見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
英雄たちの選択

英雄たちの選択・琉球スペシャル第1弾の再放送は?琉球王国・尚寧王の決断は?

D4374B11-86AF-4B00-A0B8-F54E56B30543

BSプレミアム「英雄たちの選択」

放送  毎週木曜 午後8時~[BSプレミアム]

日本の運命を決める岐路に立った歴史上の英雄たちは、その時、様々な選択肢の中からたったひとつの「選択」を行います。なぜ英雄はそれを選んだのか?その「選択」の背景には、信念や賭け、勝算や打算など、どのような人生経験や価値観が影響していたのでしょうか?そして、その「選択」は、後世にどんな影響を残したのでしょうか?

この番組は、歴史学者の磯田道史さんのほか、歴史学・軍事学・心理学・経済学など様々な分野の専門家たちとともに、英雄たちの「脳内」に深く分け入り、選択の崖っぷちに立たされた英雄たちが体験したであろう葛藤を、専門家の考証に基づいて厳密に復元し、複数の選択肢を、独自アニメーションなどを駆使してシミュレーションします。そして、新しいアプローチで日本の歴史を描きだす歴史教養番組です。

特に、歴史学者の磯田道史さんのコメントには興味深いものがあります。歴史上の出来事や人物の心理などを客観的に、いろんな視点から真理を追究する姿勢には、毎回、たいへん勉強になります。

現代人の私たちも、人生の中で岐路に立たされることは少なくありません。そんな時に、歴史上の人物が悩みぬいた挙句にとった行動は、良い参考になると思います。

ナレーションは、俳優の松重豊さんが務めています。

「英雄たちの選択」の再放送は?

再放送 毎週木曜 午前8時~[BSプレミアム]

ちなみに、放送時間に制約されずにいつでも見たい時に見るなら、動画配信サービスがオススメです。「英雄たちの選択」の見逃し配信は、NHKオンデマンドで配信されています。

NHKオンデマンドとは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXtポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円)を使ってNHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるんです。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年7月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

英雄たちの選択 琉球スペシャル第1弾「独立を守れ!島津侵攻 尚寧王の決断」

放送 2018年7月19日(木)午後8時~

D4374B11-86AF-4B00-A0B8-F54E56B30543

放送前の予告

江戸時代初め、独立国だった琉球王国に薩摩の島津氏が侵攻、勢力下におく事件が起きました。なぜ島津氏は琉球に侵攻したのか?当時の琉球王、尚寧王の立場から読み解いてゆきます。

もともと琉球王国は中国や東南アジア各国との貿易で栄えてきました。日本とも交流はあったが上下関係ではありませんでした。ところが、豊臣秀吉が天下を取ると、琉球王国にも支配下に入るよう島津氏を通じて迫り、朝鮮出兵に協力させます。秀吉の死後も徳川家康は中国・明との国交回復に琉球を利用しようとしますが、琉球は日本の支配下に組み込まれることを嫌い、返事もしませんでした。そして、島津氏からは武力侵攻も辞さないと脅迫されます。その時、尚寧王の決断は?

【司会】磯田道史,杉浦友紀
【出演】上原兼善,千田嘉博,島田久仁彦

Sponsored Links

参考書籍のご紹介

琉日戦争一六〇九 島津氏の琉球侵攻 [ 上里隆史 ]


琉日戦争一六〇九 島津氏の琉球侵攻 [ 上里隆史 ]

独立王国・琉球を狙う「九州の覇者」薩摩島津氏。そしてアジア征服の野望を抱く豊臣秀吉、対明講和をもくろむ徳川家康。ヤマトの強大な力が琉球に迫る。これに立ち向かう琉球王国・尚寧王と反骨の士・謝名親方。海域アジア空前の「交易ブーム」の中、うごめく海商・禅僧・華人たちが情報戦(インテリジェンス)に絡み合う。若き琉球歴史研究家、満を持しての書き下ろし。

【目次】
第1章 独立国家、琉球王国ープロローグ・琉球の章/第2章 九州の覇者・島津氏と琉球ープロローグ・島津の章/第3章 豊臣秀吉のアジア征服戦争/第4章 徳川政権の成立と対明交渉/第5章 島津軍、琉球へ侵攻/第6章 国敗れて/第7章 「黄金の箍」を次代へーエピローグ

絵で解る琉球王国 – 歴史と人物


絵で解る琉球王国 – 歴史と人物

一、琉球王国の夜明け(十五世紀初頭~十五世紀中頃)
尚巴志王/護佐丸/阿摩和利/尚泰久王/百度踏揚

二、黄金時代を築いた名君(十五世紀中頃~十六世紀中頃)
尚円王(金丸)/宇喜也嘉/尚真王/仲宗根豊見親/オヤケアカハチ

三、国難と対峙した人々(十六世紀中頃~十七世紀中頃)
尚寧王/謝名利山/儀間真常/自了/羽地朝秀/湛水親方

四、琉球のルネッサンス(十七世紀中頃~十八世紀)
尚敬王/玉城朝薫/蔡温/程順則/高嶺徳明/吉屋チル/
恩納ナビ/飛び安里

五、列強の波と王国の落日(十九世紀)
仲地紀仁/牧志朝忠/宜湾朝保/尚泰王

琉球王朝のすべて新装改訂版 知れば知るほどおもしろい [ 喜納大作 ]


琉球王朝のすべて新装改訂版 知れば知るほどおもしろい [ 喜納大作 ]

中国や欧米とも渡り合い、隆盛を極めた小国・琉球が、沖縄という日本の一部になるまで…その波乱の歴史や、独特の発展を遂げた信仰・風俗・ライフスタイルをわかりやすくたのしく紹介!

【目次】
ようこそ琉球王国へ(知られざる沖縄の歴史/琉球王国の舞台、沖縄県/島のことば ほか)/第1章 王宮・首里城の秘密(王国の首都は那覇ではなく首里だった/県の人口より観光客が多い首里城/首里城のカタチ ほか)/第2章 琉球王国の政府「首里王府」のしくみ(首里城内にあった行政機関/首里王府の中枢・評定所/評定所の業務日誌「年中各月日記」 ほか)/第3章 国王と士族、庶民のくらし(琉球王国の素顔/薩摩軍の侵攻を受けた尚寧王/近世の黄金時代を築いた尚敬王 ほか)/第4章 琉球の神様と文化、風俗のふしぎ(琉球独自の信仰と神女の組織/スピリチュアル・カウンセラー「トキ」と「ユタ」/琉球で発展した仏教と寺院 ほか)/王朝の終焉と波乱の歴史(王朝の最期を見届けたエリート役人・喜舎場朝賢/明らかになる明治政府の考え/ヒラ士族の「琉球処分」 ほか)

Sponsored Links