見逃したテレビを見る方法
My Natural Garden & Cafe
知恵泉

知恵泉「3代将軍・徳川家光」の再放送・見どころは?組織を上手に受け継ぐ知恵とは?

image

先人たちの底力「知恵泉」とは?

先人たちの底力「知恵泉」は、NHK放送のEテレで毎週火曜 午後10時から放送される番組です。
戦国時代の武将から明治~昭和時代の実業家まで、それぞれの時代を切り開いた人々の苦境や苦難、生き様を辿りながら、現代を生き抜く術のヒントをもらえるという番組です。
この番組の中では、「知恵泉」は居酒屋という設定になっているんです。
まさに、厳選された歴史の知恵が揃う居酒屋さんですね。

image

仕事で悩んだり、壁にぶつかったりした時にふらっと居酒屋「知恵泉」ののれんをくぐれば、歴史上の人物のさまざまな知恵からヒントをもらえるかもしれません。苦手な上司への対処法や部下を上手に指導するコツ、新規プロジェクト成功の秘訣まで、明日からの人生に役立つ知恵をたっぷりと紹介してくれる番組です。

先人たちの底力「知恵泉」の再放送は?

先人たちの底力知恵泉」の再放送は、翌週火曜日の正午から放送されています。
でも、ずーっと前に放送された番組が見たいという方には、動画配信サービスがオススメです。

動画配信サービスもいろいろありますが、私が利用しているのはU-NEXT(ユーネクスト)です。

Sponsored Links

見逃したNHK番組を見る方法

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

U-NEXT(ユーネクスト)なら毎月のU-NEXTポイントでNHKオンデマンドのお得な見放題パックが購入できます!

簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

↓↓↓↓↓

U-NEXT

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!
ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!
ポイント3 U-NEXTポイントを使ってお得に視聴!
ポイント4 さまざまなデバイスに対応!
ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!
ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!
ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!
ポイント8 31日間の無料トライアル!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ! ⇒ U-NEXT

また、他の動画配信サービスとの比較や、サービス内容等の詳しい内容は、コチラをご覧ください。

>> 見逃したテレビドラマを見るならU-NEXT/ユーネクストがオススメ!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2017年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

先人たちの底力 知恵泉「三代目・徳川家光 組織を上手に受け継ぐには

Eテレ 2017年9月19日(火)午後10時~

image

江戸・徳川家の3代将軍・徳川家光は、いかにして偉大なる先代、先々代から組織を引き継いだのか?今回の知恵泉では、うるさがたの長老たちを掌握する家光の知恵について学びます。

とかく3代目は、初代や2代目と比べられ、先代から仕える人々に認められるために苦労すると言われています。そんな中、江戸幕府3代将軍の家光はどのように幕府を引き継ぎ、発展させていったのでしょうか?徳川家光を2回シリーズで迫ります。シリーズ1回目は、いかに先代からの家臣たちを掌握したのかにスポットをあてます。カギを握っていたのは、あの独眼竜・伊達政宗だった!?

image

ゲストは、三代目落語家・林家正蔵さんと二代目アスリート・東尾理子さんです。

image

日光東照宮眠り猫は、平和な時代の象徴という説もあるそうですが・・・。

詳しい内容は、放送後にご紹介します。

Sponsored Links

1.声の大きい長老を味方につけろ!

家光(幼名は竹千代)は、幼少の頃から口数が少なく病弱でした。そして、親元から離れて乳母である春日局に育てられていました。その後、弟の国松が誕生すると、国松は両親の愛を一身に受け、家光は両親からも疎まれるようになりました。三代目の世継ぎは弟の国松ではないかと周囲ではささやかれていたそうです。しかし、そんな状況を一変する事態が起きました。

家康が74歳の時、自分の元気なうちに三代目の世継ぎを決めておきたいと考えたのです。家康は、竹千代と国松の二人を呼び寄せ、長男である竹千代を世継ぎに決めたのです。戦のない平和な世の中においては、長男を世継ぎにするという徳川家の大方針がこの時から続いたのです。

家光が三代将軍となったのは20歳の時でした。家光は、全国の諸大名を集め、「我は生まれながらの将軍である」と言って威厳を示したそうです。また、その時、戦国大名のレジェンドとも言える伊達政宗が「徳川に御恩を受けていない者は、ただの一人もおりませぬ。」と言って忠誠を誓ったそうです。当然、その他の諸大名たちも政宗と同様に忠誠を誓ったとされています。

伊達政宗は、家光を自分の若い頃を見るようにシンパシーを感じ、家光も政宗を慕ってよく戦国時代の武勇の話を政宗から聞いていたと言われており、二人は相当親密な関係だったそうです。

2.創業者の威光を最大限利用せよ!

徳川家康が祀られているのは日光東照宮です。家康は「自分が死んだら日光に祀って欲しい」と言っていたそうです。江戸の真北にあり北極星の方角にもあたる日光に祀られることで神となることを望んでいたのでしょう。最初は世良田東照宮に祀られていたんだそうですが、家光は多額の資金をつぎ込んで大改造し、日光東照宮を建造したのです。家光は、家康の威光を世の中に知らしめることで、自らの威光も高めようとしたのです。

そんな家光は、日光東照宮の彫刻や絵画に、龍・獅子。舜帝などさまざまなモチーフの仕掛けを施しました。なかでも有名なのは、「眠り猫」の彫刻です。実は、その裏にはスズメの彫刻があるんです。猫は、本来はスズメの天敵のはずなんですが、それほど満ち足りた穏やかで平和な世の中であるということを表現したかったのではないでしょうか。

最後に、三代目落語家の林家正蔵さんが、三代目として大切なことは「一生懸命生きること」とコメントしたことが印象的でした。一生懸命に生きていれば、みんな見てくれているということなんだそうです。

Sponsored Links

RELATED POST