見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
NHKスペシャル

NHKスペシャル「ジオ・ジャパン第1集」の再放送・見どころ!日本列島誕生の四大事件とは?

image

見逃した「NHKスペシャル」の再放送は?

NHKスペシャルは、NHK総合テレビでの再放送が放映されますので、まずは、それで視聴されることをオススメします。多いパターンとしては、翌週または翌々週など2週間以内の平日の深夜に再放送されることが多いので、番組表を調べるかNHKスペシャルのWebサイトでご確認下さい。反響が高い番組は、何度も再放送されています。でも、深夜の放送ということもあり、休日にゆっくりと見たいという方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 31日間の無料トライアル!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2017年7月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

列島誕生ジオ・ジャパン第1集 奇跡の島はこうして生まれた

2017年7月23日(日) 午後9時~放送。

image

私たちが暮らす日本列島は、地球上の陸地のわずか1%にも満たない狭い国土なのですが、その中には宝物のような絶景が満ちあふれています。さらに不思議なことに、大海原のただ中の島国なのに、なぜか三千m級の山々がそびえているんです。
日本列島は、どうやって生まれ、どんなドラマを経て、今の姿となったのでしょうか?

image

最新科学は、数千万年に及ぶ「列島誕生の大地の物語」を解き明かしつつあります。
そして、地球史上まれな「奇跡的な四大事件」があったからこそ、列島がここに存在していることを突き止めました。『ジオ・ジャパン』では、日本各所の絶景や、はるかな時空を超えたタイムトリップCG、そして列島誕生と深く結びついた「和食」を読み解くスタジオから、日本の大地のドラマを描きます。

このシリーズの第1集は、『奇跡の島はこうして生まれた』です。3000万年前、今の日本列島の位置には陸地もなかった。いったい何が起きて、大海原の中に島々が誕生したのでしょうか?そこには、想像を超えた驚くべき大地のドラマがあったんです。

出演は、劇団ひとり、指原莉乃(HKT48)、巽好幸(神戸大学教授)、和久田麻由子アナウンサーです。

Sponsored Links

日本列島が生まれた四大事件とは?

大昔には日本列島はなかったんです。それが、4つの大事件によって奇跡的に今の日本列島が生まれたというのです。その4つの大事件とは・・・

1.引きちぎられた大地
2.火山島の連続衝突
3.地球最大規模の噴火
4.突然の列島大隆起

そして、2週連続で放映されるわけですが、今回は最初の2つの事件を詳しく見ていきます。大陸から引きちぎられて日本列島の元になる島ができ、そこに南から火山島が連続衝突して、今の日本列島の原型ができたと考えられているんです。

引きちぎられた大地

岐阜県の飛水峡(ひすいきょう)にある火成岩の地層が、ロシアのハバロフスクにある地層と同じであることが解かりました。つまり、日本列島は、大昔はロシアと繋がった大陸の一部だったということです。
また、もう一つのアプローチでは、火成岩の中には鉄が含まれていて、その鉄が方位磁石の役割を果たしていることから、鉄が向いている方向でその地層ができた時の向きがわかるというのです。日本列島の火成岩からその地層ができた時の方向を調べた結果、西日本と東日本では北を示す方向が違うことが解かりました。そのことから推測できることは、日本列島は大陸のヘリが引きちぎられて、西半分と東半分が別々の方向に回転しながら移動して出来たということです。

では、日本列島はどうして太平洋側へ移動していったのでしょうか?
それは、太平洋プレートが沈み込むことにより、その西側のプレートも下へ引っ張られていったからだと考えられています。

火山島の連続衝突

富士山の南方に位置する丹沢山地には、枕状溶岩(海の中でマグマが固まったできたもの)やサンゴ、オウムガイの化石が発見されています。これは、丹沢は大昔には南の海の火山島だったことを示しているんです。フィリピン海プレートの東端が日本列島の南まで移動し、その端に沿って南北に火山島が一列に並んでいたそうなんです。その後、フィリピン海プレートが北へ移動しはじめ、火山島が日本列島に次々に連続衝突していったというのです。それまで、日本列島は西半分と東半分に分かれていましたが、その間を埋めるように火山島が連続衝突して日本列島は一つにつながったんです。こうしてできたのが、富士山であり丹沢山地であり伊豆半島なんです。やがて、その山々から土砂が流れ出し、今の関東平野ができたと考えられています。

日本で愛されている桜について視点を向けてみると、もともと南の島に咲いていた大島桜は、火山島の衝突によって日本列島にやってきて新たな品種「ソメイヨシノ」が生まれたと考えられています。

Sponsored Links

「ジオ・ジャパン第2集」は、こちらをご覧ください。

>> NHKスペシャル「ジオ・ジャパン第2集」の再放送!日本列島誕生の謎と山国となった理由!