が自らの経験を語る舞台「生きづらさを抱える人たちの物語」が2019年1月に上演された。演出はアメリカ最高位の舞台芸術賞を受賞したピン・チョン氏。出演者は一般公募から選ばれた、視覚・聴覚・LGBTなど「生きづらさ」を抱える6人。それぞれの「生きづらさ」を舞台や彼らの日常を通して当事者たちの言葉で紡ぎ、発見していくノーナレーションドキュメンタリー

ETV特集「HOME 我が愛しの甲子園」
放送 2019年3月30日

メジャーリーガー大谷翔平や菊池雄星を輩出した花巻東高校野球部の佐々木洋監督。彼が師とあおぐ横浜隼人の水谷監督との間の知られざる絆の物語。師と弟子がそれぞれの思いを胸に挑んだ甲子園100回大会。その一年をアメリカの撮影チームが記録。昭和から平成、そして未来へ。時代とともに変えるべきもの、変えてはならないもの…教育の最前線にたつ指導者の葛藤、そして喜びとは…

ETV特集「彼らは再び村を追われた 知られざる満蒙開拓団の戦後史」
放送 2019年3月23日

昭和初期、国策により旧満州・中国東北部に渡った27万人の「満蒙開拓団」。終戦時、大きな犠牲を払い帰国した人々の多くは故郷に帰る場所もなく、新たな国策「戦後開拓事業」により国内の開拓地に向かっていた。そこは農耕に適さない高冷地も多く、苦難を強いられる。さらに高度経済成長期には国土開発の波に飲み込まれ、再び土地を去る者も多かった。旧農林省の内部文書や開拓者の証言を元に、知られざる戦後開拓の実像に迫る

ETV特集「誰が命を救うのか 医師たちの原発事故」
放送 2019年3月9日

福島第一原発の事故発生直後、福島に入っていった医師たちがいた。「安全神話」のもと原発事故時の医療の準備はほとんどなく、国の指揮命令系統は混乱に陥っていた。そんな中、汚染された住民の対応、爆発で負傷した自衛隊員の治療など、最前線で奔走した医師たちには、命をめぐる重い判断がゆだねられた。独自に入手した、数千に及ぶ医師たち自身の撮影による写真と映像から、当時の医療現場のすさまじい実態を明らかにする。

ETV特集「原発事故 命を脅かした心の傷」
放送 2019年3月2日

原発事故から8年。住み慣れた「ふるさとの喪失」が人々の心と体に何をもたらしたのか。NHK取材班は、苛酷な避難生活が続く中で命を落とした被災者の遺族が作成した『死に至る経緯書』を入手し、徹底分析。さらに「フラッシュ・フォワード」と呼ばれる独特の心理現象が被災者を苦しめている実態を伝える。

ETV特集 追悼 梅原猛「スーパー能 650年目の革新」
放送 2019年2月23日

先月亡くなった哲学者・梅原猛さんを追悼しての名作再放送。2013年、能の常識をくつがえす新作の公演が行われた。その名も「スーパー能・世阿弥」。梅原さんは目を閉じ、まるでシャーマンのように世阿弥の物語を語ることで台本を書き下ろす。主演・演出は当代随一の能楽師・梅若玄祥さん。伝統の型にはまらない梅原さんの本をいかにして「能」にするのか。新たな試みに果敢に挑み、スーパー能が完成するまでの18か月。

ETV特集「熊を崇(あが)め 熊を撃つ」
放送 2019年2月16日

太古より雪深い地で狩りをなりわいとしてきた山の民マタギ。東北の名峰・鳥海山のふもとには最後のマタギ集落のひとつとされる「鳥海マタギ」の村がある。熊を“山神様の使い”と崇(あが)め、狩った熊を“授かりもの”として大切に暮らしの糧としてきた。過疎化や環境の変化で狩りで暮らすことが難しくなりマタギは消滅の危機にある現代。それでも熊を狩り続ける、あるマタギの息詰まる熊との闘いと自然と共に生きる暮らしに迫る

ETV特集「宮沢賢治 銀河への旅~慟哭(どうこく)の愛と祈り~」
放送 2019年2月9日

宮沢賢治には、生涯をかけて愛した同い年の男性がいた。「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」などの代表作誕生の背景に、一人の男性との深い交流が明らかになる。残された賢治の手紙、ノート、資料などを改めて読み解くと、新たな賢治像が、驚きとともに浮き彫りになってくる。岩手の四季折々の景色や、ドラマを織り交ぜながら、賢治の心の風景にも迫る。賢治の作品を、これまでと違った視点で読みたくなること間違いない。

ETV特集 移住 50年目の乗船名簿 4▽理想郷の行方~ある開拓詩人一族の歳月
放送 2019年2月2日

昭和43年、一隻の船で南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」。ディレクター相田洋は、移住10年目、20年目、31年目と移住者を訪ねてきた。そして50年が経った2018年。人々はどのような人生を歩んだのか、4回にわたり放送。シリーズ最終回は、岩手からパラグアイに渡り、密林の中に「理想郷」を作ろうとした一人の男とその夢を受け継いだ一族が織り成す、想像をはるかに超えた半世紀の物語。

ETV特集 移住 50年目の乗船名簿 第3回「異郷に生きる」
放送 2019年1月26日

昭和43年、一隻の船で南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」。ディレクター相田洋は、移住10年目、20年目、31年目と移住者を訪ね、その暮らしを見つめてきた。そして50年が経った2018年。人々はどのような人生を歩んだのか、4回にわたり放送する。第3回はアルゼンチン、パラグアイという異郷に移住して生き抜いた人々の、驚くべき半世紀の歩みを追跡する。

ETV特集 ふたりの道行き「志村ふくみと石牟礼道子の“沖宮”」
放送 2019年1月19日

水俣を描き続けてきた作家・石牟礼道子さんと、長年の友人で人間国宝の染織家・志村ふくみさん。二人は最晩年をかけて「能」に挑んだ。舞台は、石牟礼さんの故郷、天草。人々を干ばつによる飢え死にから救うため雨乞いの生けにえとなった少女。その死と再生を描いた石牟礼さんの物語を、志村さんの衣装が彩る。齢(よわい)90を超えたふたりが、日本の行方を案じ、甦(よみがえ)りを念じた“道行き”を見つめる。

ETV特集 移住 50年目の乗船名簿 第2回「夢と希望と愛の軌跡」
放送 2019年1月5日

昭和43年、一隻の船で南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」。ディレクター相田洋は、移住10年目、20年目、31年目と移住者を訪ね、その暮らしを見つめてきた。そして移住者たちが日本を旅立って50年が経った2018年。人々はどのような人生を歩んだのか。4回にわたり放送する。第2回は、ブラジルの地に生きた人々の半世紀にわたる夢と希望と愛の軌跡を見つめる。

ETV特集 移住 50年目の乗船名簿 第1回「アマゾンに生きた人々」
放送 2018年12月29日

昭和43年、一隻の船で南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」。ディレクター相田洋は、移住10年目、20年目、31年目と移住者を訪ね、その暮らしを見つめてきた。そして移住者たちが日本を旅立って50年が経った2018年。人々はどのような人生を歩んだのか。4回にわたり放送する。今回は第1回。半世紀をかけて制作した空前の群像ドキュメンタリーが始まる。

半世紀かけて撮った人生 ついに放送 ETV特集「移住50年目の乗船名簿」
放送 2018年12月23日

50年前日本から南米に移住した人々が、どのような人生を歩んだのか10年ごとに取材する「乗船名簿シリーズ」を制作してきた元NHKディレクター相田洋(82)。今年も老体に鞭(むち)打ち「移住50年目の乗船名簿」を制作した。半世紀にわたる長期取材に相田を駆り立てたものとは?幼い頃の満州引き揚げ体験、海を渡った親族の存在…前代未聞・空前の大河ドキュメンタリー制作の背後に込められた知られざる思いを伝える。

Sponsored Links

RELATED POST