見逃したテレビを見る方法
知恵泉

先人たちの底力 知恵泉「宅急便の生みの親 小倉昌男」の見どころ・再放送・見逃し動画配信は?

見逃した「先人たちの底力  知恵泉」は、ユーネクストで視聴できます!

先人たちの底力  知恵泉」を見逃した方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。初回登録時にもらえるU-NEXTポイントを使って「まるごと見放題パック」に入れば、NHKの人気番組が見放題となります。新規の登録から31日間は無料体験できますので、まずはお試しください。また、NHK番組以外にもドラマやアニメ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー番組などがたっぷり楽しめます。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXTの31日間無料トライアルで「まるごと見放題パック」に入れば、
NHKオンデマンド作品が全て見放題の無料体験ができます!

詳しくはコチラ

先人たちの底力  知恵泉」は、放送日の翌日からU-NEXTで配信予定です!
ただし、配信期間は約2週間となります。

また、U-NEXTでは、31日間無料トライアルで210,000本以上の
見放題作品が全て無料で視聴できます!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

「先人たちの底力 知恵泉」ってどんな番組

先人たちの底力「知恵泉」は、NHKのEテレで毎週火曜 午後10時から放送される番組です。戦国時代の武将から明治~昭和時代の実業家まで、それぞれの時代を切り開いた人々の苦境や苦難、生き様を辿りながら、現代を生き抜く術のヒントをもらえるという番組です。

この番組の中では、「知恵泉」は居酒屋という設定になっているんです。まさに、厳選された歴史の知恵が揃う居酒屋さんですね。

image

仕事で悩んだり、壁にぶつかったりした時にふらっと居酒屋「知恵泉」ののれんをくぐれば、歴史上の人物のさまざまな知恵からヒントをもらえるかもしれません。苦手な上司への対処法や部下を上手に指導するコツ、新規プロジェクト成功の秘訣まで、明日からの人生に役立つ知恵をたっぷりと紹介してくれる番組です。

Sponsored Links

先人たちの底力「知恵泉」の再放送は?

「先人たちの底力 知恵泉」の再放送は、翌週火曜日の正午から放送されています。でも、放送時間に制約されずに好きな時に見たいという方には、動画配信サービスがオススメです。

先人たちの底力 知恵泉」の見逃し動画は、NHKオンデマンドユーネクストで配信されています。ただし、全ての放送回の動画が配信されるわけではありません。また、配信期間は放送日の翌日から約2週間程度となりますのでご留意ください。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

NHKの見逃し番組を見る方法

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2021年8月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

先人たちの底力 知恵泉
生活を支える新サービスを!小倉昌男」

放送 2021年8月17日(火)午後10時〜[Eテレ]

放送前の予告

コロナ禍の今、必要なものを家まで運んでくれる「宅配便」は、私たちの生活に欠かせないものになっている。約50年前、このサービスを生み出したのが、運送会社の経営者・小倉昌男だ。しかし、その誕生は苦難の連続。社内の反対、新たな物流システムの構築、そして国の厳しい規制…。次から次へと立ちはだかる壁を、小倉はどのように乗り越え、新サービスを実現したのか。その発想の源や、困難に立ち向かう知恵を学ぶ。

[知恵1]異分野の成功例を徹底的に研究せよ!

  • 当時、個人の小口荷物の配送は郵便局や国鉄が扱っていた。小倉は、会社の経営危機からの脱出のため、個人荷物に参入する決意をした。そして、航空業界のハブ&スポークシステムを参考にし、日本独自の宅配便システムを構築した。
  • どうすれば町中に豆のように散らばった荷物を集め、全国に効率よく届けることができるのか。さまざまな業種の成功例を研究した結果、たどり着いたのが航空業界のシステムだった。

[知恵2]巨大な敵は、あえて正論で攻めろ!

  • 山の中や離島に住む人でも都会と同じようなサービスを受けられるようにしたい。そのためには、全国に広がるネットワークの整備が必要だ。そう考える小倉の前に、立ち塞がるものがいました。
  • そこに立ちはだかる運輸省を相手取って訴訟まで起こし、事業拡大に邁進した。そして、全国に配送網を広げていった。
  • 小倉の言葉『役人は弱気をくじき強気を助ける性格がある。だから役人と交渉する時は下手に出たらダメだ。理論的に武装し強気で立ち向かう必要がある。』

「先人たちの底力  知恵泉」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

宅急便の産みの親 小倉昌男さんの人物像

宅急便の産みの親である小倉昌男は、1924(大正13)年12月13日、小倉康臣の次男として誕生。1948(昭和23)年大和運輸株式会社に入社した。

大和運輸は1960年に長距離輸送進出するもすでに同業他社より出遅れ、1973年のオイルショックにより、さらに荷物が激減。その危機的な経営状況が続く1971年に、病床の康臣から社長を引き継いだ昌男の最初の仕事は現状からの脱却だった。他社に差をつけられた市場にこだわるより、新しい業態をつくった方が良いのではないか…。背水の陣で決断したのが宅急便の事業化だ。

昌男の経営の原点は徹底的にお客さまの立場に立つこと。「サービスが先、利益は後」、そして社訓にもある「大和は我なり」の全員経営を社内に徹底させた。これらの理念は、現在もヤマトグループに脈々と受け継がれている。

その後昌男は、1987年代表取締役会長、1991(平成3)年に代表取締役相談役となり、1993年代表取締役会長へ再び就任、1995年に退任した。会社の経営から退いた昌男が後の半生で力を注いだのは障がい者の自立と社会参加の支援だった。自身の持つヤマト運輸の株式の大半を寄付し、1993年9月に「ヤマト福祉財団」を設立、理事長となる。障がい者の低賃金からの脱却を図るため、施設の職員に向けた経営セミナーを開催し意識改革に取り組んだ。2005年6月30日、腎不全のため逝去。享年80歳。

Sponsored Links

RELATED POST