見逃したテレビを見る方法
NHKスペシャル

NHKスペシャル「睡眠負債が危ない」の再放送・見どころ!睡眠不足の蓄積が命取りに!?

見逃した「NHKスペシャル」はユーネクストで視聴できます!

「NHKスペシャル」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。U-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

過去に放送された「NHKスペシャル」の豊富な作品が視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

見逃した「NHKスペシャル」の再放送・動画配信は?

NHKスペシャルの再放送は、NHK総合テレビで放映されます。本放送日の翌週または翌々週など2週間以内の平日の深夜に再放送されることが多いので、番組表を調べるかNHKスペシャルの番組公式サイトでご確認下さい。反響が高い番組は、何度も再放送されています。でも、深夜の放送ということもあり、休日にゆっくりと見たいという方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

「NHKスペシャル」の見逃し動画は、NHKオンデマンドやユーネクストで配信されています。ただし、「NHKスペシャル」の全ての番組が配信されるわけではありません。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

>> 「まるごと見放題パック」はU-NEXTの無料トライアル特典でお得に!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2017年6月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

睡眠負債が危ない

image

この番組を見れば、「睡眠不足」を甘く見てはいけないということがよくわかります。
副題にあるとおり「ちょっと寝不足が命を縮める」ことにつながるかもしれないのです。
何故なら、「がん」「糖尿病」「心臓病」「認知症」など、数々の重大疾病と「睡眠不足」には、強い関連があることが分かってきたからなんなです。

睡眠負債とガン・認知症の関係

私たちの身体の中では、常に免疫細胞が働いてガン細胞を退治してくれているんです。でも、睡眠不足が続くと免疫細胞に異常が生じ働きが低下することから、ガン細胞が増殖しやすくなることが解ってきました。

また、アルツハイマー等の認知症は、脳内にアミロイドαという物質が蓄積されることが原因と言われています。でも、充分な睡眠をとっていればそのアミロイドαは眠っている間に脳から排出されるのですが、睡眠不足が続くとアミロイドαが排出されずに脳内に蓄積されて認知症を発症しやすくなることもわかってきました。

睡眠負債は認識されにくい

でも、「私は、毎日しっかり6~7時間の睡眠をとっているから大丈夫!」と思っていたら大間違いです。睡眠不足は、忙しくて十分な睡眠時間が取れない人やストレスを抱えて眠れないという人でなくとも、起こりうるんです。そして、ちょっとした寝不足が蓄積することによって、命にかかわる病のリスクを高めたり、日々の活動のパフォーマンスを劣化させたりしていることが明らかになってきました。

毎日6時間程度の睡眠をとっている人は、日中に眠気を感じることなく活動していても、気づかないうちに仕事やスポーツ等のパフォーマンスは低下しているんです。

今、世界の研究者たちは、この「わずかな睡眠不足が積みあがっていく現象」を「睡眠負債」と名付け、その解消こそが健康寿命の延ばすために欠かせないアプローチであるということを指摘しているのです。

Sponsored Links

睡眠負債のチェック方法

睡眠負債の一番わかりやすいチェック方法は、窓に目張りをして時計など時間のわかるものを置かずに目が覚めるまで寝るという方法です。この結果、普段の睡眠時間より2時間以上も眠った人は睡眠負債のリスクが高いと考えられます。実際に、番組の中で実験した場合、約6割の人が睡眠負債のリスクがあるということが解かりました。

もう一つのチェック方法はチェックリストです。番組の中で8問の質問に答え、その回答から睡眠負債のリスクの程度を高・中・低に分類します。番組放送中にこのチェックに参加した視聴者は約25万人にのぼり、その回答の結果、睡眠負債のリスクが「中程度」あるいは「高い」と判定された人が全体の約6割にも上りました。やはり、知らず知らずのうちに「睡眠負債」のリスクを抱えている人は潜在的に多くいることが解かりました。

注意すべきこと

番組の中では、二つの注意事項も示されました。一つは、就寝前にベッドでスマホを使うのは厳禁ということです。本来、就寝前にはメラトニンが発生して眠気を引き起こしてくれるのですが、スマホを使っているとメラトニンの働きが抑制され、眠気を妨げてしまうのです。

もう一つは、朝は日の光を浴びて上を向いて歩くと良いということです。朝に強い光を浴びることで、体内時計がリセットされるからです。

image

Sponsored Links

RELATED POST