見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
NHKスペシャル

NHKスペシャル「仮想通貨ウォーズ」の再放送・見どころは?盗まれた580億円を追え!

32768B54-A640-4317-A25C-439C9980655B

見逃した「NHKスペシャル」の再放送は?

NHKスペシャルは、NHK総合テレビでの再放送が放映されますので、まずは、それで視聴されることをオススメします。多いパターンとしては、翌週または翌々週など2週間以内の平日の深夜に再放送されることが多いので、番組表を調べるかNHKスペシャルのWebサイトでご確認下さい。反響が高い番組は、何度も再放送されています。でも、深夜の放送ということもあり、休日にゆっくりと見たいという方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

「NHKスペシャル」の見逃し配信は、NHKオンデマンドで配信されています。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!34万冊以上配信中!
ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!
ポイント10 31日間の無料トライアル!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

NHKスペシャル「仮想通貨ウオーズ ~“盗まれた”580億円を追え~」

放送 2018年5月12日(土)午後9時00分~

32768B54-A640-4317-A25C-439C9980655B

放送前の予告

前代未聞、史上最大の“580億円分”の仮想通貨が交換会社から流出した事件。仮想通貨の普及を図る国際団体「NEM財団」は、流出した仮想通貨NEMに目印をつけて追跡を続けていましたが、先月、追跡を停止したことを発表しました。

犯人側は匿名性の高いダークウェブを介して、巨額のNEMをビットコインなど、別の仮想通貨に交換していました。もはや犯人側の“勝利”かと思われたのですが・・・。しかし、警察や財団とは別に、独自に犯人を追跡しているITのスペシャリスト「ホワイトハッカー」たちは諦めていなかったのです。

「こうした事件を放置すると仮想通貨の未来が揺らぐ」という信念のもと、各国のホワイトハッカーが犯人包囲網を構築し、交換後も追跡が可能な“独自のプログラム”を開発し、交換に関わった人物から情報を集めるなど、サイバー空間を舞台に一進一退の追跡劇が続いているのです。果たして犯人は何者なのか?知られざるハッカーたちの攻防に密着しました。

見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

31日間無料体験のお申込み

なお、31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

視聴前の豆知識

7B7EAC24-2EFB-46B5-98AA-676A4408C876

流出NEM全て交換か 580億円、別の仮想通貨に

約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が交換業者コインチェック(東京)から流出した事件で、流出したほぼ全てのネムがビットコインなど他の仮想通貨に交換されたとみられることが22日、情報セキュリティーの専門家への取材で分かった。

匿名性の高いインターネット空間「ダーク(闇)ウェブ」上にネムを盗み出した人物が開設したとみられるネム交換サイトの画面は同日、従来のものから「Thank you!!!」との文字と、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が札束の山の前で笑うコラージュ写真に切り替わった。

ネム取引の推移を監視してきた情報セキュリティー会社「エルプラス」の杉浦隆幸代表によると、ネムの普及を図る国際団体「ネム財団」が流出したネムの追跡を停止することを20日に発表して以降、他の仮想通貨への交換ペースは加速していたという。

杉浦氏は、ほぼ全てのネムが別の仮想通貨に交換された影響について「犯罪者側にこうしたやり方で資金洗浄が可能だという前例を示してしまった。今後、同様の被害を防ぐには、交換業者の身元確認強化など追加の対策が不可欠だ」と話した。

[出所]産経ニュースより

Sponsored Links

「仮想通貨」に関する参考書籍

今だからこそ、知りたい「仮想通貨」の真実 (WAC BUNKO) [ 渡邉哲也 ]


今だからこそ、知りたい「仮想通貨」の真実 (WAC BUNKO) [ 渡邉哲也 ]

G20も「仮想通貨」規制へ!「ビットコイン」をはじめとする、世界に存在する一千種類の「仮想通貨」は、もはや「架空通貨」になっていく運命なのか?気になる「仮想通貨」のこれからの命運を、分かりやすく解説!

【目次】
第1章 「仮想通貨バブル」の終わり(「ビットコインバブル」に夢を見た人たち/市場の乱高下が投資家を翻弄 ほか)/第2章 そもそも仮想通貨とは何なのか(仮想通貨の仕組み/ブロックチェーンー仮想通貨の有望な基幹技術 ほか)/第3章 問題だらけの仮想通貨(資産の裏付けがない「子供銀行券」/「財産的価値」に誰も責任を持たない構造 ほか)/第4章 仮想通貨がたどる運命(金融庁が取引所の認定審査を厳格化/コインチェック事件はどう幕を下ろすのか ほか)/第5章 怪しい儲け話にダマされないために(仮想通貨に踊らされた人たち/仮想通貨をあおった人たちの問題 ほか)

実録!ビットコイン&仮想通貨の深い闇 [ 伊藤博敏 ]


実録!ビットコイン&仮想通貨の深い闇 [ 伊藤博敏 ]

一大ブームの様相を呈している「仮想通貨」業界の内幕をレポートする。その異常な値上がりで年初から多くのメディアに取り上げられ、一般に認知されたビットコインおよび仮想通貨。2月上旬には仮想通貨取引所「コインチェック」の不正流出事件が起きるなど、その話題は尽きない。コインチェック流出事件では、北朝鮮ハッカー部隊の関与が囁かれるなどこの事件の闇は深い。そして、なんの価値担保もない“通貨”が共同幻想だけで暴騰・暴落を繰り返す謎、怪しい投資セミナーの跋扈、反社会的勢力の進出、仮想通貨で薬物や拳銃などが取り引きされるダークウェブの実態……仮想通貨のダークサイドを詳らかにする。

よくわかるビットコイン&仮想通貨 マンガで納得! [ 田代昌之 ]


よくわかるビットコイン&仮想通貨 マンガで納得! [ 田代昌之 ]

仮想通貨の仕組みから、口座開設までをマンガで解説。マンガだからやさしい!初心者でも、今から始められる「ビットコイン」。

【目次】
第1章 仮想通貨って何?(マンガ ビットコインとは?/仮想通貨は、何が“仮想”なのか? ほか)/第2章 仮想通貨の仕組みはどうなっているの?(マンガ ビットコインの仕組みについて/仮想通貨を管理するブロックチェーンの仕組み ほか)/第3章 仮想通貨は本当に安全なの?(マンガ ビットコインの安全性について/たびたび起こる仮想通貨の不正流出事件 ほか)/第4章 仮想通貨を購入しよう!(マンガ ビットコインの口座開設/金融庁に登録された業者で口座開設しよう! ほか)

Sponsored Links

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン [ 大塚 雄介 ]


いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン [ 大塚 雄介 ]

ビットコイン、ブロックチェーン、フィンテックの「?」に答えます。

ビットコインはどうやって手に入れるの?
投資対象としてはどうなの?
コピーや改ざんされる心配はないの?
ブロックチェーンってどんな技術?
フィンテックが実現する未来とは?
次はどんなサービスが登場する?

これでわからなければ、ごめんなさい! 基本の仕組みの解説から最新トピックまでを体系的に解説。数あるビットコインやブロックチェーンの解説書の中でも、一番わかりやすい入門書です。

ビットコイン・ブームが起きています。2017年2月時点でビットコインの時価総額は169億ドル。57億ドルだった1年前の約3倍にまで膨らんでいます。また、ビットコインのユーザー数も、2017年2月時点で1186万人と、580万人だった前年のおよそ倍と、拡大の一途をたどっています。このように世界中から熱い視線が注がれているビットコインですが、はたしてそれがどんなものなのか、よくわからないという人が多いのが現状です。ビットコインは仮想通貨(バーチャルカレンシー)といわれますが、バーチャルなだけに、手に取って触ることができないため、それがどんなものか、意外と知られていないようです。

ビットコインは、ブロックチェーンという新技術によって生まれた「仮想通貨」であり、0と1で表される「デジタル通貨」であり、高度な暗号セキュリティに守られた「暗号通貨」であり、特定の国に属さない「国際通貨」であり、分散型ネットワークに支えられた「民主的な通貨」でもあるという、きわめて複雑な特徴を持っています。しかし一方で、使い方はごく簡単。専用アプリを使えば、すぐに始めることができます。そして実際に使ってみれば、直感的に「ああ、こういうことか」とわかるはずです。

本書は、デジタル時代に新しく生まれたビットコインと、それを支えるブロックチェーン、
さらに大きなフィンテック(フィナンシャルテクノロジーの略)の広がりについて、みなさんに身近に感じてもらうことを目的に書かれました。
そのため、三つの同心円の内側(ビットコイン)から外側(フィンテック)に向けて、順番に解説していきます。

マンガでわかるビットコインと仮想通貨 [ 三原 弘之 ]


マンガでわかるビットコインと仮想通貨 [ 三原 弘之 ]

価格の高騰で注目が集まるビットコインですが、金融業界に革命を起こす新たなしくみなだけに色々なリスクもあります。本書では、これから私たちの生活を変えようとしているビットコインが何なのか?儲かるのか?危なくないのか?メリットだけでなく、弱点や危険性も含め、一からやさしく解説しています。

Sponsored Links