見逃したテレビを見る方法
NHKスペシャル

NHKスペシャル「黒潮」の再放送・見どころは?世界最大の渦巻く不思議の海!

見逃した「NHKスペシャル」はユーネクストで視聴できます!

「NHKスペシャル」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。U-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

過去に放送された「NHKスペシャル」の豊富な作品が視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

見逃した「NHKスペシャル」の再放送・動画配信は?

NHKスペシャルの再放送は、NHK総合テレビで放映されます。本放送日の翌週または翌々週など2週間以内の平日の深夜に再放送されることが多いので、番組表を調べるかNHKスペシャルの番組公式サイトでご確認下さい。反響が高い番組は、何度も再放送されています。でも、深夜の放送ということもあり、休日にゆっくりと見たいという方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

「NHKスペシャル」の見逃し動画は、NHKオンデマンドやユーネクストで配信されています。ただし、「NHKスペシャル」の全ての番組が配信されるわけではありません。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

>> 「まるごと見放題パック」はU-NEXTの無料トライアル特典でお得に!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2017年9月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

「黒潮~世界最大 渦巻く不思議の海~」

2017年9月17日(日)午後9時~放送。

image

日本人の暮らしや文化に影響を与えてきた、海のハイウエー「黒潮」。このエネルギーの奔流は、多くの謎に満ちています。黒潮は、もともと極めてプランクトンが乏しい海流なんですが、それなのにどうして、カツオやマグロなどの無数の魚群を養えるのか?さらに、どのようなメカニズムで日本列島に湿潤な気候をもたらしているのか?こうした謎が、最新の研究で解明されつつあります。

スーパーコンピューター「地球シミュレーター」や、精度を増す人工衛星の観測データが突き止めた黒潮の姿は、至る所で大小無数の「渦」を巻く、世界にも例を見ない流れだったんです。この「渦」が黒潮を豊かな流れへと変え、「低気圧のゆりかご」を生み出し、多くの雨を降らせていたのです。

image

さらに、研究からは、渦の生成に、日本沿岸の複雑な海岸線や海底の地形が深く関わっていることがわかってきました。黒潮は日本の風土を形作る一方で、日本列島と出会うことで初めて生み出された「奇跡」の流れだったんです。番組では、黒潮源流部のフィリピン沖から太平洋中緯度の「黒潮の墓場」までの1万キロを、カツオの「旅」と人々の営みを交えて辿っていきます。

Sponsored Links

黒潮の源流

黒潮の源流に近いフィリピンのカタンドゥアネス島。この島の住民の生活を支えているのはカツオ漁です。漁船の水揚げの大半はカツオなのですが、脂はのっていなくて痩せたカツオです。この近辺の漁場は風が強く漁に出られない日が多いため、カツオを塩漬けにして保存食にもしているんです。

実は、黒潮の源流はとっても透き通った海で、プランクトンや小魚などの栄養が少ないんです。だから、この海域で獲れたカツオは痩せているんです。この海域は「海の砂漠」とも呼ばれるほど過酷な海で、ここで生まれたカツオは共食いしながら育つそうです。

黒潮が日本列島と出会う

フィリピン沖から北上した黒潮は、屋久島の近海で日本列島に出会います。屋久島近海の海底地形から渦が発生し、さらに日本列島の入り組んだ地形から、足摺岬・室戸岬・潮岬にぶつかるたびに渦が大きくなっていくんです。この渦は、数キロの小さいものから数百キロの巨大な渦にまで成長してくことが解かりました。そして、その渦は海底の栄養分を巻き上げ、渦に巻き込まれた植物性プランクトンが光合成で爆発的に増殖し、カツオたちのご馳走になっていたのです。

黒潮の研究をしているJAMSTEC(海洋研究開発機構)の御山透さんによると、黒潮が九州沖、四国沖、東海沖、三陸沖と北上するほどプランクトンの量がどんどん増加していくことがわかりました。黒潮は、日本列島に出会い豊かな流れになっていったんですね。

黒潮の豊かな栄養は渦だけではなかった

黒潮の熱・湿気が雨雲を作り、日本列島に雨を降らせ、森に降った雨水が落ち葉や土に染み込み、落ち葉をミネラルに変え、そのミネラルが水に溶けて川に流れ込み、たっぷりミネラルを含んだ川の水が大海へと流れ込んでいるんです。水が海陸を循環しながら、陸上の田畑にも、そして海にも豊富なミネラルを届けてくれているんです。

宮崎県日南市のカツオ一本釣り漁船「第五清流丸」は、2月に出航してから初冬までカツオを追って北上していきます。秋には、世界三大漁場のひとつ、三陸沖でカツオ漁をしていました。この海域は、黒潮と親潮がぶつかり、無数の渦が栄養満点の漁場を作っていたんです。

母なる流れ「黒潮」は、今日も命の物語を紡ぎ続けています。

Sponsored Links

RELATED POST