見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
ひよっこ

茨城弁の一覧!朝ドラ「ひよっこ」で話題に!

image

茨城弁が面白い朝ドラ「ひよっこ」

茨城県って関東地方なのですが、都心からは少し距離を感じる場所ですよね。
中には、東北地方と間違えている方もいます。
「いばらき」を「いばらぎ」と間違って濁って発音してしまう人もいます。
それぐらい、茨城県って他県の方からは馴染の薄い県だったのかもしれません。
その茨城県が、4月からスタートした朝ドラ「ひよっこ」で一躍話題の県になっています。
のどかな田園風景、そして、独特の方言「茨城弁」です。
ちなみに、「ひよっこ」にも出演している女優の羽田美智子さんは茨城県出身なのでさすがにナチュラルですね。でも、その他のキャストの皆さんもお上手に茨城弁を話しています。
聞きなれてくると、茨城弁ってとっても味があって人懐っこい感じがしていいですよ。

image

茨城弁の特徴

茨城弁は、福島県や栃木県の影響を受けているようですが、かなり独特の方言ですよね。
その茨城弁の主な特徴はこんな感じです。
これを知っているだけでも、随分、茨城弁の理解がすすむと思いますよ。

1.語尾に「べ」「っぺ」がつく

「なんだろう」⇒「なんだっぺ」

2.か行・た行が濁音になる

「出来る」⇒「でぎる」

3.「い」が「え」になったり「え」が「い」になったりする

「考える」⇒「かんがいる」

4.「あい」「あえ」が「えー」に、「あう」が「あー」になる

「帰る」⇒「けーる」 「材木」⇒「ぜーもく」

5.か行・さ行の変格活用動詞が特徴的

「まだ来ない」⇒「まだきない」

6.助詞「へ」「に」が「さ」になる

「どこへ行く」⇒「どこさ行く」

7.濁音が清音や半濁音になる

「恥ずかしい」⇒「はつかしい」

Sponsored Links

代表的な茨城弁の一覧

代表的な茨城弁をご紹介します。
矢印の左側が茨城弁で、右側が標準語です。

「ほげほげ」⇒「満足」
「しみる」⇒「寒い」
「ちくらっぽ」⇒「嘘」
「かだす」⇒「片づける」
「おこうこ」⇒「漬物」
「いがい」「えがい」⇒「大きい」
「ごじゃっぺ」⇒「いい加減(な人)」
「にんこ」⇒「おにぎり」
「やっちゃごっちゃ」⇒「めちゃくちゃ」
「ゆんべかた」⇒「昨夜」
「らいさま」⇒「雷」
「おっちぬ」⇒「死ぬ」
「きる」⇒「来る」
「あつこい」⇒「厚みがある」
「おもしー」⇒「面白い」
「やーこい」⇒「柔らかい」
「へづまんねー」⇒「つまらない」
「ぬるっこい」⇒「温かい」
「ちっちぇ」「ちんこい」⇒「小さい」
「こわい」⇒「疲れた」
「しみじみ」⇒「しっかり」
「ほどんと」⇒「ほとんど」
「いがっぺよ」⇒「いいんじゃない」
「ろっこく」⇒「国道六号線」
「しゃあんめえ」⇒「仕方がない」

Sponsored Links

朝ドラ「ひよっこ」を見逃した方へ

見逃した朝ドラを見るには、まずは毎日(同日)午後0:45~や毎週土曜日午前9時30分~BSプレミアムで再放送されますので、それを見るのが一番ラクチンですね。また、当日の深夜にもBSプレミアムで再放送されます。でも、休日にゆっくりと「イッキ見」したい方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

動画配信サービスと言えば、dTVHuluU-NEXTなどに代表される定額制動画見放題のサービスのことです。多少詳しい方なら、NHK番組は「NHKオンデマンド」という動画配信サービスで見れるということもご存じかもしれませんね。でも、大河ドラマ・朝ドラ・ブラタモリ等のNHK番組ファンの私は、このNHKオンデマンドを使っていません。何故なら、NHKオンデマンドはNHK番組しか見れないからです。せっかく使用料を払って動画を見るなら、NHK番組だけでなく民放のドラマやアニメ、映画も見たいからです。

そんな私が利用しているのが「U-NEXT(ユーネクスト)」なんです。このU-NEXTは、映画・ドラマ・アニメ等の作品が120,000本以上配信されている日本最大級の動画配信サービスなんです。その上、雑誌も70誌以上が無料で読み放題なんです。また、アカウントが4人分もらえるので家族4人が別々の端末で利用できるという他社にはない嬉しいサービス付きです。そして、もう一つのメリットは、毎月1,000円分U-NEXTポイントがもらえるということです。(ただし、最初の登録時は600円分です。)このU-NEXTポイントは、最新のドラマや映画など有料レンタル作品を視聴する時に使えるほか、NHKオンデマンド配信作品を見る時にも使えるんです。また、このポイントで電子書籍を購入することもできるんですよ。このように、動画・雑誌・電子書籍という多彩なサービスでは、U-NEXTが一番進んでいるんです。

さらにさらに、もう一つ嬉しいことは、このサービスを試してみたい方に、31日間無料トライアルを実施しているということです。ネット上で簡単に登録手続きするだけで、31日間は映画・ドラマ・アニメ等の作品が見放題、雑誌も読み放題なんです。この期間に思う存分使って使い勝手などを体験することができるんです。気に入らなければ、無料トライアル期間中ならいつでも簡単な手続きで解約することができます。もちろん、解約で違約金をとられることもありません。この無料トライアルでも、600円分のポイントがプレゼントされますから、そのポイントで最新作品を見たり、電子書籍を読んだりすることもできます。特典いっぱいの無料トライアルで、アナタもエンタメライフをエンジョイしてみてはいかがですか。

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

>> 朝ドラや大河ドラマ等のNHK番組を見るならU-NEXT(ユーネクスト)がオススメ!

また、U-NEXT/ユーネクスト 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ!

↓↓↓↓↓

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2017年4月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links