見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
NHKスペシャル

NHKスペシャル「消えた弁護士たち 中国の法治社会の現実」の再放送・見どころは?

58146F4B-59F5-46DB-8AAB-3C71F0945A65

見逃した「NHKスペシャル」の再放送は?

NHKスペシャルは、NHK総合テレビでの再放送が放映されますので、まずは、それで視聴されることをオススメします。多いパターンとしては、翌週または翌々週など2週間以内の平日の深夜に再放送されることが多いので、番組表を調べるかNHKスペシャルのWebサイトでご確認下さい。反響が高い番組は、何度も再放送されています。でも、深夜の放送ということもあり、休日にゆっくりと見たいという方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

「NHKスペシャル」の見逃し配信は、NHKオンデマンドで配信されています。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!
ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年7月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

NHKスペシャル「消えた弁護士たち 中国“法治”社会の現実」

放送 2018年7月22日(日)午後9時00分~

58146F4B-59F5-46DB-8AAB-3C71F0945A65

放送前の予告

近年の急速な経済成長とともに、人々の権利意識が高まる中国。習近平指導部は発足以来「法治」の徹底を掲げ、法に基づいて人々の利害の対立を処理し、社会の安定を図ろうとしています。

その一方で、共産党支配に悪影響を与えるとみなされた人々への締め付けはかつてなく強まっているとも指摘されています。番組では、習近平指導部が推進する「法治」の現場を取材。当局の締め付けに合う弁護士やその家族たちの一年にわたる記録です。そこから浮かび上がる中国社会の光と影を見つめます。

放送を視聴して・・・

中国当局が2015年7月9日に行った人権派弁護士の一斉拘束は「709事件」と呼ばれています。拘束された弁護士のうち20人あまりは、国家を転覆しようとした疑いなどで逮捕・拘束されています。

さらに、その弁護士らの家族も、家族が弁護を依頼した弁護人も、未だ接見を許されていません。そのうえ、家族や支援者は当局から監視されており、子どもの学校入学を妨害されたり、借りている家を追い出されたりといった嫌がらせを受けているそうです。

当局に都合の悪い人権派弁護士がこんなひどい目に合っている独裁国家が、はたして法治国家と言えるのでしょうか?国家当局に対して憤りをおぼえます。

Sponsored Links

参考書籍のご紹介

本当の中国を知っていますか? 農村、エイズ、環境、司法 [ 山本秀也 ]


本当の中国を知っていますか? 農村、エイズ、環境、司法 [ 山本秀也 ]

優れた取材力によって中国のヴェールを剥ぐ。マスコミが報じない中国がここにある。初めて明らかになる中国の真実!中国報道の金字塔。

【目次】
第1章 富の不均衡-「人民」という名の資産処分/第2章 出口の見えない「三農問題」-農業、農村、農民の行方/第3章 大地と民を蝕むもの/第4章 エイズ問題/第5章 権威支配を支える司法/第6章 獅子と龍-法治と儒教の融合/第7章 台湾の足跡/第8章 権威支配の構図

現代中国の法制と法治 (現代中国叢書) [ 熊達雲 ]


現代中国の法制と法治 (現代中国叢書) [ 熊達雲 ]

現在の中国は「法治」とは何かについても、コンセンサスが完全に形成されていないまま、試行錯誤を予想しながら、「法治」国家の建設に努めていく見切り発車となった。本書は、中国の「法治国家」を目指す過程および現状を検証しようとするものである。

【目次】
第1章 中華法系の歴史/第2章 近代法制および法律の導入/第3章 立法体制と立法手続き/第4章 司法体制と審判制度/第5章 「訟棍」(三百代言)から「律師」(弁護士)へ/第6章 刑罰の執行制度/第7章 検察制度および法律監督/第8章 法学教育および司法試験/第9章 憲法および刑事法律/第10章 民事関係法律について

社会人のための現代中国講義 (東大塾) [ 高原明生 ]


社会人のための現代中国講義 (東大塾) [ 高原明生 ]

これから中国はどこへむかうのか。中国共産党・民族問題・ナショナリズム・外交・安全保障・海洋進出・経済バブル・経済格差・法治・和諧社会…。最新の中国事情を第一線の中国研究者がわかりやすく解説した格好の入門書。東京大学による社会人むけ連続講座、「グレーター東大塾」待望の書籍化。

【目次】
1 政治(政治 国家体制と中国共産党/民族 「中華民族」の国家と少数民族問題/ナショナリズム 中華民族の虚と実)/2 外交・安全保障(外交 歴史と現在/安全保障と海洋進出 意図と能力の解明)/3 経済(ミクロ経済 国家資本主義と大衆資本主義/経済の行方「二つの罠」を乗り越えられるか)/4 法・社会(法 中国法の枠組みと役立ち方/社会の変化 和諧社会実現の理想と現実/公民社会 民主化の行方)

習近平と永楽帝 中華帝国皇帝の野望 (新潮新書) [ 山本 秀也 ]


習近平と永楽帝 中華帝国皇帝の野望 (新潮新書) [ 山本 秀也 ]

漢民族の最後の帝国であった明の3代目・永楽帝と習近平には、意外なほど共通点がある。権門出身という血統のよさ、権力掌握前の苦節、正統性を証明するため、政権創設者に範を取りつつ、前任者を超える政治実績を示すことを迫られた立ち位置、「法治」を掲げた苛烈な政敵排除や国内統制、政権の威光を高めるための対外拡張とアジア秩序構築への意欲ー。歴史を踏まえると見えてくる、現代中国の核心に迫る。

【目次】
序章 帝国の残照と現代中国/第1章 永楽帝誕生/第2章 習近平の半生/第3章 王朝創始者の権威利用/第4章 粛清の時代/第5章 「盛世」の夢/第6章 「天下」の拡大と「大一統」/終章 習近平は永楽帝たり得るのか

中国転換期の対話 オピニオンリーダー24人が語る [ 本田善彦 ]


中国転換期の対話 オピニオンリーダー24人が語る [ 本田善彦 ]

躍進をつづける経済大国・中国。近代化・国際化が進む一方、都市と農村の格差、言論や情報の統制、民族問題、中台関係など、課題も多い。文学界、マスコミ、経済界、ネット社会など様々な場で、中国国内から果敢に発言し続けるオピニオンリーダーたちが、転換期を迎えた中国の問題と未来を率直に語る。雑誌『世界』に連載され、反響の大きかったインタビュー「ベストセラー作家と語る中国」および「中国“民間”との対話」に、語りおろし二本を合わせて収録。

【目次】
もう一つの六〇年ー「失敗者」への鎮魂歌/実業家に変身した共産党エリート研究員/二〇一三年の中国は「盛世」を迎えるか/超人気画家による激辛の文明評論/北朝鮮を怒らせた中国人作家/農村の魂を見つめる目/都市問題を介して中国を見る/天国のため、理想のために書き続ける/近代化の努力と痛み/法治社会を目指して〔ほか〕

Sponsored Links