見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
NHKスペシャル

NHKスペシャル・シリーズTOKYOアスリート「ブレイクスルーが始まった」の再放送・見どころは?

image

見逃した「NHKスペシャル」の再放送は?

NHKスペシャルは、NHK総合テレビでの再放送が放映されますので、まずは、それで視聴されることをオススメします。多いパターンとしては、翌週または翌々週など2週間以内の平日の深夜に再放送されることが多いので、番組表を調べるかNHKスペシャルのWebサイトでご確認下さい。反響が高い番組は、何度も再放送されています。でも、深夜の放送ということもあり、休日にゆっくりと見たいという方には、最近流行の「動画配信サービス」がオススメです。

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 31日間の無料トライアル!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年1月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

NHKスペシャル・シリーズTOKYOアスリート プロローグ「ブレイクスルーが始まった」

2018年1月10日(月)午後7時30分~放送

image

放送前の予告

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの主役となる新世代の選手たち「TOKYOアスリート」。そんな彼らの成長を2年半にわたって追うドキュメンタリーシリーズ「TOKYOアスリート」が始まりました。今回は、そのプロローグをお送りします。

「TOKYOアスリート」はいま、日本人の体格や身体能力では難しいと言われてきた壁を次々と越えています。陸上100メートルで日本人初の9秒台を出した桐生祥秀選手(22)。独特のスマッシュを武器に難攻不落の王者・中国を脅かす卓球の伊藤美誠選手(17)。こうした『ブレイクスルー』は、なぜ起きているのでしょうか。番組では、NHKが開発した最新の撮影技術と、科学の目によって、TOKYOアスリートの心技体に迫ります。

進行役の内村光良・南原清隆の2人とともに「ブレイクスルー」の秘密に迫るのは、北島康介とメンタルトレーナーの田中ウルヴェ京です。今回、南原は、桐生に続く9秒台をねらう多田修平選手(21)の合宿に密着し、走りの「改革」を取材してきました。

image

内村は、体操で世界最高の「I難度」を成功させた宮地秀享選手(23)を訪ね、技の秘密と素顔に迫りました。

image

北島は、競泳で日本記録を次々と更新する池江璃花子選手(17)の速さの秘密を解き明かします。

image

Sponsored Links

放送後のポイント解説

池江璃花子選手の驚異の泳ぎ

昔から水泳は日本のお家芸とも言われ、オリンピックでもメダリストを出していましたが、近年は体格や筋力で劣る日本人が不利となってました。その中でも、特に、体格差が影響しやすいと言われているバタフライや自由形の短距離で壁を突破しようとしている選手が池江璃花子選手なんです。300分の1秒で泳ぎを見てみると、滑らかでかつダイナミック!一かきの推進力はずば抜けているんです。呼吸する時も、頭の位置が低く保たれていて推進力が落ちないのです。水中で水をかく時の泡の量が少ないことも重要なんです。池江選手の泳ぎは、入水する時に手を返して泡をきり、この一瞬の技で抵抗を減らして推進力を高めているんです。

でも、池江選手の記録を支えているのは、こういった技だけではなく、肉体にも進化がありました。肩甲骨が普通の人よりも柔らかく広がるためにより遠くの水をかくことができるんです。また、腕が長いんです。両手を左右に広げた時の腕の長さは身長比107%もあるんです。幼いころから自宅の雲梯(うんてい)を設置して鍛錬を続けていたことが、肉体の進化に結びついたと考えられています。

しかし、池江選手にとって最大の課題はパワー不足ということなんです。筋力が生み出す最大エネルギーは31ワットで外国人選手の7割にも満たないのです。この課題を克服するため、池江選手はスペインの強化合宿で高地トレーニングを行いました。ただし、筋力アップをしつつ繊細なフォームを崩さないようにしなくてはなりません。パワーと技術の両輪が鐘備わることが世界一への道なのです。そして、その合宿の後に行われた大会で、池江選手は、バタフライ50mでオリンピック金メダリストのクロモビジョジョ選手を破ったのです。

陸上短距離走でのブレイクスルーの連鎖

かつて、陸上界では1マイル走という競技で31年間も破られなかった「4分の壁」というものがあったそうです。しかし、ある時、ランディ選手とバニスター選手の二人が競うように4分の壁を破り、その1年後には次々と4分の壁を破る選手が現れたそうです。なぜ、ブレイクスルーの連鎖が起きるのでしょうか?日本では、桐生祥秀選手が10秒の壁を初めて破りました。その後、桐生選手と山縣亮太選手がSNSで連絡し合っていました。山縣亮太は、桐生選手に先を越され意識が変わったと言います。「壁」とは選手自身が勝ってに意識の中で作っていたのかもしれませんね。同じ仲間の一人が突破したことで「壁」という意識が薄れたのでしょう。

桐生祥秀選手が10秒の壁を初めて破ったレースで多田修平も走っていました。多田選手はスタートダッシュが得意な選手ですが、スタートで回転数が多く、後半で失速していたのです。そこで、ひと蹴りの力をアップするためにウエイトリフティングのトレーニングに取り組んでいます。トレーニングのあと、実際に走って感触を確かめた多田選手には、手応えがあったようです。

日本の短距離走でも、1マイル走のようなブレイクスルーの連鎖が起きようとしているように感じました。

Sponsored Links

人類の限界に挑む宮地秀享選手

体操の鉄棒で世界最高の「I難度」を成功させたのは、世界でただ一人、宮地秀享選手だけです。数十年前までは「C難度」が最高だったのに、宮地秀享選手は手放し技に回転や捻りを増やして内村航平のG難度をも超えるI難度を成功させたのです。

宮地秀享選手がこのI難度を成功させることができたのは、ユニークな方法でした。卒業論文で鉄棒の手放し技の動きを分解し、一つひとつの動きの過程で技を成功させる鍵を突き詰めていったのです。そして、鉄棒から手をはなすときの感覚が一番重要であると考えました。

そんな宮地選手が「神」と崇めるレジェンドは、内村航平選手です。宮地選手のI難度をもってしても、内村選手のG難度の得点を超えることができなかったのです。それほど、内村選手の技は完成度が高く美しいのです。宮地選手は、より完成度の高い演技を追及して、東京オリンピックで鉄棒の日本代表として金メダルを目指しています。

中国を脅かす卓球の伊藤美誠選手

伊藤美誠選手が中国を脅かしている理由は、腕を振りかぶらずに球が浮き上がる前に素早く打ち返してしとめる「ミマパンチ」にありました。ミマパンチはドライブと違って大幅に回転が少ないため、独特の軌道を生み相手選手が反応しずらくなるのです。また、相手選手が球を打ち出してから帰ってくるまでの時間を通常より0.03秒縮めていることも相手選手にとって脅威となっています。このミマパンチを可能にしているのは、立ち位置が通常より台に近いことです。伊藤選手が台の近くでプレイをするスタイルになったのは、身体が小さいためにそうせざるを得なかったそうです。しかし、台に近づくことはリスクも伴いますが、伊藤選手はそれを承知でリスクを負いながらこのスタイルを通しているのです。

伊藤選手の目の動きは、球を追っておらず常に相手選手の動きを見続けていました。相手の動きを見続けることによって、次の返球を予測していたのです。さらに、伊藤選手の筋肉の使い方は、視力に対して素早く反応することができる筋肉を上手く使っているということもわかりました。

しかし、中国選手も伊藤選手を研究して左右に揺さぶって伊藤選手を台から遠ざけてミマパンチを打たせないように好リュクしてきました。それに対して、伊藤選手も足腰の肉体改造に取り組み、中国リーグで14戦全勝しその成果を見せつけました。伊藤選手は言います。「楽しくなれたら、後は勝手に強くなれる」と。

Sponsored Links