見逃したテレビを見る方法
韓流

韓国ドラマ「花郎(ファラン)」の見どころ・あらすじ・再放送・見逃し動画配信は?

見逃した韓国ドラマ「花郎(ファラン)」はU-NEXTで視聴できます!

「花郎(ファラン)」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。ドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

韓国ドラマ「花郎(ファラン)」全24話はU-NEXTで配信中です!

 

また、U-NEXTでは、31日間無料トライアルで210,000本以上の
見放題作品が全て無料で視聴できます!

U-NEXT無料トライアルに申し込む

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

韓流ドラマを観るならU-NEXTで!
最新作から話題作まで豊富なラインナップ!

「太陽の末裔」「キム秘書はいったい、なぜ?」「サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜」「ドクターズ〜恋する気持ち〜」「麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」「偉大な誘惑者」「私の恋したテリウス〜A LOVE MISSION〜」「君を愛した瞬間〜ワタシとカレの恋愛白書〜」「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」「あなたが眠っている間に」「雲が描いた月明り」「W -君と僕の世界-」「力の強い女 ト・ボンスン」…など、人気の海外ドラマが視聴できます。

人気の韓流ドラマを観るならU-NEXTで!

U-NEXT無料トライアルに申し込む

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

韓国ドラマ「花郎(ファラン)」がBSプレミアムで放送決定!

『花郎(ファラン)』がNHK BSプレミアムで放送決定!

放送 2021年6月13日(日)スタート・全20回
   毎週日曜日 午後9時〜[BSプレミアム]

明日に向かって咲け!
三国時代の新羅(シルラ)で、若者たちの愛と友情を描く青春群像劇!

6世紀半ばの新羅。都の外の賤民(せんみん)の村に天涯孤独の若者ムミョンが暮らしていた。怖いもの知らずのムミョンは、親友マンムンの生き別れた父と妹を捜すため、立ち入りが禁じられている都に2人で潜入する。一方、第24代王、真興(チヌン)王は、12年前に幼くして即位。それ以来、母の只召(チソ)太后の命により、都の外で素性を隠して生きてきた。王座を狙う政敵から身を守るためだ。「国王の顔」を知るのはわずかな側近のみで、太后は王の顔を見た者はすぐに始末させていた。真興王は成人の誕生日を前に、母から王権を取り戻すべく密かに都に戻ってくる。そこで偶然、王の顔を見てしまったマンムンが殺されてしまう。ムミョンは親友のかたきを討つと誓うとともに、マンムンの本名「ソヌ」を名乗り、彼の妹アロを兄として守っていくと決める。

太后は敵を制するため、眉目秀麗な若者を集め、国と王のために忠義をつくす精鋭部隊「花郎(ファラン)」を創設。ソヌは亡き親友のため、真興王は母に対抗するため「ジディ」という仮の姿で入隊。ソヌたちは個性豊かな仲間たちとぶつかりあいながらも絆を深め成長していく。だが、やがて「顔無き王」が紛れているというウワサが花郎を揺るがし始める。

制作:2016年 韓国

ディレクター・監督 : ユン・ソンシク、キム・ヨンジョ
脚本 : パク・ウニョン

出演

  • ソヌ/ムミョン役…パク・ソジュン[声:櫻井孝宏]
  • ジディ/真興(チヌン)王/彡麦宗(サムメクチョン)役…パク・ヒョンシク[声:小野大輔]
  • アロ役… Ara[声:坂本真綾]
  • スホ役…ミンホ(SHINee)[声:福山 潤]
  • ハンソン役…V(BTS)[声:本橋大輔]
  • パンリュ役…ト・ジハン[声:森宮 隆]
  • ヨウル役…チョ・ユヌ[声:山口智広] ほか

Sponsored Links

見どころ

若手人気俳優 × K-POPスターの豪華共演が実現!

「最高です!スンシンちゃん」「王の顔」の演出家が描く、12017年最高のロマンティック時代劇!

「彼女はキレイだった」「キルミー・ヒールミー」で人気俳優の地位を確立したパク・ソジュンが時代劇に初挑戦! 新羅の美しき国家親衛隊・花郎を熱演し、新たな魅力を開花させた。さらに、アイドルグループZE:A出身で、「家族なのにどうして」「上流社会」などに出演し、俳優として成長を続けるパク・ヒョンシク、「応答せよ1994」で大ブレイクした国民的ヒロインAraをはじめ、SHINeeのミンホ、防弾少年団のVなど、いま最も熱い注目を浴びる若手スターが大挙出演。「最高です!スンシンちゃん」「王の顔」などの話題作を手がけた演出家、ユン・ソンシクが花郎たちの青春ストーリーをダイナミックかつロマンティックに描き出す!

眼福&ドキドキの必見シーンが盛りだくさん!

新羅のイケメン精鋭集団、花郎の奮闘と成長ストーリー!

大ヒット時代劇「善徳女王」でも大きな人気を集めた新羅のイケメン精鋭集団、花郎。本作では、王の親衛隊として活躍した彼らの奮闘や成長、恋愛模様が生き生きと描き出される。美しく着飾った花郎たちが挑む蹴鞠の試合、K-POPスターと人気若手俳優の豪華競演が実現した祝宴の舞をはじめ、剣術や弓馬の稽古、鍛え上げた腹筋を披露するシャワーシーンなど、思わずうっとりしてしまう眼福シーンが続々登場! 居住空間の仙門(ソンムン)で寝食を共にする花郎たちは、ぶつかり合いを繰り返しながらも、しだいにお互いを認め合っていく。個性豊かな花郎たちのライバル関係と友情、そして彼らに仕える郎徒(ナンド)との絆も見逃せない!

魅力あふれるキャラクターが大集合!

個性豊かな花郎6人の奮闘と友情に注目!

容姿端麗で頭脳明晰、武術にも長けた花郎を演じるのは、韓国を代表するイケメン俳優たち。パク・ソジュンは賤民の村で育ったワイルドなソヌを力演。他の花郎たちのように英才教育を受けた経験はないにもかかわらず、持ち前の才知を発揮して頭角を現していく姿が魅力的だ。パク・ヒョンシクは、王の身分を隠して花郎となるジディ役で威風堂々としたオーラを放つ。SHINeeのミンホは武芸に優れ、女性たちの心をときめかせるスホを好演。ト・ジハン扮するクールなパンリュとのバトルも必見だ。さらに、防弾少年団のVが演じるキュートな最年少の花郎ハンソン、チョ・ユヌ扮する妖艶なヨウルら、6人6色の花郎たちが華やかな競演を繰り広げる!

胸キュン必死!甘く切ない三角関係のラブロマンス

パク・ソンジュ「彼女はキレイだった」×Ara「応答せよ1994」×パク・ヒョンシク「上流社会」

ヒロインのアロをめぐるソヌとジディの恋争いも大きな見どころの一つ。ジディは語り部のアロの声を聞くと安眠できることに気づいて彼女に興味を抱き、次第に惹かれていく。アロに添い寝を迫ったり、プレゼント攻撃をしたりとストレートなアプローチにドキドキ! 一方、ソヌは兄としてアロを守ろうと決意するが、胸の高鳴りを抑えることができない。「薬に使える」と言い訳して花束を渡したり、好きだからこそ避けてしまったり、不器用ながら優しいソヌの愛情表現に胸がときめくこと間違いなし。叔明(スンミョン)王女の登場によって恋愛模様は複雑化し、一層目が離せない展開に。また、犬猿の仲であるスホの妹と惹かれ合ったパンリュの恋の行方にもご注目を!

日本語吹替声優陣も奇跡の共演!

櫻井孝宏(ソヌ役)×小野大輔(ジディ役)×福山潤(ホス役)

パク・ソジュン演じるソヌ役を櫻井孝宏、パク・ヒョンシク演じるジディ役を小野大輔、そして、SHINeeのミンホが演じるイケメン貴族スホ役を福山潤が担当、紅一点のアロ役は坂本真綾という素晴らしい布陣! 人気実力ともに超一級の声優陣で、クオリティの高さはもちろん、美男美女の俳優陣を日本語でも美声で堪能する、完璧な楽しみ方がここに!

Sponsored Links

主な登場人物・キャスト

ソヌ/ムミョン パク・ソジュン

訳あって、赤ん坊の時から賤民村の老人ウルクの手で育てられた。顔も覚えていない母が死ぬ直前、ムミョンに名前をつけないでほしいと言い残したため、名もない無名(ムミョン)と呼ばれる。見た目は元気だが、ナルコレプシー(日中において場所や状況を選ばず起こる強い眠気の発作)を患い、時折意識を失う。そのせいか、ムミョンは人生に大した期待も未練もなく風のように生きる。親友ソヌの死を機に、アロと家族として過ごしながら、初めて恋心を抱き、彼女のためなら何でもできる気がする。しかし、ムミョンはその感情がまさに愛であるとまだ知らない。

ジディ/真興王(チヌン)/彡麦宗(サムメクチョン) パク・ヒョンシク

4歳の時父を亡くし、7歳で王座を譲られた。新羅唯一の聖骨(新羅の官位制度で第一等級)出身ゆえ、数え切れない暗殺の脅威を受けてきたため、彼の顔を知る者はほんの少数。母が代理で政治を行うため、王宮の中にも自分の居場所がない。いつ殺されてもおかしくない身の上のため、むしろ危険を冒し、本気なのか冗談なのかわからない言葉で自分を隠し、周りの人々を困らせて楽しむ。そんなある日、いつも神経を尖らせまともに眠れたことのない彼が、アロという少女が語る恋物語についウトウトしてしまい、彼女に興味を持つことになる。そして、母のチソが命じて作った「花郎」という青年組織に潜り込みチソに反抗。もともと自分のものだった王座を取り戻そうとする。

アロ Ara

真骨(新羅の官位制度で第ニ等級)出身の父と賤民の母の、身分を超えるロマンスで生まれた半分貴族。家がつぶれて貴族でも賤民でもない身分として、家長並みの責任感を感じて生活していた。生きていくためなら少し卑怯になっても構わないと考える。そんな前向きで生活力の強い彼女のもとに、10年前にいなくなった兄ソヌ(ムミョン)が突然帰ってきた。気難しくて無愛想で、近づいたと思ったら誰よりも遠い距離感を感じさせるような人。そして、もう一人の男性の登場!身分を隠し「花郎」になったサムメクジョンとソヌ(ムミョン)の愛を同時に受けながら、アロは不本意にも彼らを脅かす存在となる。

スホ チェ・ミンホ(SHINee)

貴族の中でもトップ貴族。生まれつき自信があるためか義侠心が強く、剣術に秀でているため、貴族の間でも言うまでもなくリーダー的な存在。家柄のため戦うことを自慢に思い、新羅の未来は強力な王権にあると思い込んでいる。そのため、王権の反対勢力であるバンリュと互いに憎みあう。そして、「花郎」で仲間になったソヌと友情を深めながら、自分を取り巻く世界が他人には残酷な世界であったことに気づく。常に友情と愛、信念の間で、悩み成長していく。

ハンソン (防弾少年団)

政治や学問に興味はないが、名家に生まれたプレッシャーに悩む。花郎に入り、ソヌを兄のように慕う。好奇心に満ち溢れ、何かに夢中になると恐ろしい程の集中力を発揮する一面も。周囲を明るくする天真爛漫な花郎の末っ子。

パンリュ ト・ジハン

本来気さくで優しい人だったが、父の教育で政治的な生活を強いられ性格が変わった。芸能人顔まけのルックスと負けず嫌いな気質で、貴族のグループでも断然目立つ存在だが、いつも素っ気無い態度で周りを緊張させる。そんなある日、バンリュは自分の凍った心を溶かしてくれる女性に出会う。しかし、彼女はライバル家のスホの妹スヨン…。事あるごとにぶつかりかねない両家の運命により、二人のラブストーリーは、まるで新羅版ロミオとジュリエットのように切ない。

ヨウル チョ・ユヌ

中性的なルックスで周囲を惑わすほどの美しさを持つが、外見とは裏腹に武術の腕前は一流。私生児として生まれ、どこかミステリアスな雰囲気を放つ。権力争いには無関心だが、王室の事情や政治を熟知し静観している。

只召(チソ)太后 キム・ジス

ジディこと真興王 彡麦宗の母で、花郎の創始者。アンジを愛していたが、父の命令で叔父と婚姻し、若くして未亡人に。激しい王位争いの中で野心に満ちた冷酷な悪女に変貌し、息子を即位させて以来、権力を握り続けてきた。

キム・ウィファ ソン・ドンイル

花郎の長・風月主。只召太后の命令で、花郎の創設という大業の全権を引き受ける。花郎によって王権を強化しようと狙う只召太后に従うそぶりを見せつつ、新羅の未来を見通すことのできる人材を育成しようとしている。

キム・アンジ チェ・ウォニョン

アロの父。医者。若い頃、婚約していた只召太后が聖骨の血統を守るために叔父の妃となった後、賤民の妻と結婚。只召太后によって妻と息子のソヌ(マンムン)を失ったばかりか、アロまでもが危険にさらされてしまう。

マンムン(ソヌ) イ・グァンス

アンジの息子で、アロの兄。幼い頃に賤民が暮らすマンマン村に捨てられ、ムミョンと共に養父ウルクに育てられる。家族を捜すために賤民の出入りが禁じられている都に潜入するが、王の顔を目にしたことが原因で殺される。

スンミョン ソ・イェジ

只召太后の娘で、新羅の王女。母親から関心を向けられることなく孤独に育った。寂しさを感じてはいるが、他人の痛みを理解できない冷淡な女性。聖骨の血統を守るため彡麦宗の許嫁と定められているが、ソヌに惹かれる。

タンセ キム・ヒョンジュン

ハンソンの異母兄。使用人の母から生まれたため、真骨の弟より身分が低い。花郎になることはできず、郎徒としてソヌに仕えることになる。武芸の腕は一流で学識も備えており、没落した家門を立て直すことを夢見ている。

カンソン チャン・セヒョン

郎徒(ナンド)。パンリュに格下の家門であると見下されたことが気に食わず根に持っている。パク・ヨンシルの手下になり、郎徒として、花郎(ファラン)になったパンリュを監視する。

パオ ユ・ジェミョン

ジディ/彡麦宗(サムメクチョン)/真興(チヌン)王の側近。只召(チソ)太后の命を受け、幼いころから身を隠している真興王をそばで守り続けている。花郎(ファラン)に紛れ込んだ真興王を近くで守れるように、自らも年齢を若く偽って郎徒(ナンド)になる。

ウルク キム・ウォネ

ムミョンとマンムンの養父。賤民(せんみん)の住むマンマン村で暮らしている。実は偉大な音楽家で楽器の名人。

ピジュギ キム・グァンギュ

雑貨店『多易書(タイソ)』と茶店『手打粕手(スタバクス)』の店主。流行を先取りし、さまざまな品物や情報が集まる店を営んでいる。顔が広く、アンジやアロとも親しい。キム・ウィファに協力する。

ヒョンチュ ト・シガン

禁衛将(クミジャン)。只召(チソ)太后の側近。太后に忠実に仕える。真興(チヌン)王の顔を見た者を殺せと言う命を遂行し、マンムン(ソヌ)を容赦なく殺害した。

フィギョン ソン・ヨンギュ

只召(チソ)太后の兄。聖骨(ソンゴル)の系譜から外されている。

パク・ヨンシル キム・チャンワン

パンリュの養父。真骨(チンゴル)。角干(カッカン)。国一番の権力者で只召(チソ)太后の強敵。太后と所在不明の「顔無き王」真興(チヌン)王から王座を奪おうと画策し、太后が設けた花郎(ファラン)も壊そうとする。自らの野望に利用するためパンリュを養子にした。

パク・ホ イ・ビョンジュン

パンリュの実父。真骨(チンゴル)。パク・ヨンシルの忠臣で、実子パンリュを子どものいないパク・ヨンシルの養子として差し出した。

スヨン イ・ダイン

スホの妹。アロの親友。太后派のキム・スプの娘。真骨(チンゴル)。子どものころから身分など気にせずにアロと仲良くしてきた。対立する家門のパンリュを好きになる。

キム・スプ コ・インボム

スホとスヨンの父。真骨(チンゴル)。伊飡(イチャン)。只召(チソ)太后派。先王の代から王室と只召太后、真興(チヌン)王を守り支える。

ソク・ヒョンジェ キム・ジョング

ハンソンとタンセの祖父。真骨(チンゴル)。力の衰えた家門で、唯一の正式な後継者である孫のハンソンに一族の未来を託している。同じ孫ながら母が使用人だったタンセのことは後継者と認めておらず、ハンソンの部下として勤めを果たすよう厳しくあたる。

登場人物相関図

登場人物相関図はコチラをご参照下さい。

Sponsored Links

花郎(ファラン)の各話のあらすじ

第1話 2021年6月13日放送

貧しい村に住むムミョンと親友マンムン。2人はマンムンの生き別れた父と妹を捜すため、入ることを禁じられた都に潜入する。一方、新羅(シルラ)の第24代王、真興(チヌン)王こと彡麦宗(サムメクチョン)は、幼くして即位して以来、母の命で世間に顔を明かさず都の外で生きてきた。だが、十数年ぶりにひそかに都に戻ってくる。マンムンは偶然、その若き王の顔を見てしまう。ムミョンは、町なかで泥酔した娘アロに遭遇する。

第2話 2021年6月20日放送

ケンカした店を出たムミョンとマンムン。ムミョンはマンムンが妹の手がかりの首飾りを見たと聞き、すぐに確かめに戻ることに。だが、そこに真興(チヌン)王の顔を見た者を殺すべくマンムンを捜していた只召(チソ)太后の側近ヒョンチュが現れる。同じころ、医師アンジも息子の証しである首飾りを持った2人組を捜していた。一方、太后はウィファと手を組み、国のために命をかける人材「花郎(ファラン)」の志願者を募る。

第3話 2021年6月27日放送

ムミョンは真興(チヌン)王に逃げられてしまうが、マンムンを殺した犯人の手がかりとなる腕飾りを拾う。マンムンの父アンジは、ムミョンにマンムンの本名「ソヌ」を名乗るよう勧める。ムミョンは亡き親友に代わって、兄として妹アロを守るために生きることを決意する。一方、朝廷では「花郎(ファラン)」の創設に反対する反太后派のパク・ヨンシルが、真興王の生誕祝いに王が姿を見せることを只召(チソ)太后に要求する。

第4話 2021年7月4日放送

ウィファのワナにはめられ、神聖な場所でケンカをしたスホとパンリュたちは逆賊として捕らえられてしまう。花郎(ファラン)になるという誓約書に署名すれば放免するという条件に、反太后派のパンリュは…。ムミョン[ソヌ]も突然、花郎になれという只召(チソ)太后の命を受ける。一方、素性を隠し、「ジディ」という偽名を名乗って、花郎になりたいとウィファに告げていた真興(チヌン)王は、再びウィファに会いに行く。

第5話 2021年7月11日放送

花郎(ファラン)の任命式の日。ソヌ[ムミョン]とジディ[真興(チヌン)王]、アロは、ソヌに恨みを持つドゴの一味に捕まり監禁されていた。ソヌとジディは協力して脱出を試みる。一方、任命式の場には花郎になる若者たちが集まっていた。しかし、只召(チソ)太后とウィファは、それぞれソヌとジディが来ていないことにいらだっていた。いつまでたっても2人が来ないため、只召太后はしかたなく任命式を開始する。

第6話 2021年7月18日放送

花郎(ファラン)の宿舎で、同じ部屋で暮らすことになったソヌ[ムミョン]とジディ[真興(チヌン)王]、スホ、パンリュ、ヨウルの5人。朝から犬猿の仲のスホとパンリュが衝突。ソヌたちはぎくしゃくしながらも食事や沐浴などを共にしていたが、パンリュがソヌを挑発したせいで、再び乱闘騒ぎに。そして花郎に最初の課題が出される。3度不合格になると追放されてしまう。一方、ある日、ソヌの養父ウルクがアンジを訪ねてくる。

第7話 2021年7月25日放送

アロに突然、口づけをしたジディ[真興(チヌン)王]。ソヌ[ムミョン]が妹アロに近づくなとジディに警告すると、ジディはアロを好きになったと宣言。アロは、ジディに口づけされたことよりも、ソヌに言われた言葉のほうが気になっていた。花郎(ファラン)たちは初の試験に臨むが、その結果は…。只召(チソ)太后に呼び出されたアンジは、倒れた只召を前に、1度で命を奪えるツボに鍼(はり)を向ける。

第8話 2021年8月1日放送

アロは亡き母親のことを忘れていたソヌに違和感を覚える。ソヌはジディ[真興(チヌン)王]に、幼いころの母の記憶は忘れられるものなのかと尋ねる。ウィファは、中秋の宴(うたげ)で花郎(ファラン)を人々に披露することにする。音楽と舞の公演を行うことになった花郎たちは、日々練習に励む。音楽の師匠として迎えられたのは、ソヌがよく知る人物だった。ヨンシルは、花郎の公演の成功を阻もうとたくらむ。

第9話 2021年8月8日放送

アロはソヌが兄ではないと知ってショックを受ける。ソヌは、本当の兄である亡き親友の願いどおり、たとえアロが認めなくても兄として生きていくと告げる。ジディ[真興(チヌン)王]は泣いているアロを見つけ後を追う。只召(チソ)太后はウィファをけん制するため、娘の叔明(スンミョン)王女を花郎(ファラン)の指導者として送り込む。宴(うたげ)での花郎の公演を妨害するよう養父ヨンシルに命じられたパンリュは苦悩する。

第10話 2021年8月15日放送

中秋の宴(うたげ)の夜。花郎(ファラン)たちは公演の直前、楽器がすべて壊されているのを発見し途方に暮れる。宴の観客の中にソヌをじっと見つめる男がいた。ジディ[真興(チヌン)王]と只召(チソ)太后が話をしているのを目撃してしまったアロ。ジディが国王だと知ったアロは、只召の側近に捕らえられてしまう。母がアロを殺そうとしていると気づいたジディは…。花郎一人一人に郎徒(ナンド)という部下が付けられる。

第11話 2021年8月22日放送

落馬したソヌはアロに口づけをすると、再び意識を失った。3日後にやっと目を覚ましたソヌだが、アロは彼の素っ気なく冷たい態度に不安を覚える。アロへの態度を問いただそうとしたジディ[真興(チヌン)王]に腕をつかまれたソヌは、その手を振り払ったときに腕飾りを落としてしまう。腕飾りを拾ったのはヨンシルの手下のカンソンだった。一方、只召(チソ)太后は、叔明(スンミョン)王女にひそかにアロを始末するよう命じる。

第12話 2021年8月29日放送

「花郎(ファラン)の中に王がいる」と書かれた掛け軸が掲げられる事件が起き、ソヌが王だというウワサが立ち始める。アロは身分を隠している王、ジディ[真興(チヌン)王]を心配する。一方、ソヌは亡き親友マンムンの復讐(ふくしゅう)を果たすべく、王を捜し始める。見つけてどうするのかと問うジディに、ソヌは殺すと即答する。只召(チソ)太后は、ヨンシルたちにソヌが王だと疑われていることはかえって好都合だと考える。

第13話 2021年9月5日放送

ソヌがジディ[真興(チヌン)王]に剣を向け、「お前が王なのか」と詰め寄ると、アロが止めに入る。ジディは王ではないと必死にかばうアロをどけようとしたソヌは、思わず彼女の腕を斬りつけてしまう。一方、国境では隣国、南扶余(ナムブヨ)の挑発が続いていた。戦を避けたい只召(チソ)太后は、叔明(スンミョン)王女を使節として送ると決め、花郎(ファラン)から随行者を募る。ソヌに志願させたい叔明王女は策を講じる。

第14話 2021年9月12日放送

ソヌたちは盗賊に囲まれる。だが、ジディ[真興(チヌン)王]が、相手はまともな武器を持たない民だからと言って、攻撃しようとした仲間を止め、逃がしてしまう。贈り物をすべて奪われてしまったが、南扶余(ナムブヨ)が戦を始める前に着くよう使節団はそのまま先を急ぐ。やがて無事、南扶余に到着。叔明(スンミョン)王女は、昌(チャン)王子と和睦に向けた対話を試みるが…。一方アロは、罪人と間違われ捕らえられてしまう。

第15話 2021年9月19日放送

南扶余(ナムブヨ)の昌(チャン)王子の前で自分が新羅(シルラ)の王だと名乗り出たソヌ。アロや民、仲間たちを助けるために、昌王子に王子らしく振る舞えと告げ、一対一での勝負を提案する。いずれ三国の主導権を握りたい昌王子はソヌの提案を受け入れ、剣で対決することに。そのころ新羅では、只召(チソ)太后やウィファのもとに、使節団が無事に戻って来られぬよう、ヨンシルが動いていたという情報が届く。

第16話 2021年9月26日放送

ソヌはアロに思いを告白し、2人は互いの気持ちを確かめ合う。ジディ[真興(チヌン)王]は、王として名乗り出ることができなかったうえ、ソヌとアロの関係を知り、やり場のない思いに苦しむ。只召(チソ)太后は、花郎(ファラン)を統率できなくなることを恐れ、叔明(スンミョン)王女を、花郎を率いる源花(ウォナ)に任命することにする。さらにソヌを呼び出し、アロを守りたければ、王のふりを続けておとりになれと命じる。

第17話 2021年10月3日放送

ジディ[真興(チヌン)王]は、寝ていたヨンシルに剣を突きつけ、自分こそが国王だと宣言。次は命を奪うと告げて去る。マンマン村では疫病が広がっていたが、治療に必要な薬材が手に入らない。アロは、ヨンシルが買い占めた大量の薬材が屋敷の蔵にあることを突き止める。すぐにウィファに報告し、病人を救うために力になってほしいと頼む。刺客に襲われた後、意識を失ったままのソヌに、叔明(スンミョン)王女が口づけをする。

Sponsored Links

花郎(ファラン)DVD-BOX、サウンドトラック

花郎(ファラン)DVD-BOXⅠ


花郎 ファラン DVD-BOX1 [ パク・ソジュン ]

【Disc】:DVD6枚
・画面サイズ:16:9
・音声:DOLBY DIGITAL 2.0chステレオ
・字幕:日本語字幕(用語解説付き)/日本語吹替字幕
・第1話~第12話収録/全24話

花郎(ファラン)DVD-BOXⅡ


花郎 ファラン DVD-BOX2 [ パク・ソジュン ]

【Disc】:DVD6枚
・画面サイズ:16:9
・音声:DOLBY DIGITAL 2.0chステレオ
・字幕:日本語字幕(用語解説付き)/日本語吹替字幕
・第13話~第24話(最終話)収録/全24話

「花郎<ファラン>」オリジナル・サウンドトラック


「花郎<ファラン>」オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]

全41曲(ヴォーカル11曲+インスト30曲)収録

韓国ドラマ「花郎」の再放送・見逃し動画配信は?

韓国ドラマ「花郎」の見逃し動画は、U-NEXTにて配信中です。

.

なお、再放送の予定は現在のところ未公表のため不明です。わかり次第、ご案内します。

人気の韓流ドラマを観るならU-NEXTで!

まずは、31日間無料トライアルでお試しください!

U-NEXT無料トライアルに申し込む

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

【ご参考】見逃したNHK番組を見る方法

ユーネクストなら韓流ドラマも豊富にラインナップ!

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」あるいは一作品を単品で購入することができるんです。

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

ユーネクストなら東証一部上場企業が提供するサービスだから安心です!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

韓流を見るならU-NEXTで!

ユーネクストでは韓流ドラマが超充実しています!

最新作がユーネクスト独占で続々登場!

U-NEXTでしか見られない最新作がとっても充実。レンタル店に行く必要がなく、人気作でも貸し出し中の心配がありません。話数の長いドラマでも、追加料金なしで見られるからとってもおトクです!

「キム秘書はいったい、なぜ?」「太陽の末裔」を見るならU-NEXTで!

例えばこんな作品が見れます!(2021.5.6現在)

  • キム秘書はいったい、なぜ?
  • 太陽の末裔
  • ボーイフレンド
  • 恋のトリセツ〜フンナムとジョンウムの恋愛日誌〜
  • サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜
  • 雲が描いた月明り
  • 麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち〜
  • 力の強い女 ト・ボンスン
  • あなたが眠っている間に
  • 星から来たあなた
  • トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜
  • W -君と僕の世界-
  • あやしいパートナー
  • トンイ
  • ヒーラー〜最高の恋人〜
  • 彼女はキレイだった
  • 相続者たち
  • とにかくアツく掃除しろ!〜恋した彼は潔癖王子!?〜
  • 花郎
  • 私のIDはカンナム美人
  • むやみに切なく
  • 七日の王妃
  • 僕が見つけたシンデレラ
  • イ・サン
  • ピノキオ
  • 青い海の伝説
  • ああ、私の幽霊さま
  • ロボットじゃない〜君に夢中!〜
  • 仮面の王イ・ソン
  • 恋の記憶は24時間
  • 華政
  • 奇皇后
  • 美女の誕生

等々

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

Sponsored Links

各話のあらすじ[全24話]

U-NEXTで配信中の「花郎(ファラン)」全24話のあらすじです。なお、NHK BSプレミアムでは全20話に編集して放送されます。

第1話

新羅第24代王の真興(チヌン)王 彡麦宗(サムメクチョン)は、摂政の母・只召(チソ)太后の命令で幼い頃に王宮を離れ、世間に顔を明かすことなく生きてきた。不眠に苦しむ彡麦宗は、街頭で聴衆を集めていたアロの話を聞いているうちに眠りに誘われ、彼女に興味を抱く。そんな中、只召太后は新羅の未来のために王の親衛隊を作ろうと考え、獄中のウィファに取引を持ちかける。一方、賎民の村で暮らすムミョンは、家族を捜したいという親友のマンムンと共に命懸けで都に潜入するが…。

第2話

アロは彡麦宗から眠りにつくまで物語の続きを話してほしいと頼まれ、多額の報酬に惹かれてしぶしぶ依頼を引き受ける。一方、ムミョンは貴族を叩きのめしてマンムンを救出。しかし、「彡麦宗の顔を見た者を殺せ」という只召太后の命令によってマンムンは禁衛将(クミジャン)に追われ、ムミョンと共に深手を負う。アロの父アンジは山中で2人を発見するが、マンムンはまもなく息絶える。ムミョンはアンジの介抱で一命をとりとめ、親友を殺した者への復讐を誓うのだった。

第3話

花郎を募る只召太后の触れ書きが貼り出され、都は大騒ぎになる。アロは多易書(タイソ)の主人ピジュギから貴公子の調査を任され、花郎にふさわしい美男子たちの情報をウィファに報告。一方、権力者のパク・ヨンシルは花郎の創成には王の許可が必要だと只召太后に迫り、彡麦宗を誘い出そうと企む。そんな中、アンジはムミョンを追っ手から守るべく、死んだソヌの名を名乗ってアロの兄として生きるように告げる。妹思いだった親友のため、ムミョンはアロの前でソヌのふりをするが…。

第4話

彡麦宗は偶然を装ってアロの家を訪問。アロは彼が真興(チヌン)王であるとは夢にも思わず、世間に姿を現わさない王の心情を理解できると語る。大臣たちが花郎の創成に猛反対する中、ウィファはスホとパンリュに罠を仕掛ける。彡麦宗はジディという偽名でウィファに会い、只召太后を倒すために花郎になりたいと宣言するのだった。そんな中、王の生誕を祝う儀式が行われ、ムミョンはマンムンを殺した禁衛将(クミジャン)を発見。只召太后の目の前で彼に襲いかかるが…。

第5話

実父のみじめな姿に衝撃を受けたパンリュは、花郎となって権力をつかめという養父ヨンシルの言葉に従う。ムミョンことソヌも只召(チソ)太后の命令書を受け取り、アロを守るために花郎となることを決意。ソヌはアロに文字の読み書きを教わりながら、なぜか胸の高鳴りを感じて戸惑うのだった。一方、ジディは神国を変えたいというもう一つの本心をウィファに明かし、花郎となることを許される。そんな中、ソヌと彡麦宗は花郎の蹴鞠の試合に参加するが…。

第6話

花郎の任命式当日。只召太后は花郎たちを誇らしげに眺めるが、アンジの息子ソヌがいないことに気づき、やきもきしながら彼を待ち続ける。その頃、ドゴの一味に監禁されたソヌとジディは、アロを救い出そうと奮闘していた。やがてジディはソヌと共に任命式の場に現れ、只召太后を驚愕させる。その後、花郎たちは居住空間である仙門(ソンムン)に入所。風月主(プンウォルチュ)となったウィファは花郎たちに酒を飲ませ、部屋割りを決めるくじを引かせる。

第7話

同室で生活することになったソヌ、ジディ、スホとパンリュ、そしてヨウル。別室の花郎たちは、初日の朝からケンカを始めた5人を覗き見しながら、地獄の門が開いたと噂する。ウィファは「三度“不可”を言い渡された者は追放」という規則を掲げ、花郎の訓練を開始。パンリュはソヌの追放を目論んで挑発を繰り返し、これが原因で他の花郎を巻き込む大乱闘が起こってしまう。アロは花郎のケガの治療を依頼され、医者として仙門(ソンムン)に向かうが…。

第8話

ジディに口づけをされたアロはソヌがやってきたことに気づき、あわてて医務室に戻る。ソヌは2人の間に流れる妙な雰囲気を感じ取り、ジディを殴って妹に近づくなと警告。だが、ジディは少しもひるまず、アロを好きになったとソヌに宣言する。ソヌはアロの前で兄らしく振る舞うべく、妹への接し方をスホに尋ねる。そんな中、花郎たちは「道徳経」を課題とした初の筆記試験に臨む。仙門に残るため、ソヌは最善を尽くして合格を目指すが…。

第9話

今日がアロの母の命日だと聞き、ソヌは眠れぬ夜を過ごしていた。ヨウルの秘策によって仙門(ソンムン)の警備が手薄になったことを知ったソヌはアロの家に向かうことを決意。同室の仲間たちも街へ繰り出す。アロはソヌの帰宅を喜ぶが、ソヌは生前の母について妙な発言をする。アロはそんなソヌを訝しく思いつつも、彼が本当の兄でなければいいと密かに期待するのだった。一方、スホの妹スヨンは一人で街を歩いていたパンリュを兄と間違えてしまい…。

第10話

ソヌはマンムンが殺された理由を知り、王に借りを返すと心に誓う。一方、ウィファは只召(チソ)太后と大臣たちに中秋の祝宴で花郎の公演を見せると宣言し、群舞と楽の師匠としてソヌ(ムミョン)とマンムンの養父ウルクを仙門に呼ぶ。アロはウルクに本当の兄について尋ね、正体を問いただされたソヌはアロに真実を告白。マンムンの死を知ったアロはソヌを恨むが、一方でほっとしている自分に気づいて自己嫌悪に陥る。ジディは涙を流すアロを見かけて…。

第11話

花郎たちが群舞と楽の稽古に励む中、パンリュは養父ヨンシルと実父のホから祝宴を成功させてはならないと命じられて葛藤していた。一方、只召(チソ)太后の娘、叔明(スンミョン)王女は武芸の腕と母親に似た冷酷さを花郎たちに見せつけ、彼らの指導に当たる。そして祝宴当日。ヨンシルの計略によって花郎の公演は大きな危機に直面。花郎たちはパンリュが公演を台無しにしようとしていると疑う。そんな中、ジディが真興(チヌン)王であることを知ったアロは禁衛将(クミジャン)に捕らえられて…。

第12話

花郎たちはそれぞれ直属の部下となる郎徒(ナンド)を迎える。ソヌの郎徒になったのはハンソンの兄、タンセだった。ハンソンは兄が自分ではなくソヌを選んだことに複雑な気持ちを抱くが、アロの元を訪れてソヌはいい人だと語る。一方、ジディは自分の正体を知ったアロに今まで通りに接し、思いを伝える。そんな中、ソヌが弓の稽古中に落馬する。アロは気絶したソヌの前で涙を流し、ついに自分の本心を告白。意識を取り戻したソヌはアロに口づけするが…。

Sponsored Links

第13話

アロを避けていたソヌはその理由を彼女に明かす。2人はお互いの気持ちを確かめ合い、幸せに浸る。そんな中、叔明(スンミョン)王女はウィファの元を訪れ、花郎の武芸を鍛えるために誰かが命を落とすまで対戦させるように命じる。さらに只召(チソ)太后からアロの暗殺を命じられた叔明王女は、狩り場にアロを呼び出して矢を放つ。一方、パク・ヨンシルは王の印が入った腕飾りが仙門(ソンムン)に落ちていたことを知り、花郎の中から彡麦宗(サムメクチョン)をあぶり出す計画を立てて…。

第14話

“花中在王(ファジュンジェワン)”という掛け軸の文字を目にした花郎たち。ソヌが王なのではないかという噂が飛び交う中、ソヌは親友を殺した王を捜し始める。ジディは心の動揺を隠して、ソヌに王を捜す理由を尋ねる。一方、只召太后は彡麦宗を刺客から守るためにソヌを偽の王に仕立て上げようと考え、スホを呼んで密令を下す。そんな中、花郎同士の命を懸けた対戦が開催される。ヨンシルはソヌが王なのか否かを確かめるべく、叔明王女にある提案をするが…。

第15話

ジディに剣を向け、おまえが王なのかと問い詰めたソヌ。ジディをかばおうとしたアロは、ソヌの剣に斬られて傷ついてしまう。ソヌの態度は再び冷たくなり、アロは思い悩む。そんな中、国境付近では南扶余(ナムブヨ)の挑発が続く。パク・ヨンシルは南扶余と和平を結ぶか戦をするかを決定するよう只召(チソ)太后に迫る。只召太后は和親のため、軍隊ではなく叔明(スンミョン)王女と花郎を使節団として南扶余に派遣すると宣言。アロは叔明王女に同行を命じられて…。

第16話

叔明王女を護衛しながら南扶余を目指す花郎たち。同行したアロはソヌのつれない態度に傷つき、彼が叔明王女のために使節団に志願したのではないかと疑う。そんな中、花郎の前に盗賊団が現れる。ジディはその正体が貧しい農民だと気づき、剣を抜いたスホを制止して彼らを逃がす。南扶余への贈り物が盗賊に奪われ、スホは新羅に引き返すべきだと提案するが、叔明王女は旅を続けようと決断。やがて一行は南扶余の王子・昌(チャン)に接見するが…。

第17話

アロは誤解から南扶余(ナムブヨ)の兵士に捕らえられ、彼女を救い出そうとした花郎たちも投獄されてしまう。その頃、昌(チャン)はヨンシルからの書状を受け取り、花郎の中に王がいるという情報を入手していた。叔明(スンミョン)王女は婚姻によって事態を解決しないかという昌の提案をはねつけ、新羅の王を殺させもしないと言い放つ。やがて昌はアロや新羅の民を牢獄から引きずり出し、王が名乗り出なければ彼らの命を奪うと花郎たちを脅迫。ジディは激しく葛藤するが…。

第18話

自分が王だと名乗り出たソヌは「王子としての面子を保て」と昌を挑発し、一対一の勝負を提案。ソヌと昌はそれぞれ新羅と南扶余を代表して命懸けの剣術対決をすることになる。しかしその直前、南扶余の臣下に斬りつけられたソヌは、片腕に傷を負った状態で対決の場へ。不利な状況にもかかわらず、ソヌは渾身の力を振り絞って昌を打ち負かす。敗北を認めた昌は新羅を攻撃しないことを誓い、叔明王女と使節団を新羅に返すとソヌに約束するが…。

第19話

新羅に戻ったソヌとアロは甘く幸せな時間を過ごす。一方、王としての振る舞いができなかったばかりか、ソヌとアロの関係まで知ったジディはやり場のない思いに苛まれていた。そんな中、只召(チソ)太后は彡麦宗(サムメクチョン)の王座を守るべく、アロを利用してソヌに王のふりを続けさせようと企む。アロを花郎の統率者・源花(ウォナ)に任命すると只召太后に言い渡され、苦悩するソヌ。フィギョンはそんな彼に接近し、真の王になって世の中を変えないかと持ちかけるが…。

第20話

ジディはヨンシルの邸宅に忍び込んで腕飾りを取り戻し、自分の正体を明かす。一方、ソヌが刺客に襲われたことによって、仙(門(ソンムン)では彼が真興(チヌン)王だと信じる花郎が増えていた。スホは再び仲間と距離を置き始めたパンリュと刺客の関連を疑い、友として忠告をする。叔明(スンミョン)王女は自分の恋心に戸惑い、眠るソヌに思わず口づけをするが…。そんな中、ウィファはヨンシルが疫病の治療薬を買い占めていることを知り、ソヌとジディに策を練るよう命じる。

第21話

只召(チソ)太后によって源花(ウォナ)に命じられたアロ。邪魔になれば殺すと言い渡されたアロは恐怖に震えるが、必ず生き残ろうと決意する。その頃、アロに命の危険が迫っていることを知ったソヌはフィギョンに助けを求め、思いもよらない事実を聞かされていた。一方、パンリュとスヨンは幸せな時間を過ごすが、スホは2人の恋に大反対。そんな中、タンセは弟のハンソンを守るために祖父ヒョンジェから下された極秘の命令を果たそうとする。

第22話

ハンソンが突然の死を遂げ、悲しみに暮れる花郎たち。ソヌは自害しようとしていたタンセを止め、ハンソンが祖父に宛てて書いた手紙を渡す。一方、只召太后はヨンシルと大臣たちに譲位を迫られたうえ、アンジからソヌの正体を聞かされて切実な危機感を抱く。叔明(スンミョン)王女は只召太后からある命令を下され、アロを連れてナムモ王女の墓を訪れるが…。そんな中、ジディは只召太后と大臣たちの前に姿を現わし、ついに自らが王であることを明かす。

第23話

本物の真興(チヌン)王はジディだということが世間に広まり、都ではジディとソヌを比較する歌が流行する。ヨンシルはジディの前で王座に腰かけ、王を変えるつもりだと宣言。ジディは彼の不遜な態度に憤りつつ、自分の無力さを思い知らされる。一方、ソヌは仙門(ソンムン)を去ったウィファの元を訪れ、自分が王になれば新羅を変えられるだろうかと尋ねる。そんな中、ジディはソヌもまた王となる資格を持つ聖骨(ソンゴル)であることを知り、彼を呼び出して刀を向けるが…。

第24話[最終話]

真興王の代わりにソヌを王位に就けて新羅を操ろうと目論むヨンシル。ソヌはそんなヨンシルの元を訪れ、花郎と共に新羅の王を変えるつもりだと宣言する。一方、ジディはアロを軟禁し、ソヌの脅威から王座を守るための人質だと告げる。アロはジディらしくない言動に戸惑う。そんな中、ウィファはソヌから協力を求められて仙門に戻り、新羅の未来を変えようと花郎に呼び掛ける。やがて只召(チソ)太后が真興王へ正式に譲位する日がやってきて…。

Sponsored Links

RELATED POST