見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
BS1スペシャル

BS1スペシャル「日本人はどこから来たのか?3万年前の航海全記録」の再放送・見どころは?

38177F04-7A45-41FD-8042-D4F300F36921

BS1スペシャル

BS1スペシャル」は、“注目スポーツの舞台裏” “世界と日本の「いま」” “時代の知られざる真実” など、ドキュメンタリーを中心に大きなスケールで迫るBS1の大型特集番組です。日曜夜間や祝日などを中心に随時放送されています。

BS1スペシャルの再放送は?

BS1スペシャルの再放送は随時放送されています。詳しい放送予定は、公式サイトでご確認ください。

また、「BS1スペシャル」の見逃し配信は、「NHKオンデマンド」や「ユーネクスト」で配信されています。ただし、全ての番組が配信されるわけではありませんので、ご留意ください。

2019年11月4日に放送されたBS1スペシャル「日本人はどこから来たのか?~3万年前の航海 全記録~」の動画は現在、ユーネクストで配信中です。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)を使ってNHKオンデマンドの「見逃し見放題パック」あるいは一作品を単品で購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2019年11月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

BS1スペシャル「日本人はどこから来たのか?~3万年前の航海 全記録~」

放送 2019年11月4日(月)午後10時~[BS1]

F824F6C2-EEFA-431D-A77B-8BDD74C81DF2

放送前の予告

なぜホモ・サピエンスだけが大海原を越え日本列島に到達できたのか?この謎に挑む人類学者や考古学者たちが、実際に古代の技術や道具で製作した船で、台湾から沖縄へ渡海する実験に挑みました。苦節6年間の挑戦の末、7月、ついに200kmの航海に初成功、人類学に大きな一歩を刻みました。大海原で繰り広げられた苦闘の航海の裏側に独占密着。冒険を可能にした人間ならではのチカラとは?

【語り】満島ひかり

38177F04-7A45-41FD-8042-D4F300F36921

この番組を視聴して・・・ひと言

人類はなぜ海を渡るのか?それは、海の向こうにある世界を見たいという冒険心・希望・ロマンかもしれませんね。台湾から沖縄までの航海で一番の難関は、黒潮を横断すること。藁船や竹船では黒潮を横断できず、丸木舟での横断に挑戦します。また、進路の方向は陸地の景色・星・太陽などで確認するしかありません。それでも、逞しい5人のチャレンジャーたちは台湾から与那国島までの航海を成功させました。45時間の航海でした。大昔のホモ・サピエンスたちも、リーダーの原さんが感じたという「幸福感」を感じたことでしょう。

「BS1スペシャル」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

過去の関連番組

NHKスペシャル シリーズ人類誕生・第3集「ホモ・サピエンス ついに日本へ!」

放送 2018年7月15日(日)午後9時00分~

C99E0CFA-A639-4DBD-A647-A342A25FAD4D

私たちヒト=ホモ・サピエンスの人口は、今や世界に76億。地球上のあらゆるところに生息し、生物史上、類を見ないほどの大繁栄を遂げています。かつてホモ・サピエンスより前に、生息域を広げ始めた人類たちもいましたが、世界中に拡散することは出来ませんでした。なぜ、サピエンスだけが世界中に生息域を広げることが出来たのでしょうか?実は、その謎を解くカギが日本にありました!

およそ8万年前、誕生の地・アフリカを出て、世界へと拡散を始めたホモ・サピエンス。大きな障壁となったのが、大海原と極寒の大地でした。日本へ至る道は、大海原を渡るルートと、極寒の大地を越える北ルートのいずれかしかありません。つまり、日本は、当時の地球上で「最も到達困難な場所」だったのです。

ホモ・サピエンスは、進化の中で獲得した能力に磨きをかけることで、この快挙を成し遂げました。日本への旅によって、強く、たくましく、そして賢くなっていったのです。その後、地球上のあらゆる場所に進出し、数を増やすことができたのは、日本列島への道のりで見せたような、困難を乗り越える力をホモ・サピエンスが持っていたからなのです。

シリーズの最終回では、ホモ・サピエンスが日本に到達するまでの遙かなる旅を追い、障壁を乗り越えた能力に迫りつつ、今や地球の覇者となった私たちホモ・サピエンスの進化の行く末を見据えて行きます。

この番組の動画はユーネクストで視聴することができます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

番組スタッフのコメント

【この番組を企画したきっかけ】

太古の昔、大陸から日本列島に海を越えてやってきたホモ・サピエンスの旅路を、実際に古代の材料と技術だけで舟を作り、再現実験で明らかにする。そんな計画を聞いたのは今から4年前の事です。国立科学博物館が始めた、この壮大な実験プロジェクトを、こんなに長く記録することになるとは、当時は思ってもみませんでした。私たちは実験の失敗や、資金難などプロジェクトが直面した数々の壁や逆境も含め、ずっと記録してきました。2016年に行われた草舟での最初の実験、2017年に行われた竹筏による台湾での実験、そして今年の夏に行われた丸木舟での最後の挑戦。これらを総集編としてまとめたのが今回の企画です。4年にわたる汗と涙の詰まった、前代未聞の実験プロジェクトの全貌をお届けします。

【制作でこだわった点、もしくは、苦労した点】

「3万年前の航海徹底再現プロジェクト」と名付けられた実験には、様々な壁が立ちはだかりました。中でも我々を最も悩ませたのは「天気」でした。実験航海を成功させたいプロジェクトのメンバーは、最も条件の良い日に出航したい。しかし、風も波もない凪の日は、そうそう訪れません。スケジュールを立てて撮影に臨んではキャンセルする。スタッフは、これを繰り返しながら、じっと船出を待つ。そんな忍耐の日が続きました。

【取材をする中で印象に残った言葉】

プロジェクトに海のプロとしてずっと関わってきた総監督が、古代の人々が島を求めて海にこぎ出した気持ちを、実験が全て終わった後に語ってくれました。「やっぱり希望だよね。希望があるから行くんだよね。そして勇気。希望と勇気があれば、人間は(海を越えて)行っちゃうんだよね」。実際に台湾から与那国島まで200キロの航海を成功させた後だけに、実感と説得力がありました。

Sponsored Links

RELATED POST