見逃したテレビを見る方法
病院ラジオ

サンドウィッチマンの病院ラジオ「がん専門病院編」の再放送・見どころは?

60323E9D-9AA7-48DD-9D04-BF57712ECE78

「病院ラジオ」ってどんな番組?

サンドウィッチマンが、東京の国立病院で2日間ラジオ局を開設!
患者や家族の日ごろ言えない気持ちをリクエスト曲とともに聞いていく!
笑いと涙の新感覚ドキュメンタリー!

4CFCE3B3-5B0D-4049-827D-1F1CB407C4AE

病院にラジオ局があったら、どんな思いが聞けるのでしょうか!?「病院ラジオ」は、サンドウィッチマンの2人が国立病院に出向き、2日間限定で手作りの出張ラジオ局を開設。患者や家族から、病気と向き合うなかで、普段なかなか言えない本音を聞き出していく・・・という番組です。

病気になって気づいた人生の喜びや悲しみ。その思いを、リクエストした曲にのせて届けていきます。ラジオを通じてさまざまな思いが交錯する、新しい形の感動ドキュメンタリーです。

56ECBEB0-56CE-4BC9-98ED-5F1722EC436B

ちなみに初回放送は、2018年8月9日(木)午後10時~。大阪の国立病院の中庭にラジオ局を開設し、笑いと涙のエピソードが満載のドキュメンタリーとなりました。

なお、現在のところは決まった放送枠はなく、放送日時は不定期となっています。

Sponsored Links

「病院ラジオ」の再放送は?

「病院ラジオ」の再放送は、現在のところ予定はありません。でも安心してください。見逃した「病院ラジオ」は、NHKオンデマンドやユーネクストで放送日の翌日より配信される予定です。動画配信サービスなら放送時間に制約されず、好きな時間に視聴することができます。

NHKオンデマンドは、NHKが放送した番組をブロードバンド回線を通じて、日本国内限定でPCやスマートフォン、タブレット、高機能TV等に有料で配信する動画サービスのことです。NHKオンデマンドは、見逃してしまった番組やニュース番組、そしてもう一度見たい過去に放送した番組を、いつでも好きな時間に視聴することができるというメリットがあります。ただし、NHK番組しか見ることができません。

そこで、私が利用しているのがユーネクストです。このユーネクストは、いろんな放送局の番組や映画などの動画を配信しているんです。NHKとも提携しているので、毎月付与されるU-NEXTポイント1,200円(初回の31日間無料体験では600円。ただし、このページのリンクから登録すれば1,000円)を使ってNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」を購入することができるんです。

まずは、31日間無料トライアルの申込みでお試しください!

「まるごと見放題パック」ならNHKの人気番組が見放題!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

↓↓↓↓↓

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

なお、NHKの見逃した番組を見る方法は、コチラの記事をご参照ください。

>> NHKの見逃した番組を見る方法は?NHKオンデマンド以外にもオススメの方法があった!?

>> 「まるごと見放題パック」はU-NEXTの無料トライアル特典でお得に!

(注)なお、本ページに記載しているユーネクストの情報は2019年8月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Sponsored Links

病院ラジオ「がん専門病院編」

放送 2019年8月7日(水)午後10時~10時50分[NHK総合]

60323E9D-9AA7-48DD-9D04-BF57712ECE78

放送前の予告

サンドウィッチマンが、東京・築地の国立がん研究センター中央病院に、2日間限定のラジオ局を開設。患者・家族の、普段言えない思いに耳を傾けます。がんの手術を終え、家族に感謝しているという男性、病気でも恋愛したいという入院中の女性、がんと闘う小学生の娘を見守る母親…。がんと向き合うなかで感じた気持ちを、リクエスト曲とともに届けていきます。さまざまな人々の思いが交錯する、心温まるドキュメンタリーです。

【出演】サンドウィッチマン

撮影場所

国立研究開発法人 国立がん研究センター 中央病院
住 所   東京都中央区築地5-1-1
公式サイト 国立がん研究センター 中央病院

「病院ラジオ」を見逃した方は、ユーネクストの31日間無料体験で!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

31日間無料体験の申し込み

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

この番組を視聴して・・・ひと言

今回は、がん専門病院ということで、がんと闘っている患者さんがたくさん登場しました。驚いたのは、みんなとても前向きで生き生きと日々を送っていること。そして、家族の温かい愛情に包まれているということでした。18歳の白血病の男性は、同じ患者仲間である子どもたちとの交流がとても楽しいと語り、眼のがんで毎月治療のために全身麻酔をして眼に注射するという小学生の少女は、それでも今は幸せだと語っていました。がん専門病院の中にも楽しいことや幸せと思えることがあって良かった!

Sponsored Links