見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
NHKスペシャル

東京リボーン第2集「巨大地下迷宮」の再放送・見どころは?

9C8E5335-78A0-451E-A0C8-65B8FB3DB72C

見逃した「NHKスペシャル」の再放送は?

NHKスペシャルは、NHK総合テレビでの再放送が放映されますので、まずは、それで視聴されることをオススメします。多いパターンとしては、翌週または翌々週など2週間以内の平日の深夜に再放送されることが多いので、番組表を調べるかNHKスペシャルのWebサイトでご確認下さい。反響が高い番組は、何度も再放送されています。でも、深夜の放送ということもあり、休日にゆっくりと見たいという方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

「NHKスペシャル」の見逃し配信は、NHKオンデマンドやユーネクストで配信されています。

NHKスペシャル 東京リボーン第1集「ベイエリア 未来都市への挑戦」、第2集「巨大地下迷宮」は現在、ユーネクストで配信中です!

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!
ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2019年1月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

NHKスペシャル シリーズ 東京リボーン 第2集「巨大地下迷宮」

放送 2019年2月10日(日)午後9時~[NHK総合]

9C8E5335-78A0-451E-A0C8-65B8FB3DB72C

放送前の予告

東京の大変貌を記録するシリーズ「東京リボーン」。第2回は、拡大を続ける東京の地下世界を描きます。

東京の地下の集積度は世界一と言われています。13の地下鉄路線が複雑に交差し、電気・ガス・水道・通信などの地下トンネルすべてをつなぎ合わせると、その長さは実に地球3周分になります。狭い東京にとって、地下は唯一のフロンティアなのです。その東京の地下世界が2020年に向け、さらに膨張をしています。

なかでも東京駅周辺は、ビルとビルが、駅と駅とが、網の目のようにつながり、迷宮化しています。NHKでは、誰も全貌をつかんでいない巨大地下空間を、国やJR、東京メトロなどのデータを元に立体的に視覚化しました。そこから浮かび上がるのは、効率を極め、災害に耐えうる街を目指す東京の進化した姿です。

東京メトロ銀座線改修工事、日比谷線虎ノ門ヒルズ新駅の建設工事に密着し、既存施設の迷宮の隙間を縫い、東京特有の地下水と軟弱地盤など様々な困難に直面しながら、人知れず進む東京の地下大改造の全貌を描きます。

シリーズ 東京リボーン

第1集「ベイエリア未来都市への挑戦」

第2集「巨大地下迷宮」

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

放送後のポイント解説

東京の地下鉄工事が始まったのは1925年の銀座線工事が最初でした。地下工事の最大の敵は地下水を含んだ、まるで豆腐のような軟弱な地盤でした。当時は人間の力で地下を掘っていましたが、1963年にシールドマシンが登場し、地下トンネル工事の姿が一変しました。このシールドマシンはひとつの工事が終わると地上に引き上げられることなく使い捨てされるのです。東京の地中にはそんなシールドマシンが1000台以上も埋まっていると言われています。

日本最大の地下迷宮と言われる東京駅周辺の丸の内・大手町地区は、所有者の異なるビルとビルを結ぶ地下道が複雑に広がっており、不自然な段差やカーブが存在しています。ビルの所有者は地下通路で駅に接続させることで容積率が緩和されることから、莫大な費用をかけて地下通路を作るのです。こうして、地下道が拡大してきたのです。

そんな東京駅周辺で新たなリボーンの方向性が求められています。それは、巨大災害への備えです。実は、地震が起きた時、地上に比べて地下の揺れは小さいことが知られています。そこで、地下空間を巨大シェルターにしようという発想なのです。また、JR東日本、東京メトロ、東京都、三菱地所など、これまでバラバラだった企業が災害対策を連携して行おうという動きが始まっています。

2020年開業に向けて虎ノ門ヒルズ駅の工事が進められています。ここに駅を作ろうと言い出したのはビル所有者の森ビルです。この虎ノ門を大手町と並ぶビジネス街にしようという構想です。

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

RELATED POST