見逃したテレビを見る方法
NHKスペシャル

NHKスペシャル「日中国交45年目の秘史」の再放送・見どころは?胡耀邦総書記と山崎豊子の会談とは?

見逃した「NHKスペシャル」はユーネクストで視聴できます!

「NHKスペシャル」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。U-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

過去に放送された「NHKスペシャル」の豊富な作品が視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

見逃した「NHKスペシャル」の再放送・動画配信は?

NHKスペシャルの再放送は、NHK総合テレビで放映されます。本放送日の翌週または翌々週など2週間以内の平日の深夜に再放送されることが多いので、番組表を調べるかNHKスペシャルの番組公式サイトでご確認下さい。反響が高い番組は、何度も再放送されています。でも、深夜の放送ということもあり、休日にゆっくりと見たいという方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

「NHKスペシャル」の見逃し動画は、NHKオンデマンドやユーネクストで配信されています。ただし、「NHKスペシャル」の全ての番組が配信されるわけではありません。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

>> 「まるごと見放題パック」はU-NEXTの無料トライアル特典でお得に!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2017年9月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

「総書記 遺(のこ)された声 日中国交 45年目の秘史」

2017年9月23日(土)午後9時~放送。

image

日本と中国が国交を正常化して早45年が経ちました。しかし、両国の間には依然として深い溝が残ったままです。これからの日本と中国の関係はどうあるべきなのか?

今回、NHKは日中関係が「蜜月」から「反目」に変化した1980年代から90年代にかけての中国の対日政策に関する貴重な一次資料を独自に入手したそうです。その一つが親日派として知られた胡耀邦が総書記時代に作家・山崎豊子と3年にかけて行ったという会談の音声記録なんです。今回の番組では、中国政府要人の肉声や資料、新証言をひもとくことで、日中関係の未来を考えていきます。

image

Sponsored Links

親日派・胡耀邦総書記の思想

親日派として知られる胡耀邦総書記は、日中友好が進展することこそが中国にとって人民が豊かになる方法であると考えていたようです。そして、日中友好を重んじない愛国主義は、不健全だと言っています。日本から侵略を受けた国家の総書記としては心が広く、自国のことだけではなくアジアや世界との友好を重んじた人物であったようですね。

でも、胡耀邦総書記にとって、また、日本にとっても不運だったのは、1980年代に歴史教科書問題を契機として日中の歴史認識を巡る対立が深まっていったことです。そして、当時の中曽根首相が靖国神社へ公式参拝したことも火に油を注ぐことになってしまいました。中曽根さんは当時を振り返り、戦争で犠牲となった方々の遺族から国家を代表して参拝して欲しいという強い要望があったことを語っていました。

しかし、このことが中国との溝をさらに深くし、胡耀邦総書記は山崎豊子さんとの対談の中で、もう一度靖国参拝があると日中関係の修復がさらに難しくなるというようなことを伝えていたそうです。また、靖国神社から戦犯を外せば良いということも伝えられたようです。

日本にとっては残念なことに、1986年に胡耀邦総書記は解任されてしまいました。ある人物のコメントによると、胡耀邦は総書記ではあったものの、実質的な権力は鄧小平を含む八大元老が握っていたようです。この解任劇が、それ以降の総書記に「親日的な動きをすることはリスクが高い」という意識を植え付けてしまったと考えられています。

胡耀邦さんが亡くなる前のコメントがこれです。「愛国主義と言いながら世界各国に友好でないのは、愛国主義とは言えない。」そして、「狭い愛国主義に陥ってはならない。」と・・・。

Sponsored Links

RELATED POST