見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
ETV特集

ETV特集「人知れず表現し続ける者たちⅡ」の再放送は?アールブリュット展とは?

image

ETV特集とは?

ETV特集』は、さまざまな社会問題を取り上げるドキュメンタリー番組です。考えるヒントを提供する「心の図書館」であることを目指して制作されている番組です。放送は、Eテレ 毎週土曜日午後11時~です。

日曜日の午後9時~NHK総合で放送される『NHKスペシャル』が、科学・医療・社会・自然・災害・スポーツなどの幅広い分野の旬の話題を取り上げているのに対して、『ETV特集』は社会の闇に光を当てるようなちょっとマイナーな社会問題をテーマとして、問題を浮き彫りにしていく番組です。そこには、まだ世の中で十分な認識がされていない盲点とも言える問題が隠されている可能性があります。

ETV特集の再放送は?

ETV特集』の再放送は、Eテレ 毎週木曜日午前0時(水曜日の深夜)から放送されます。もちろん、スポーツイベントや選挙、その他重大事件の報道などで変更されることもありますので、同番組ホームページでご確認ください。
でも、もっと古い番組をみたい、いくつもの放送分をまとめてイッキ見したい、好きな時に見たい・・・なんていう場合には、動画配信サービスがオススメです。通常、動画配信サービスは、毎月の定額料金で配信されている番組が見放題になるというものです。

NHK番組なら「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。NHK番組の全てではありませんが、ドラマからドキュメンタリー番組までかなり広く番組を配信してくれています。

もう一つの方法は、U-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回のみ600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!
ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

ETV特集「人知れず表現し続ける者たちⅡ」

放送  2018年2月10日(土)午後11時~
再放送 2018年2月15日(木)午前0時~

image

放送前の予告

去年2月に第1弾となる「人知れず 表現し続ける者たち」が放送されました。今回は第2弾ということで昨年の秋にフランス・ナント市で行われた日本のアールブリュット「KOMOREBI」展をベースに放送します。そのアールブリュット展では、無名の日本人アーティストたちが本場で絶賛されました。その日常から創作の源泉に迫ります。「表現」とは?「生きる」とは何か?

アール・ブリュット(生の芸術)」とは、既存の美術や流行、教育などに左右されず、内なる衝動のままに表現した作品のことを言います。よく、障害者アートと勘違いされることがありますが、作者の障害の有無には全く関係ありません。誰のためでもなく表現し続ける人たちが放つ、圧倒的な凄(すご)みがあります。去年秋、フランス・ナント市で日本の作家42人による大規模な展覧会が開かれました。言葉や国境を越え、人々の心を揺さぶる「唯一無二」の表現に見る者は魅了されました。作家たちの日常を見つめ、その創作現場から、「表現」と「生きること」の意味を問いかけます。

昨秋開催された日本のアールブリュット「KOMOREBI」展は、日本のアール・ブリュットが持つ独特の視点や世界観を4つのカテゴリーに分けて展示されました。一つめは“ポップカルチャー”をテーマに、アニメ、漫画、映画等をテーマにした作者を紹介。二つめは“都市”。三つめは、個人的なルールに基づいて見直した世界“グラフィック・独創の宇宙” 。四つめは“内側の光景・親密な光景”。この4つのテーマにより、最近になり見出された作品など、海外初出展の作品も多く展示されました。

番組スタッフが伝えたい番組のみどころとは?

前回取材した作家とは違う3人の作家が登場します。三者三様といいますか、それぞれ魅力的なので3人の作家の世界に浸ってもらえたらと思います。第1弾の「人知れず表現し続ける者たち」が作家の周りで支える人たちの物語だとしたら、第2弾ではフランスでの展覧会の様子を入り口に、作家本人の内面に広がる世界に入ろうとしています。一般的にアール・ブリュットやアウトサイダーアートというと、「内なる衝動のままに創作した作品」という漠然とした言葉で形容されますが、その「内なる衝動」もそれぞれ有り様が違い、色々な想いや背景があります。「なぜ描くのか?」「なぜ創るのか?」そんな問いかけを頭の片隅に置きながら観てもらえると、より番組を楽しめるのではないかと思います。

Sponsored Links