見逃したテレビを見る方法
BS世界のドキュメンタリー

ユダヤ人を救った謎の感染症・K症候群とは?BS世界のドキュメンタリーの再放送・動画配信は?

見逃した「BS世界のドキュメンタリー」は、ユーネクストで視聴できます!

「BS世界のドキュメンタリー」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。もちろん、NHK番組以外のドラマやアニメ、映画、バラエティー番組などもたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

見逃した「BS世界のドキュメンタリー」は放送日の翌日から配信される予定です。

なお、配信期間は約2週間となります!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「BS世界のドキュメンタリー」ってどんな番組?

放送 火曜日~木曜日の午前0時~[BS1]

BS世界のドキュメンタリー」は世界のテレビ局やプロダクションが制作したドキュメンタリーを放送している番組です。テーマは戦争、環境、貧困、南北格差などの時事問題を中心にテクノロジー、音楽、ライフスタイルなどについても取り上げています。さらに、世界を揺るがせた大事件のその後を追った番組や家族や子どもに焦点をあてたヒューマンストーリーも放送します。

世界で制作されているドキュメンタリーは演出もスタイルもテーマも実に様々また世界中のいたるところで制作されています。

制作者からの連絡、番組配給会社のカタログ国際ドキュメンタリー祭の企画会議や受賞作品など様々なソースからドキュメンタリーの情報を集め見応えのある番組を制作しているのです。“知られざる世界のいまを独自の視点でリアルにビビッドに描きたい” 世界中の制作者は、自分たちを取り巻く現実と真摯に向き合っています。その熱いメッセージを受け止めてみませんか。

Sponsored Links

BS世界のドキュメンタリーの再放送・見逃し動画配信は?

BS世界のドキュメンタリーの再放送は、月曜日〜金曜日午後6時〜放送されています。詳しい放送予定は、公式サイトでご確認ください。

また、「BS世界のドキュメンタリー」の見逃し動画配信は、「NHKオンデマンド」や「ユーネクスト」で配信されています。ただし、配信期間はほとんどが2週間程度となりますのでご留意ください。また、全ての番組の動画が配信されるわけではありません。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2020年8月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

BS世界のドキュメンタリー「K症候群 ユダヤ人を救った謎の感染症」

放送 2020年8月12日(水)午前0時〜[BS1]

放送前の予告

ナチスが占領したローマ。ユダヤ人の間で謎の感染症“K”が広まり、バチカン近くの病院に収容された。しかし、すべては強制収容所送りから救うための偽装工作だった…。

第二次世界大戦末期のテベネフラテッリ病院。ユダヤ人居住区から多くの住民がホロコースト送りとなる中、イタリア人や若いユダヤ人の医師団が「K症候群」という謎の感染症をでっちあげ、ドイツ軍のガサ入れから収容者を守りました。ヒトラーに“そんたく”を続けた時のローマ教皇の姿も交えた、奇想天外な歴史の一幕を、再現ドラマやアニメを交えた演出で。

原題:Syndrome K(2020年 アメリカ・イタリア)

見逃した「BS世界のドキュメンタリー」はU-NEXTで視聴できます!

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

↓↓↓↓↓

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

多くのユダヤ人の命を救った「K症候群」とは?

ナチスドイツが快進撃をしていた1943年、同盟国のイタリアでも、ユダヤ人狩りが広がっていた。そのころ突然、謎の感染症が発生した。

この感染症は「K感染症」と呼ばれていた。患者はローマ市内を流れるテヴェレ川の中州にある修道院経営の病院に送られていた。実際のところ、どんな感染症なのか。あるとき、ナチス兵が調べに来た。スタッフは冷静に対応し、「K感染症」の患者の悲惨な状態を説明する。ナチス兵は早々に捜索を切り上げ、病院をあとにした。

「K感染症」は、実は、院長らがユダヤ人をかくまうためにでっち上げた架空の病気だった。病院ではユダヤ人を保護していただけではない。レジスタンスの人たちとも連絡を取り合っていた。世界史上、この「K感染症」ほど多くの人命を救った感染症はないのだという。

人類は「パンデミック」を どう生き延びたか [ 島崎晋 ]


人類は「パンデミック」を どう生き延びたか [ 島崎晋 ]

見えない何かに襲われる…。栄華を極めた国家も、トップに君臨した権力者も、あらがえない不安と恐怖に支配される感染症。時代をさかのぼると、今まで知らなかった“人間の本性”と“歴史の真相”が見えてくる。本書は、「パンデミック」が変えた歴史秘話の決定版。

Sponsored Links

RELATED POST