見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
NHKスペシャル

NHKスペシャルが原爆死ホットスポットにビッグデータで迫る!再放送・見どころは?

image

見逃した「NHKスペシャル」の再放送は?

NHKスペシャルは、NHK総合テレビでの再放送が放映されますので、まずは、それで視聴されることをオススメします。多いパターンとしては、翌週または翌々週など2週間以内の平日の深夜に再放送されることが多いので、番組表を調べるかNHKスペシャルのWebサイトでご確認下さい。反響が高い番組は、何度も再放送されています。でも、深夜の放送ということもあり、休日にゆっくりと見たいという方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 31日間の無料トライアル!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2017年8月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

原爆死 ビッグデータで迫る72年目の真実

2017年8月6日(日) 午後9時~放送。

image

広島に原爆が投下されてから72年目を迎えます。
その広島には、世界にも類をみない「戦災ビッグデータ」があります。1945年8月6日から現在に至るまで、広島市が蓄積してきた約55万人に及ぶ被爆者たちの記録『原爆被爆者動態調査』です。被爆直後、警察が医師とともに作成した検視調書や、救護所などがまとめた死没者名簿の上に、戦後、市が集めた戦災調査や個人データも加えられ、今も更新が続けられている膨大な超一級データです。

image

NHKは今回、この膨大なデータを初めて広島市から入手し、最新のビッグデータ解析技術を駆使し、時系列に並べて地図に落とし込みました。すると、特定の被爆地・死没日・死因に極端な死者数の偏りがある「原爆死ホットスポット」が存在していたことがわかったのです。なぜ、「原爆死ホットスポット」が生まれたのか?そして、人々はそこでどのようにして亡くなっていったのか?
原爆投下から72年目を迎える今、知られざる被爆の真実に迫っていきます。

Sponsored Links

死のドーナツ地帯

広島に原爆が投下された日に亡くなった人は53,644人にのぼりますが、実は爆心地から500m~1,500mののドーナツ地帯で翌日以降にも毎日のように死亡者が出ていました。この人たちはどうしてなくなっていったのでしょうか?
想定されるのは、原爆による光線を浴びた人体の血管が破裂して、その周りの組織が死滅し皮膚がはがれて2~3日後に死亡したものと見られています。また、その状況で生き残った場合でも、感染症に襲われて亡くなったケースも多いのではないかと見られています。

爆心地から2.5km以上離れた地域でも・・・

原爆投下から2週間経ってから、急性被爆症で亡くなった方が増加しています。爆心地から2.5km以上離れた南観音町でも急性被爆症で多くの方が亡くなっています。その原因は、放射能ほ帯びた粉塵を吸い込んだことによる内部被爆ではないかと考えられています。

また、己斐町では放射能を帯びた黒い雨が降り川を流れて土壌に集まってきたことによって被爆したのではないかと考えられています。

これまでは、爆心地から2.5km以上離れた場所では放射能の影響は少ないと言われていましたが、今回のビッグデータの分析では爆心地から2.5km以上離れた場所にも見過ごされていた原爆死があったということを物語っています。

Sponsored Links